ぴえーるのテレビブログ

おもにテレビ感想の雑記ブログ

わたし、定時で帰ります。 第1話を観た感想とネタバレあらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

4月16日火曜夜10時から、吉高由里子さん主演のドラマ「わたし、定時で帰ります。」がはじまりました。

あらすじ

東山結衣(吉高由里子さん)はWEB制作会社ネットヒーローズに勤める会社員。効率よく仕事をし終業時間内に仕事を済ませ、定時で帰る。有休もしっかり取る。仕事帰りには上海飯店という中華料理店に寄り、ビールと食事を楽しむ。

恋人、諏訪(中丸雄一さん)との時間も大切にする生活を送っていました。

同僚の三谷(シシドカフカさん)は、昨年吸収された会社から来た人で、まだ「会社のために自分があるんじゃない。自分のために会社があるんだ。」という社風に馴染めず、結衣のやっていることも理解出来ていない様子で戸惑っていました。

 

そんななか、自分の会社を売却して転職してきた部長の福永(ユースケ・サンタマリアさん)と、結衣の元恋人・種田(向井理さん)が副部長として2人同時に赴任してきました。

種田は、日本初のエナジー飲料のサイトを作るオリエンテーションに参加し、4社コンペだというこの案件を、結衣と三谷(シシドカフカさん)に説明。

仕事に意欲的な三谷が立候補しました。チームの長として早速会議を開いて、英文科卒の新人・小泉(ついひじ杏奈さん)には翻訳を指示しました。あまりの量に驚く小泉。他のスタッフも反論しますが、「やって無駄な事はありません。仕事を取ろうと思ったら人の倍、10倍の事はやらないと。」という時代遅れな持論を展開し、みんな黙り込みました。

そんな三谷のチームを尻目に、いつも通り定時で帰ろうとする結衣。

結衣が教育している新人来栖(泉澤祐希さん)は「手伝わなくていいんすか?」と聞くと「みんなでひとつのことしてたら会社が回らないよね?私達は私達の仕事をする。手を貸してって言われた時は手を貸す。」ときっぱり。

そんな結衣ですが、周りから不真面目だと思われてることを気にしていました。

結衣が定時で帰る姿を見た、赴任してきたばかりの福永が「もっと頑張ろうよ。まだ仕事してる人もいるんだし。自分の事しかしない人なの?お給料もらえればそれでいいって人?他人に興味ないんだ。」とズバズバ言ってきます。

しかし結衣はそういう言葉を振り切り、退社していきました。

 

翌日。

出社してきた結衣は、三谷が小泉に「早く始業時間の30分前に来て先輩たちの下働きをする。」と言って叱っているところに遭遇。結衣が他の人に押されていやいや仲裁に入ります。

小泉は「何でも三谷さんの基準で考えないでください。」と全く聞く耳を持たず離れていきました。

小泉を叱っていた三谷は、前日終電近くまで残業して体調を崩していました。

 

結衣は、三谷と二人きりで新人教育について話をしました。

三谷は「叱られる事を知らずに来た新人のために自分が叱ってやってる。」と言い、結衣は「最初から厳しくしたらやる気をなくす。」と言い、話は全くかみ合いませんでした。

 

翌日。

小泉は福永に「教育担当を変えて欲しい。」と訴えました。

福永は、今の案件が終わったら、結衣が小泉を教育するように指示し、結衣が教育してる来栖を三谷が教育するよう指示。チェンジです。

 

自分の問題点が分からない三谷。

結衣は、三谷と前社で一緒だったという人物に会い、三谷は前社では朝から晩までずっと「言い訳するな」「センスのかけらもねえな」「空気読め」「お前の代わりなんていくれでもいるんだよ。」など罵倒され続けていて、小学校から一度も休んだ事のないのが唯一の自慢だと聞かされました。

 

翌日。

小泉への態度を改めることなかった三谷に、事件が起こりました。

三谷の態度に腹を立てた小泉が、三谷のパソコンのパスワードを勝手に変えてしまったのです。仕事が出来なくなり、セキュリティー管理も責められる三谷。

 

自分の何がいけないのか?と悩んでいた三谷は、来栖に「古い。人それぞれの働き方を考えようって時代なのに、10年前のスタンダード強要されても。」と意見されます。

三谷は自分たちの世代がどれだけ頑張って来たか熱弁しますが、周りは冷ややかな空気です。

三谷は、自分に向けられてる評価がどんなものか自分で分かってると激高し、フォローしてくれた結衣にも「あなたみたいに自分の事しか考えていない人が評価されて、私みたいに要領の悪い人間はいくらやっても何も誰にも評価されないんです。」と八つ当たりしました。

話を聞いていた他の社員たちは皆黙り込んだまま。三谷は周りの空気に耐えられなくなり、私物も置いたまま会社を飛び出してしまいました。

 

結衣は、会社に来ない小泉に連絡を取り、パスワードを聞き出そうとしたものの、「完全なパワハラ。労基署に行ってもいい。土下座して謝るんなら教えてあげます。」と言ってのける始末。話にならず絶句する結衣でした。

 

三谷がやっていた仕事は種田が引き継ぎ、資料をまとめていました。結衣は三谷をどうするか?相談しました。

種田は「三谷さんは何も間違ってない。口下手だからあんな言い方になるんだろうけど。仕事もしっかり出来てる。分析も丁寧。三谷さんが何を大事に思って仕事してるのか、よく分かる。」と三谷を高評価していました。

 

翌日。

無断欠勤した三谷。電話をかけても出ません。

福永が三谷の様子を見に行くよう指示しますが、誰もやりたがりません。結衣が三谷のカバンを持って、会いに行きました。

 

