ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅<プレイバック>2014春を観た感想*滋賀県4日目大津市*夕日が落ちる琵琶湖の風景を漕艇場から見れるのか??

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKBSプレミアムで放送していた俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組『にっぽん縦断こころ旅』。

新型コロナ感染拡大の影響の為、4月17日放送分を終わりに放送が中断されました。

4月20日からは同じ時間帯で、これまでの名場面を振り返るプレイバック、再放送が始まりました。

BSプレミアムでは、2014年春の旅を朝版、とうちゃこ版と丸々再放送されています。

5月4日~5月8日までは2014年春の旅の滋賀県です。

いつ2020春の旅の放送が再開されるか分かりませんし、その再開を見逃さないようこれまでと同じ時間、こころ旅を見続けようと思っています。

 

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

2018年の秋の旅以降、このブログで『こころ旅』の感想を書かせていただいていますが、2014年の旅は正直あまり見ていなかった時期でした。

なので、今回のプレイバックで朝版、とうちゃこ版と丸々再放送が見れると知り、改めてていこう!感想を書いていきたい!と思います。

 

316日目、滋賀県4日目は大津市への旅(2014/4/18放送分)

2014年4月18日放送分の滋賀県4日目。

2020年5月8日・プレイバック放送は、正平さんが草の上に座って「しらかば~青空 南風…(略)北国の春…。」という歌声からのオープニングでした。

さざなみホールの駐車場に座っていました。このさざなみホールの裏手が前日の目的地でした。

カメラさんが正平さんに近寄っていくと…なんと!頭に黄色と白のタンポポで作られた花輪が頭に乗せられていました。

いつもの帽子がなく直接頭に乗っていたので、肌色の上に花輪の黄色。色がマッチしてました。

 「おはようございます。あまりにあったかくて…。ずっとチャリオと走ってきた。寒かった11月12月と。今四月の初めになって、こんな気持ちのええことはない。」と太陽の光を浴びながら気持ちよさそうなコメントをしていました。

頭の花輪は、近所の人が編んでいたものをいただいたんだそうです。

これ、向こうから見たらアホのおっさんやろな。」とつぶやいていました。

 

ーーいや。とても似合ってると思いましたが…。ご本人は恥ずかしかったみたいです。

そりゃそうか。

 

お手紙の内容

お手紙は、ホームページからの投稿で大津市の17歳の方から。

 

こころの風景は、滋賀県立琵琶湖漕艇場の艇庫の前から見た夕日と琵琶湖です。

中学校3年間ボート部の所属だったお手紙の方。滋賀県には3校しかない珍しい部活。

2つ年上の友達に「入部したら自転車通学できるで。」と誘われ入ったそうです。

ところが自転車で通学できるのは、漕艇場の練習だけ。学校練習は普通に徒歩で通学しなければならなかったといいます。

学校練習では主にランニングや筋トレと乗艇する時の体力をつける練習で、自転車が乗って行ける漕艇場練習では主にボートに乗り、タイム測定や実践的練習と陸トレ(ランニング、筋トレなど)をしたそうです。

入部した当時は漕ぎ手で色々なボート(5人乗りや2人乗り)に乗艇していたというお手紙の方。

乗艇と陸トレを両方やるので、練習後は疲れてクタクタだったといいますが、部活が終わる前に、全員集合してミーティングを行います。

先生が喋る後ろでは、夕日が対岸の岸に落ち、湖面がキラキラっと眩いばかりの光を放ち、正直先生の話そっちのけで落ちていく夕日と湖面ばかり見ていたといいます。

 

今高校2年も終わろうとし、もうすぐ高校3年生となるお手紙の方。

漕艇場の艇庫の前から見た夕日と琵琶湖の風景は、二度と忘れられないずっと残したいふるさとの風景です。

 

 というお手紙でした。

 

園児たちが描いたお絵かきバスに遭遇

お手紙を読み終わって、「俺たちは長いこと夕日を見ていない。」と不安を口にした正平さん。天気予報では天気が崩れるとのこと。

不安を抱えながらもさざなみホールを出て、前日のお手紙の風景を見ながら約28km先の琵琶湖漕艇場を目指し出発。

 

野洲川に沿って走り始めた時に正面を見て「近江富士発見!」という正平さん。

とんがったきれいな形を見て「おっぱい!おっぱいがどんどん近づいてくる。」と言いながら走っていました。

 

次に車が行き交う町中を走り、交差点に止まった時に前に近江鉄道バスが止まっていて正平さんが「落書きだらけのバスや。」とつぶやいていました。が、地元の園児たちが描いた"お絵かきバス"というものだと字幕で説明されていました。

ーー私が今住んでる市の市営バスにもこういうバスがあります。流行りなんでしょうか?

