ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

青のSP-学校内警察・嶋田隆平- 第5話の感想とネタバレあらすじ いじめた奴は犯罪者

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関西テレビ・フジテレビ系列で毎週火曜夜9時から放送中のドラマ『青のSP-学校内警察・嶋田隆平-』。

2月9日に第5話が放送されました。

www.ktv.jp

前回・第4話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

 

おもな登場人物

  • 嶋田隆平:藤原竜也さん…警視庁捜査一課刑事。住浜署生活安全課少年課係。捜査一課の切れ者だったが、自ら志願して赤嶺中学のスクールポリスとして勤務。
  • 三枝弘樹:山田裕貴さん…住浜署生活安全課少年課係。嶋田の後輩。
  • 浅村涼子:真木よう子さん…赤嶺中学国語教師。隆平と衝突する。
  • 水野楓:山口紗弥加さん…赤嶺中学英語教師。
  • 新津清:須賀健太さん…赤嶺中学英語教師。
  • 一ノ瀬悟:石井正則さん…赤嶺中学数学教師。
  • 柴田透:泉澤祐希さん…赤嶺中学社会教師。
  • 小川香里:明日海りおさん…赤嶺中学音楽教師。
  • 阿部裕亮:音尾琢真さん…赤嶺中学体育教師。
  • 三田恵子:金沢雅美さん…保健室にいる養護教諭。
  • 木島敏文:高橋克実さん…赤嶺中学校長。スクールポリスを導入。嶋田に生徒を守って欲しいと思っている。
  • 福島美津子:峯村リエさん…赤嶺中学副校長。
  • 尾崎賢治:升毅さん…教育委員長。

3年1組の生徒

  • 三村(吉柳咲良さん)
  • 真田(中川翼さん)
  • 菊池(鈴木悠仁さん) 
  • 涌井(米倉れいあさん)
  • アレン(川村ジーモン凛一朗さん)
  • 西田(池田優斗さん)
  • 市原(奥智哉さん)
  • 深山(田中奏生さん)

 

第5話のあらすじ

男子バスケ部のアレンが、西田と市原からレギュラー争いで逆恨みを受け、いじめられていた。

いじめに気づいた柴田は顧問であり担任でもある浅村に報告。

浅村はアレンを気遣い声をかけるが、「余計なことしないで。」と言われ、どうするのが正しいのか分からなくなる浅村。

そんな時塾から帰る途中だった市原が、何者かに突然目隠しをされ暴行され入院。犯人の手が黒かったことから、市原はアレンにやられたと証言した。現場にはアレンの生徒手帳も落とされていた。

市原の言うことを鵜呑みにした西田から殴られるアレン。

アレンがやり返さなかったのには理由があった。そもそもバスケ部に誘ってくれたのは西田で、そのおかげで学校に居場所が出来たから。

それと、アレンがつるんでいる仲間のマーカスたちに市原たちのことを話したことで、彼らがアレンの代わりに仕返しをしていたからだ。

その日から学校に行けなくなったアレン。

嶋田はアレンの団地の幼馴染である涌井にアレンが行きそうな場所を聞いたが、涌井は「言ったって何もしてくれないでしょ?」と諦めたように言い、嶋田に何も話さなかった。

マーカスたちと一緒にいたアレンは、偽物のブランドバッグを運べと指示される。

嶋田は三枝に頼んで、アレンと一緒にいる半グレ集団・オクタゴンについて調べてもらっていた。

オクタゴンは詐欺や偽ブランドを売ったり、ドラッグにも手を出していた。メンバーは外国人ばかり。危ない集団ということだった。

嶋田はオクタゴンのたまり場を調べるよう三枝に指示した。

 

一方アレンは、犯罪だと分かりつつも断れずに偽ブランドバッグを持っていたところ、西田たち中学の友達に出くわし、バッグ取り上げられ川に流された。

行き場を失くしたアレンが泥だらけで公園で泣いているのを涌井が見つけ、声をかけたる。

涌井はマーカスと一緒にいるのか?と聞くとアレンは誰も分かってくれないと言い残しどこかへ行ってしまった。

 f:id:lovetv:20210210144017j:plain

翌朝。

偽ブランドバッグが無くなったことでマーカスたちが大騒ぎしていた。

そしてアレンを追う西田たちを見たという話を聞きつけ、登校中の西田を車で拉致。その様子を偶然目撃した深山が教室で西田がさらわれたことを報告。

三村が職員室に連絡し、警察に通報。柴田は校内にいた嶋田に報告。三枝が調べていたオクタゴンのたまり場に急行した。

浅村は涌井にアレンがいる場所を聞き出し、アレンに西田が拉致されたと話した。

 

アレンは西田の危機にどうするのか?

