ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2021春を観た感想*福岡県4日目宗像市*数字を書いて気持ちを伝えたさつき松原海岸

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2021年もBSプレミアムで放送中の『にっぽん縦断こころ旅』。

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

4月26日~4月30日は福岡県です。

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

前日、福岡県3日目の旅の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

 

987日目、福岡県4日目は宗像市への旅

4月30日放送分福岡県4日目は、福津市の宮地嶽(みやじたけ)神社でオープニングでした。

この場所は2013年の春の旅の目的地でした。

その時の旅のことが公式HPに載っています。↓

https://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route_2013spring/20130419/index.html

正平さんは「海まで一直線!ここで随分前に来ました。一直線で海!違う番組でも見たぞ。なんか。コマーシャルでも見た。俺たちが行ったとこ行きよって。とか思う。」と言って笑うと、スタッフさんが「こっちの方が早かったです。」とすかさず言ってました。

 そう!!

私も別の番組で見て、ここ『こころ旅』で見たとこや!って思いました。

飛行機のコマーシャルでも出てましたよね。

覚えてます!

 

お手紙の内容

今回のお手紙は、大分県臼杵市の60歳男性から。

こころの風景は、さつき松原海岸です。

 

大学生時代、車もバイクも持っていなかった時代、彼女とデートする時はいつも手をつなぎバスや電車で出かけていたお手紙の方。

当時は携帯電話もないので、学生寮の公衆電話に毎日電話をかけ、呼び出してもらうのが普通だったといいます。

館内放送で呼び出してもらうので、恥ずかしい面もあったそう。

こちらも公衆電話からかけるので、10円玉や100円玉を持って道沿いの公衆電話に行き、30分近く毎日話をしていたんだとか。

バスでさつき松原海岸に行っていたお手紙の方。

砂浜に数字を書いて互いの気持ちを伝えあっていたそうで、面と向かって言えないようなことも数字でなら言えたといいます。

そのあとは玄界灘を通る船を眺めながら、二人だけの時間が過ぎるのが好きだったと、お手紙の方は振り返ってらっしゃいます。

その彼女とは結婚も考えていたそうですが、事情があって4年で交際が終わってしまったとのこと。

今でもその場所はお手紙の方にとって大切な思い出の場所。

宗像・沖ノ島とその関連遺産群が世界遺産に認定され大学卒業後も数回行ったそう。

来年3月で退職するお手紙の方。今度は一人でゆっくり沖を眺めながら時間を過ごせたら…。と思ってるとのこと。

 

…というお手紙でした。

 

数字で思いを伝える?

お手紙を読んで正平さんは「数字で気持ちを伝えあう」というのがどういうものか?疑問に感じていました。

監督さんが調べたところによると、語呂合わせで数字を並べてるのでは?と言うと、正平さんが「今香取慎吾さんらがコマーシャルでやってるよな。」と言っていて、確かに語呂合わせで数字を並べるコマーシャルをされています。

続いて監督さんは、お手紙の方の年代から推測してポケベルを数字で打っていた時代では?と考えたとのこと。

14106→アイシテル という意味らしいです。

「頭いいよな。難しいな!」と感心した正平さんは「そんな時代もあったねと。」と『時代』の一部分を歌ってました。

 

『時代』懐かしい!私は薬師丸ひろ子さんが歌ってる『時代』を思い出すんですけど、中島みゆきさんの曲なんですね、この曲。


www.youtube.com

 

私は薬師丸ひろ子さんが歌う『時代』が好きです。

 

八方ふさがりの正平さん

出発前に宮地嶽神社の境内に入り、出雲神社にあるような大きなしめ縄を見ていました。

そして境内にあった『八方塞がり』の一覧表に正平さんの生まれ年「昭和24年生まれ」が入っていました。

正平さん、今年八方塞がりです!!

それを見て正平さんは「いいや塞がっても!どこでもいくわけじゃなし。俺はな、八方塞がっててもな、九方目をさがすんじゃ。そうやって生きてきたんじゃ。何回も八方塞がりあったんじゃ。だはははは!よーし、九方目、さがしに行こう!!」と言ってました!!

 

この時の鳥居に向かって歩く後ろ姿カッコよかったです!片手上げてたりして…。

それにしても正平さん、何度も八方塞がりになったの??

その話聞きたい!!

『こころ旅』でチョロチョロ出していってほしい!!

 

九州は麦が多い

約16kmのルートで宗像市のさつき松原海岸を目指して出発しました。

参道の道を通過して交差点に出て、二段階で右折。デイリーヤマザキの方の道へ進みました。

麦畑の間の道に入り「ずーっと九州に走ってて麦だったな。麦だらけだ。」と言っていました。

確かに麦畑ばかり見ました。

太陽が背中に当たって「背中があったかいよ。これもうちょっとしたら暑!ってなるんだろうな。今を楽しもう!」と言う正平さん。


春って短く感じますよね。

暖かい心地いい時は短くて、寒くなったりする日もあるなって思ってたら、急に夏のように暑い日になってる…。

毎年そんな感じだから、春の服が一番少ないです。

 

道は両側に木が立っていて、木陰を走る道に入りました。

「木のトンネル!へへへ。」と正平さん嬉しそうでした。

テレビ越しに見てても心地よさそうでした。

黄色い花が咲いて、キレイでした。

 

ランチはカレー

そしてまた道路に出て、車がスピード上げて通る道に出ました。

神湊西交差点を左折してすぐの、赤い屋根のお店でランチすることになりました。

お店に入ろうとした時、正平さんが「タム見て右前方。お馬さんが…。へえ。パカパカ。」と言って、カメラマンさんのタムさんが対向車線の歩道の前方ので、乗馬している人たちを映してくれました。

馬三頭の後ろ姿と、馬に乗っている人三人が見えました。

「お馬さん近いんだな。」とつぶやく正平さんでした。

こうやって普通に、車が行き交う所で乗馬している人が移動していることってあるんですね!!

