ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

ルパンの娘 第4話の感想とあらすじ 深田恭子さんの変身シーンとアクションが簡略化されてきた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週木曜夜10時からフジテレビ系列で放送中の『ルパンの娘』。8月1日に第4話が放送されました。

www.fujitv.co.jp

 

前回の第3話は、三雲華(深田恭子さん)は、"Lの一族"の姿で桜庭和馬(瀬戸康史さん)の家に入った強盗から、和馬の母・美佐子(マルシアさん)を救った。

華は美佐子の気を失わせていたものの、美佐子は薄れていく意識の中で華の声が聞こえた事と、以前目にした華の身のこなしから、強盗を退治したのは華だと確信していた。

また、華の母・悦子(小沢真珠さん)も、強盗と格闘する和馬の姿を見て和馬を見直していて、二人の結婚を反対するものはいなくなった…はずだった 。

前回の感想記事です。↓

 

www.lovetv.site

 

 

あらすじ

和馬の父・典和(信太昌之さん)が和馬へ見合い話を持ってきた。

相手は、元警視総監の孫娘・橋元エミリ(岸井ゆきのさん)。断れば捜査一課への道も閉ざされるかもしれないことから、渋々お見合いする事になる。

和馬はお見合いでエミリに気に入られ、喫茶店でデートすることに。

華は円城寺輝(大貫勇輔さん)連れられ喫茶店で二人の会話を聴いていると、断片的に和馬がエミリに告白しているように聴こえてきた。

ショックでその場を離れる華。さらに他の女性と会っていたことを隠し、嘘をついた和馬に憤慨する。

 

f:id:lovetv:20190802110014j:plain

 

“Lの一族”の次のターゲットは、蛭沼隆(諏訪雅さん)という男が持つ金塊。

蛭沼は、国際ロマンス詐欺で複数の女性から得たお金を金塊に換えて、自宅に隠し持っていたのだ。

華は、渉(栗原類さん)が調べた被害者の写真の中に、勤務先の図書館で結婚前だと言ってブライダル関係の本を貸し出していた女性・木口智子(山崎静代さん)を見つける。

女性を騙す男への怒りから、泥棒に加わると自ら申し出た華。

 

男の自宅に向かうと、蛭沼の自宅を突き止めた智子が包丁を持って立て籠もっており、周辺をSATが取り囲んでいた。

さらに、過去の事件の共通点から“Lの一族”が出ると読んだ和馬も現場に急行していた。

 

ーーーどうする“Lの一族”??

 

…というお話でした。

 

 

実際の事件も捕まればいいのに

『ルパンの娘』でターゲットにされる犯罪者は、特殊詐欺の犯人とか、SNSで個人の人が発信してる情報から盗みに入るとか、実際の事件を参考にしてて、今回も国際ロマンス詐欺という実際に起こった犯罪を題材にしてました。

本当のロマンス詐欺は、どうも海外の人がやってるっぽいんですけど、『ルパンの娘』では日本人が海外の人の写真を使ってだまし取ってる。という設定でした。

この犯人を南海キャンディーズしずちゃん演じる智子が、お金の受け渡しに日本人を指定して、犯人を突き止めてました。この行動力がスゴイ!と思いました。

 

実際の事件では、お金を工面するために勤め先のお金を横領して逮捕された人もいましたよね?

ドラマのように犯人を突き止めて捕まえられたらいいのに…!!

現実とフィクションがごっちゃになりました。

 

変身シーンとアクションが簡略化

深田恭子さんの泥棒スーツへの変身も第4話で4回目となり、時間が短くなってきました。

胸元のファスナーを上げるシーンも最初はドキドキしましたが、毎回になるとありがたみが薄れてきますね~。

 

それから!!

私が第1話から期待していたアクションシーンが、ついに第4話で簡略化されてきました。

あれ~~??なんで?ツッコみすぎた??

今回のターゲットは格闘家でもなんでもない普通のおじさんだったんで、これと言った抵抗もなく、華に一撃でやられてました。

ここにきて時間短縮してきたのかな??

 

ツッコみながら観る楽しみが減ってきましたよ~。

悦子が「最高よ、華。今回も超カッコいい!」って言ってカバーしてましたが、待ってました!って感じではなくなってしまいました…。残念。

 

まぁ、同じこと続けてても視聴者は飽きてくるし、これぐらいがちょうどいいのかもしれないですね!

 

この後の展開を予想

第4話で既にもう和馬が華を追い詰める!ってところまで来ましたけど、これからどうなるんでしょう??

この先の展開を考えてみました。

 

  1. 和馬が華と分かって捕まえない
  2. キャッツ・アイみたいになんとかごまかしながら泥棒を続けていく
  3. 尊(渡部篤郎さん)の望み通り、和馬が“Lの一族”になる

 

3は警察一族の桜庭家の一員としてありえないか~。

和馬の身のこなしも素晴らしいし、“Lの一族”は犯罪者から物を取り返して分配してて、正義の部分もあるし、和馬がそこに共鳴すればありえる話かも??

“Lの一族”を捕まえることが華との結婚の条件なのに、その“Lの一族”が華だなんて!

それを知った時の和馬の反応がどんなものになるのか楽しみです!!

 

次回の予告を観ると、また和馬と泥棒スーツの華が対面するシーンがあるみたいです。

笑えるドラマだったのがちょっと切ない展開になっていくのかな??

 

以上、『ルパンの娘』第4話を観た感想でした。

 

 

 

www.lovetv.site