ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

青のSP-学校内警察・嶋田隆平- 第4話の感想とネタバレあらすじ 学校内の盗撮事件とセクハラ事件

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関西テレビ・フジテレビ系列で毎週火曜夜9時から放送中のドラマ『青のSP-学校内警察・嶋田隆平-』。

2月2日に第4話が放送されました。

www.ktv.jp

前回・第3話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

 

おもな登場人物

  • 嶋田隆平:藤原竜也さん…警視庁捜査一課刑事。住浜署生活安全課少年課係。捜査一課の切れ者だったが、自ら志願して赤嶺中学のスクールポリスとして勤務。
  • 三枝弘樹:山田裕貴さん…住浜署生活安全課少年課係。嶋田の後輩。
  • 浅村涼子:真木よう子さん…赤嶺中学国語教師。隆平と衝突する。
  • 水野楓:山口紗弥加さん…赤嶺中学英語教師。
  • 新津清:須賀健太さん…赤嶺中学英語教師。
  • 一ノ瀬悟:石井正則さん…赤嶺中学数学教師。
  • 柴田透:泉澤祐希さん…赤嶺中学社会教師。
  • 小川香里:明日海りおさん…赤嶺中学音楽教師。
  • 阿部裕亮:音尾琢真さん…赤嶺中学体育教師。
  • 三田恵子:金沢雅美さん…保健室にいる養護教諭。
  • 木島敏文:高橋克実さん…赤嶺中学校長。スクールポリスを導入。嶋田に生徒を守って欲しいと思っている。
  • 福島美津子:峯村リエさん…赤嶺中学副校長。
  • 尾崎賢治:升毅さん…教育委員長。

3年1組の生徒

三村(吉柳咲良さん)

真田(中川翼さん)

菊池(鈴木悠仁さん) 

涌井(米倉れいあさん)

 

第4話のあらすじ

体育館の女子更衣室で、盗撮カメラが見つかった。

嶋田はカメラについた指紋を三枝に調べさせ前科のない者の犯行と分かる。校内の者の仕業では?と推測された。

嶋田は、三村から課金投稿サイトで盗撮された画像が投稿されていたことを教えてもらう。すぐにサイバー班に投稿動画の削除依頼をし、投稿者の端末も特定。投稿された場所がネットカフェだと分かった。

三枝とネットカフェに行き、ずっと滞在しようとしている逃走しようとした今井(内藤光佑さん)を逮捕。

取り調べで体育館への侵入経路についての供述があいまいな今井に、誰かをかばってると見た嶋田と三枝。

改めて投稿された映像を見直すと、女生徒の一人がしきりにカメラを見ておりその者が仕掛けたと考えた嶋田。

浅村に生徒の画像を送ると、バレー部顧問の澤田(智順さん)が受け持つ2年1組の今井莉緒(藤嶋花音さん)だと特定。今井莉緒は今井の妹。

妹が持っていた画像を兄である今井が勝手に持ち出し、投稿していたことが分かった。

陸上部のマネージャーをしていた今井莉緒。同じ陸上部の女子を好きになり、その子の映像が欲しいと思って密かに盗撮した。とのことだった。

それを知らなかったとはいえ犯罪に利用され、好きな人のことを世間に晒してしまった罪悪感から陸上部を辞めてしまうのだった。

f:id:lovetv:20210202163340j:plain

校内での盗撮事件を受けて、同僚教師である澤田の気を引きたい柴田は、校内を巡回してカメラが仕掛けられていないかチェックすると言い出す。

残念ながら澤田の協力を得られなかった柴田は、仕方なく浅村に付き合ってもらい各部室の巡回をする。

その時に男子バレー部の部室から、顧問の澤田と3年1組の生徒・菊池が2人で出てきた。

打ち合わせだと言う澤田に対して、暗い表情を浮かべていた菊池。

その後。階段で出合い頭に浅村が菊池とぶつかり転倒する。慌てて浅村菊池を起こそうと触れると、突然菊池が過呼吸になり意識を失ってしまった。

 

保健室で目を覚ました菊池に、養護教諭の三田がいくつか質問をする。重い口を開いた菊池から、ある事実を聞かされショックを受ける浅村。

嶋田に相談したものの「証拠がないと動けない。被害届を出せ。そしたら相談してやる。」と突っぱねられた。

独自に動き出した浅村は、自分で解決できたのかーーー?!

