ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

新春TV放談2020を観た感想と内容①2019年人気コンテンツ/1位~10位について

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2020年1月2日夜10時からNHK総合で放送された『新春TV放談2020』。

この番組は、テレビ局だけでなく、ネットの垣根を越えてテレビについて語るトークバラエティーです。今年で12回目の放送です。

毎年お正月だけに年1回だけ放送される番組で、私が観始めたのは2015年からです。

毎年放送が楽しみで、今年も忘れずに観ました。

昨年に引き続き、感想を書いていきたいと思います。

 

出演者・パネリスト

司会

千原ジュニアさんNHKアナウンサーの杉浦友紀さん

パネリスト

  • ヒャダインさん…音楽クリエーター。
  • バカリズムさん…芸人・脚本家。
  • 佐久間宣行さんテレビ東京のプロデューサー。代表作は『ゴットタン』や『青春高校3年C組』の。昨年はラジオDJとしても活躍されました。
  • 弘中綾香さんテレビ朝日アナウンサー。出演作は『激レアさんを連れてきた。』。
  • 鈴間広枝さん日本テレビプロデューサー。大ヒットドラマ『あなたの番です』を手掛けられた方です。
  • 陳暁夏代さん…クリエーティブプランナー。広告業界出身で国内外のカルチャーに精通し、SNSで高い発信力を持つ方です。

 

…といった制作する人、出演する人、色んな立場の方たちが集まり、2019年のテレビやネットについて語り合っていました。

 

さらに、ナレーションを担当されていたのは、昨年『シャーロック』の第1話で、妖艶な演技を見せていた女優の松本まりかさん。語り合いの合間合間に補足説明で入られていました。

松本さんの声がとても魅力的な声だったので、どんな方が話しておられるのか気になってしまい、途中番組に集中できなくなりました。

2019年10月期ドラマ『シャーロック』第1話と特別編の演技を思い出し、あぁ、あの人か!と納得しました。

 

2019年人気コンテンツランキング

テレビ放談では毎年、人気のドラマ、バラエティーと分けてランキングを発表していたのですが、今年は2019年視聴したテレビ・ネットの有料/無料動画など全ての映像コンテンツをひっくるめてのランキングが発表されていました。

全国の10代から70代の男女、1000人にアンケート調査した結果です。

4位~10位

 4位まだ結婚できない男(フジテレビ系)

 5位NHKニュース(NHK)

 6位世界の果てまでイッテQ!(日本テレビ系)

 7位名探偵コナン(日本テレビ系)

 8位あなたの番です(日本テレビ系)

 9位スカーレット(NHK)

10位水曜日のダウンタウン(TBS系)

 

1位~3位

 1位ドクターX(テレビ朝日系)

 2位相棒(テレビ朝日系)

 3位ラグビー(NHK日本テレビ系など)

 

1位『ドクターX』は、この『テレビ放談』の2014年、2017年の人気ドラマランキングで1位だったドラマ。

2位『相棒』は、『テレビ放談』の人気ドラマランキングで12年連続トップ5入りしているドラマだそうです。

3位のラグビーは、バカリズムさんのご意見では「日本が強いと好きになる。弱いと別によっぽど身内でも出てなけりゃ見ないというか…。今年ラグビー日本強かったから見てて楽しかったですよね。」とおっしゃっていました。

 

これを見て、それだけでしょうか?と私は思いました。

ここには出てこなかったですけど、やっぱドラマ『ノーサイド・ゲーム』の影響も強かったのでは?と私は思います!

私は『ノーサイド・ゲーム』を観るまではラグビーのこと全然知りませんでしたが、ドラマを通じて選手それぞれの役割とかルールとか、回を追うごとにゆっくりと知ることが出来ました。

そして何といっても、米津玄師さんが担当した主題歌『馬と鹿』で盛り上がったのは間違いない!と思います。

オロナミンCの曲とか、NHK日本テレビが流していた曲よりも、よっぽど盛り上がった曲だったと思います。

お正月に『ノーサイド・ゲーム』が再放送されてましたが、久々に見てもいいドラマです!

完全なにわかファンの意見でした!

 

5位のNHKニュースは災害が多かったから。

ヒャダインさんは「ネットよりも確実性が個人的には感じたのは、NHKニュースでしたね。」とおっしゃられていて、佐久間さんも「ネットはフェイクニュースが多いですからね。それはさすがにNHKはないんで、信用できるなって思いますよね。」とおっしゃられていました。

 

これは確かに、昨年はNHKのニュースを私もよく観ました。

全国を縦断して中継や、現地の人と電話をつないで情報を集めて放送されていたので、今台風がどの辺にいて、自分が住む地域にいつ来るのか?どんだけ強いのか?逐一確認していました。

家の中にいてずっと台風情報を観ていると、危険が迫っているのが分かり恐怖を感じました。

逆に外にいて危険が迫ってる人の方が、テレビを観ずに情報を知らず、のんびりしてるという変な感じになってましたね…。

 

