ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅<プレイバック>2014春を観た感想*富山県3日目黒部市*宮野運動公園の長い滑り台で遊ぶ大人たち

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKBSプレミアムで放送していた俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組『にっぽん縦断こころ旅』。

新型コロナ感染拡大の影響の為、4月17日放送分を終わりに放送が中断されました。

4月20日からは同じ時間帯で、これまでの名場面を振り返るプレイバック、再放送が始まりました。

BSプレミアムでは、2014年春の旅を朝版、とうちゃこ版と丸々再放送されています。

6月1日~6月5日までは2014年春の旅の富山県です。

いつ2020春の旅の放送が再開されるか分かりませんし、その再開を見逃さないようこれまでと同じ時間、こころ旅を見続けようと思っています。

 

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

2018年の秋の旅以降、このブログで『こころ旅』の感想を書かせていただいていますが、2014年の旅は正直あまり見ていなかった時期でした。

なので、今回のプレイバックで朝版、とうちゃこ版と丸々再放送が見れると知り、改めてていこう!感想を書いていきたい!と思います。

 

331日目、富山県3日目は黒部市への旅(2014/5/22放送分)

2014年5月22日放送分の富山県3日目。

2020年6月4日・プレイバック放送は、砺波チューリップ公園でオープニングでした。

 

 

園内では、チューリップをまた来年も咲かせるために球根を取る作業をしているところを放送していました。

「ちょっとショックだったのが、ワールドカップに選ばれなかった。」と突然話をぶっこむ正平さん。

2014年のワールドカップと言えば、ブラジルのワールドカップですね!

こんな冗談言ってたとは…!!知らなかったです。

選ばれなかったから旅を続けるって言ってました。

 

お手紙の内容

お手紙は、新潟県魚沼市の45歳男性から。

残したいふるさとの風景は、宮野山から見下ろす新川(にいかわ)平野です。

 

右を見ればお世話になった宇奈月の山々。

20年ほど前。無人下取組みに本気で衝突し、本心で応えていただいた上司。当時お手紙の方は無我夢中でした。

左を見れば薄く広く浮かぶ富山湾。

物静かな小学生の頃。お父さんと愉しさを感じない退屈な海釣り。朝日町の海水浴場で家族とはぐれ、炎天下の徒歩帰宅を決行した暑い熱い思い出。

前を見れば、水の張られた田んぼと緑。

よく遊びに行ったお友達の家が今は新築されて右下に、憧れ的存在で最後まで告白できなかった人の家がやや右寄りに。中学生のころの自分をつい探してしまうといいます。

遠くには大きい空に飛行機雲。そして新潟県。

 

幼少の頃、共働きで忙しいご両親に連れられ、鉄棒、ブランコ、相撲を、弟さんと本気で遊んだ宮野山。

今、この景色を独り占め出来る至福のひと時を味わい、マイナスになっていた心をプラスに充電。自分のわがままな夢実現のためにご両親を説得して18年前に移り住んだ新潟で、再び頑張ろうと思っています。

 

 

というお手紙でした。

 

 

電車で学生さんと話す

 JR城端線で高岡駅へ。次にJR北陸本線に乗り換え富山駅へ。

しかし途中で学生さんたちがたくさん乗ってきました。正平さんが立っていたドア付近に背の高い男の子が来て、「運動何やってる?」と質問する正平さん。

何もやっていないらしく「やれよ。なんか。もったいない。」とすすめていました。

反対側のドアに立っていた女の子3人に「学校でもみんなこの人、風よけにしてるんだろ。」と男の子の肩を触りながら言うと、女の子たちは大爆笑。

楽しい電車での会話を楽しんでいました。

 

ミラージュランドの観覧車

富山駅で乗り継ぎ、東滑川駅へ。

東滑川駅からはチャリオに乗り換えておよそ17km先の宮野山(宮野運動公園)を目指して出発しました。

田畑の間の道を通り、車が走っている道に出ると右側に最初の年の旅で目的地だったミラージュランドの観覧車が見えました。

「3年かけて戻って来た。」と言っていました。

 

 

ーーーこの観覧車。覚えています。

一回県外に出たけれど戻ってきて今は地元で働いている。というお手紙でしたよね。なんか切なくて、寂しさが伝わってくるお手紙だったのを覚えています。

 

公式サイトでその時の旅のことが出てるのはこちら。↓

https://www.nhk.or.jp/kokorotabi/route/20110429/index.html

 

観覧車の方角へ走る正平さん。当時のルートも思い出していました。

 

観覧車が大きく見えてきて、「お手紙を書いた人。まだやってるよ。まだ役場にいますか?」と2011年の旅でお手紙を書いてきた方に話しかけていました。

正平さんとしても心に残るお手紙だったのでしょう。

私も何年も『こころ旅』を見ていますが、この観覧車はしっかり覚えています。

この番組を見続けているのは、この旅があまりに良かったから。

またそういう旅が見れるんじゃないかと思って見ているところもあります。

 

