テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

にっぽん縦断こころ旅2018秋~千葉県2日目、火野正平さんの自転車旅!*ネタバレあります

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで放送中の「にっぽん縦断こころ旅2018秋」。12月5日放送分は、千葉県千葉市稲毛海浜公園でオープニングでした。火野正平さんは「おはよーす!」と今回はまた、脳みそ夫さんの「こんちわーす。」の発音で挨拶をしていました。

稲毛海浜公園からは、海越しにスカイツリーが見えていました。「家、結構近いのに…。あまり映さないで。帰って来ないって怒られるから。ま、帰れない事ないんだけど、団体行動だから。お父さんなんでそんな近くにいるのに帰って来ないのって。仕方ないんだ。お父さんは旅に出てるんだ。」と家族へのいいわけを話す正平さんでした。

793日目、千葉県2日目は船橋市の旅

公式HPです↓

www4.nhk.or.jp

お手紙の内容

今回のお手紙は、山梨県甲府市の66歳女性から。こころの風景は、千葉県船橋市立宮本中学校南側の神社から眺めたグラウンドの放課後の風景です。

船橋市から山梨県に移り住んで40年以上になるお手紙の方。今年の夏に、同級生から50年ぶりの同窓会のお誘いを受け、埋もれていたこころの風景が鮮やかに蘇ったといいます。

小高くこんもりと佇んでいる神社は、確か“せんげん神社”?正式な名前は知らないとのことですが、海も近かったのか、時には汐の香りもしていた気がした、とのことです。

当時運動音痴で根性も0というお手紙の方は、放課後。家とは反対方向のこの神社に立ち寄り、バスケットボール、テニス、バレーボール、陸上と、校庭でいきいきと部活動に励む皆の姿を飽きずにいつまでも眺めていたそうです。

皆キラキラと輝いていて、本当に眩しく、羨ましかったといいます。

そしてそんなお手紙の方の隣にはいつもかわいいクミコちゃんがいたとのこと。クミコちゃんとさらに遠回りをしては、とりとめもなくおしゃべりをし続け、家に帰り着くのは、いつも部活動をしている人たちと同じ時刻になってしまう毎日だったそうです。

今でもあの神社の丘に立つと、元気な生徒たちの部活動の光景が見られるのか?見て来て欲しいというお手紙でした。

ちなみに当時は皆上下白のトレパンだったそうです…。

 

海沿いで休憩する自転車乗る人たち

稲毛海浜公園から、約13kmのルートで宮本中学校と神社を目指しスタートしました。

大きな橋の大きな歩道を走っていた時「風が冷たい」と言っていた正平さん。海沿いから橋までの道には、正平さんたちの他にも自転車で走ってる人たちが、休憩しているのがちらほら見えました。

海がキレイに見渡せるいい場所でした。

 

マリンスタジアムが見えた

さらに走っていると、マリンスタジアムが見えてきました。

「噂には聞いたし、テレビで観たことあるけど、すぐ海だ。」と言う正平さん。「風が強い、で有名ですよね?」と言うスタッフさん。

「風の駐車場って書いてある。」と正平さんはスタジアムの駐輪場を見て言いました。面白いネーミングですね!

 

マリンスタジアムの正面にある道を抜けると、海が見えて芝生のあるところに出ました。お弁当タイムです。

風が強くて寒そうだったので、日当たりのいい芝生のある場所を選んで、ブルーシートを敷いて、食べることになりました。

 

今回は一緒に食べる人数が多くて、たくさんお弁当が並べられました。ロケチーム、Bカメチーム、サポートチームの代表がジャンケンする事になり、勝ったチームでさらにジャンケンして好きなものを選ぶ、という事になりました。

見たところ、スーパーで買われたと思われるお弁当で、ひとつ、ごはんだけというのがありました。「昨日のおかずがあるんだ。寄付したのが。昨日、お総菜屋さんに頂いた。俺それがいいな。」と正平さんが言ったので、ごはんはそのおかずとセット、という事になりました。

 

そしてジャンケン。正平さんはロケチームの代表です。まず最初に勝ったのはBカメチームで、2番目に勝ったのは正平さんでした。

Bカメさん3人が最初に選び、次はロケチームの5人がジャンケンで正平さんが一番最初に選ぶことになり、最初に宣言してた通り、ごはんとおかずを選んでいました。

f:id:lovetv:20181205102502j:plain

おかずとごはん。こころ旅のHPよりお借りしました。

昨日もらったおかずはさんまの佃煮でした。4日の放送を観て、私はさんまが一番おいしそうだなと思ってました!正平さんは「さんまうまいな。」と言ってました。やっぱりな~!

さんまのおかずは皆にも回されて、正平さんは「さんまもう1個…。それ俺のだからね!誰が回していいって言ったよ!」とちょっとキレ気味に言ってました。

そうですよ!皆さんはちゃんとおかず付きのお弁当を選んでいたのに、正平さんごはんだけを選んでましたからね!ズルいですよ~!!

