ぴえーるのテレビブログ

おもにテレビ感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2019春の感想*奈良県2日目桜井市*正平さん、にしんそばとくさ餅を食べる

スポンサーリンク

スポンサーリンク

4月1日からBSプレミアムで「にっぽん縦断こころ旅」が始まりました!

「にっぽん縦断こころ旅」は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。4月1日~5日は奈良県を走ります。

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送です。

www4.nhk.or.jp

805日目、奈良県2日目は桜井市の旅

4月3日放送分の奈良県2日目は、奈良県桜井市上之郷小夫の天神社でオープニングでした。神社の境内から外にけやきの木があって、近くに由来の看板が立っていました。約1500年のご神木だそうです。外に斜めに立っていました。

境内の外に出て、斜めになっている木を正平さんが下から両手を伸ばして支えるポーズをして「支えてる感じになってる?」とスタッフさんに確認。笑いが起きました。

 

正平さんのこういうところが若いなぁと思います。カメラから見た姿を意識して、どう見えるかとかもやっぱ職業柄、頭にあるんでしょうか?

面白いです。

 

神社から見えたカフェで手紙を読もうと提案した正平さん。まだ未完成のオープンしていないお店でした。オーナーさんに特別に許可をもらい、ウッドデッキでお手紙を読む事になりました。

ウッドデッキから見える里の景色が良くて、これもまた正平さんのセンスが感じられました。っていうか正平さん自体が絵になる人なんですけどね!!

ご本人からしたら何気なくやってるんでしょうけど、いい場所を見抜くセンスのない人間からしたら、ひとつひとつスゴイなぁと思ってしまいます。

 

今回のお手紙は、大和高田市の36歳女性から。ふるさとは奈良県桜井市上之郷。

家から町までの買い物へ出かける時に通る、長谷寺の参道。

草もちの看板の「く」の字がおじいちゃんの名前の「久」の字だと気づいたお手紙の方。そのことを大変喜んだというおじいちゃん。

現在住む高田から帰省する時に賛同を通ると思い出すそうです。

 

長谷寺に行って、くさ餅の看板の「く」の字を見に行くというのが今回の旅の目的です。

 

 

 

奈良ええとこやな

順調に坂を下る正平さん。あっという間4km走っていました。今回のコースは7kmととても短いので、道の途中にある小さな神社で休憩する事になりました。

この時点ももう60%走ってしまい、戸惑う正平さんです。

 

神社の中を散策し道に戻って来た正平さんは「奈良ええとこやな。」とつぶやくと、スタッフの方が「もしコース逆が逆だったら?」と聞くと「最低のとこやな。」と笑ってました。

昨年秋の旅で延々道を上がっていくコースがありましたね?

 

www.lovetv.site

川沿いの山道という点が似てるなと思いました。

 

 

…と、ここまでが「朝版」です。

 

小さな春を見つけた

「とうちゃこ版」では、もう1か所、カメラのバッテリー交換の時間に休憩を取っていました。

田んぼの横の道に入り、「ちょっと春。」と言う正平さん。つくしを見つけていました。そこへ女性が歩いてきて、同じようにつくしを取ってらっしゃったようで、ビニール袋に入ったつくしを見せてくれました。

正平さんと、つくしを取ってらっしゃった女性が小さい頃、つくしをキレイにして煮たり卵とじにしたりして、食べていたそうです。

スタッフの方たちは皆食べた事がなく、珍しそうに見つめていました。

正平さんが、女性が見せてくれたつくしを見ながら「一つ一つ“はかま”取って、手真っ黒けになる。」と説明。女性も“はかま”を取って実演してくれました。

“はかま”とは、つくしの節の部分のことのようです。袴に見えるからそう呼んでるんでしょうか?

私もつくしを食べた事がないのでよく分かりません。前に働いていた職場で、今でもつくしを食べてる人がいました。

休憩中につくしの話題で盛り上がり、食べた事ない私の方が少数派だったことに驚いたことがあります。

 

「春よ来い。早く来い。歩き始めた正ちゃんが。」と歌い始めた正平さん。ゴキゲンでした。

 

こういう植物の知識が豊富な正平さんにいつも驚かされます。よく色んな事ご存知ですよね!…って私が知らんだけか。。

 

女性が、ふきのとうが生えてる場所も教えてくれました。「ちょっとずつ春や。」正平さんは嬉しそうに言っていました。

 

長谷寺参道でランチ

長谷寺の駐車場が右手に現れ、少し進むと参道に入るのでチャリオを降りてランチすることに。

おみやげ屋さんで三輪そうめんを見つけて、「腹減った。」という正平さん。にしんそばと、とろろ汁を注文しました。

にしんそばが来て、スタッフの方たちに「あんま食べた事ないでしょ?にしんそば。」と聞く正平さん。「そうですね、…京都とかに行かないと。」と答えるスタッフの方です。

にしんそばって地域限定のものだったんですね!知らなかったです。京都、北海道、北陸…。と限られた地域のものみたいです。

 

ja.wikipedia.org

「食べられてよかった。」と、にしんそばが食べられて嬉しそうな正平さんでした。

 

こころの風景

ランチの後、参道を歩いて「くさ餅」の看板を探すと、数軒ありました。そのなかでも「く」の字が「久」に近い字の店があり、そこで草餅を買って、お手紙を読もうということになりました。

お店の方に看板の「く」が「久」に近いのはなぜかと聞いた正平さん。お店の方は戸惑っていて「ただ崩しただけ。看板屋さんが書かはったから。特別意味は…。」と言いにくそうに答えてらっしゃいました。

大きな意味はなかったようです。

 

お手紙は長谷寺の石段で読む事になりました。

石段に座り、先に草餅を食べる正平さん。急いで食べてお手紙を読み始めました。長谷寺の石段は幅も大きく長いです。

下から見上げるようなアングルで撮られていた正平さん。これまた絵になりました。

格好良かったです!!

 

奈良県2日目。短い距離の旅でしたが、つくしににしんそばにくさ餅の「く」の字など、色々知らなかった事が知れた面白い回でした。

 

明日は、高取町の旅です。

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site