嶋田が半グレ集団のたまり場に駆けつけるーーー!!

 

一方で、嶋田が三枝に調べさせていた赤嶺中の元美術教師・岡部(遠藤雄弥さん)の居場所が分かった。

小川香里を殺したかどうか問い詰めようとする嶋田。

小川香里を「愛してたよ。」という嶋田。小川は嶋田の恋人だったーーー??!!

 

 …というお話でした。

 

同情も差別と一緒だ

三枝が半グレ集団のことを調べて、幼い頃からいじめられて…と生育環境に同情する場面がありました。

その時の嶋田の言葉「いじめられてもまっとうに生きてるやつもいる。道踏み外したやつに同情なんかしてんじゃねぇ。同情も差別と一緒だ。犯罪を犯す犯さないに人種なんて関係ない。」がなんかストンと腑に落ちました。

日本人、外国人関係なく犯罪を犯す人犯さない人がいます。

人種が違うからって同情するっていうのもなんか違いますよね。

その同情も差別と一緒。思いやってるようで差別してる。自分の中にもそういった気持ちがあったのでは?とハッとしました。

嶋田は人種関係なく、犯罪者は犯罪者。当たり前のことを当たり前に言える嶋田がスゴイと思ってしまいました。

外国人だからと変に擁護したり寄り添うような言葉を言ってるようで、実は差別してる気持ちがある。嶋田に心を見透かされてるみたいでドキッとしました。

 

嶋田容赦ない

西田が半グレ集団に拉致されて、西田の周りに火を放たれたシーンがありました。

それまで半グレ集団と格闘して、あとは西田を助けるのみになっていた嶋田。

助けを呼ぶ西田に「自業自得だろ?レギュラー奪われたからいじめてOKなんだろ?じゃあいじめられたから丸焼きにしてOKだよな?」と燃えさかる炎の前で非情な言葉を言ってました。

本気?本気で助けないの?

とハラハラしてたら、後ろでなりゆきを見守っていたアレンが勇気を出して炎を乗り越えてジャンプ。

学校での居場所を作ってくれた西田を危険を顧みず助けていました。

スゴイ事させますよ、嶋田は。

炎はCGだと思うけど、見てて怖かったぁ!!

 

炎を飛び越えたアレンの驚異の跳躍力!!!

スゴかったです。

その前の嶋田と三枝のアクションシーンもカッコよかったですけど、このジャンプもカッコよかったです。

 

今回の見どころは嶋田と三枝のアクションとアレンのジャンプかなぁ??

面白かったです。

 

いじめは犯罪

いじめをなくしたと胸張っていた柴田に、嶋田が「いじめは暴行、傷害、恐喝罪。いじめた奴は犯罪者だ。」と言っていました。

ドラマ内でも、暴行加えてケガさせてたし、怒鳴り込んで脅してもいました。

確かに犯罪です。

犯罪とは意識してなかったです。

いじめた奴は犯罪者。嶋田の言葉が重くのしかかりました。

 

外国人への感情、いじめの問題。

今回の事件はとても身近な問題で、嶋田の言葉がいつも以上に刺さりました。

 

小川香里と嶋田の関係

初回からずっと嶋田が調べていた音楽教師・小川香里に転落死について。

嶋田が小川香里を殺したと疑っている美術教師・岡部の居所が最後に判明していました。

そして「愛してたよ。」と嶋田が言ってたので、小川香里は嶋田の恋人だったみたいです。

学校は一体何を隠しているんでしょうか?

気になります!!!

岡部からセクハラされたという涌井が何も言いたがらないので、全く何があったのか分かりません!!

涌井の言動から想像するに、先生に何か訴えたが何もしてくれなかったみたいです。

早く真相が知りたいです。

 

以上、『青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー』第5話を見た感想でした。

 

 

www.lovetv.site

 

 

青のSPー学校内警察・嶋田隆平ー』の動画は、FODU-NEXTで見られます。

FODにご興味をお持ちの方はこちら。↓

FOD PREMIUM初回2週間無料トライアル!「FOD PREMIUM」

 

U-NEXTにご興味をお持ちの方はこちら。↓