ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅<プレイバック>2014春を観た感想*石川県1日目加賀市*瀬越の海岸で『我は海の子』歌う正平さん

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKBSプレミアムで放送していた俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組『にっぽん縦断こころ旅』。

新型コロナ感染拡大の影響の為、4月17日放送分を終わりに放送が中断されました。

4月20日からは同じ時間帯で、これまでの名場面を振り返るプレイバック、再放送が始まりました。

BSプレミアムでは、2014年春の旅を朝版、とうちゃこ版と丸々再放送されています。

5月25日~5月29日までは2014年春の旅の石川県です。

いつ2020春の旅の放送が再開されるか分かりませんし、その再開を見逃さないようこれまでと同じ時間、こころ旅を見続けようと思っています。

 

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

2018年の秋の旅以降、このブログで『こころ旅』の感想を書かせていただいていますが、2014年の旅は正直あまり見ていなかった時期でした。

なので、今回のプレイバックで朝版、とうちゃこ版と丸々再放送が見れると知り、改めてていこう!感想を書いていきたい!と思います。

 

325日目、石川県1日目は加賀市への旅(2014/5/13放送分)

2014年5月13日放送分の石川県1日目。

2020年5月26日・プレイバック放送は、福井県の牛ノ谷(うしのや)駅でオープニングでした。

うしのや。別に牛丼食うとこじゃありませんよ。」と冗談を言ってました。

確かに響きは似てるけど……!!!

 

お手紙の内容

お手紙は、茨城県取手市の84歳の方から。

こころの風景は、石川県加賀市の瀬越の浜です。

 戦後樺太(海馬島)からお父さん、おばあさんの故郷・石川県加賀市瀬越町(旧:瀬越村)に引き揚げてきたお手紙の方ご家族。

初めて瀬越のバス停に降り立った時、どこまでも広がるたわわに実る黄金色の稲に、裸一貫で引き揚げてきたご家族にとって、まさに天国とばかりに歓喜したそうですが、それも束の間。現実は想像を絶する生活が待っていたとのこと。

戦後とはいえ、海馬島と雲泥の差の生活。食べることも事欠き、炒り糠を食べたり見知汁の代用で買い酢を汲んできて飲むというありさま。

家の裏山の松林を村人に見つからないように空き瓶を抱えながら海へ。

悲しいやら惨めやらで卑屈になっていたお手紙の方姉妹におばあさんが言った、

引き揚げ者とか疎開者と馬鹿にされるとか恥ずかしいとか…間違ったことさえしなかったら、他人が何と言おうか正々堂々さっしゃい!若い者がそんなちっぽけな肝っ玉でこの荒波の世の中を渡って行かれない。

大海の水やぞの、大海の水。お前達は朝に晩に大海の水を飲んでおるんやぞの。世界中を取り囲む大海のぉ。水を飲んだからには、デカーイ根性のデカーイ人間にならっしゃい!デカーイ人間にのぉ。飲んだからにはならんといかんぞの。」

 

おばあさんのこの言葉で目の前がパァーと明るくなったのを今でも鮮明に覚えてるというお手紙の方です。

どうか瀬越の浜へ行って『大海の水』を見に来てください。

出来れば当時姉妹で海でよく歌っていた『我は海の子』を歌って欲しいです。

 

というお手紙でした。

 

JR北陸本線で牛ノ谷駅から大聖寺駅まで輪行。

大聖寺駅で牛ノ谷駅で切符を売ってなかったので、駅員さんにどこから乗ってきたかを申告して乗車代を人数分払っていました。

 

お手紙に書かれていた景色をたどる

大聖寺駅からはチャリオに乗り換えて出発。

大聖寺川に架かる橋から川原に下りて川沿いを走りました。

「ええとこやな、しかし。」とつぶやく正平さん。川の幅が広がって大きくなっていました。

そして田植えを終えたばかりの田んぼを横に見ながら走り、大きな道に出ました。

瀬越口というバス停を見つけてストップ。

瀬越に入りました。次に松林を探していると、右側に田んぼが見えてきました。

お手紙の方が書かれていた引き揚げの時に見た稲が実っていた田んぼと思われます。

ゆっくりと景色を確認しながら走っていました。

 

引き揚げの時からあった田んぼでしょうか??

