ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

ドラマ10 これは経費で落ちません! 第3話「逃げる男の巻」の感想とあらすじ 岡崎体育だけじゃなく逃げているのは誰??

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週金曜夜10時からNHK総合で放送中のドラマ『これは経費で落ちません!』。8月9日に第3話が放送されました。

 

www.nhk.or.jp

 

前回の第2話は、広報課の皆瀬織子(片瀬那奈さん)がグレーな経費をどんどん落とすのに対し、契約社員の室田(真魚さん)は社員になりたいために波風を立てたくないという理由で経費を落とせないでいた。

この対照的な二人を前に、求人情報の動画撮影のインタビューの中で、経理部の森若沙名子(多部未華子さん)が、それぞれの持ち場での仕事のやり方と正しい経費の使い方、仕事に見合った給料をもらうべきだということを熱弁した。

森若の主張に心打たれた二人は、正しい経費の使い方をするようになった。

第2話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

 

あらすじ

森若沙名子と山田太陽は、約束通り外で食事する事になり、1時間で帰りたいという森若の希望で居酒屋に入った。

生ビールと数点のつまみを頼んだところで、隣の席に佐々木真夕(伊藤沙莉さん)と営業部の中島希梨香(松井愛莉さん)らがやって来て、希梨香の愚痴が始まった。

希梨香は新商品のデザインを任され、一緒に仕事をする馬垣(岡崎体育さん)が仕事をしてくれないというのだ。

馬垣は、パッケージデザインを頼んでいたデザイン会社のデザインを、希梨香に確かめもせず勝手にOKを出していた。

デザイン会社に謝罪して、やり直すよう頼んだ希梨香は怒り心頭。しかし馬垣は、責められる前に交通事故に遭ったと言って早退していた。という話だった。

希梨香の愚痴は話しているうちにさらに増し、責任者としてついてくれている山崎(桐山漣さん)ら営業部の社員たちを呼び出し、森若らのテーブルもみんなつないで大人数の飲み会になった。

太陽とろくに話もせず、どさくさに紛れて席を抜け出す森若。山崎が後を追ってきて「馬垣には気を付けて。彼は逃げる男。」と忠告してきた。

後日にも、田倉(平山浩行さん)から、7年前にミスをしてごまかすために母親が交通事故に遭ったと言って嘘をつき、逃げたことがあとでバレて地方に飛ばされたことを聞かされた森若。

馬垣が退勤後に松葉杖をつかずに普通に歩いていたのを目撃し、「ウサギは追うな。」をまた破って気になりだす。

 

その日の夜。帰宅した森若に、請求書とシステムの金額が合わず残業していた真夕から連絡が来た。差額は1194000円。

翌日。田倉と森若も加わって調べるが、なかなかみつからない。

真夕が、馬垣から受け取ったデザイン事務所への支払いの請求書が、システムに二重に入力されているのを馬垣に確認してから1つ消したことを思い出した。

馬垣からは森若も請求書を受け取っていて、森若が入力していたデータ345000円を真夕が消していたのだ。

 

1194000円+345000円=1539000円

 

この金額と同じ請求書が、製造部であったのを思い出した田倉。新発田(吹越満さん)も一緒に請求書を探したものの、見つからない。紛失していたのだ。

馬垣に確認しようとしたものの、今度はお父さんが交通事故に遭ったと言って早退していた。

代わりに希梨香がデザイン事務所に確認したところ、デザインのやり直しの見返りにデザイン料を2倍にすると約束していたと判明。わざと2回に分けて請求書を出して2回振込させようとしていたのだ。

 

f:id:lovetv:20190810010439j:plain

 

翌日。

吉村部長(角田晃広さん)に連れられて経理部に来た馬垣。真夕がデータを消してもいいかと確認したと言っても認めない。

 

一方、営業部では、空になった営業部の馬垣のデスクの上から、山崎に指示を受けて入浴剤の販売店リストを確認しようとした希梨香が、ファイルの中から、経理部で紛失していた製造部の1539000円の請求書が見つけ、馬垣に突き付けた。馬垣は新発田部長のデスクから持ち出した請求書を隠していたのだ。

