ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅<プレイバック>2014春を観た感想*石川県2日目小松市*今江町のあいさつ橋から見る白山の風景

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKBSプレミアムで放送していた俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組『にっぽん縦断こころ旅』。

新型コロナ感染拡大の影響の為、4月17日放送分を終わりに放送が中断されました。

4月20日からは同じ時間帯で、これまでの名場面を振り返るプレイバック、再放送が始まりました。

BSプレミアムでは、2014年春の旅を朝版、とうちゃこ版と丸々再放送されています。

5月25日~5月29日までは2014年春の旅の石川県です。

いつ2020春の旅の放送が再開されるか分かりませんし、その再開を見逃さないようこれまでと同じ時間、こころ旅を見続けようと思っています。

 

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

2018年の秋の旅以降、このブログで『こころ旅』の感想を書かせていただいていますが、2014年の旅は正直あまり見ていなかった時期でした。

なので、今回のプレイバックで朝版、とうちゃこ版と丸々再放送が見れると知り、改めてていこう!感想を書いていきたい!と思います。

 

326日目、石川県2日目は小松市への旅(2014/5/14放送分)

2014年5月14日放送分の石川県2日目。

2020年5月27日・プレイバック放送は、前日の目的地・瀬越の海岸が見える片野海岸でオープニングでした。

 

 

お手紙の内容

お手紙は、小松市の38歳男性から。

お手紙の方の未来のこころの風景になるだろう風景は、小松市今江の『前川のあいさつ橋から見る白山』です。未来と書いた理由はあとで説明します。

あいさつ橋は幅1メートル強ですれ違う際には互いに端に寄るほどの、町民以外はあまり利用する事が少ない小さな橋です。

中央には欄干を繋げ『あいさつをしましょう』と標語が掲げられているそうです。

この橋はお手紙の方にとって小学校の通学路で、6年間ほぼ毎日渡ったといいます。

朝は遅刻ギリギリで激しくランドセルを上下させ登校していて周囲を見る余裕はなかったそうですが、下校時には橋下の釣り人の釣果を待ちわびたり、川面にうっすらと見える魚影を目で追いかけたり、何を思うわけでなく、ただ自分の影を眺めたりしていたというお手紙の方。

ふと顔を上げると白山の姿。川の両岸に菖蒲と民家が目に入る。それは同じように見えて四季折々365日毎日少しずつ違う色合いを見せてくれたといいます。

不惑が近づくにつれ、自分がこの雰囲気が好きなんだと思うようになってきたというお手紙の方。

時折渡る度に川面に自分の影を眺めては白山を仰ぎ見ているといいます。

その前川は、上流より河川の整備工事が始まり、数年後はあいさつ橋も整備される計画になっているとのこと。

菖蒲の生い茂る土手も古い民家も姿を消してしまえば、おそらく雰囲気が変わり別の風景に見えてしまうので、この風景がお手紙の方にとってのこころの風景となる。

未来のこころの風景といったのはそういう理由です。

 

 

 というお手紙でした。

 

 

オモシロ警告看板見つける

正平さんが出発前に片野海岸にある看板を指さして「面白い警告文を見つけた。」と言って見せてくれました。

看板には…

警告 密漁者罰金20万円 新聞にでるぞ会社クビ

「サザエアワビとって会社クビになるの?罰金は20万円ぐらいなんだ。」と言ってました。

ーーこれは具体的な警告文ですねぇ~!

こんな怖いこと書かれているのにそれでもまだ密漁をする人がいるんでしょうか?

 

片野海岸から少し雨が降る中チャリオで出発。すぐに目の前に白山が見えました。

「あれが今ここから見えたが最後ですってならないように。」といつまでも白山がみえることを願いながらの出発でした。

 

御畠神社で休憩

17キロ走ったところで神社で休憩。

鳥居をくぐってすぐに3ざる(見ざる言わざる聞かざる)のおサルさんの像がありました。

奥には頭のない石像さんもありましたが、人はいませんでした。

この神社は昨年2019年にも休憩で立ち寄っていて、その時2014年の旅を覚えていた男性に声をかけられていました。

が、正平さんの方が覚えていませんでした。

昨年の旅の時はスタッフさんが色々正平さんが神社内を見て回ったことを話しているのが分かりませんでしたけど、今回プレイバックで見せてもらって、やっと話がつながりました。