 

一方で、JKリフレに通っていた中学生コスプレが好きな教師・一ノ瀬から、本物の女子中学生が好きな元美術教師・岡部(遠藤雄弥さん)について聞かされる。

岡部は1年前に女生徒にセクハラし、保護者に抗議され辞職していたのだ。

嶋田は独自で捜査し、その女生徒が現在3年1組の生徒・涌井であると分かる。涌井の当時の担任が1年前に亡くなった音楽教師・小川香里。

いつも音楽室でピアノを弾いている生徒・奈良橋によると、小川は亡くなる前によくセクハラをした岡部を校長室に行っていたということだった。

 

嶋田が小川の転落死について捜査していると気づいた木島校長は、セクハラ被害者の涌井にまで話を聞いていた嶋田の勘の良さを警戒。

捜査一課の優秀な刑事だった嶋田が、スクールポリスに志願してきたことも赤嶺中学に何か目的があってきたのでは?と疑い始める。

そして浅村に、嶋田が1年前のことをほじくり返すならすぐに知らせて欲しいと言う。

校長の言うことに「はい。」と返事した浅村だったが、嶋田から小川の死の原因は階段からの転落だけではないと知らされ、ショックを受けるのだった。

 

 …というお話でした。

 

ショッキングな話だった

今回の話は盗撮事件とは別に、女性教師よる男子生徒へのセクハラ事件がメインの話になっていました。

これがもう、自分の立場を利用してのひどい話で、見てて心が苦しくなりました。

加害者は自分にそういう行為をされるのを、被害者が喜んでたのでは?とまで言ってました。

こんな勘違いってある??

嶋田が「相手が少しでも不快な思いしたら、それは立派なセクハラなんだよ。」と言ってたのが本当その通りで、加害者が被害者も喜んでると思い込んでることにゾッとしました。

セクハラって言ってますけど、これはセクハラなんて言い方じゃ足りないほどもっと重い罪だと思いました。

被害者の子が涙を拭いているのがショックで、見てられませんでした。

見てるだけでも本当に怖かったです。

大人になれば、学校にいる間は短い時間だから期間限定の耐える時間だと思うのかもしれないけど、子供の頃にこういう目に遭って、あとで意味を知って自分自身を否定してしまうかもしれない。

今回の事件は落ち着いて見ていられないくらい怖い事件でした。

 

ドラマの中の事件ですけど、もう二度と教員に戻って欲しくないと心から思いました。

 

盗撮事件の結末

先週放送された今回の予告シーンの、嶋田が「何か勘違いしてないか?自分の事特殊な人間だと思ってるかもしれないが、お前みたいなやつはこの世の中にごまんといるからな。」と言っていたシーン。

奈良橋と話した後にこのシーンが流れていたから、私は、てっきり奈良橋に言ったのだと思ってて、自分が小川先生を殺したという思い込みから奈良橋を解放するために言ったのかな?と予想してました。

が、実際に言った相手は今井莉緒。

同性を好きになるなんて…と思っていた今井莉緒に向けられた言葉でした。

 

同性を好きなったことを罪だと思っていた今井莉緒を、そんな珍しいことじゃないと言って解放してあげてたんです。

好きな気持ちに素直に従って、好きな子と一緒にいることを選んだ彼女の笑顔が明るくなってよかったです。

異性を好きになったって、気持ちが通い合うのは難しいことです。

少なくとも相手に一緒にいて欲しいと思われてるなら、幸せなことではないか?と思いました。

 

今回は性犯罪の色んなケースが一気に出てきました。

どれも簡単には解決できない事件で重いテーマでしたが、唯一女の子の笑顔が良かったので救われました。

 

毎回、話の展開に引き付けられる

毎回最初に起こった事件が思わぬ事件に発展する展開で、毎回ハラハラしながら見させてもらってます。

初回から続いている音楽教師の死の謎も徐々に分かってきて、こちらも目が離せません。

小川先生と嶋田のつながりもまだ分からないし、気になることだらけです。

 

校長が何を隠しているのか分かりませんが、嶋田にどんどん赤嶺中学の膿を出していって欲しいです!!!

 

以上、『青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー』第4話を見た感想でした。

 

 

www.lovetv.site

 

青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー』の動画は、FODU-NEXTで見られます。

FODにご興味をお持ちの方はこちら。↓

FOD PREMIUM初回2週間無料トライアル!「FOD PREMIUM」

 

U-NEXTにご興味をお持ちの方はこちら。↓