恥ずかしさと罪悪感で、布団をかぶったまま顔を見せない三谷。結衣は「まずは風邪を治しましょうよ。」と言います。

三谷は前の会社でのことを話し始めました。人望がなく、今の会社に吸収されると分かった時は、実力主義と聞いて怖かったのだと言います。

だからこそいくらでも残業し、休み取らずに働くしか評価を受けられない。休んだら自分の居場所がなくなると思い、今まで頑張って来たのです。

結衣は、「東山さんのように要領のいい人には分からないでしょうけど。」という言葉に反応します。

結衣も「要領はよくない。」と言って、前職での話をし始めました。

前職の旅行会社での結衣は、仕事が出来ないと思われたくなくて、指示される仕事を全部引き受け、残業も100時間以上働いて頑張っていました。

毎日「病気か怪我でもしないかな?そしたらしばらく休めるのに。」と思っていたと言います。そして入社して半年で考えていた通りになりました。

階段から転がり落ちて頭を打ち、意識不明の重体。危篤状態に陥っていたのを目が覚めて親から教えられ、「もういいや、会社辞めよう。誰にどう思われても無理はしない。楽にいこう。それが私の働き方だ。」と思い立ったのだと言います。

それから100社受け、ようやく入ったのが今の会社。「定時で帰りたい。」と言って受け入れてくれたのが社長でした。

結衣の話を聞いても布団から出てこなかった三谷ですが、種田が三谷を評価していたことを聞いた途端、布団を出て起き上がりました。

そして、結衣が持って来た上海飯店の中華がゆを食べて泣き、「私、あなたにバカにされてると思ってました。」と打ち明けました。

ゆっくり話して、お互いの気持ちが分かった二人でした。

 

f:id:lovetv:20190417140036j:plain

ぱくたそ(www.pakutaso.com)

 

出勤してきた三谷は、種田にまずお礼とお詫びを言いに行きました。次に結衣の元へ行き、体調の回復とお礼を言いに行きました。

そこへ、双子を出産して半年の休暇を取っていた賤ケ岳(内田有紀さん)が、復帰してきたと挨拶に来ました。

「初日から残業でも何でもやります!」と言う賤ケ岳に、福永は「頼もしい!」と握手するのでした。

あっけにとられる同僚たち。「定時で帰ろうよ」とつぶやく結衣。その時、信頼する情報屋の愁(桜田通さん)から「福永清次には気をつけて」というメッセージを受け取るのでした…。

 

タイトルから想像したのと違った

私は、タイトルの「わたし、定時で帰ります。」と聞いて、もっとガチガチな理論武装する人が、絶対定時に帰ると言って頑張るドラマなのかと予想していました。

けれどそうじゃなくて、自分も過去に残業もいっぱいやってパンクした経験のある主人公が「誰にどう思われても無理はしない。楽にいこう。」と決意して働き方を変えた。という流れだったので、今までのやり方を知る人にも、これから仕事をはじめる若い人たちにもどちらの共感も得られるんじゃないかな?と思いました。

 

定時に帰って、プライベートを充実させている主人公を見せるだけじゃなくて、頑張って過労死してしまった男性の話や、主人公自身も生死をさまよったこともあるって話が出てきたり、元彼が職場に配属になるなど、仕事に恋愛にと話が色々混ぜ込んであって、初回で一気にドラマの世界に引き込まれました。

 

恋愛模様は?

中丸雄一さん演じる諏訪が今の彼でライバル会社の人で、結婚する約束までした元彼の向井理さん演じる種田が同じ職場。

彼同士は仕事上知り合いで、諏訪は種田を意識していて、結衣と同じ職場になっていることにちょっと警戒してる様子でした。

初回はあんまり出番がなかったので、諏訪がどんな性格の人かはよく分からなかったですけど、こじれたりするのかな?

初回を見る限りでは、諏訪が種田に対するライバル心をぼんやり匂わせてる感じでした。

 

諏訪よりも注目したいのは、シシドカフカさん演じる三谷!!

結衣の言葉だけでは心動かされなかったのが、種田が評価してたと聞いた途端、話を聞く態度になっていました。

残業をしている時もチラチラと種田を見ていたので、三谷が種田を好きになるかも?です。

それが結衣とどう絡んでくるかが楽しみです!!

 

福永に気を付ける??

最後に結衣が信頼を置いてる情報屋の愁という人物から「福永清次には気をつけて」というメッセージが。

福永は、過去種田に会社を辞められたことがあり、「今度こそ捨てらんないように頑張んなきゃ。」と言ってました。

軽い物言いの人物ですけど、なかなか執念深い人物なのかな?自分の会社を畳んでまで種田と同じ職場に乗り込んできたのかも?と深読みしてしまいます。

原作を読んでないので何とも言えませんが、ユースケ・サンタマリアさんって意外に怖い役似合うますし。

変貌していく姿がどうなるのか?興味あります。

 

新人さんのゆくえは?

ところで小泉さんはあのまま辞めたんですかね?気になりました。3人新人が入って、残ったのは結衣が教育してる来栖くんだけ?

大変な事になってます。

 

私、三谷の言ってること正しいと思いましたけどね~。

誰にも叱られてないからとか、やる気がないとか。そういうの。私も言った事あるし。

でも早く来て下働きしろとかいうのはダメです!あれは間違ってると思います。

 

色んな世代が入り乱れる職場で結衣はどう振る舞っていくのか?定時で帰るのを通すことは出来るのか??

展開が楽しみです。

 

次回は、産休復帰してきた内田有紀さん演じる賤ケ岳さんの話です。

 

このドラマには原作があります。↓