テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

大河ドラマ いだてん~東京オリムピック噺~ 第5回(雨ニモマケズ)を観た感想*ネタバレあり

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週日曜夜8時から放送中の大河ドラマ「いだてん」。2月3日に第5回「雨ニモマケズ」が放送されました。

www.nhk.or.jp

あらすじ

明治44年11月19日。

四三(中村勘九郎さん)は、徒歩部の仲間の野口(永山絢斗さん)らと共に、オリンピック予選会が行われる羽田へ向かいました。

途中、迷子になっていた四三たちをよそに、羽田では早稲田 慶應 帝大など、全国の学生が競い合うなか、審判員として参加していた三島弥彦(生田斗真さん)。100m予選のタイムを見て、我慢できなくなり「いっちょやりますか~?」と言い参加。12秒という記録で優勝。他、400m、800mでも優勝しました。

この三島弥彦、1912年のストックホルムオリンピックでマラソン金栗四三と共に、短距離走で参加していた日本初のオリンピック選手だったのです。

 

なんとかマラソンの時間に間に合った四三たち。北海道の佐々木、慶應の井手など、健脚の学生たち参加者19名の中に、早稲田生と偽った車夫の清さん(峯田和伸さん)が混じっていました。

あいにくの曇天の中、四三は、野口、橋本(高橋周平さん)と共に最下位からスタートしました。

コースは競技場から穴森稲荷を抜け、多摩川沿いの土手を走り、六郷橋を渡ると川崎。そこから東海道を南へ下り鶴見川を渡り東神奈川で折り返す。10里25マイルの距離。皆初めての長距離でした。

四三ら徒歩部は、初めは飛ばさず焦らず様子見です。4.8km地点の多摩川の土手の橋をでは、清さんが立ち止まる横を四三らは「失敬。」と言いながら通り抜けました。

ところどころに見物の人々や救護班が待機しており、強い日差しに次々と途中棄権する選手を助けました。その様子は、永井(杉本哲太さん)の言っていた地獄絵図でした。

 

雨が上がり青空広がる六郷橋。先頭を走る小樽の佐々木を、慶應の井手が追いかけ首位を争っていました。一方、後ろを走っていた四三は、遅れて六郷橋にさしかかり、次々と前を走る選手を抜いていきました。

先頭が折り返し地点にさしかかった頃、四三は4位になっていました。2位の井手はフラフラです。四三は一人抜き3位にまで上がりました。井手を抜き2位に上がった頃には雨風が強まり、向かい風に苦しみながらも走る四三。平田(前原滉さん)が「あと4里だぞ。」と声をかけました。

6里までしか走った事のない四三にとって、ここからは未知の世界。佐々木までの距離は500~600m先。追い越せます。

 

その頃後ろの方を走っていた野口は、空腹でフラフラしていました。そして沿道の店に勝手に入り、パンを食べ「あいすいません。金は必ず返します。」と言って学校名と名前を言い残し、また走り出しました。ルール違反です。

 

道がぬかるむ中、必死に走る四三。佐々木との距離が50mと迫った六郷橋。履いていた足袋は破け、無残な姿になっていました。胸も苦しく、目も痛い。帽子の内側の赤い染料が水で流れて目に入って来ていたのです。

 

途中、佐々木が立ち止まり、十秒ほど四三を睨みつけました。すぐにまた走り出すと、四三も追いかけました。そして稲荷あたりで佐々木を抜きました。

 

羽田では、落伍者13名という伝令が来ていました。

永井が、「責任問題ですよ。羽田にの悲劇ですよ!」と嘉納(役所広司さん)を責めていました。嘉納はそれを聞かず、遠くに見える影に双眼鏡を向け「誰か来た!」と言いました。「伝令でしょ?」と言う永井。「違う!韋駄天だ!彼こそが韋駄天だ!」叫ぶ嘉納。高師の51番、金栗四三です。

世界記録は2時間59分45秒。現在のタイムは2時間32分。世界記録更新です。

 

雷が鳴るなかトラックに入ってきた四三。まとわりつく足袋を蹴って脱ぎ捨てました。スタジアムは大盛り上がりです。ゴールテープを切る四三。「2時間32分45秒。世界記録だぞ。」時計を見せながら四三に叫ぶ嘉納。

