ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2020春を観た感想*千葉県2日目市原市*キジとひょうたんにはしゃぐ正平さんたち

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2020年もBSプレミアムで放送中の『にっぽん縦断こころ旅』。

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

7月20日~7月24日は千葉県です。

4月17日の静岡県の旅で2020春の旅の放送を中断していましたが、7月13日の月曜朝版から再開されました。

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

前日の千葉県1日目袖ケ浦市の旅の感想はこちら↓

www.lovetv.site

 

921日目、千葉県2日目は市原市への旅

7月22日放送分・千葉県2日目は、市原市の養老川臨海公園でオープニングでした。

 

 

前日も強風が吹いていましたが、公園から見える海も白波が立っていました。

 陸を見ると、一大コンビナート。

煙突が並んでいました。

 

お手紙の内容

今回のお手紙は、君津市の43歳の方から。

こころの風景は、市原市永吉にある永久寺前の田んぼ道の風景です。

 

お手紙の方が大好きだったおばあちゃんとの思い出の風景。

小学生の頃は、夏休み、冬休みになると1週間以上おばあちゃんの家に泊まり、たくさんの思い出があります。

一番の思い出は、おじいちゃんのお墓参り。おばあちゃんの家から歩いて10分くらいのところにある永久寺にあったそうです。

お手紙の方が生まれるずっと前に亡くなったおじいちゃん。写真でしか見たことがなかったといいますが、それでもおじいちゃんが待ってるからと誘われ、お墓参りに行っていたといいます。

おばあちゃんと2人、おばあちゃんとお兄さんと3人でと、数えきれないほどおじいちゃんい会いに行ったとのこと。

永久寺前の田んぼ道まで来ると「ああおじいちゃんと会いに来たんだ。」と不思議と懐かしい気持ちになるのだといいます。

一度も会ったことはないが、お墓に行くたび色々お話をして、たくさん褒められたりたくさん怒られたり…という不思議な思い出が増えていったのだそうです。

お墓の前にいるお兄さんとお手紙の方を見守るおばあちゃんは、いつも優しい笑顔。すごく大切な時間だったと振り返ってらっしゃいます。

2年前。おばあちゃんは亡くなり、50年ぶりにおじいちゃんとおばあちゃんが一緒になり、二人仲良く天国から見守ってくれていると思うというお手紙の方。

何もない田舎町ですが、是非こころの風景をのぞいてみて欲しい。

 

というお手紙でした。

 

強風の中スタート

約18kmのルートで永久寺を目指して出発しました。

大きな駐車場横を走りながら、風をもろに受けて「うわ~!おえ!」と声を漏らしながら懸命に走ってのスタートでした。

大きな道路に出ると風はマシに。

BGMは辛い道を走る時のものになっていました。

 

次に住宅街の中を走っている時は、また辛そうな声が出るようになり、テレビ画面越しにも風の音がよく聴こえて辛そうなのが分かりました。

 

イチョウの木から別の植物が…

 線路沿いを走っている時に、右側に公園があり休憩する事になりました。

公園の中に入って歩き、切られた木の年輪を見ながら「もったいないねぇ…。このバームクーヘンを…。」とつぶやく正平さん。

「新しいのが生えてきてる。」とスタッフさんが言った通り、年輪の円の外側ぐらいから新しい緑が生えてきていました。

しかし正平さんが「これイチョウの木だけど、違う植物だ。」と指摘。

隣にあったイチョウの葉とは確かに葉っぱの形が違いました。

古くなった木から、別の植物がたくましく生えてきていたのです。

ビックリ!!

 

年輪はしっかりしていたので、この木が途中まではしっかりとしていたのが想像され、正平さんは「もったいないこの木切っちゃ。上の方でヤバかったのかな。」と言っていました。

 

この木がまだ切られずに残っていたら、大きな木だったのだろうと想像出来ました。

台風で倒れてしまったのかもしれないですね。

 

休憩を終え、風のキツい農道を「あやや流される!」と言いながらもなんとかバランスを取って走る正平さんたち。

フラッとしながらもちゃんと前に進んでいました。

さすが正平さん!!体幹強いんですね~!!

