ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

ノーサイド・ゲーム 第2話を観た感想 嫌ってる者同士が手を組めるのが不思議!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週日曜夜9時から放送中の大泉洋さん主演『ノーサイド・ゲーム』。7月14日に第2話が放送されました。

あらすじ

君嶋(大泉洋さん)は、経営戦略の視点から、アストロズがプラチナリーグで優勝するには、勝ち癖のある人を監督に据えることだと考えていた。

マネージャーの佐倉多英(笹本玲奈さん)は、城南大学を3連覇させて退任した、柴門琢磨(大谷亮平さん)が、君嶋の考えに沿った人物だと言う。

君嶋と柴門は大学の同期で、ラグビー部のスターだった柴門を、一方的に嫌っていた君嶋はなかなかお願いできずにいたが、妻の真希(松たか子さん)に背中を押され、柴門にお願いする。

前回の監督人事の際に行き違いがあって、一度は断ってきた柴門だったが、GMが大学の同期の君嶋と知り、話し合ううちに引き受けてくれることに。

しかし君嶋と柴門は、クラブ運営の予算を話し合っているうちに決裂。本部に出す予算案の期限も迫り、どうする?君嶋!…というお話でした。

 

嫌い合ってる者同士が手を組む

第1話から描かれていますが、主役の君嶋はラグビーの事が大嫌い。何故なら、学生時代の同期がラグビー部のスターで、片思いしていた女の子もそのスターの事をどうやら好きみたいだったから。

今回の第2話で、そのスターが柴門で、片思いの相手のシオリ(川田裕美さん)は柴門の現在の妻。というのと、学生時代は柴門もシオリに何度も振られていた…。ということが次々と分かってきました。

初回の謎がこうやって分かってきたんですけど、私が興味を持ったのは、こういう君嶋の嫉妬、恋愛うんぬんじゃないんです。

学生時代はお互い相手を「スター」「ガリ勉」と呼び、自分とは違う世界に住む人間だと思っていた君嶋と柴門。

でも、現在はアストロズのGMと、監督として同じ目標を掲げて歩みだそうとします。

これが私には、なんとも不思議なんです!!

嫌い合っていても、お互いの目標が一致していれば手を組む事が出来る人たちのこと。

私なら、嫌いな人と手を組んで仕事するなんて半年ぐらいしか持ちません。

 

君嶋が、今思い出しても嫌になるくらいの相手、ラグビー嫌いになった原因でもある相手にお願いするなんて、私にはとても不思議でたまりません。

 

漫才のコンビでも、この前『水曜日のダウンタウン』でおぼんこぼんさんという仲の悪いコンビを、仲直りさせる企画をやっていましたけど、そもそも嫌い合っているのに南十年も漫才を続けていられる方が、私にとっては不思議なんです。

同じお笑いコンビでも、オセロの中島知子さんは、相方の松嶋尚美さんのことが受け入れられなくなって、コンビ別れしましたよね?

私にとってはオセロの方が自然で、今回の君嶋と柴門の関係の方がとても不思議です。

そういえば、第1話でも自分を左遷した滝川(上川隆也さん)に本社に戻してもらえるかもしれないって思って君嶋は、アストロズを廃部にする意見書を、一度は出そうとしてましたよね?

あれも、1回自分を左遷した人をどうして信用できるんだろうって不思議で仕方がありませんでした。

嫌いな人でも、仕事上なら信用して一緒に働けますか?

 

f:id:lovetv:20190715134551j:plain

 

こういう割り切って仕事できる感覚が、私には皆無なんで、君嶋と柴門の関係が理解できません!!

仕事のできるビジネスマンってこういうもんなんですか??

結局、手を組めるってことは、相手の事を認めて嫌ってるっていうことなんでしょうか?それって真の意味では嫌いじゃないのでは?

認めてるなら、好きってことなんじゃないのかな?と私は思いました。

 

なんにせよ、私にはできないことなのでスゴイな~と感心しました。

 

15が0にも100にもなる

柴門がアストロズの練習風景を見て「15が100なるし、噛み合わなければ0になる。それが戦略ってやつだ。そこがラグビーの面白いところ。」と君嶋に説明しているシーンがりました。

話を聞いているだけで興味をそそられました。

君嶋もその柴門の言葉を聞いて、心動かされていました。

まだ試合をしているシーンは回想シーンの少しだけなので、ラグビーの試合っていうのがどんなものなのかよくわかりませんが、柴門のようなよくラグビーを知ってる人が1試合全部解説してくれたら嬉しいなぁと思いました。

ドラマのメインは、君嶋と滝川の戦いでしょうから、もしかしたらそんなに長い時間を取って、ラグビーの試合を見せてくれるわけじゃないのかもしれませんけど、私もどんな何万通りもある戦略ってのを見てみたいです。

 

来週は放送休止で、次の放送は28日だそうです。

君嶋はアストロズを順調に再建していけるのか?

 

以上、『ノーサイド・ゲーム』第2話を観た感想でした。

 

原作本です。↓

 

ノーサイド・ゲーム /ダイヤモンド社/池井戸潤
by カエレバ

 

 

 

www.lovetv.site