 

その時の旅の感想はこちら。↓

www.lovetv.site

 

クレソンを摘む時のルール 

木場潟と田んぼの間の道を通って走る正平さんたち。

幅の広い道のそばにクレソン畑を発見して立ち止まっていました。

摘み取りについての注意書きがそばにあったので、「摘んでいいやつなんだ、これ。」と言って摘む時は根を残すとか、1人で大量に摘まないとか摘む時のルールを読んでいました。

 

 

クレソンに白い花がちらほら見えてかわいかったです。

他にも色んな植物があって、正平さんは座ってゆっくりと水に浮かぶ小さい丸い葉っぱの植物を眺めていました。

 

いい休憩になったみたいです!

 

水に雨粒が落ちて波紋が出来ては消え、見ていて和みました。

素敵なところがありますね~。

 

あいさつ橋を発見

前川沿いを走る正平さん。

途中民家の間を抜けまた川沿いへ。川沿いにはお花や雑草が生えていました。

そして小さな橋を発見。あいさつ橋と書かれていました。

 

…とここまでが『朝版』です。

 

社交ダンスの練習をしている親子に会う

『とうちゃこ版』では、小学生ぐらいの男の子とその母らしき女性が大きな駐車場で社交ダンスの練習をしているのに偶然居合わせたところが放送されていました。

『朝版』でも放送されていた木場潟へ向かう途中で、熱心に練習していました。

お二人は正平さんたちが見ているのにも分からないくらい集中していて、正平さんが二人のダンスがいったん終わった時に手をたたいても気づいていませんでした。

雨が降り出して帰ろうとしているところを「邪魔してごめん。」と声をかけた正平さん。

お二人は照れながら帰っていかれました。

 

この場所は昨年2019年にも立ち寄ってましたね!

昨年の旅は2014年の思い出を振り返る旅でもありました。

 

 

 

こころの風景

木場潟の横を抜けて前川に近づくと、お手紙に書かれてあった通り川岸の工事をしていました。

工事をしている横を通り先へ進みました。

そして今江町に入り、小さな橋・あいさつ橋にとうちゃこしました。

お手紙に書かれてあった通り、あいさつをしましょうの標語が書かれたあいさつ橋の看板もありました。

正平さんはチャリオを降りて、あいさつ橋へ。

「俺たちに山はない。」という正平さん。曇っていて真っ白で、白山は橋から見えませんでした。

俺たち山見えないだって。見えたらこの番組終わっちゃうんだから。来る途中見えたでしょ?あれで勘弁してください。今この雨の感じがいいよな。」と言って雨粒が川面に落ち、水量が増した川を優雅に泳ぐカメを指さして「あいつもいるからさ。勘弁して。」と言ってました。

しかしそんなことを言っていたのも束の間。雨が止んできて再び白山の方向をみるとなんと!山が見え始めました。

「ちょっと来てみ、山。来た来た来た!山来たよ。へへ。」と正平さんがカメラさんを呼んで山の方を見ると、見事に雪をかぶった白山がキレイに見えました。

このグッドタイミングを逃さず、正平さんはお手紙を読みました。

 

お手紙に書かれていた両岸に古い家、その先に白山。まさにその通りの景色でした。

川のカーブに沿って家が建っていて、その曲線が美しかったです。

その先の白山。見事でした。

 

 お手紙を読み終わるのを待っていたかのように、また白山が白くなって見えなくなっていきました。

 

「白山くんありがとうございます。」と山にお礼を言う正平さんでした。

 

2014年の旅から6年。

グーグルマップで近くに小学校がある橋と思って見させていただき、今江北会館という建物の後ろでチラッとあいさつ橋という文字を確認する事が出来ました。

まだ地図上の写真では残っているみたいです。

 

お手紙の方の未来のこころの風景になっていくのか?

今でも古い家越しに白山が見えるのでしょうか??

 

 

明日は白山市への旅のプレイバックです。

 

 

www.lovetv.site