ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

池脇千鶴主演 その女、ジルバ 第2話の感想とあらすじ ネタバレあり ジルバを踊ってキレイになってきた新

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東海テレビ・フジテレビ系列で毎週土曜夜11時台から放送中の池脇千鶴さん主演のドラマ『その女、ジルバ』。1月16日に第2話が放送されました。

www.tokai-tv.com

前回、第1話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

おもな登場人物

  • 笛吹新:池脇千鶴さん…福島県出身。大手百貨店のアパレル店で販売員として働いていたが、物流倉庫に左遷された。昔結婚直前まで行った恋人が別の若い女性に取られた過去を持つ。40歳の誕生日の日に、一番会いたくない元恋人前園が倉庫から異動してきた上、宝くじにも当たらず「変わりたい!」と思い"40歳以上"のホステス募集の張り紙を見て入ったバーで若者扱いされる。源氏名は「アララ」。
  • 浜田スミレ:江口のりこさん…新が働く倉庫の正社員のグループリーダー。倉庫の仕事に誇りを持っている。
  • 村木みか:真飛聖さん…新の倉庫の同僚。新と同じ百貨店から出向組。仕事への情熱を失い文句ばかり言っている。前園とは同期入社。前園が女性社員を捨てて若い女性に走ったことを知っており、新に前園に気を付けるよう助言。その捨てられた女性が新とは知らない。
  • 前園真琴:山崎樹範さん…新の元カレ。婚約直前で後輩の女性に手を出し妊娠させその女性と結婚し新とは破談。本社から新がいる倉庫に異動してきた。
  • 久慈きら子:草笛光子さん…『OLD JACK&ROSE』の2代目ママ。くじらママと呼ばれる。何度も修羅場を乗り越えてきている。
  • 大田原真知:中尾ミエさん…『OLD JACK&ROSE』の元ホステス。チーママと呼ばれる。直木賞を受賞した作家だが時々店に顔を出す。
  • 七子:久本雅美さん…『OLD JACK&ROSE』のホステス。ナマコと呼ばれる。初代ママ・ジルバに助けられ、恩を感じている。おせっかいの世話好き。
  • 菊子:草村礼子さん…『OLD JACK&ROSE』のホステス。ひなぎくと呼ばれる。清純派のアイドル的な人気で、親衛隊がついている。
  • 花富屋敷衿子:中田喜子さん…『OLD JACK&ROSE』のホステス。自称59歳でエリーと呼ばれる。恋に生きる女性で、結婚詐欺師に騙されて路頭に迷ったところをジルバに助けられた。
  • 蛇ノ目幸吉:品川徹さん…『OLD JACK&ROSE』のマスター。くじらママと共に店を支えてきた。
  • ジルバ:池脇千鶴(2役)…『OLD JACK&ROSE』の初代ママ。
  • マイカ:華村あすかさん…幸吉の孫。
  • 石動良一:水澤紳吾さん…『OLD JACK&ROSE』の常連客。
  • JUZO:草地稜之さん…『OLD JACK&ROSE』の常連客。熟女好き大学生。
  • 滝口:梅垣義明さん…『OLD JACK&ROSE』の常連客。
  • 花山:芋洗坂係長さん…『OLD JACK&ROSE』の常連客。

 

第2話のあらすじ

すっかり楽しんで熟女バーで週2日、秘密のバイトをする新。

マスターの幸吉に、初代のジルバがブラジル生まれの日系2世で、父が亡くなって苦労して育った人で、所帯を持ったが、世界大戦で命からがら日本に戻ってバーを開いたという話を聞いていた。

開店前にくじらママに同伴してやって来たJUZOが、ママの代わりに入口の照明の電球を替える作業をしてくれていたところ、新がホストクラブ通いをしていると勘違いして後をつけてきた倉庫のチームリーダー・浜田が目撃。写真に収める。

JUZOが証明を交換した後に、続々とエリー達熟女が店に入っていくのを撮影した浜田は、ますますホストがいる店だという疑いを深めていた。

新は、店の売りであるおふくろの味・濃いめのきんぴらごぼうづくり。

つきだしの準備が終わるとメイクアップ。ジルバママの靴を借りてドレスアップして開店。

常連の滝口さん、花山さんの接客についた。

滝口さんは取引先の石動さんを紹介してくれ「アララです。」と自己紹介する新。ママから教わったつきだしをみんな喜んでくれた。

お客さんのリクエストのおむすびも追加して作った。

 

話も弾み盛り上がってきたところで照明が消えダンスタイム!