 

公園でお弁当

農道を抜けると次は川沿いの道へ出ました。

土手を走っている時に雨が止んできたようです。

そして川沿いの左側にあった公園でお弁当を食べることになり入っていきましたが、誰もいませんでした。

「天気はあれだし、風強いし。」と寂しそうに言いながら公園内にある東屋を目指して歩きました。

ベンチがL字になって2つ置いてあり、間隔を置いて正面にならないよう座れるような形になっていました。

正平さんはローストビーフ弁当を選択。

別の人が冷しタンタンメンを選んでいて「コノヤロー」と笑いながら羨ましがっていました。

「替えます?正平さん。」と言われ「いや。男が一度決めたものを。」とブツブツ言ってローストビーフ弁当を食べていました。

「こういうもんか。ローストビーフは。」と言って一応は納得して食べてました。

ローストビーフ弁当はご飯の上にローストビーフと漬物がびっしりと詰まっていて、とても美味しそうでした!!

でも麺好きの正平さんはもしかしたら、急に、冷しタンタンメンが羨ましくなったのかもしれないです!!

 

監督さんは草の上に座って、他の人はベンチで間隔をあけて座って食べていました。

正面に向かい合わないようにして食べてる姿はなんだか寂しい気もしますが、感染予防です!!

 

…とここまでが『朝版』です。

 

先週から風キツイ!

『とうちゃこ版』では、出発前に今週のチームの皆さんに「おい!何とかならんか。この風。先週からなんだ。ホントに参ったよ。」と強風についてボヤいていました。

先週とは違うメンバーさんと一緒に走ってるんですね!!

そういえば、先週のカメラマンさんはジュンさんで、今週はアライさんです。

 

本当。神奈川県の旅も毎日、風で大変そうでした。

それでもバランスを保って走る正平さんたち!!スゴイです!

 

風の足跡

川沿いを走っている時に、左側に見える田んぼを見て「休んでる間に済んじゃったんです。色んな事が。」と寂しそうに言ってました。

 

いつもの旅なら、色んな所で田植えの様子が見れていましたけど、今年はその季節は休んでいる間に過ぎてしまいました。

稲は成長して、強風に押され、「風の足跡」をつけていました。

毎年この時期はもう北海道で、風の足跡を見ていたのに…。

 

キジとひょうたんを発見!

川沿いを走っている時に、畑の中にキジが歩いているのを正平さんが走りながら発見!「今年初キジ!」と喜んでいました。

ja.wikipedia.org

目の周りが赤くて、尾が長い鳥が足早に歩いていました。

 

そしてキジがいた畑にひょうたんも植えられているのを見つけた正平さん。

正平さんは下から覗き込むようにひょうたんを見て「俺サイズ!」と言って周りを笑わせていました。

正平さんが指示する角度で撮影をすると、めちゃくちゃ大きかったです!!

 

私の昔住んでいた場所の近くにひょうたん畑があったのですが、こんなに大きなサイズは見たことありません!!

 

よく落ちないな~。」「一升瓶ぐらい入っちゃいますね。」とスタッフさんたちも珍し気に見ていました。

 

そうですよね~。

大きすぎてお酒がなんぼでも入りそうでした!!

 

こころの風景

農道から住宅街の道へ。永吉に入りました。

草むらの中に、永久寺と書かれた看板も見つかりました。

お手紙に書かれた田んぼのそばでチャリオから降りて、とうちゃこ

 

ここからはお墓があるというお寺の階段を上っていきました。

 

入口すぐに十三の石塔があり、奥の方に歩いて行くとお墓がたくさん並んでいました。

皆で手分けしてお手紙の方のお家のお墓をさがしました。

「あ、それそれって、お手紙の方は言ってるかも知らんな。」と言いながら歩いていました。

おじいちゃんおばあちゃん、どこに寝ていますか?見に来たよ。お孫さんのお手紙で。」と語りかけながら探しましたが分かりませんでした。

正平さんはカメラさんに「お墓を映してあげて。」と指示。

どこかに写ってるかもしれないから。とのことでした。

 

お手紙の方、映ってましたか?

 

正平さんは、田んぼ道が見える永久寺の階段に座りお手紙を読みました。

田んぼ道やお墓を見ながらお手紙の内容を見ると、しみじみとしました。

この田んぼにも、風の足跡がついていました。

お手紙で書かれていた季節は夏。今回訪れたのも夏。

田んぼに緑が映えて、キレイでした。

 

明日は、柏市への旅です。