ぴえーるのテレビブログ

おもにテレビ感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2019春の感想*奈良県1日目河合町*鹿と金魚と法隆寺を見て古墳目指す

スポンサーリンク

スポンサーリンク

4月1日からBSプレミアムで「にっぽん縦断こころ旅」が始まりました!

「にっぽん縦断こころ旅」は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。4月1日~5日は奈良県を走ります。

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送です。

www4.nhk.or.jp

804日目、奈良県河合町の旅で春編スタート!

「おっはよー!長い事休んだ。冬眠から覚めた。また今年も行く。お願いします。」と、鹿の置物の上に座って肩をすくめて寒そうに挨拶する正平さん。奈良の県庁の屋上でオープニングでした。

屋上からは東大寺大仏殿が見えて、二月堂のお水取りの行事があるところだと指さしてらっしゃいました。

そして正平さんが京都で時代劇の撮影の時に「3月入っても寒いな。」って話したら、「奈良のお水取り終わるまで辛抱せえ」ってよく言われたそうです。

「今、お水取りの最中で終わったら暖かくなるんだって。」と寒そうに話してらっしゃいました。

 

今回のお手紙は、東京板橋区の30歳の女性から。ふるさとの風景は、実家近くにある川に囲まれた田んぼと小さな山、フジ山古墳から見える田んぼ道からの眺めです。

 

なんてことない風景が、お手紙の方にとって家族の思い出。

今は同じ病がきっかけで知り合った今のご主人と結婚。桜の咲くころに奈良から東京に上京しても、何年経ってもふるさとのことを忘れることはないというお手紙の方。

 

今のお手紙の方にとって、東京も奈良もかけがいのない場所。

正平さんに、幼い頃から上京前まで見ていた景色を見に行って頂きたい。というお手紙でした。

 

 

奈良公園猿沢池を通過

正平さんは出発前に奈良公園で鹿に話しかけていました。

約20kmのルートで「フジ山古墳が見える田んぼ道」を目指し出発。興福寺の横を観光客の人を避けながら走り、猿沢池の横を通り、旅は始まりました。

最初雨っぽかったですが、途中から晴れて太陽が出てきました。

 

こころ旅では珍しく有名観光地を通過していました。雨だったので人は少なめでした。

 

金魚の養殖場に寄る

途中、金魚の養殖場らしきところに立ち寄っていました。「なんで赤いんでしょ。」と言いながら眺めていた正平さん。

立ち寄ったところ以外にも金魚の養殖場があちこちにあり、ゆっくり眺めて通過していました。

大和郡山市は金魚で有名です!

 

ランチはお好み焼

お好み焼屋さんに入った正平さんたち。月1回出すというカレーも特別に頂いていました。

量が多かったので、コーラとカレーを指さして「これとこれでお好みいらんのちゃう?」と言う正平さん。「うち、お好み焼き屋やけど。」とお店の人にツッコまれ、笑いが起きてました。

 

このカレー。本当に美味しそうでした!!

でも正平さん、ちゃんとお好み焼きも食べてましたよ!!

 

法隆寺横を通過

法隆寺近くを走っている時に「法隆寺ってのはちょっと奈良から外れてんだな。」とつぶやく正平さん。

そうです!!大阪寄りにあるんです。奈良市からは離れてますよ!!

生駒郡斑鳩町です。

 

正平さんは「初めて見た。」と法隆寺を左に見ながら言ってました。色んなところに撮影に行ってる正平さんでも、法隆寺は初めてだったんですね!意外でした。

確かに2時間ドラマで法隆寺とか、観たことあったかな?時代劇でも奈良は少ないです。

 

話はズレますが、以前、藤原紀香さん主演の「昔の男」というドラマで、大沢たかおさん演じる妻がいる元カレと密会しようとした場所が奈良だったような…。法隆寺も出てました。

奈良駅が昔の古い駅舎の時です。

 

 

法隆寺横を通過し、大和川沿いに出ました。

…と、ここまでが「朝版」です。

 

 

 

工事中の橋を渡らせてくれた

大和川の河川敷に出た正平さんたちは、目的地近くの低い橋、大城橋を渡ろうとすると工事中で、工事関係者の方が立っていました。

関係者の方はすぐに正平さんだと気づき、テレビ撮影だと知ると「よかったら行ってください。僕も断れないじゃないですか。一生後悔します。」と言って、通行止めを特別に開けてくれました。

 

正平さんたちは、工事中の橋をゆっくりと走り、渡っていきました。

いつも橋を怖がる正平さんですけど、特別に通らせてもらってるので急いでチャリオに乗ったまま渡り切りました。

そこまでずっと走り続けてきたので、渡りきったところで休憩。

でもすぐにお手紙に書かれてた白壁の家をみつけてそこまで進んでから休憩していました。

 

いや~。正平さんが旅をしてるのはもう全国に浸透してるんですね!すぐに分かってもらえました。

この番組を見てると、正平さんって本当人気があるんだなぁ~といつも実感します。

 

こころの風景

ちょっと道を間違えましたが、お手紙で書かれていた田んぼの道を見つけることが出来ました。

次にフジ山古墳を探す事になり、ちょうど女性が立っていたので正平さんが聞こうとしたら、先に女性が道の左側に見える小さな山を指して「フジ山古墳はあれです。」と教えてくれました。

正平さんは「あれ、フジ山古墳ですか?おお、ぴったし。」と言い、とうちゃこ

チャリオから降りた正平さん。出来すぎな展開に「また監督、仕込んどいたん?」と言うと、スタッフの皆さんと一緒に笑いました。

古墳を教えてくれた女性はスッと歩いて行って、もうその場を離れてしまっていました。「顔も見ないで行ってしまったけど…。」と正平さんも戸惑っていました。

 

その場所はお手紙の通り、周りに田んぼが広がっていて、フジ山古墳も見えました。さらにJRの電車も近鉄の電車も見える位置でした。

 

撮影の日は雨が降ったあとの曇りでしたが、お手紙を読むころには太陽がさしてきました。

 

 

 

初日からいい旅でした!

正平さんが喜ぶ美味しいものとべっぴんさんと、優しい人たち。みんな揃ってて、本当正平さんが冗談で言ってたように仕込んでるみたいに出来すぎな旅でした。

 

今回のこころの風景の、河合町にフジ山古墳というのがあるなんて知りませんでした。斑鳩藤ノ木古墳なら知ってましたが…。

こころ旅をもう何年も観てますけど、自分の知ってる町が出るとより興奮しますね!

とても久しぶりに正平さんの旅を見たのに、すぐに番組の雰囲気を思い出す事が出来ました。

 

奈良県1日目。初日から観ていて楽しい旅でした!

明日は桜井市の旅です。

 

 

www.lovetv.site

 

www.lovetv.site