ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

まだ結婚できない男 第7話「カフェが好きで悪いか!!」を観た感想とあらすじ 再び金田から着信アリ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週火曜夜9時から関西テレビ系列で放送中のドラマ『まだ結婚できない男』。11月19日に第7話が放送されました。

 

www.ktv.jp

 第6話の感想はこちら

 

 

おもな登場人物

  • 桑野信介:阿部寛さん一級建築士。有能だが偏屈で、思ったことを口に出し、周りにいる人たちとしょっちゅう衝突している。悠々自適な独身。高級分譲マンションに一人暮らし。

<<桑野の職場関係>>

  • 村上英治:塚本高史さん一級建築士。桑野の事務所の元アシスタントで、現在は共同経営者。桜子と付き合っていることが第5話で判明。何故か桑野に桜子との結婚報告をためらっている。
  • 横田詩織:奈緒さん…桑野・村上建築設計事務所のアシスタント。マイペース。
  • 丸山裕太:荒井敦史さん…桑野・村上建築設計事務所のアシスタント。
  • 沢村映子:阪南敦子さん…桑野・村上建築設計事務所経理担当。桑野に遠慮せずにはっきりと物を言う。桑野が気を遣う相手。
  • 森山桜子:咲妃みゆさん…住宅プロデュース会社の社員。桑野が苦手。英治が自分と付き合っていることを桑野に隠していることに腹を立てている。
  • 大工の棟梁:不破万作さん…桑野設計の家を建てている大工の棟梁。桑野の設計を勝手に変えるので桑野といつも喧嘩になる。

 

<<仕事以外の人>>

  • 田中有希江:稲森いずみさん…カフェ「BROWN CLOVER」の雇われ店長バツイチ。離婚裁判を傍聴しに来た桑野とまどかを通じて出会う。まどかとは対照的に桑野にいい印象を持っていたが、まどかに対する桑野の態度に疑問を持つ。
  •  太田留美美音さん…「BROWN CLOVER」の店員。桑野の質問に答えようとコーヒーについて勉強をはじめる。
  • 吉山まどか:吉田羊さん…弁護士。独身。有希江の離婚裁判で弁護を担当。桑野とは、ネット上の誹謗中傷の相談に乗ったことがきっかけで出会う。桑野の言葉が気になり、喧嘩が絶えない。
  • 山下香織:小野寺ずるさん…まどかの法律事務所の受付兼アシスタント。
  • 戸波早紀:深川麻衣さん…桑野の隣人で女優。桑野が目をつけていた売れ残りのパグを飼い始め、「タツオ」と名付ける。

  <<桑野の家族>>

  • 桑野育代:草笛光子さん…桑野の母。第1シリーズでは桑野のそばにいる女性を全て花嫁候補にしようと動いていたが、今では人間として付き合ってくれればいいと考えを変えた。
  • 中川圭子:三浦理恵子さん…桑野の妹。桑野の親友で医者の中川と結婚。口うるさい。夫を尻に敷いている。自由な兄にちゃんとしてほしいと思ってる。
  • 中川良雄:尾美としのりさん…桑野の親友で妹の夫。病院の院長。桑野のよき理解者。時々お酒を飲みながら愚痴を言い合う。若い女性が好き。
  • 中川ゆみ:平祐奈さん…圭子と良雄の娘。イマドキ女子大生。

 

