ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2021春を観た感想*佐賀県2日目伊万里市*近いようで遠い小島古墳の公園から見る対岸の風景

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2021年もBSプレミアムで放送中の『にっぽん縦断こころ旅』。

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

4月19日~4月23日は佐賀県です。

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

前日、佐賀県1日目の旅の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

 

981日目、佐賀県2日目は伊万里市の旅

4月21日放送分佐賀県2日目は、伊万里市の伊万里城山公園でオープニングでした。

 

お手紙の内容

今回のお手紙は、伊万里市の54歳の方から。

こころの風景は、長崎県との境にある小島古墳公園からの対岸の風景です。

小学4年生の時、授業でわが町の歴史で小島古墳を友達と調べて前方後円墳という言葉を知り、その形が本当なのか見に行くと、全然分からず。だったというお手紙の方。

その後整備され公園になり、それからはお手紙の方たちの一番の遊び場。

 一年生の歓迎遠足では、その頃流行りのピンクレディーやベルばらの劇をしたり、帰宅後は自転車族となり、公園周囲をグルグル。

そして海に向かって今では絶対してはいけませんが、天然記念物のカブトガニを石投げみたいに投げていたといいます。

空に向かってはトンビに石を投げ、逆襲。追いかけられ必死に自転車で逃げたことも。

中学校卒業式の後は、みんなで歩いて行って二次会。写真もいっぱい撮ったそう。

その中に対岸の名村造船所のドッグが写っていました。

まだその頃は世間を知らない10代。

近いけれど遠いところだなと行くたびに思って見ていたとのこと。

大人になり実家に戻った時に一度だけ行った時には、対岸の町に嫁ぐとは思いもしなかったんですが…。

まだその頃は伊万里湾大橋も架かっていなく、対岸に行くのに車で40分かかっていたので、やはり近くて遠いところだったと振り返るお手紙の方。

今では橋を渡れば10分。

反対側からはいつも対岸の公園を見ていたのに、小さい頃から見ていた対岸は、近いのに行っておらず、見ていないというお手紙の方。

やっぱり近いようで遠い。

正平さんに、ずっと見てきた小島公園から見た対岸を自転車で訪問してもらいたいです。

 

…というお手紙でした。

 

お手紙には、写真が同封されていました。

いまりできまり

出発前に、監督さんから言って欲しいと言われていたことの中に、「いまりできまり」というキャッチフレーズがあったことを思い出した正平さん。

カメラに向かってこそっとそのことを言って「しょうもな!」とツッコんでいました。

 

正平さんに行ってもらいたかったんでしょうか??

 

伊万里神社から小島公園を目指して出発。すぐに伊万里川に架かる橋を渡りました。

橋を渡って走り、大きなパチンコ屋さんがある交差点で信号待ちをしていると正平さんが「あー!"いまりできまり"って書いてあった!」とパチンコ屋さんを指さして言いました。

指さした方をカメラで映してみると、電光看板に『SNSにUPするなら#いまりで決まり!』という文字が出ていました。

本当に"いまりで決まり!"って言うんですね!面白い!

正平さんは「わかったから。もう言ったからちゃんと。」と電光看板にツッコんでました。

監督さん、紹介出来てよかったですね!

 

伊万里湾大橋とれんげ畑

畑の横の道を通っていた時に、先の方に伊万里湾大橋が見えてきました。

「あれが出来て近くなった。」とつぶやく正平さん。

まだまだ橋は先の方です。

橋よりも、手前に咲いていた大きなれんげ畑の方が正平さんには惹かれてました。

キレイでした!

正平さんが惹かれるのも無理ないなと思いました。

 

ランチはチャンポン

国道に出て、”里”という交差点で信号待ち。

その後駐在所を過ぎたところで、焼きそばチャンポンと看板に書かれてあったお店を見つけ、正平さんが撮影許可をお願い。

無事入店して

正平さんは、チャンポンデラックスを注文。

運ばれてきたチャンポンの器が大きかったです!さすがデラックス!

真ん中にたまごが落とされていました。

いつものコーラも頼んでいて、正平さんの好きなメニューですね!!

 

真ん中に落とされた生卵をいつ壊すか?と楽しみながら食べていました。

美味しそうでした!!!

 

青幡神社の楠

食後。店の外へ出ると、大きな木を発見!

近づいていくと、神社の中にあったものすごく大きな巨木でした。

青幡神社の楠と説明された看板が立てられていました。

www.jalan.net

 

ふいに見つけた巨木でしたが、ここが目的地となっていても不思議じゃないくらい見事な木でした。

木の周りにはロープが張られていて、近づけないようになっていました。

正平さんは「触んないと元気もらえないんだけど。元気あげる!頑張れ!」と楠に声をかけていました。

正平さんが好きそうな巨木でした。

触りたかったんだろうな~~。残念!