四三はその場に倒れ込みそうになり、嘉納が抱きかかえました。四三は小さい頃、叶えられなかった抱っこしてもらう夢を今、叶えたのです。

「金栗くん。君こそ世界に通用する韋駄天だ!」と嘉納が言うと、「ありがとうございます。」四三はフラフラになりながら言いました。

永井は無事戻ってきたことを喜びました。

 

四三が世界記録を出したことは、大々的に報じられました。

号外を手にした街の人々は歓喜に包まれ、市電に乗って帰ってきた四三を万歳をして熱狂的に迎えました。

 

足を負傷した四三は、野口と橋本に両脇を抱えられながら歩き、寄宿舎に到着。仲間たちが祝勝会が開いてくれました。

四三はその晩、疲れ過ぎてかえって眠れず、優勝カップを眺めながら一晩中今回の勝因を分析し、ノートにまとめました。

 

  1. 排便ヨシ。食事は到着が遅れて十分取らなかったのがまさに適量。
  2. 服装…厚手の冬シャツと帽子着用。薄着だったら危なかった。

 

課題

足袋…結局持たず、最後は裸足だった。破れないのを作ること。

 

 

次の日。

四三は、足袋を作ってくれた播磨屋へ出向き、改良を頼んだところ、初めは歓迎してくれた黒坂(ピエール瀧さん)に、室内で勝手に履くものを勝手に外で履いて文句を言われた。と激怒され、追い返されました。

黒坂は、怒って四三を追い返したものの、四三が置いていった敗れた足袋を見つめていたのでした。

 

後日。

優勝カップと一緒に写真を撮ってもらった四三。その写真は新聞に載り、遠く熊本のスヤ(綾瀬はるかさん)も「こぎゃん立派になって。」と言い見ていました。

 

一方、羽田予選会に参加した清さんの代わりに、車夫の仕事をしていた孝蔵(森山未來さん)さんは、客として車に乗ってくれた橘家円喬(松尾スズキさん)に弟子入りを志願。はっきりとした返事はなかったものの、目にかけてくれるようになりました。

 

壮絶な予選会

初回に一気に見た予選会。第5回めの放送でやっと全貌が明らかになりました。

ちゃんと四三以外の選手もゴールしてたんですね!

初回を見ただけでは、四三だけがゴールしたんだと思ってました。ぶっちぎりのゴールだったから、他の選手が出てこなかった、と謎が解明されました。

 

雨の中を足袋で走る…。ボロボロになってました。

播磨屋さんが怒りながらも最後、破れた足袋を見つめてたんで、協力していってくれるんでしょう!ピエール瀧さんいい味出してます。

昔、電気グルーヴで名前を聞いた時は、まさか俳優さんもされてるなんて、全く知りませんでした。「N.O.」をラジオで聴いて、面白い曲だったので印象に残ってます。特に「学校ないし 家庭もないし」とか「 嫌じゃないし かっこつかないし」という歌詞が頭にこびりついてます。

電気グルーヴのゴールデンヒッツ~Due To Contract/CD/KSCL-1775
by カエレバ

 

N.O.の歌詞 | 電気グルーヴ | ORICON NEWS

 

猫を抱く美川さん

今回の美川(勝地涼さん)は、寄宿舎での祝勝会に参加せず、外で猫を抱いていたところを四三に見つけられて、話をする場面で出ていました。

四三を「一躍時の人」と呼んで、お祝いするのを臆してしまったと言い、密かにお祝いしていました。何も話さずに表情だけで複雑な胸の内を表していました。

猫を抱いていて、多分その頃「吾輩は猫である」にでも影響されてたのかな?と思わせてくれました。漱石好きの美川さんは、猫を飼い始めたってところなんでしょう!

毎回細かい描写でクスッと笑わせてくれます。

 

ちょこっと出演の綾瀬はるかさん

今回は予選会の話だったので、スヤさんは出ないかな?と思いきや、熊本で新聞に載ってる四三を見つけて喜んでるっていうカットが入りました。

綾瀬はるかさんを楽しみにしている私としては、ちょこっとでも出演してくれて嬉しかったです。

この調子で毎回出てくれると嬉しいんですけど…!!

 

次回は、第6回「お江戸日本橋」。

嘉納が、オリンピックの事でまだまだ悩まされるみたいです。

 

金栗四三 日本人初のオリンピアン・日本マラソンの父 /小学館/大谷じろう
by カエレバ

 

 

 

www.lovetv.site