ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

池脇千鶴主演 その女、ジルバ 第8話のネタバレ感想とあらすじ スミレちゃんが妊娠!くじらママの言葉が響く

スポンサーリンク

スポンサーリンク

東海テレビ・フジテレビ系列で毎週土曜夜11時台から放送中の池脇千鶴さん主演のドラマ『その女、ジルバ』。2月27日は、第8話が放送されました。

www.tokai-tv.com

前回、第7話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

おもな登場人物

  • 笛吹新:池脇千鶴さん…福島県出身。大手百貨店のアパレル店で販売員として働いていたが、物流倉庫に左遷された。昔結婚直前まで行った恋人が別の若い女性に取られた過去を持つ。40歳の誕生日の日に、一番会いたくない元恋人前園が倉庫から異動してきた上、宝くじにも当たらず「変わりたい!」と思い"40歳以上"のホステス募集の張り紙を見て入ったバーで若者扱いされる。源氏名は「アララ」。
  • 浜田スミレ:江口のりこさん…新が働く倉庫の正社員のグループリーダー。倉庫の仕事に誇りを持っている。
  • 村木みか:真飛聖さん…新の倉庫の同僚。新と同じ百貨店から出向組。仕事への情熱を失い文句ばかり言っている。前園とは同期入社。前園が女性社員を捨てて若い女性に走ったことを知っており、新に前園に気を付けるよう助言。その捨てられた女性が新とは知らない。
  • 前園真琴:山崎樹範さん…新の元カレ。婚約直前で後輩の女性に手を出し妊娠させその女性と結婚し新とは破談。本社から新がいる倉庫に異動してきた。
  • 久慈きら子:草笛光子さん…『OLD JACK&ROSE』の2代目ママ。くじらママと呼ばれる。何度も修羅場を乗り越えてきている。
  • 大田原真知:中尾ミエさん…『OLD JACK&ROSE』の元ホステス。チーママと呼ばれる。直木賞を受賞した作家だが時々店に顔を出す。
  • 七子:久本雅美さん…『OLD JACK&ROSE』のホステス。ナマコと呼ばれる。初代ママ・ジルバに助けられ、恩を感じている。おせっかいの世話好き。
  • 菊子:草村礼子さん…『OLD JACK&ROSE』のホステス。ひなぎくと呼ばれる。清純派のアイドル的な人気で、親衛隊がついている。
  • 花富屋敷衿子:中田喜子さん…『OLD JACK&ROSE』のホステス。自称59歳でエリーと呼ばれる。恋に生きる女性で、結婚詐欺師に騙されて路頭に迷ったところをジルバに助けられた。
  • 蛇ノ目幸吉:品川徹さん…『OLD JACK&ROSE』のマスター。くじらママと共に店を支えてきた。
  • ジルバ:池脇千鶴(2役)…『OLD JACK&ROSE』の初代ママ。
  • マイカ:華村あすかさん…幸吉の孫。
  • 石動良一:水澤紳吾さん…『OLD JACK&ROSE』の常連客。
  • JUZO:草地稜之さん…『OLD JACK&ROSE』の常連客。熟女好き大学生。
  • 滝口:梅垣義明さん…『OLD JACK&ROSE』の常連客。
  • 花山:芋洗坂係長さん…『OLD JACK&ROSE』の常連客。
  • 浅山渡荘太さん…エリーが思いを寄せる『OLD JACK&ROSE』の常連客。
  • 白浜峻輔:竹財輝之助さん…父の仕事でブラジルに渡った日本人。ブラジルでジルバの亡くなった夫の兄・賀太郎から話を聞き、ジルバに会いに来た。

 