お客さんの浅山さんを誘って、エリーがソシアルダンスを踊り出した。

浅山さんはエリーの好きな人だと教えてくれるナマコ。そのナマコも、滝口に誘われダンス。くじらママもJUZOと踊り出した。

カウンターから皆のダンスを見ていた新も、花山に誘われ踊り出したものの、全く形にならず、相撲のようになってしまい、石動さんの膝の上にドン!

バーは笑いに包まれ、恥ずかしがる新だった。

 

幸吉に、ソシアルダンスの特訓だと告げられた新。運動音痴や体形が丸いのを理由に断ろうとするのを、ナマコとひなぎくが「女としての自信をもっとつけなきゃ。そのためのダンスよ。」と励ましてくれる。

特に恋路を邪魔されたエリーが「あんたいくつ?まだまだ若い!」と檄を飛ばしてくれた。

「女は40から!」を合言葉に、ダンスの特訓を受けることになった。

 

昼間の仕事でもダンス特訓についてぶつぶつ文句を言う新。そんな新を見て村木が男のことで悩んでると勘違い。

そこへ浜田が、先日バーの前で撮ってきた写真を村木に見せて、新がホストにハマってると力説するのだった。

その日、新は上司である前園に早退を申し出る。

自分が婚約破棄したせいで新が男遊びするようになったと勘違いした前園は、勝手に心配。さらに「今の君では無理。」と勝手に忠告してくるのだった。

 

バーに出勤した新を待っていたのは、エリー達と、幸吉の孫でダンスのインストラクターのマイカ。

幸吉のことを生涯独身の天涯孤独だと思い込んでいた新は、孫がいることに驚く。

早速、ダンスレッスンが始まる。まずはジルバ。

幸吉がステップの基本をまず口で説明。マイカが男性役をして、新にステップを教えてた。

一通りレッスンを受けただけでヘトヘトになる新。

くじらママが来て、かつてバーがダンスホールだった時代の話を始めた。

ひなぎくもナマコもエリーもみんなダンサーで、若い頃のアルバムを広げて思い出話を聞いた。

戦争孤児だったマスターとくじらママ。ジルバママに救われたのだと言う。

ジルバママは、ジルバが得意だったらしい。

 

今度は幸吉が相手役となってジルバを踊ると、自然と踊れるようになる新。楽しくなり、体に重さを感じなくなった。

これも幸吉のリードのたまものなのだった。

 

同じ頃倉庫では、本社からリストラリストを渡されていた前園。そのなかの新の名前を見て「やだよー。」と独り言を言う。

前園は未だに恋愛していた頃の新の写真を持っており「かわいかったんだよな。」とつぶやいていた。

前園が部長に取り入ったせいで、前園の同期の自分が倉庫に飛ばされたと思い込んでいた村木は、自分に挨拶がないと因縁をつける。

関係ないと言いつつも謝る前園。文句を言ってスッキリした村木。前園はそれとなく新がホストに本当にハマってるかどうか聞いてきたが、村木は不審に思い答えなかった。

一方で、チームリーダーの浜田は、前園が持っていた部外秘のリストラリストのデータを探り当てて閲覧。新の名前を発見するのだった。

f:id:lovetv:20190313201750j:plain

翌日。

ジルバが踊れたことに興奮気味の新が明るく倉庫に出社。

大きな声であいさつ。仕事中のちょっとした合間にステップを踏み、丸くなっていた背中も背筋をピン!を意識するようになった。

バーでも掃除の合間にステップ。その気になりやすいタイプとエリー達に笑われる。

ちょっとした合間にもダンスの練習を重ねていく新だった。

 

そして花山さんがバーに来た日。新の方から花山をダンスに誘う。

ちょっとまだぎこちないながらも、楽しくダンスを踊れるようになっていた。

花山さんと踊りながら、新はアパレル会社のテナントで働いていた頃を思い出していた。自分はやっぱり接客が好きだと言ことに気づいた。

そんな新を見て「いいですね、アララさん。」とつぶやく石動さん。

幸吉は新を見て、ジルバママにダンスを教えてもらった頃を思い出す。ジルバママは、幸吉にとって初恋の相手だったのだ。

 

