ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅<プレイバック>2014春を観た感想*富山県2日目砺波市*庄川水記念公園に着くといい子になる風

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKBSプレミアムで放送していた俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組『にっぽん縦断こころ旅』。

新型コロナ感染拡大の影響の為、4月17日放送分を終わりに放送が中断されました。

4月20日からは同じ時間帯で、これまでの名場面を振り返るプレイバック、再放送が始まりました。

BSプレミアムでは、2014年春の旅を朝版、とうちゃこ版と丸々再放送されています。

6月1日~6月5日までは2014年春の旅の富山県です。

いつ2020春の旅の放送が再開されるか分かりませんし、その再開を見逃さないようこれまでと同じ時間、こころ旅を見続けようと思っています。

 

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

2018年の秋の旅以降、このブログで『こころ旅』の感想を書かせていただいていますが、2014年の旅は正直あまり見ていなかった時期でした。

なので、今回のプレイバックで朝版、とうちゃこ版と丸々再放送が見れると知り、改めてていこう!感想を書いていきたい!と思います。

 

330日目、富山県2日目は砺波市への旅(2014/5/21放送分)

2014年5月21日放送分の富山県2日目。

2020年6月3日・プレイバック放送は、高岡古城公園の堀に浮かんだ船で正平さんが寝てる姿から始まりました。

スタッフさんが「おはようございます。」「正平さん。」と声をかけると「アマゾンか。」と言って起き上がって「ちょっと芝居下手だった。」と照れていました。

確かに起き上がってあたりを見渡す様子が芝居臭かったです。

iko-yo.net

鳥の鳴き声が聞こえて緑がキラキラと映えて「こんなところもあるんですよ。高岡の真ん中に。木の枝がずっと水辺まで来て。こういうの好きやねんな。」と、オープニングからまったりしたお顔をされていました。

 

お手紙の内容

お手紙は、福井県坂井市の44歳の方から。

こころの風景は、砺波市庄川町にある庄川水記念公園です。

19年前。結婚する前に旦那さんがよく連れて行ってくれた場所です。

この頃は、ご両親と色々あり辛いことが沢山あった時期。

この公園とダム湖の水辺を歩くことが出来る遊歩道から見る景色と旦那さんに癒されたそうです。

この遊歩道を思いやりがあって優しい旦那さんと話しながら歩いていると、嫌なことも忘れることが出来たといいます。

お互いが、相手を思いやりの気持ちを持って過ごしていたことを思い出す場所でもあるというお手紙の方。

今現在は毎日一緒に生活をしていくうちに、思いやりの気持ちが薄れてきている気がしている。とのこと。

水記念公園の景色を見ながら、あの頃の気持ちを思い出し旦那さんに対して思いやりを持って過ごしていきたい。

 

というお手紙でした。

 

思いやりの塊

正平さんは「なんなの?この手紙。好きなようにせいという手紙…。結局幸せなんでしょ?」とお手紙を読み終わってツッコミを入れてました。

思いやりの気持ちを思い出したいってことでしょ?という正平さん。

スタッフさんが「分かりますか?そういう気持ち。」と聞くと「分かりますよ。思いやりの塊みたいなもんです。ただちょっと思いやりがばらける場合がありますから。かあちゃんすまん!かあちゃん一本やで。ホンマに。」と最後は冗談でかわしていました。

 

今でも色んな人に思いやりを向けてるんでしょうか??

前日も、モテるの分かるってランチで寄った店の人にも言われてたし。

天性の何かがあるのかなぁ??

 

高岡大仏を見る

約25km先の「庄川水記念公園」を目指して出発。赤い欄干の橋を渡って公園の外に出ました。

すると出てすぐに左側に何かを見つけて立ち止まった正平さん。

道路から大仏様が見えました。三大大仏の高岡大佛です。

 

正平さんは三大大仏のあと2つ。鎌倉はすぐに出ましたけど、肝心の奈良の大仏がすぐに出てきませんでした。

www.jalan.net

 

ーー大仏を語るのに、奈良の大仏が出てこないなんてショックですね~。

案外関西以外には奈良東大寺の大仏なんて大して知られてないんでしょう、きっと。

私も今住んでるところで、当然知ってると思って法隆寺の名前を出したら、法隆寺って何?みたいな反応をされました。

世界遺産と言っても、身近にないものは他の地域に住んでる人は知らないもんなんだと思いました。

 

