ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅<プレイバック>2014春を観た感想*新潟県1日目糸魚川市*お弁当に神秘的な月不見の池、上り坂下り坂…いいシーンばかりの旅!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKBSプレミアムで放送していた俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組『にっぽん縦断こころ旅』。

新型コロナ感染拡大の影響の為、4月17日放送分を終わりに放送が中断されました。

4月20日からは同じ時間帯で、これまでの名場面を振り返るプレイバック、再放送が始まりました。

BSプレミアムでは、2014年春の旅を朝版、とうちゃこ版と丸々再放送されています。

6月8日~6月19日までは2014年春の旅の新潟県です。

いつ2020春の旅の放送が再開されるか分かりませんし、その再開を見逃さないようこれまでと同じ時間、こころ旅を見続けようと思っています。

 

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

2018年の秋の旅以降、このブログで『こころ旅』の感想を書かせていただいていますが、2014年の旅は正直あまり見ていなかった時期でした。

なので、今回のプレイバックで朝版、とうちゃこ版と丸々再放送が見れると知り、改めてていこう!感想を書いていきたい!と思います。

 

333日目、新潟県1日目は糸魚川市への旅(2014/6/3放送分)

2014年6月3日放送分の新潟県1日目。

2020年6月9日・プレイバック放送は、新潟県糸魚川市の海辺でオープニングでした。

 

お手紙の内容

お手紙は、東京都新宿区の47歳の方から。

こころの風景は、小学校のマラソン大会で走った坂道です。

正平さんに上り坂コース(帰りは下り坂)のご案内です。とはじまったお手紙。

 

国道8号線から早川(糸魚川市)の谷へ入っていくと、お手紙の方の母校・下早川小学校があります。

思い出は、毎年一回秋のマラソン大会で走った坂道です。

グランドを出発して日光寺を過ぎ、前半は坂道をどんどん上がっていきます。

折り返し地点を超えて、下り坂もあと半分という所までは順調に先頭グループにいるお手紙の方。

このあと電気屋のさっちゃんが毎年追い抜いて行ったといいます。

同級生の中で一番体の小さいさっちゃんの背中がこれ以上遠くならないようにと頑張ったそうなのですが、結局一等賞はさっちゃん。

悔しい思いを何度も何度もしたといいます。

今思えば最後の爪が甘い人生は、ここから始まっていたのかもしれないというお手紙の方。

マラソンコース折り返し地点は、低学年・中学年・高学年と区別されていて、高学年の折り返し地点は、薄暗い林の奥「月不見(つきみず)の池」の入り口でした。

帰りは「人生下り坂最高!」です。

 

というお手紙でした。

 

雁木を見つける

約14km先の"さっちゃんに抜かれた坂道"を目指して出発しました。

糸魚川の住宅街の路地を通って大きな通りに出ると、商店をつなぐ雁木と呼ばれる雪よけの屋根を見つけていました。

「雪でも歩けるようにでしょ。」と言っていました。

確かにこうやってお店の前の屋根がつながっていたら、雨でも雪でも歩けます。

これから暑くなるから日よけにもなっていいですね!

ja.wikipedia.org

 

 

雪国で多く見られるものらしいです。初めて見ました。

便利ですね!アーケードはこれをヒントして出来たともいわれてるらしいです。

 

260円弁当を買う

商店を走っている時にお昼をどうするか?の話になり、まだまだお腹空いていなかったチームこころ旅は、天気もいいしお弁当を買ってどこかで食べることに。

駅前に260円弁当というのが売ってると聞いて向かうことになりました。

糸魚川駅近くのくろひめフードストアというスーパーで、実際に行ってみると248円、278円という安さでお弁当が売っていました。

 

正平さんは焼肉弁当を選択。278円です。

食堂もあって、かけそば・うどんが300円と書いてあり、「かけそばより安い!」と正平さんはびっくりしていました。

 

ーーー確かにめちゃくちゃ安いですね!!

6年前の2014年の旅ですが、今もこの安さなんでしょうか??

ちゃんとおかずもごはんもあるお弁当です!

びっくりしました。

 

握手拒否する正平さん

お弁当を買って走っていると、山が近くに見えました。

「富山より下の方にまだ雪があるって気がするな。ちょっと北なのかな、やっぱり。」とつぶやく正平さん。

確かに下の方にまでまだ雪が残っているように見えました。

 

住宅街の間の狭い道を通って、海岸線に出ました。

海岸に沿って走っていると、男性2人が立ち止まってる横に通りかかり、そのうちの1人の方に気づかれました。

「お!観てますよ!観てます!ちょっと握手してよ!」と声をかけられたのですが、正平さんは笑って「あっかんべ。」と言って通り過ぎてしまいました。

 

ーー名前を言ってくれなかったからかなぁ…。

狭い道を車を避けてすぐだったし、通り抜ける方が先だったのもありますね~。

大丈夫だったのかな??