でも、下から見上げても陽の光に照らされてとてもキレイでした!!

 

…とここまでが『朝版』です。

 

先頭は辛い!

 『とうちゃこ版』では、有田川沿いに走る様子が放送されていました。

強風の中走っていて、途中の竹やぶで筍を見つけて休憩。

倒れた竹の横にちょこんと1本生えていました。

自分だけ息を切らしていることに気づいた正平さん。「代ろうか先頭。」と不満げ。

「でも寒くないからいい。」と太陽を背に言っていました。

 

ああ、正平さん先頭を走ってるから、一人風を受けてしんどかったんですね!

本当、自転車って風がある時辛いですよね。全然進まない!

歩いているよりしんどくなる時があります。

何回か先頭を代って走ってる回ありましたよね。

 

先頭は辛い!

 

伊万里湾大橋を見てから先に進んでいると、周りに遮るものがなくて風をもろに受けながら走る正平さんたち。

途中で止まって休憩。

この直線が永遠に見えます。風何とかしてください。あーあ。車はいいなぁ。」と横を通り過ぎていく車を恨めしそうに見つめていました。

 

テレビ越しに見ていても、風の音が入ってくるのでキツんだな~と思いました。

 

道は伊万里湾大橋の近くを通っていて、海に近いので風がキツイみたいです。

「こういう時は歌でも歌いながら行こう!」と歌い出した正平さん。

星の流れに身を占って どこをねぐらの今日の宿 すさぶ心でいるのじゃないが 泣けて涙も枯れて果てた こんな女に誰がした

 正平さんが歌っていた曲を調べました!!

星の流れに』という歌の一部みたいです。YouTubeで見つけました!↓


www.youtube.com

 

 

強風を受けてしんどい身の上を歌詞に重ねたんでしょうか?
しんどそうでしたからーー。。

「歌ってもしんどい。風止め!」と歌うのも息が切れて途中でやめていました。

 

こころの風景

 風に文句を言っていると、小島公園の案内板が出てきました。

「嬉しいわね。」と、一気に正平さんの声が明るくなりました。

 矢印に従って右折。

 

長い直線の道の正面に古墳ぽいこんもりした山が見えてきました。

駐車場を回り込んで近寄ってみると小島古墳と看板が見えて、チャリオはとうちゃこ

 

お手紙に書かれてあった通り、前方後円墳だという説明が看板に書かれていました。

 ここからはチャリオを押して歩きました。

チャリオご苦労さん。風きつかったね。往生したね。おうじょしまっせ。

しんどい時も大木こだまひびきの漫才の言葉でちょっと笑かしてくれてました。

疲れていてもサービス精神のある正平さん。

チャリオから降りて、小島古墳を見るために階段を上りました。

 

上に上がってくると、前方部、後円部と、分かりやすく矢印で示してくれる看板がありました。

ロープがあって入っていけませんでしたが、石室もチラッと見えました。

木々が繁っていて、歩くとざくざくと音がしていました。

木が生い茂り過ぎて子供が遊ぶには暗くなってきたら怖かったんじゃ?と想像する正平さん。

古墳を抜けて下りてきて反対側に出てくると、海が見えました。

「ああ見えた!」造船所のクレーンが見えました。

 

次に正平さんはカブトガニをさがしました。が、見つかりませんでした。

そしてお手紙に同封された写真と照らし合わせ、変わってない景色を確認。

お手紙の方がいる対岸に向かって「こっち来てるよ!」と手を挙げていました。

ーーいてるかな?

そして対岸に向かって座り「見えるかい?そっちにいるんでしょ?」とお手紙の方に語りかけてからお手紙を読みました。

 

お手紙を読み終わり「対岸が、あっちに橋ができたから10分で行ける。確かにこれ見てもあっちいくの遠いわなーと。いや、伊万里湾の海岸にいる。天気は良かったけど風が強かったけど、まあ来ました。あーりがとさん!まだ2つ目。明日はどこ行くか。お願い。風やんでちょうだいか。OK!今日はここまで!」と言って番組を締めていました。

 

今日は海に向かって走って行っていたので、風がよりキツそうでした!!

でも、最後の伊万里湾の景色はキレイでしたね!

古墳、うっそうとしていて森に見えました。

でも、石室がチラッと見えて、ああ古墳なんだな。と分かりました。

お手紙の方が分からないと思ったのが分かる気がしました。

 

どこの古墳もそんな感じじゃないでしょうか?

 

思い出の公園、お手紙の方は懐かしく感じられたでしょうか?

 

明日は、唐津市の旅です。

 

www.lovetv.site