第8話のあらすじ

倉庫の仕事の休み時間。

新は、OLD JACK&ROSEの仕事1本にすることをスミレに言おうとして、先に妊娠を報告される。

「人生ってホント信じられないようなことが起こるよね。今まで頑張って来てよかった。」と言って喜ぶスミレ。石動も妊娠を喜んでくれたとのことで新も一緒に喜んだ。

スミレは産休について。新は退職について一緒に前園に相談。

スミレはまず病院に行って検査してもらって出産予定日を聞くこと。新は本部に退職届を出すと前園に言われた。

夜。

OLD JACK&ROSEに出勤した新を、前園が客として訪ねてきた。

前園は退職届が本部に受理され、1月いっぱいで退職となること、社宅を出て行かなければならないことを伝えてきた。

社宅の事はすっぽりと頭から抜けていたという新に、前園は週何回かはバイトで倉庫で働かないか?と提案。それでは一緒になると断った。

エリーが2人の間に入ってきて、前園から華麗につまみの注文を引き出し、さらに友達を紹介するよう話を持っていく。

そして新に「お客様は一人でも多く。アララ。一本立ちするならそれぐらいの覚悟でね。」と耳打ち。専業になる覚悟をそっと叩き込まれた。

次にスミレが来店。石動と一日半連絡が取れないと言って心配する。話を聞いて「逃げた?」といらんことを言う前園。
次に入ってきた滝口も石動と連絡が取れないと言い、ますます心配になるスミレ。

ナマコに不安な気持ちを聞いてもらいに来たのだが、あいにく今日は旦那さんの誕生日でナマコは不在。

エリーが話に入ってきて「結婚詐欺じゃ?」とまで言うと、今度は滝口と花山が石動がもともと新に一目ぼれして、クリスマスの花も新に持って来ていたことも暴露。

スミレはみるみるうちに表情を変え、出て行こうとしたところに石動が到着。

携帯をなくして連絡が取れなかったことを詫びたが、すっかり目が覚めた感じになったスミレの耳に届かず、走って店を出て行ってしまった。石動は必死に追いかけていった。

前園がスミレが妊婦だと口を滑らし、店にいたみんなにバレてしまった。

 

石動はスミレに追いつき「奇跡のようなご縁に恵まれて僕は本当に幸せです。」と言って婚約指輪を差し出して「結婚していただけますか?結婚しましょう。」とプロポーズした。

追いかけてきてプロポーズを見た新は感動。しかし当のスミレは「こんなところで言うな!」と言って走り去ってしまった。

 

閉店後。

スミレと石動を心配する新に、マスターとくじらママは「当人同士にしか解決できねえよ。」と他人が口を出すことじゃないと言う。

話題は退職後の新の住まいの事になり、OLD JACK&ROSEの上にあるジルバの部屋の隣の部屋に格安で住まわせてもらえることになった。

2020年1月31日。

無事倉庫の仕事を退職。最後に前園に挨拶し、前園との再会をよかったと言う新。

「あのまま会わなかったら、あのままずっと恨んでたかもしれないし。」と、訳ありの元カレと笑顔で別れることが出来た。

次に屋上にいたスミレに声をかけた新。

スミレは勢いで付き合って子供まで出来て、冷静になって考えると本当に好きかどうかも分からない。お互いその気になりやすいだけだったんじゃ?と言い、自分に結婚は向いてない。子供は一人で産んで育てるとまで言うスミレ。

話を聞かないスミレに、新は「スミレちゃんのそういうところ、良くないと思うよ。」と言ってしまい、スミレも「アララみたいに幸せな家族の中で育った人間に私の…。」と言いかけて「アララと一緒に仕事が出来てよかったよ。」と話を変え、そのまま別れてしまった。

 

OLD JACK&ROSEの上の部屋に引っ越してきた新。

くじらママが引っ越し祝いに駆けつけてくれ、ジルバとは戦後すぐの14歳の頃、母と妹と父を待っていた頃に出会ったことを教えてくれた。

新は喧嘩の仲直りについて相談。スミレに踏み込み過ぎたことを話した。

くじらママにスミレの境遇について話すと、くじらママがスミレを店に呼べないか?と言ってきた。

 

渋々店に来てくれたスミレ。

くじらママはスミレをそっと抱きしめ「あなた幸せになるのが怖いのね。今までたった一人でたくさんの辛い思いをして。もう我慢しなくていい。誰でも幸せになる権利を持っんだから。だから勇気をもって目の前の幸せに飛び込みなさい。人を。人を信じるのよ。それでうんとうんと幸せになってちょうだい。」と言った。

スミレは涙を流して「なんでそんな私の事…。」と言い、くじらママの言葉を受け入れた。

くじらママもかつてジルバに言葉をかけられ抱きとめてもらい、救われていた。同じように今度はスミレを抱きとめる。

スミレは新に謝り、和解することが出来た。

 