第7話のあらすじ

桑野に店舗デザインの依頼が来た。

人が暮らす建物を造るのが好きな桑野は断ろうとする、しかし、報酬が相当いいとのことで経理の沢村に押され、検討することになった。

依頼してきた大島(岡部たかしさん)は、知り合いが桑野の設計した家に住んでいて、ファンになったという人物だった。

大島が造りたいのは男女が集う洗練されたレストランバー。現在営業中の他の店舗を根本的に造り替えるという。

予算は十分。イタリアの有名な家具店の調度品を揃えられるといい、家具の写真を見せられた桑野は、一気にイメージが膨らんでいった。

書店で参考になる本を買い漁り、中川から「一目を忍んで会う男女のために個室を作ったらどうか?」と聞けば、飲食店の個室に入ってみたり、ノリノリで内装案を書き上げた。

息抜きに寄った有希江の店で、有希江がビルの会社からいきなり契約終了の通知が来たことをまどかに相談していることを知る。

有希江に店舗の買い取り話を持ち掛けたのは社長なのだが、社長と対立している専務が、有希江の店を別の店に造りかえると言い出したというのだ。

内装のデザイン画を大島に店に行った桑野は、現在営業している店舗の写真を見せられ愕然とする。有希江の店だったのだ。

一方、有希江もまどかに依頼して立ち退かないと申し立てたことにより、大島ら数人の男たちに店に乗り込まれ、脅しをかけられた。

そして、まどかと一緒に、大島が置いていった新しい店舗のデザイン画のサインを見て、こちらも愕然。デザインしたのは桑野だった。

怒り心頭のまどかに呼び出され、打ち明けようとしたことを告白する桑野だったが、まどかは聞く耳を持たない。

桑野が断ったとしても他の人がやるだけ。

まどかは自分たちだけで闘う。と言い、桑野を目の前にして話に加えず、作戦会議を始める。

桑野は「その手には乗りませんよ。そうやって無視したら、僕があまのじゃくだから何かやるとか言い出すとか思ってるでしょ。」と言う。

まどかは「全然!まあ、桑野さんはこの大島という人に気に入られてるみたいだから、何か情報掴めたりはしないかとは思ったりはしますけど。別に無理には…。」と返す。

話は決裂。桑野は申し訳ないと思う気持ちを隠しながら店を去っていった。

 

f:id:lovetv:20191120132926j:plain

 

有希江の思いとは裏腹に、桑野の大島からの仕事の話は進んでいく。

大島は、断ろうとする桑野に報酬を5割増しで支払うので、あとで3割キックバックして欲しいと持ち掛けてきた。

不正の依頼に驚く桑野はため息をつく。検討すると言ってその場を去った。

後日。別の仕事の建築現場で、棟梁が大島のことが取り上げられている雑誌を読んでいるのを見つけた桑野。

棟梁は一度、大島と仕事をしたことがあり、棟梁にとっては嫌な感じがしたという。「巧言令色すくなし仁。うわべだけ調子いい奴ほど中身がねえんだよ。」と言い放つ。

桑野は、棟梁の話に何かを思いつく。

 

有希江の店はどうなってしまうのか?

桑野は一度引き受けた仕事を断ることが出来るのか?

英治は桜子との結婚を桑野に報告出来るのか?

 

…というお話でした。

 

 

またもや金田から着信アリ

第7話では、前作ファンを喜ばせてくれるシーンがまたありました!

有希江の店の、新しい店舗デザインを桑野が担当していると知ったまどかが、桑野を呼び出すために何度も桑野の携帯を鳴らす場面があったんですが、その着信履歴一覧に、吉山まどかの名前に紛れて、「金田裕之」の名前がありました!

まどかは、間をおかず立て続けに電話を鳴らしてるはずなんですが、その合間を縫ってかけてきている金田!

前に第4話で、母の誕生日プレゼントを買う場所を検索するためにスマホ画面を見た桑野のシーンで、一瞬金田の不在着信があったのが映ってたんですが、今回は一瞬じゃなく、堂々と名前が出てました!!

第4話の時もめちゃくちゃ嬉しかったですが、また金田の名前が見れてめっちゃくちゃ嬉しかったです!!

第4話の感想記事はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

今回は、第4話に比べるとだいぶ長めに名前が映ってました!!

第4話は気づかなかった人も、今回は気づいたんじゃないですか?

 

第4話以降の5話、6話は桑野が「やっくん」と疑っていた薬丸を出してて、鳴りを潜めてましたが、7話でまた動き出しました。

第3話で出した本の感想でも聞きたがってるのかな?

第3話で金田の名前が出て喜んだ時の記事がこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

ああ!こんなに出てくるなんて、やっぱ金田の本物が出てくるの??!!