れんげが風に揺れる

道の両側が田んぼで、風が通り抜ける場所を走る正平さんたち。

「助けてくれ。進まねえんだもんな。」と言いながら走る正平さん。

休憩のために立ち止まり、後ろに「自転車倒れるぞ。止めとくと。」と注意を促す正平さん。

正平さん自身は道路の内側にチャリオを持ち上げて飛ばされないように止めていました。

そこにはれんげがたくさん咲いていて、強い風に揺れていました。

「れんげこんな波打ってる。」と言いながら眺めていると、れんげと田んぼ越しに遠くで電車が走っていくのが見えました。

すかさず撮影するカメラさん。

「ちょっとBカメになった気持ちになってないか?」と言う正平さん。

「絵になるなと思って。」と返していました。

 

これはキレイな景色でしたよ!!

手前にピンクのれんげと緑が風に揺れていて、その奥に田んぼ。その奥に電車が走ってました。

最後は、れんげの花の中に黒い服を着て白いヘルメットをかぶった正平さんが立っているのを撮っていました。

 

カメラマンさんは景色の中から、きれいに見える角度を瞬時に見極めて映すんだからすごいです!!

今回のカメラマンさんは新井さんです。

 

コーンスープとエビチャーハン?

それからも向かい風のなかを走り、一品香という中華料理のお店を見つけランチする事になりました。

正平さんはエビチャーハンとコーンスープを注文。

どちらもボリュームたっぷりで、大きな器で運ばれてきました。

先にスープを飲む正平さん。「おいちい。コーン大好き。」と喜んで食べていました。

でもエビチャーハンがカニチャーハンに変わってました。

しかし何も言わずカニチャーハンを食べていました。

カニが高いからかな?

 

どちらもとても美味しそうでした!!

特にコーンスープがそそられました。おいしそうだったな~。

 

向かい風に雄叫びを上げる

食後も向かい風と格闘しながら進む正平さんたち。

何も遮るもののない田んぼの間を走るときに余計に強くなって、「うわ~。」と思わずスタッフさんの声が漏れていました。

「ちっとも風がおさまんない。嘘でしょ?恐怖の西向きです!ホォー!」と言い、正平さんも身をかがめながら砺波市太田周辺を走っていました。

 

山が近くなってきて、庄川が左側に流れているのが見えました。

そして水記念公園の案内板が見えてきました。

 

…とここまでが『朝版』です。

 

こころの風景

 『とうちゃこ版』で、水記念公園の駐車場にとうちゃこ

お手紙。思いやりを思い出すって手紙。そんなのどうでもよくなってますよ。本当に。なんで人の思いやりのためにこんなに…。キツイねぇ…。まぁ思いやりを思い出していただければ、それはそれなりに俺たちもありがたいんでしょうかね。

と、とうちゃこ早々グチる正平さん。

スタッフさんも「もうボヤキになってますね。」と言って笑ってました。

 

ーーー『こころ旅』はこういう正平さんのグチが聞けるので面白いです!!

 

mizukinen.com

 

ここからは歩いて遊歩道へ行き「ここを歩いたっすか。」と言いながら歩きました。

道の両側に木が植わっていて、緑が太陽の光を浴びてとてもキレイでした。

「ここは涼しくていいや。」と言う正平さん。木の陰で涼しかったようです。

赤い浮島橋が架かってる近くの川にはお魚がたくさん泳いでいました。

浮島の名前の通り、橋が浮いて揺れていました。

 

どんどん奥に入る正平さん。

土を踏みしめて歩く音が心地よかったです。

小高いところから緑色の水の川を眺める正平さん。

「今日は水辺から水辺だ、本当に。ああ風もいいし。こんなに嫌な奴だったのに。」と今日の旅で一番嫌がっていた風が、とうちゃこしてからは心地いいものに変わりました。

 

そして正平さんは水が見えるところに座り、お手紙を読みました。

まあでも、思いやりがなくなったなぁと思ってるっていうことは、まだ思いやりがあるってことだよな。思いやり本当になくなったらそんなことも感じないだろうし。」

とお手紙の内容について感想を漏らす正平さん。

そして「あの嫌な向かってくる風が、こういうところ来るといい子になるんだから。」と、一日悩まされた風についても誰かを思い出したかのように感想を言ってました。

 

確かに、思いやりがないかも。と思えるだけでまだ優しい気持ちが思ってるってことですよね!!

正平さんのこういうボソッとした言葉が大好きです。

 

明日は黒部市への旅のプレイバックです。

 

 

www.lovetv.site