あなたの番です について

陳暁さんは、8位の『あなたの番です』を取り上げてらっしゃいました。

陳暁さんはお友達から聞いて見始めたそうで、SNSとVODとテレビとの三者間の連携がきれいにできているのが、このドラマのスゴイところだと評されていました。

『あなたの番です』は、企画・原案秋元康さんで、日本テレビの日曜ドラマで、半年間放送されました。

主人公の新婚夫婦が住んでいたマンションで、住民同士の「交換殺人ゲーム」に巻き込まれていく姿を描いた、ミステリードラマです。

しかも、10話で主人公の手塚菜奈が殺害されるという衝撃の展開となり、SNS上では犯人が誰なのか?の考察合戦が盛り上がりました。

陳暁さんもヒャダインさんも、シーズン2の1話目から見た視聴者だったとのこと。

ヒャダインさんは、最初は見ていなかったが、SNSでの視聴者の方々の考察に触れて見てみたら、面白かったんだそうです。

陳暁さんは途中までの話を口コミで知り、さらにHuluにまで入ってチェックしたそうです。

弘中さんは『テレビ放談』で、鈴間さんとの共演すると分かり、後追いでHuluに入って20話全部を1週間で見終えたとのこと。それだけ中毒性があるドラマだったとおっしゃっていました。

しかも流行語大賞に番組名がノミネートされ、Twitterでは「#あなたの番です」が世界トレンド1位を獲得するまでになったそうです。

視聴率では、最終回が19.4%で、日本テレビ日曜ドラマ枠では過去最高を記録。

初回は8.3%。

鈴間さんによると4月期は6%、7%と低く、「暗い、怖い、胸くそ悪い」と評判は悪かったといいます。

しかし、ドラマを作ってる側の狙いとしてはB級ホラー「そんなやつおらんやろ。」とツッコんで見てもらいたいという狙いで、YouTubeでまとめ動画を5話ずつ作っていったのだそう。

佐久間さんによると、そういう番組が仕掛けたものだけでなく、ティッシュの箱でマンションの模型まで作って、考察をする熱いファンの方たちがこのドラマにはいたとおっしゃっていました。

「最初に熱の強いファンを作るっていうのはすごいヒットコンテンツというか、ヒットドラマには必要なんだなって改めて思いました。」とおっしゃっていました。

 

f:id:lovetv:20200104015939j:plain

 

私はこのドラマは全く見ていなかったのですが、そのファンの方たちの盛り上がりをさらにネットニュースが取り上げていたので、見ていなくても内容が分かる状況でしたよね~。

 

番組では、視聴者の方からもメールをもらっていました。

一人暮らしをしているがドラマを観終わった後に家族に電話して考察を話したりしていた人。

娘さんと一緒に観ていて、怪しいと話していた人がいきなり殺されショックを受けたとか。

ドラマを見終わった後に毎回家族と議論していた人。

ーーー様々な視聴者の方の生の声が紹介されていました。

 

本当に人気があったドラマだったんですね!!

 

田中圭さんのメッセージ

番組では、2018年話題になった『おっさんずラブ』。2019年話題になった『あなたの番です』。両方の座長をされた田中圭さんのお話も放送されていました。

『あなたの番です』は、これまでで一番声をかけていただいた作品だったそうです。

「面白い」「気になる」と言ってもらえたことで励みになり、頑張ろうと思ったといいます。

そして、ヒットの手ごたえを感じた瞬間は、菜奈が死んだところ。

「そこからが翔太にとっては本当の勝負。プレッシャーも凄かったですし。本当に最初は視聴率もそんな取れなくて、でも結局みんなが盛り上がってくれたのは数字にも反映するので、2クールやれてよかったと思います。」

とおっしゃられていました。

 

鈴間さんによると、テレビで放送された20話の他に、Huluでのオリジナルストーリー20話と特別編の1話、全部で41話。本当に幸せな現場だったとのこと。

同じスタッフ、キャスト。キャストも楽しんで、大変なはずのスタッフも腐らずにやっていたんだそうです。

 

田中圭さんが話している様子を見て、画面上だけですが楽しさが伝わってきました。

 

話数が多いのはネット配信に強い

佐久間さんによると、話数が多いドラマはネット配信に強いとのこと。

1クールだと一瞬で見終えて配信まで引っ張ってこれないが、2クールあると配信に引っ張れる。

日本テレビには戦略性がスゴイあって、視聴率と同時にコンテンツとしてすごく稼げるコンテンツを作るっていうマインドがすごいあるんだなと思いますね。」と、製作側ならではの目線で分析されていました。

 

ここまでの話になると、ただの視聴者の私としては、なるほどね~と、ただただ納得するばかりでした。

あと、日本テレビの日曜ドラマ枠を見ていなかったので、今回のテレビ放談を見て、どれだけ自分が取り残されていたかがよく分かりました。

 

番組ではこのあと、2019年人気コンテンツ11位~20位までも発表しており、パネリストたちの分析が続きました。

 

長くなるので、これらはまたの機会に書こうと思います。

 

 

 

それまでお待ちくださいませ…。

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site