でもまぁ、最近また同じような事件で逮捕された芸能人が出てきたから、金田こと高知東生さんの出演は遠のきますよね~~~。

本当に楽しみにしてるんですよ、私は!!

薬丸にブログでの出演の立場を奪われないで!!

これまでの話を見てみると、おそらく田舎暮らしをして田舎から情報発信をしてると思われる金田。

どこか分かりませんが、その田舎に招待されるってことはないのかな??

 

金田の出演が叶わないって分かってはいますが、どうしても期待せずにはおれません。

金田!!楽しみにしてるよ!13年待ったんだから!

 

こんな個人の小さいブログで愛を叫んでみました。古!

 

桑野、愛を語る

桑野が、自分が内装デザインしたお店が、有希江の店をなくしてやるものだと知ったあとに、言い訳をしに行ったシーン。成り行きで恋愛を語っていました。

「いい恋するには、それなりに心の豊かさが必要なんですよ。そのためにはいいものをたくさん見て、引き出しを増やしとかないと。」

とか言って、芝居のために恋愛経験を積めと言われた早紀にアドバイスをしていました。

こんなこと言って、まどかに受け入れてくれる相手の不在を指摘されます。

そして「確かに僕は一見恋愛には不向きかもしれませんよ。でもね、そんな孤独な男は、ひとたび恋をした日には…。」と何か言いかけて止めてました。

 

前に、早坂先生っていう受け入れてくれる相手がいたことを話し出すのかと思って、身構えてしまいました。

予告で、桑野が恋愛を語るってあおってたし。

でも、早坂先生のことは話しませんでした。。

早坂先生は、まどかと違って、桑野のケンに対するまなざしとか、みちるをボディーガードした時にストーカーに放った言葉を聞いたりとか、桑野の優しい部分を見る機会がありましたけど、まどかにはありませんもんね。

やっくんを見つけてくれた時に、詫びたぐらいしかないです。

まどかとは恋愛の期待が薄いのかな~??と思います。

話し方とか桑野を乗せるやり方とかは、早坂先生とまどかは似てるんですけどね。

まどかはプライドが高すぎる!

 

タツオの恋の相手

少し前から、早紀がタツオを夜の散歩に連れて行っている時に、度々すれ違うピンクのリボンをしたパグちゃん。

飼い主がコワモテの男性なので、勝手に早紀が怖がって逃げてしまってます。

第7話では、コワモテのお兄さんが話しかけてくれたのに、早紀はタツオを抱えて走って逃げてしまいました。

もしかして、お兄さんのところのパグちゃんとタツオを、お見合いでもさせてくれようとしてるのかな?

いつもちょろっとしか出てこないので、タツオの恋の話は少しずつしか進みません。

桑野の恋愛はどうなるか分かりませんが、タツオはうまくいって欲しいです!

 

有希江のカフェは桑野の癒し

初回で、裁判後に落ち込んで歩いている有希江をタクシーに乗せてあげるという優しさを見せて以来、しばらく有希江に対して優しい一面を見せてなかった桑野。

第7話の最後に、有希江に粋なプレゼントを贈っていました。

罪滅ぼしか?優しさか?どちらとも取れますが、有希江は喜んでいたようです。

 

離婚裁判で落ち込んでいた有希江が、お店の常連さんと笑って話しているのを見たり、仕事の合間に寄ったり、桑野にとって、有希江のカフェはなくしたくないものだというのが第7話で改めて分かりました。

プレゼントもなかなか大がかりで、前作のみちるが引っ越していく時にケンちゃんに作ってあげた、エサ入れとは比べ物にならないくらいでした。

制作してるところは映ってませんでしたが、ケンちゃんの時みたいに、桑野が手作りしたんじゃないかな~?と推測できました。

 

誰彼構わずやり合う桑野じゃありません!!

桑野らしい、いい終わり方でした。

 

以上、『まだ結婚できない男』第7話を観た感想でした。

 

 

www.lovetv.site