しかし馬垣はまだ謝らない。

新発田部長が不注意を先に謝ると、ずっと後ろで話を聞いていた吉村部長が謝ってきた。仕方なく座ったまま謝る馬垣。

それでは足りぬと吉村部長に促され、馬垣は立ち上がって謝った。その時、動かせない足でスイスイ歩き、嘘も一緒にバレたのだった。

 

これで一件落着。

しかし、森若は全部知ってて黙っていたのではないか?と山崎を非難。山崎は理系で本来は商品開発がしたかったのに、営業に配属されていることを不満に思っており、会社のために動きたくなかったと言う。

そんな山崎の態度を、森若は経理部の目線で損失を出したと責め立てた。

 

ーーー「逃げ」ているのは誰??・・・というお話でした。

 

部長バトルは新発田(吹越満)が勝ち!!

経理部が、数字が合わなくて深刻な状況になっているのを楽しんでいた、東京03角田さん演じる吉村部長。

初回からずっと、吹越満さん演じる新発田部長が指摘していた“ザル村”だったのが原因と知って、平謝りでした。

同じ請求書が2回も来てるのになんで気づかんねん!!

 

やっぱ自分たちが利益を出してるって自負があると、確かめもせずに何でもハンコ押しちゃうんですかね~??

 

第3話は、岡崎体育さん演じる馬垣が都合が悪くなると逃げる男を演じてましたけど、本当にこんな人会社に置き続けるの?って信じられませんでした。

しかも営業部って…。利益出してるのかな?

気づかない部長も信じられなかったです。

 

山崎の希望

これまであまり出しゃばって話してくることなく、クールだった山崎。営業成績も一番なのに、開発の方に行きたかったそうです。

営業、嫌いでもないけど好きでもない。でも営業能力はある。

からしたら欲しい能力かもしれないのに!

異動願いを出し続けていたなんて、本人からしたら不本意だから距離置いてクールな感じだったんですね~。

 

今まで思わせぶりな感じでよくアップになってたから、てっきり森若さんのこと気に入って、太陽のライバルになるのかと思ってました。

 

森若と二人で話してるのを見て、太陽は勝手に誤解して嫉妬してましたけど。

もしかしたらありえるのかな?

 

太陽のアプローチ続く

森若と、せっかくご飯に行ってもほとんど話も出来ず、仕事中にお茶を出しに行っても「机の上に置かない!」ってキレられてかわいそうだった太陽。

こんなに邪険に扱われてるのに、全然めげないのがスゴイです!

 

森若は太陽のこと嫌いじゃないと同期の鏡(韓英恵さん)に漏らしてたので、可能性はあると思うんですが…。

この二人はどうなっていくんでしょうか?

 

あんまり合ってない気がしますけど、ドラマのお話ってこんな二人がくっつくのってありがちなパターンですし、接近していくのかな?

それにしても今回は太陽がかわいそうでしたね。

 

次回は?

第3話の終わりに、突如登場した総務部の平松由香利(平岩紙さん)。夏季休暇が明けて会社に戻ってきたようです。

喋り方が森若さんに似てて、どうも同じ総務部の横山(伊藤麻実子さん)と気が合わないような感じです。

 

平岩紙さんは以前、草彅剛さん主演の『独身貴族』ってドラマも出演されてました。

ドラマの中でヒロインの北川景子さんに、涙ながらに草彅さんを譲る場面に感動したのをおぼえています。

 

失礼ながら、それまで平岩紙さんをキレイと思ったことなかったんですが、『独身貴族』のこのシーンは、本当に美人だと思いました。

目を赤くして怒りを抑えながら、好きな人を譲る。とても切なくて美しいシーンでした。

 

そんな平岩紙さんが来週出演されます。

楽しみです!

 

以上、『これは経費で落ちません!』第3話を観た感想でした。

 

 

 

www.lovetv.site