 

…とここまでが「朝版」です。

 

地図で茂呂浅間神社の道順を確認

「とうちゃこ版」では、お手紙を読んだ後に地図を見ながら道順を確認しました。

お手紙の方が書いていた“せんげん神社”は、地図で確認すると正式名称は「茂呂浅間神社(もろせんげんじんじゃ)」で、地元の方たちからは「茂呂神社」と呼ばれてるとのことでした。

ルートは、ずっと海岸線を走って、船橋競馬場のところを通り抜けていくというものです。競馬場あたりが交通量が多いので抜け道を行ければ…とスタッフさんが説明されていました。

 

コストコ

「朝版」でも出たマリンスタジアムを抜けると、大きな道路に出ました。

正平さんは正面に見える大きな建物を指さしました。その建物には「COSTCO」の文字がありました。

「俺、ここ何回も来さされた。都内から。」と言います。驚くスタッフさんたち。

「うちのがキッチンペーパーもトイレットペーパーも安いって言って。でもガソリンとか高速代考えたら安いか?それって。女の人は分からんわ。」とつぶやく正平さんでした。

 

正平さんの奥さん、コストコのお客さんだったんですね~!

新三郷のコストコは、北斗晶さんが常連らしいですけど、船橋コストコは正平さんのご家族が行かれていたんですね!!

幕張 || Costco Japan

新三郷 || Costco Japan

 

大きな歩道橋を渡る

道路の上に架かっている歩道橋を自転車を押して歩くことになりました。自転車用のスロープの幅が狭いので、歩道橋の下で、下りていく人を待つ正平さん。

男性がゆっくり下りて来て、待っていた正平さんたちに「ごめんね。」と謝られました。「いえ!ゆっくりどうぞ。」と恐縮する正平さん。

男性は「火野正平さん?」と正平さんに気付きました。どこへ行くのか聞いて来られました。正平さんが宮本中学と浅間神社だと告げると、男性は「親戚が行ってたところだ。」と言い、すぐ近くだと教えてくれました。

男性はその近くにロッテの有藤監督も住んでると教えてくれました。

 

男性と別れを告げ、歩道橋に上った正平さん。正面から男女二人組が歩いてきて、「すごいね、体力が。頑張ってくださいね。」「毎週観てる。」正平さんに声をかけてくれました。

先ほどの男性といい、歩道橋歩くだけでも番組ファンに次々会う事が出来ました!人気番組です。

 

船橋競馬場周辺を通る

さらに歩道橋を歩くと、大きな建物が見えてきました。船橋競馬場です。最初に通過する予定の場所が見えました。

歩道橋を下り、再びチャリオで走り出した正平さん。競馬場周辺の道路を通りました。

 

広く場所を取っているので、周りを走るのは結構な距離だったんじゃないでしょうか?

駐車場も大きいでしょうし…。

 

競馬場周辺を抜け、高架から下りるために長くて距離のあるスロープで下り、道路に出た先の踏切を渡ります。その道路の交通量が多いので、最大限の注意を払って走りました。

踏切を抜けて住宅街に入り、高架下のトンネルを抜けようとすると、大きな車輪止めが何本もありました。

「まぁ、都会ならではだわ。」とチャリオをまたいだまま、車輪止めの間を慎重に通り抜ける正平さんでした。

 

こころの風景

宮本に入り、宮本中学校を見つけた正平さん。宮本中学校は、県立船橋高校の近くにありました。次は神社の場所を、歩いている女性に聞きました。

「まっすぐ行くと道が五差路になっている。だけど、ドンとぶつかったら右。ちょうど下る道になりますから。坂下りてちょっと行くと右側に鳥居が見えてきます。」と教えてくれました。

 

女性に言われた通りに進むと、確かに五差路が広がっていました。大きな五差路でした。

坂を下ってると、反対に自転車を押しながら上がってくる女性たち二人に「正平さん!」と声をかけられました。「こんちわーす!」と脳みそ夫さん風に、元気に挨拶をかわす正平さんです。今日はご機嫌だったんでしょうか??

 

坂を下ってると右側に石畳の道が見えました。道路から鳥居は見えませんでしたけど、確かに神社でした。

石畳の道を歩いて上っていくと、「茂呂神社」と書かれた石碑が右側に出てきました。さらにそのずっと先に白い鳥居が見えました。茂呂神社です。

 

正平さんは鳥居をくぐり、さらに奥に進むと中学校のグラウンドが見えました。着いた時はまだ掃除の時間だったようで、グラウンドにはまだ生徒さんはいませんでした。

掃除で通りかかった男の子たちが正平さんたちに「こんにちは~」と挨拶をしてくれました。

 

少し待っていると、続々と生徒さんたちが現れました。

「白のトレパンじゃないんですね。」とスタッフさんが言いました。

 

トレパンって、懐かしい響きですよね。

昔ジャンプで連載されていた漫画「スゴイよ!!マサルさん」のキャラの「トレパン先生」を思い出しました。

スゴイよ!!マサルさんをアマゾンで検索!

 

 

テニス、陸上、野球…。たくさんの部活動が見えました。特にテニス部の人数が多くて、大きな掛け声がしました。他にもキャッチボールする音やラケットでボールを打つ音が鳴り響いていました。

 

部活動を映しながら、正平さんはお手紙を読みました。

 

読み終えると「今日は終わり。ここに立ってこうやってると中学狙ってる怪しいおっちゃんみたいだ。」と正平さんは言ってました。

そんなことはないんですけど、今の時代、長い時間学校を見つめていたら、怪しがられるんでしょうね~。

 

白いトレパンではなかったですけど、お手紙の方が眺めていた、50年前と同じような風景だったんでしょうか?

 

千葉県2日目、海浜公園に遠くに見えたスカイツリーマリンスタジアム船橋競馬場とたくさんの風景が見れた旅でした!!

 

 

www.lovetv.site