ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2019秋を観た感想*鹿児島県1日目瀬戸内町(奄美大島)*ホノホシ海岸へ行く

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで放送中の『にっぽん縦断こころ旅』。

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

12月16日~12月20日は鹿児島県です。

www4.nhk.or.jp

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

先週は宮崎県の旅でした。4日間全部面白かったです。

宮崎県の旅の感想はこちら

 

896日目、鹿児島県1日目は瀬戸内町の旅

12月17日放送分、鹿児島県1日目は、鹿児島市の鹿児島新港でオープニングでした。

目の前に桜島が見えていたのですが、右側が噴煙で隠れていて、残念ながら全貌は見えませんでした。

QUEEN CRAL 8という大きなフェリーに乗って、移動します。なかなか目的地を言ってくれなかったスタッフさん。

正平さんは舟に乗るためのチケットを見て、行き先が奄美大島だと分かりました。

甲板に出て、「多分一番星キレイやで。」と言う正平さん。空には細い月と左上に星がキレイに光っていました。

『こころ旅』とは思えない感じの、ロマンティックな始まり方です!

フェリーは、奄美大島に向けて鹿児島新港を出港しました。夜の暗い海に、フェリーの灯りが映え、とてもキレイでした。

撮影2日目。午前4時30分。暗いうちに名瀬港(奄美大島)に入港しました。

真っ暗な甲板で2回目の「おはよう。」です。「奄美大島じょうりこ。」と言いながらまだ暗い奄美大島に上陸しました。

この日は移動日で宿泊先へ行き、解散。旅は次の日となりました。

撮影3日目。瀬戸内町の高知山展望台に上がり、海を見ながらの「おはよう。」でした。

www.kagoshima-kankou.com

展望台からは、加計呂麻島が見えました。

 

お手紙の内容

今回のお手紙は、大阪市の69歳女性から。

正平さんに是非とも「とうちゃこ」してもらいたい場所。

現在102歳のお母さんの故郷・奄美大島の南端にある瀬戸内町にある『ホノホシ海岸』です。

今から3年前。ここを訪れた時に思わず「天国だ!!」目の前に広がる景色はまさに、地上の天国そのもののようで、心が震えたといいます。

足元には黄色い小さな花が咲き、遠くに波の音が聞こえたんだそうです。

小高い坂道があり、ゆっくり上っていくとスゴイ光景が。まるで別世界。

まぶしく輝く青い海の色。太平洋の荒波が岩にぶつかり、波しぶきを上げて舞っていたといいます。

102歳のお母さんはとても元気で、気候が暖かくなると、「お墓参りに行こう。」が口癖。飛行機に乗るのも平気。度々故郷に帰っていたといいます。

ところが、今年の初め。お母さんは心臓を痛め、遠出が出来なくなりました。

飛行機の旅はなおのこと、外出が困難になってしまったそうです。

奄美に帰れないと知ったお母さんはしょんぼりしているとのこと。

そこで、正平さんに『ホノホシ海岸』に行って、地上の天国に立っていただき、海岸に押し寄せる波を見てきていただきたい。

7年前、『こころ旅』を教えてくれた父親代わりだったお兄さんは、旅の途中の不慮の事故で亡くなり、帰らぬ人になりました。

もし『こころ旅』でホノホシ海岸が映されたなら、本物の天国でどんなにか喜ぶだろう。お母さんもテレビ越しに故郷を見て、手をたたいて喜ぶでしょう

というお手紙でした。

 

…と、ここまでが「朝版」でした。

 

ランチは海鮮丼

約16km先のホノホシ海岸に向かってチャリオでスタート。

坂を下っていって、港に出ました。

スタッフさんが「情報によると、海の駅の2階においしい海鮮丼を食べさせてくれるところがある。」と言うと「行ってみよう。」と言う正平さんでした。

せとうち海の駅に入りました。

www.kagoshima-kankou.com

 

海の駅に2階に上がり「特別海鮮丼」の文字を早速見つけた正平さん。注文したのはマグロ丼でした。

運ばれてきたのは、マグロ丼と茶碗蒸しとみそ汁。

大きなマグロを頬張っておいしそうに食べていました。

部位が違うマグロが乗っていたようです。

このマグロ丼、テレビ越しに見てもとても美味しそうでした!!!

羨ましい!!

マグロ丼、食べたくなってきました!!!

 

マグロの置物でコント

食後、海の駅の外にあった、大きなマグロの置物に近づいて行った正平さん。

カメラマンさんに「マグロに食われてる絵、撮って。向こうから。」と言います。スタッフさんたちは失笑です。

マグロの口に頭から突っ込んで「たすけて~!マグロに食われた男。」と足をバタつかせながら言ってました。

「食われた気分どうですか?」と聞かれ「いや、さっき食ってやったからな。返り食いされた。」とカッコよく返す正平さんでした。

マグロに返り討ちされる正平さん。

久々のスタッフさんを巻き込んだミニコントをしていました。

 

暖かい地方に行って、正平さんの調子が良くなってきました!!

 

バスに乗る

チャリオで順調に走っていた正平さんたちですが、ホノホシ海岸までアップダウンが続くので、途中からバスに乗ることになりました。

奄美の園というバス停からバスに乗りました。

自由乗降方式のバスなので、乗車時に降りる場所を確認。運転手さんにホノホシ海岸までの3つ目の坂のピークのところで降ろしてもらうよう、お願いしました。

 

坂のピークで降ろしてもらった正平さんたち。再びチャリオに乗って、スタートしました。ここからホノホシ海岸までは約3㎞です。

「今日はずっと下ってるんです。」と嬉しそうに下っていった正平さんでした。

 

辛そうな正平さんを見るより、ゴキゲンの正平さんの方が見てて嬉しいです!!

 

 

こころの風景

途中から、海岸線に沿って走っていました。とてもキレイな海の色でした。

ホノホシ海岸の案内板に従って進み、自転車では進むことが出来ないエリアに入り、チャリを降りて歩きました。

「なんか本当に海岸だっていうのに、こういう地形か。」とつぶやく正平さん。ちょっと小高い坂を上って進んでいきました。

そして背の高い植物がある横の道を進んでいくと、左側に景色が開け、正平さんが「あら~。」と声を上げました。

丸い石がたくさんある浜の向こうに、海が広がっていました。

とうちゃこです。

 

丸い茶色い石に「ホノホシ海岸」と書かれてありました。

ロケ日は風が強く、波も激しかったです。

浜に下りて、海に近づいていきました。「太平洋の荒波だ。」と言ってました。

 

www.kagoshima-kankou.com

正平さんは石の浜に座り、お手紙を読みました。

 

ホノホシ海岸までの道と、海の様子はお手紙に書かれてあった通りでした。

ロケ日はあいにくの曇りだったので、晴れた日だったらもっとキラキラしてキレイな風景だったんだろうな。と思います。

 

次は与論町です。

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site