閉店後。幸吉がみんなに給料を手渡し。

新は、社会人になって初めての手渡しの給料に涙を流した。会社に入って20年ずっと振り込みだった給料。どんな給料より今夜の給料が嬉しく感じられた。

「これからもよろしくお願いします。」とお礼を言う新だった。

 

朝。

自転車をやめて倉庫へ歩いて出社した新は、化粧もして髪もキレイに整えていた。村木はそんな新を見て驚く。

「よく考えたらね、40ってまだまだこれからかなって。諦めるのはやめた。」と明るく笑う新に、前園が思わず「新かわいい!」とつぶやく。

呼び捨てする前園を見て村木は、前に前園が付き合って捨てた店員が新だと気づく。

明るい雰囲気が漂っていたところに浜田が来て、新と前園にリストラについて話がしたい。と言ってきたのだったーーーーー。

 

慌てる前園!

どうなる新ーー??!!

 

…というお話でした。

 

新がキレイになってきた!

バーの仕事が楽しくなってきた新。ダンスまで踊れるようになって、表情も明るくなってきました。

エリーに背筋が丸くなってるのも指摘されて、姿勢もよくして行こうと意識してるのが面白かったです。

ていうか、これ自分もそうだな~と他人事に思えなかったです。

化粧はファンデーションだけ。自転車に乗って体力もなし。背中は猫背。

もう新を見てたら自分のことのようで、人から見たらこんな風に見えてるのか?と思うことばかりです。

新がキレイになっていくのを見るのが楽しいです。

 

池脇さんは本物?

前回の初回で新役の池脇さんが出てきた時は、アゴのラインは丸くて表情も乏しくてへの字口。

あんなにかわいかった池脇千鶴さんがこんなに変わってしまうのか?とびっくりしましたけど、2役のジルバ役で、若い頃の幸吉にダンスを教える姿はあごがスッとしてキレイでした。

ということは、新を演じてる時の池脇さんは特殊メイクかなにかをしてるのかな?

同じ人が演じてるのに全然違うし!

本物の池脇さんはどっち?

ドラマを見ながらめちゃくちゃ混乱しました。

 

ダンスで明るくなる姿がかわいい

今回、新が頑張ってダンスを練習して仕事場でもステップを踏んでる場面があって、役所広司さんの『Shall we Dance?』を思い出しました。

あの映画でも、役所さん演じる主人公がダンスを習うようになって職場でも思わずステップを踏んでしまうような場面がありましたよね。

ほほえましくて、見てるこちらも明るくなりました。

どんどん表情も明るくなってかわいかったです。

目に見えて楽しそうになっていく姿は、気持ちの良いものです。

なんだか最近暗い世の中になってきて嫌な感じでしたけど、こういう前向きなストーリーを見ると癒されます。

 

リストラって本当?

元カレの前園が、新がホストクラブ通いをしてるのと勘違いして「君じゃ無理。」と言ってきたのには腹立ちました!

誰に言われるよりも元カレに言われるのが一番腹立ちますよね?

その無理な女と付き合ってたのは誰?

しかも昔付き合っていた頃の写真まで隠し持っていて気持ち悪い!!

しかも、リストラするためにやって来たんでしょう?

新は本当にリストラされてしまうんでしょうか?

倉庫の仕事より接客が好きみたいだし、リストラされて他の仕事をさがすのもありだと思います。

 

あと、リーダーの浜田さんはバーの前で写真まで撮ってきて、味方なのか敵なのか分かりません!!

 

次回の予告で浜田さんと村木さんがバーに入ってる様子が映ってましたけど、二人も働くのかな?

村木さん役の真飛さんのダンスを見てみたい気もするんですが…どうでしょう?

 

あぁ!来週も楽しみ!!

今のところ、私が一番楽しみにしてるドラマです。

 

以上、『その女、ジルバ』第2話を見た感想でした。

 

 

www.lovetv.site

 

 『その女、ジルバ』の原作漫画をお探しの方はこちら。↓

 

 

 『その女、ジルバ』の原作漫画は、FODにもあります。↓