後日。

OLD JACK&ROSEでスミレと石動の結婚パーティーが開かれた。スミレちゃんの胸にはみかちゃんからの出雲大社のお守り。ベールはひなぎくさんお手製。

ウェディングケーキはもちろんナマコが作った。ナマコは「家族、出来たね。」と涙を流して喜んでくれた。

さらに島根からみかちゃんも駆けつけ、安産のお守りと腹帯を持って来てくれた。

みかちゃんは親戚の店でバイトしながら時々ボランティア、子供達に読み聞かせなどをしている生活。貧乏だが、充実していた。

新からのお祝いの品は、夫婦の起き上がりこぼしと食器のセットだった。

f:id:lovetv:20190913114554j:plain

新が司会で結婚パーティーが始まった。

OLD JACK&ROSEのみんなと常連客の皆さんが駆けつけ、前園とみかちゃんの同期は隣り合わせで座った。

花嫁のブーケトスはマスターの孫娘のマイカが受け取り、頭を抱えるマスター。

集合写真も撮り、新から「いつも何をする時も一生懸命なスミレちゃん。ちょっと不器用でわかりにくいところもあるかもしれないけど、こんなに純粋で素敵な女性、私は知りません。石動さんスミレちゃんの事、よろしくお願いします。」と挨拶をした。

最後に夫婦からのお礼の挨拶代わりに、歌が披露された。

みかちゃんはアララに「私たちさ、遅い春だけど日の目を見たね。」と耳打ち。

その歌の途中、後ろで「人はもっと寄り添った方がいい。」と言っていたくじらママが倒れたのだったーーーー。

 

…というお話でした。

 

スミレちゃんの妊娠&結婚!

今回はスミレちゃんがまさかの妊娠!そして結婚という話でした。

新がOLD JACK&ROSEの仕事だけになるのが話のメインになるかと思いきや、スミレちゃんに家族が出来る。という嬉しいお話でした。

せっかく石動さんと付き合うようになって幸せいっぱいでキャラ変していたスミレちゃんなのに、急にいっぺんに何もかも変わることに対する不安からか、元の怖いキャラに戻って周りに当たり散らすキャラに戻っていました。

でも!!

くじらママがそっと抱きしめて「もう我慢しなくてもいい。人を信じるのよ。」と言ってくれたのはよかったですね。

人を信じられなくなってしまっていたスミレちゃんに響いて、無事結婚を決断してくれて、本当によかったです。

途中まで、本当に一人で出産して、OLD JACK&ROSEの上で新と一緒に子育てでもするのかと思いましたよ!!

よかった。

これからは石動さんもいるから、大丈夫ですね!!

何かあればすぐにOLD JACK&ROSEに逃げ込めばいいし!!

バックアップ体制はばっちりなのでは?

OLD JACK&ROSEで出会って、OLD JACK&ROSEで式を挙げて、素敵な8話でした。

 

前園との別れ

すっかりスミレちゃんに話を持って行かれましたが、新も新しい生活に一歩踏み込みました。

ずっと引きずっていた元カレ。前園とも再会できてよかったとまで言い切った新はカッコよかったです。

再会出来て、リストラの件で会社から守ってくれたことで、もう気が済んだのかもしれないですね。

前園の家族のこともちゃんと受け入れて、冗談まで言えるようになっていた新は、完全に過去を吹っ切っていました。

婚約破棄の時は突然の別れで、どうしようもなくて受け入れられなかったかもしれないけど、今度こそ本当に意味で納得して、ちゃんと別れられたんでしょう・・・!

OLD JACK&ROSEのお姉さま方のおかげかな?

今回のお話はスミレちゃんの過去も、新の過去もスッキリ解決できて、見てるこっちも新たな気持ちになれて晴れやかになれました。

 

毎回話が濃い!

連続ドラマって「今回は手を抜いてるな。」って回があったりするんですけど、『その女、ジルバ』は、毎回最後まで話が濃いですね!

どこも見逃せない、素敵なお話。

くじらママが言ってた、死んだジルバに会いたい。っていう何気ないセリフも、サラッと流されているようで、とても深い!

会ってみたい!と明るく言っている感じが、死してなお、ジルバを身近に感じてる証拠ですよね!!愛を感じます。

ちょっとしたセリフも聞き逃せない、いいドラマです。

毎回何が起こるのか、とても楽しみ!

ずっと続いて欲しいなぁ!

あ、まずはくじらママに元気になってもらわないといけませんね。

 

早く次が見たいです。

  

以上、『その女、ジルバ』第8話を見た感想でした。

 

 

www.lovetv.site

 

 『その女、ジルバ』の原作漫画をお探しの方はこちら。↓

 

 

 

 『その女、ジルバ』の原作漫画は、FODにもあります。↓