お年寄りワンコに会う

海岸線を走り、魚津市仏田を右折。

正面に雪をかぶった山々に向かって走っていた時。

正平さんが急に立ち止まり「お!ヘイラブ!いいラブラドールだ。これ。」と言って大人しく座っていた茶色の毛のワンちゃんに近づいていきました。

正平さんが声をかけると伏せっていたワンちゃんが立ち上がって寄ってきてくれました。

ワンちゃんの目に膜がかかってるのを見つけた正平さん。

「もう見えないでしょ。あんまり。」と言いながらも体を撫でていました。

ワンちゃんも鳴きもせず、正平さんに体を寄せていました。

10歳以上と思われたので「頑張って生きろよ。」と言ってバイバイしていました。

 

ワンちゃん好きな正平さん。

ワンちゃんも犬好きな人が分かるのか、正平さんに寄っていってました。

こういう生き物とのふれ合いが見れるのも『こころ旅』のみどころなんですよね~。

2018年秋の旅は、心開いてなかったワンちゃんが次第に心開いて背中を向けて体を委ねるシーンもありました!

 

その時の旅の感想はこちら。↓

www.lovetv.site

 

 

なだらかな上り坂に苦戦

民家の間の道を走っていると微妙に上り坂で、正平さんも息も上がってきました。

帰宅途中と思われる小学生が爽やかに「こんにちは~!」と挨拶してくれて、しんどいながらも「こんにちは。」と返していました。

そして道は再び田んぼの間の道へ。

 

Bカメさんが遠くから撮っていて、雪をかぶった大きな山の手前の小さな道を走る小さな正平さんたち。

城と緑と雑草の黄緑、木の深緑。鉄塔のグレー。空の薄い水色とオレンジ。もう色んな色が同時に見えて、素晴らしい景色でした。

 

そして橋を渡っている時に「宮野運動公園」という案内板が出てきました。

 

…とここまでが『朝版』です。

 

電車で女の子と話していた

『とうちゃこ版』では、東滑川駅へ向かうために乗り換えた電車内で、女の子二人が座ってる真ん中の席に譲ってもらってるところが放送されていました。

女の子が持っていたスマホで『こころ旅』を調べてもらい、番組のことを知ってもらってました。

仲良く話そうにもすぐに下りて行かれて寂しそうにしてました。

 

スーッと女の子のところに行くの得意ですよね、正平さん。

いつもながら見事でした!!

 

蜃気楼だと思ったら…??

『朝版』でも放送されていたミラージュランドの近くの道はしんきろうサイクリングコースだと『とうちゃこ版』で分かりました。

しんきろうと名がついていたので、止まって海を見る正平さん。

新井さんに地図を出してもらってそこから見える島が能登半島だと分かりました。

蜃気楼だと思っていて見たら、ちゃんと実在していました。

遠くにうすーく左右に長く、島が見えていたのでした。

 

宮野運動公園に到着

吉城寺橋詰交差点に着き、宮野運動公園の案内板が見えてきました。

案内に従って左折。宮野運動公園にとうちゃこ。

そこからはチャリオを降りて、歩いていくことになりました。

 

kurobe.mypl.net

長い階段を上がる正平さん。

「みんな丈夫じゃなきゃ出来んぞ。これ。」と言いながら上り「丈夫に生んでくれたおかあさんありがとう。」と言っていったん上りの階段は終わり。

しかし広い公園内には、まだまだ坂が待っていました。

 

そして遊具のあるエリアに着きました。

正平さんはまっすぐターザンへ。階段上ってきて疲れてるはずなのに、喜んで乗って遊んでました。

 

すぐに長い滑り台へ。これはチームこころ旅全員で乗りました。

「おしり痛い!」といいながらみんな楽しそうにすべってました。

 

「ケツ痛い!」と言いながらもみんな楽しそうに笑ってました。

本当、チームこころ旅の皆さんは仲がいいですね!!

見ててほほえましかったです。

 

こころの風景

お尻の態勢を整えてから、景色が見れる場所へ移動。

北陸新幹線の日本で一番長い駅名にある"黒部宇奈月温泉駅"が斜め左前に見えました。

正平さんがそう書いてあったと説明してくれました。

そして右側が宇奈月。

宇奈月の方を見ようとしたときに「名水の里 黒部」と書かれてる看板を見て思わず笑う正平さん。

高速からこの看板が見えるそうです。

 

新川平野が見下ろせる場所に座り、お手紙を読む前に「これはなんなんだろうな。いつもしんどいしんどいもう嫌ってヒーヒー言いながら、着いちゃうとな。来てよかったって思う。気持ちいいと思う。それの繰り返しだ。」と言う正平さん。

スタッフさんも同じことを思ったのか、笑ってました。

 

そしてお手紙を読みました。

 

お手紙を読み終わり、「地鉄というよりも北陸新幹線が来ちゃってるもんな。電車はどこ走ってんだ?」と上から探すも分かりませんでした。

あとでカメラさんがクリーム色の電車が駅に入っていき、グレーの電車が出ていくのを捉えていました。

 

お手紙のリクエスト通りの景色を撮影して今回の旅は終わり。

電車から目線をどんどん上に上げて言って、新川平野全体が映っていました。

遮るものがない、景色を一望できる素晴らしい場所でした。

 

明日は入善町への旅のプレイバックです。

  

www.lovetv.site