 

海岸でお弁当

海岸の途中で止まり、チャリオを置いて海辺に出ました。

そして石だらけの浜でお弁当を食べることになりました。

「278円と書いてあります。消費税はたらいて300円か。嬉しいな。100円玉3つで焼肉食える。米はうまいっしょ。米どころだからね。」とお弁当を開けながら嬉しそうに言っていました。

チームこころ旅も、正平さんの周りでお弁当を広げて固まってお弁当を食べていました。

海の波の音が大きく響いていて、なんだかそれだけで素敵なシーンになっていました。

 

お天気が良くて、石の上。熱くなかったのかなぁ??

まだそんな季節ではなかったのだろうか…。

色々気になりました。

 

食後。大きな道路に出て走っていると、お手紙の書かれていた月不見の池という地名が案内標識に出てきました。

 

…とここまでが『朝版』です。

 

ヒスイがとれる??

『とうちゃこ版』では、オープニングでお手紙を読んだ後に地元の方と会って、この辺りではヒスイが取れるという話を聞いていました。

うまくいけば20万~30万くらいの値がつくと聞いた途端、目の色を変えて「取りに行こう!」という正平さん。

チームこころ旅も話に乗っていました。

 

ヒスイ取れるなんてスゴイですね~。

古代はヒスイで栄えてたんでしたっけ??

今でも取れるとは知りませんでした。

 

キレイな山に見惚れる

海岸線の道を抜け、橋を渡りお手紙で書かれていた「早川の谷」へ。

途中田んぼが段々になっていたので、徐々に道が上がっていくのが分かってきました。

映像ではまっすぐな道に見えましたが、正平さんが「思いのほか進まない。」と言っていました。

 

これは見てるだけじゃ分かりませんね~。

いつもなら文句が先に立つ正平さんですが、正面に雪をかぶったお山がとてもきれいに見えて「見惚れるわ。」とご機嫌に田んぼの間の道を進んでいました。

お山のキレイさは、自転車を漕ぐしんどさを忘れさせるのでしょう!!

ただひたすら漕ぐのとは違いますもんね~。

 

下早川小学校へ着く

上り坂を上る途中に下早川小学校に着きました。

いったん小学校前で降りて休憩して、その先も続く上り坂を上って「月不見の池」を目指しました。

学校の横の坂を上っている途中で校庭の出口があったので、「こっから出たな。」と推測し、息を切らせながら坂道を上りました。

 

なだらかに続く上り坂で、正平さんもしんどうそうでしたが、小学生が走るにはしんどかっただろうな。と思いました。

 

月不見の池に着く

そして左側に藤の木を発見。まだまだ先に進みました。

月不見の池の入り口に着き、チャリオを降りました。

 

そこからは森林浴をしながら歩いて池まで行きました。

月不見の池は森の奥にあり、とても静かでした。

ja.wikipedia.org

池を見た後は、森の奥に行った正平さんは思わず笑います。

大きな岩がゴロゴロあって、カメラには収まり切れませんでした。

池の中にまで岩がありました。

 

森を見ている途中でここが目的地じゃないことを思い出した正平さんは我に返り、チャリオでマラソンコースに戻りました。

 

とても素敵ないいところでした!

けど、正平さんが奥に行くのをちょっと怖がった気持ちが少しわかりました。

森が深くていい天気なのに薄暗かったです。

 

こころの風景

月不見の池の折り返し地点から、小学校に向かうマラソンコースの下り坂。

正平さんは小学校近くまで来て、お手紙の方がさっちゃんに抜かれたであろう地点でチャリオを降りとうちゃこ

 

お手紙を読みました。

お手紙を読み終わって「気持ちよかったです。今日は。」と感想を言い始めた正平さん。

そのあとの言葉をつづけようとしたところ、ちょうどいいタイミングでサイレンが鳴り「仕事やめて帰れというサイレンだから帰ります。」と言ってサッと終わりました。

 

新潟県1日目。

雪をかぶったお山がずっと見えていてキレイでした!!

月不見の池も謎めいていて神秘的で心惹かれました。

海岸でのお弁当も楽しそうでした!!

今回の旅は『こころ旅』のいいとこばかりの旅でした。

ちゃんと上り坂もあり下り坂を気持ちよく下るシーンもあって…。

見てて楽しかったです。

 

明日は上越市への旅のプレイバックです。

 

 

www.lovetv.site