普通に歩道を歩いているように見えました。

 

正平さんは、お店に入って「予約していた5人。」と伝えました。

正平さんは早速カウンターにいた女性に「ちょっと!べっぴんやな。マスクパッとおろして見せてよ!キレイやで、飯いらんわ。君だけで。何を言うてんねんやろな。」とナンパしてすぐに自分でツッコんでました。

お店の女性、マスク越しでも分かる苦笑いをしてました。

あーあ。プレイボーイももうモテませんね…。残念!!

 

正平さんは、カレーとアップルジュースを注文。

窓に向かって座れるソファー席でカレーを食べていました。

カレーとサラダが運ばれてきて、パクリ。「うまいうまい!おいしいおいしいチョイ辛で!ちょうどいいピリ辛!」と言って食べていました。

 

…と、ここまでが『朝版』です。

 

藤の花にかこつけてひとこと

 『とうちゃこ版』では、オープニングの宮地嶽神社で藤棚を見ているところが放送されていました。

結構藤が咲いていました。

「藤ってキレイだけどさ、山やなんかで見るとみーんな、よそん家につたってるよな。山のなんか、全部違う木にまつわりついてるもんな。そういう人に私はなりたい。」

急に藤の花批判か?と思ったら、まさかの自分の願望の話!!
いつもの植物の豆知識的な話だと思って引き込まれて聞いていたのに、急に方向転換してさすが!と思いました。

笑った!

スタッフさんたちも大笑いしてました。

 

ワンちゃんに話しかける

次はワンちゃんを連れた人がいらして、正平さんがしゃがみこんでワンちゃんに「あらチビ。カワイイね。」と声をかけていました。

ワンちゃんの名前はカボスくん。

正平さんの指をクンクン。人が好きなコで、正平さんが動く方向に一緒に動いていました!

カワイイ!

犬じゃなくてヤギ飼いたいって冗談言ってた正平さんですけど、やっぱりワン好きですね!!

ワンちゃんもちゃんと犬好きな人を見極めてる感じでした。

 

そして出発。

下り坂の途中で、さっき会ったカボスちゃんと再会!

カボスばいばい!」と声をかけると、飼い主さんが抱き上げて前足を振って応えてくれました。

かわいいワンちゃんでした!!

そして『朝版』でも放送されていた通り、参道を通り抜け、二段階右折をして進んでいきました…。

 

自転車道を走る

さつき橋の交差点を直進。さつき橋を渡っているところで海が見えました。河口です。

そして左折。

海沿いを走り自転車道に入るために右折しました。

緑色のレーンの自転車道。カーブに沿って走りました。

 

自転車道の途中で、駐車場に入った正平さん。

ここで草むらで女性がワンちゃんを散歩させていました。

正平さんはカボスくんの時と同じくしゃがんで「はいおいで!」と声をかけると、トイプードルのワンちゃんは駆け寄って来てくれてクンクンと手を匂ってくれました。

何か持ってると思ったかな?

今日は小っこいのによく会うな。」とつぶやくと、飼い主の女性が「この辺たくさんいますもんね、ワンちゃん散歩。」とこの辺りが散歩コースだと教えてくれました。

女性とワンちゃんが出てきたところが松林らしく、遊歩道だとか。

目的地のさつき松原とつながってる道だと教えてくれました。

 

トイプードルちゃんは最後まで正平さんを匂ってました。

またまたワンちゃんにモテちゃった正平さん。

正平さんの匂いが気になったのか、だいぶワンちゃんに興味を持たれてました。

 

次に男性たちの集まりに声をかけた正平さん。

松林のマツクイムシの調査をされている方々でした。

枯葉を見て調査するそうです。

 

こころの風景

駐車場での休憩を終え、道路を走り出した正平さんたち。

道沿いに松が見えてきました。

そのまま突き進み、松がたくさん見えてきました。

そして駐車場が出てきて『さつき松原遊歩道案内』の案内板が立っていました。

駐車場の前を通り抜けもっと奥へ進みます。

遊歩道が見えてきて右折。駐輪場、駐車場に入りました。

 

さつき松原にとうちゃこ

ここからはチャリオを降りて、歩きました。

さつき松原とクロマツの説明文を読んだ後、遊歩道となってる松林の中を通り抜け、浜に出ました。

「へーここでデートしたっすか?」と言いながら浜へ突き進みました。

 

キレイな海の色!!

素敵な風景!!これは心の風景になりますよね!!

いいところだと思いました。

 

正平さんは木の棒をスタッフさんから受け取り、無言で砂浜に数字を書き始めました。

『5963』

 

正平さんは「いい浜だよな。」と言っていました。

 

そして浜に座り、お手紙を読みました。

お手紙に書かれてあった通り、海の向こうに船が通っていました。

 

番組の締めに正平さんは木の棒で『4649』と書いていました。

 

『4649』ーーー一番わかりやすい数字の暗号?ですね!!

 

お疲れさまでした!!

素敵な浜でした。

 

来週は蔵出しスペシャル!2017年7月の青森県の旅を放送するそうです。

 

 

www.lovetv.site