子供の時なら、自分が絵を描いたバスがあると嬉しいでしょうねぇきっと。

何年も走ってたら自分が大きくなって、小さい時の画力を恥ずかしくなったりするんでしょうか?それとも絵はすぐに入れ替わるのかな?

 

私が住んでるところのバスは、絵が印刷されてるものっぽいんですが、近江交通のバスは色も少なく、直接描いてるように見えました。

こっちの方がオモロイかもしれないです。

 

草津市へ入り、消防士さんに道を聞く

守山駅前を通過。次に綣(へそ)という名の交差点を過ぎました。

車が少なくなってきて、路肩に黄色のラインが引かれているゾーンから緑のラインになると、草津市に入りました。

 

道に色分けがなくなり「1.2.3.4.5.6.7.8.…。」と男性の掛け声が聞こえてきました。

正平さんが声がする方に進んでいくと、広い敷地に救急車と消防車が並んでる場所からでした。

救急車の点検をしている男性に「すいません。ちょっとお聞きしたいことがあるんですが…。」と正平さんが声をかけると、すぐに正平さんと気づき「ああ!」と声をあげた男性。

正平さんは琵琶湖の漕艇場の場所を訪ねました。

別の青い服を着た男性が、琵琶湖の湖州道路を上がっていくと分かりやすいと教えてくださいました。

話を聞いたあとに2人の方と握手をした正平さんは、救急車を指さして「今度危なかったら助けてや。」と頼むと、男性も笑いながら「もちろんです。」と返していました。

 

正平さんだと分かってくださってましたね!『こころ旅』のことも知ってたのでしょうか??

 

ランチはオムライス

道が分かったところで再出発。

この先にごはん屋さんがなくなる恐れがあったので、教えてもらったのとは違う方向へ行った正平さん。

ブラウンという喫茶店でランチする事になりました。

正平さんはオムライスとオレンジジュースを注文していましたが、あまりに自然にお店に入って行ったので、お店の方がお水を持ってきたときに「火野正平さん?」とびっくり。

「いや~。うちも映して。いや~全然知らんかった。」と大喜びしていました。

お店にいた男性から「火野さん。何の番組なんですか?」と質問されて、番組の説明と放送日と放送時間を丁寧に教えていました。

 

ーー2014年はまだまだ『こころ旅』が浸透してなかったんですね~。

正平さんのことは知ってても、『こころ旅』のことは知らない。まぁ、BSの番組だし、見る人少なかったでしょうねぇ~。

昨年の旅だったか、正平さんが旅先で出会った人に番組の宣伝とBSの契約を促してました。

この番組はBSの普及に貢献しているはず?!

 

オムライスが運ばれてきて、すぐにソーㇲをかけて食べ出した正平さん。

ソースが好きなんだそうです。

 

食後再出発した正平さんたちは、琵琶湖の湖周道路に出ていました。

 

…とここまでが『朝版』です。

 

こころの風景

 『とうちゃこ版』では、湖を注意しながら走り、湖の上にコース分けしているのを発見。

近くだと確信してそのまま進むと、滋賀県立琵琶湖漕艇場と書かれた案内板が見つかりました。

とうちゃこです。

中に入って行って琵琶湖側に出ると、たくさんのボートがひっくり返って収納されている艇庫が見つかりました。

事務局を探して職員さんに撮影許可をいただき、夕日が出てくる時間まで艇庫の前で待たせていただくことになりました。

天気が持つかどうか、夕方になるまで待ちましたが、太陽は雲に隠れたまま。

それでもなんとか太陽の光が琵琶湖の水に届いて、キラキラと見えました。

 

正平さんはこのタイミングでお手紙を読みました。

すぐに日が沈んできて、夕日といえるところまではいきませんでした。

正平さんは「俺たちに夕日はない。」と言ってましたが、十分キレイだったと思います。

若い人からのお手紙に喜んでいた正平さんでしたが、夕日を見せられなかったことを謝っていました。

 

滋賀県4日目。

京都に近づいてきて、比叡山・東山と京都からも見える山々が見えました。

正平さんはいつも京都側から見ていた景色が、反対側から見えることに喜んでいたみたいでした。

 

ーーこれ、私も気持ちわかります!!

私は住んでいた隣の県の高校に通ったのですが、自分が住んでいるところから見えてた山が、高校から見ると全く逆に見えて不思議に感じたものです。

山の上に建ってる建物が、左右逆にあるのです

まるで鏡を見てるようで、今日も山を通り抜け通学してきたのだと実感し一人興奮したものです。

正平さんもきっとそれが楽しかったんではないのかな??と、勝手に自分の思い出と重ね合わせて正平さんの気持ちを想像してみました。

 

プレイバックは来週も続くようです。まだまだ2020春の旅の再開はできないみたいです。

来週は京都府の旅のプレイバック放送です。

 

プレイバックの旅も面白いので、ゆっくり見ながら待ちたいと思います。

 

 

www.lovetv.site