田んぼの方が人間より先輩ですね~。

 

竹の浦館前を通る

民家の間の道を走っていると、古い木造の建物が建っていました。"竹の浦館"という文字が門のところに掲げられていました。

『朝版』ではサラッと通過していましたが、コミュニティースペースだそうです。

詳しくはこちら。↓

takenourakan.storeinfo.jp

 

建物に瀬越とは書いておらず、近くに建っていた電柱に"大聖寺瀬越町"と書いているのを見て、ここが瀬越町と確認出来ました。

 

草木染のアトリエに入る正平さん

さらに先に進んでいると、営業中の銀のめしというお店の前で、女性が二人手を振っておられました。

その方たちに吸い寄せられるように行く正平さん。

草木染めをしている姉妹でした。

工房いとあそびというアトリエに誘われて中に入ると、草木染めされた作品を見せてもらっていました。

正平さんはふんどしに興味を持ち、服の上からふんどしを試着する正平さん。

「俺もよう時代劇でやらされたんや。六尺とか赤ふんとか。越中ふんどしってこう着ける。」と説明しながら見せてくれました。

ふんどしを着けるのが手慣れていました。

「まさかすれ違うとは思わんだね。」「まさかうちに来ていただけるとは。」と口々に言う姉妹。

正平さんは「無理やり呼んだんやないか。」とツッコむと大笑いする姉妹。

 

正平さんの訪問をとてもうれしそうにされていました。

 

いや~、地元の人と楽しそうに交流をされているのを見るのはこちらも楽しくなります。

一気にリラックスした雰囲気を出せるのが正平さんの人柄かなぁ?と思います。

 

…とここまでが『朝版』でした。

 

ランチは豆乳味噌煮込みうどん

『とうちゃこ版』では、『朝版』で通過していた竹の浦館のなかにある食堂でランチしているところが放送されていました。

『朝版』で通過していこうとしていたのを、食堂があると気づいた正平さんの提案で引き返し、竹の浦館に戻りました。

竹の浦館は、昭和5年~43年まであった小学校だった建物という説明を受けていました。

 

正平さんは豆乳味噌煮込みうどんを注文。中庭にあったテラス席で食べていました。

最初おつゆで味を確認した後、お決まりの一味をかけていました。

お味噌の味もおいしかったみたいですが、うどんもしっかりしてておいしかったみたいです。

ーーこれは美味しそうでした!!

おにぎりもセットでついてて、正平さん好みのセットでした。

おにぎりの感想も欲しかったなぁ…。

 

食後、瀬越の海岸への行き方をお店の方に教えてもらっていました。

松林の中の細い道を15~16分歩くと海岸で出られるとのことでした。

 

こころの風景

竹の浦館で教えてもらった通り、走っていると右側に松林と上っていく細い道が見えました。

手前でチャリオを降りとうちゃこ

ここからは歩いて海岸まで行きました。

細い松の木が並ぶ林。お手紙の方たちが歩いた道です…。

「裏の松林を抜けて、瓶を持ってお水を汲みに行った。大変やったんやな。」とお手紙の方の当時の状況を想像する正平さん。

私もオープニングでお手紙の内容を聞いた時は短い距離を想像していましたが、実際に見た松林は道幅の広くて、距離の長い道でした。

上に上って行ってるので、海がなかなか見えない上に、長い道なので子供だったら不安になったのでは?

隠れながら歩いた…というお話でしたから、きょうだいで黙々と歩いたのでは?と想像しました。

 

林を抜けると、今度は広い砂浜。なかなか海岸につきません。浜には草が生えていました。

なかなか着けないので「大変やな。お水汲みに行くの。」と漏らす正平さん。

 

海に近づいてきて「やっと波の音や。」と言っていました。

確かに、正平さんが松林を歩いている時も本当にこの先に海岸があるのか?と不安に思うほど音がありませんでした。

海の音を聞いてやっと「とうちゃこ。」とつぶやく正平さん。

 

海に近づくと草が生えてる部分がなくなってきて、誰かの足跡と犬の足跡を見つけていました。

犬の足跡ってかわいいですよね~。

コンクリートを敷いたあとにすぐ乗ったと思われる犬の小さな足跡を見つけると嬉しくなります。今はそんなのないのかな?

 

波は強く浜に打ち付けていました。

正平さんは浜に座り、お手紙を読みました。

 

お手紙の内容を聞きながら海を見ると、おばあさんの言葉に励まされて元気になっていくお手紙の方の姿が想像出来ました。

 

お手紙を読み終わった正平さんは「ここで見ると大海だの。」と言っていました。

そしてリクエスト通り『我は海の子』を歌いました。

 

正平さんの声の『我は海の子』は渋かったです。素敵でした。

 

お手紙の方の苦しい状況と、力強いおばあさんの言葉「間違ったことさえしなかったら、他人が何と言おうか正々堂々さっしゃい!」が響きました。

カッコいい言葉です!!

パァと明るくなった気持ちが分かります。

きっとおばあさんは凛としたカッコいい誇り高い女性だったのでは?

そんな女性の言葉をもっと聴きたいと思いました。

 

いい旅でした。

 

番組終わりにまたお手紙募集のCMが流れ出しましたね!!

2020春の旅やっと再開してくれるのかもしれないです!

放送予定期間も延長してくれるのかな?

それとも秋の旅に組み込まれるのかな??

チームこころ旅の今後の放送予定の発表待ってます!!

 

明日は小松市へ旅のプレイバックです。

 

 

www.lovetv.site