ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

新春TV放談2019を観た内容と感想①2018年人気ドラマについて

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2019年1月2日夜10時15分から11時30分まで、NHKで放送された「新春TV放談2019」。

「新春TV放談」は、毎年1月2日頃に前年のTV番組について、局の垣根を越えて語るトークバラエティーです。私はこの番組を2015年に初めて観て、その内容の面白さを知りました。毎年観ています。

 

何が面白いと思ったか?

ドラマとバラエティーのランキングをまず発表しています。よくある視聴率ランキングではなく、10代~60代の視聴者の人がどの番組が好きだったのか?何をよく観たか?というランキングなんです!

視聴率ランキングを観るより、より信憑性があるし、自分の感覚とのズレなども分かったりで、オモロイです。司会は千原ジュニアさんで、アシスタントのアナウンサーは決まった人ではありません。

2019の出演者は、まずは司会の千原ジュニアさんとNHKアナウンサーの杉浦友紀さん。ドラマ好きのタレントで女優のYOUさん。テレビウォッチャーである音楽クリエーターのヒャダインさん。芸能界の新・ご意見番のお笑い芸人のカンニング竹山さん。代表作「ゴットタン」でテレビ東京プロデューサー佐久間宣行さん。代表作「おっさんずラブ」でテレビ朝日プロデューサー貴島彩理さん。テレビ動画配信サイトSHOWROOM社長前田裕二さん。という面々でした。

私が観始めた2015年から毎年出てた、テリー伊藤さんが今年はいませんでした。

 

本題に行く前に言いたいことがあります。

くっきーさんのナレーション!要らんかったです!

トークバラエティーなんで、メインを早く観たいのにスッと流れるはずの番組説明をくっきーさんがすることで、内容が散ってとても観にくかったです。来年はやめて欲しいです。急にどうしてん?!とイライラしました。すみません、番組ファンとしてこれだけは気になりました。

 

前置きはこれぐらいにして、「新春TV放談2019」の内容に触れながら、私の感想を書いていきたいと思います。内容が長いので、3回に分けて書きたいと思います。

今回は2018年の人気ドラマについてです。

 

2018年人気ドラマランキング

10代~60代の人たちに、好きなドラマを複数選択してもらったものを集計した人気ドラマランキングを発表!

 1位 下町ロケット ーTBS系

 2位 相棒 ーテレビ朝日

 3位 義母と娘のブルース ーTBS系

 4位 リーガルV~元弁護士・小島遊翔子~ ーテレビ朝日

 5位 科捜研の女テレビ朝日

 5位 アンナチュラル ーTBS系

 5位 ブラックペアン ーTBS系

 8位 まんぷくNHK

 9位 99.9-刑事専門弁護士- ーTBS系

10位 半分、青い。NHK

10位 孤独のグルメテレビ東京

 

1位の「下町ロケット」はこの番組が放送されていた裏番組で特別編が放送されていたらしいです。そのNHKの潔さをジュニアさんは絶賛し、出演者の人たちは笑ってました。

私は「下町ロケット」を観てないので、これを観てもチャンネルは変えませんでした…。2015年のランキングでも「下町ロケット」が入ってたらしいです。「相棒」、「科捜研の女」、「99.9」、「孤独のグルメ」が「下町ロケット」と共にヒット作の続編という事に番組は注目しました。

 

3位 義母と娘のブルースについて

佐久間さんは「義母と娘のブルースが素晴らしかった。僕知らないから原作読んでみたら、4コマで2巻しかないんですよ。それをすごい泣けるドラマになってて。しかも森下佳子さんていう脚本家の方、TBSで(「JIN-仁」「世界の中心で、愛をさけぶ」「白夜行」などの)名作ばかりを手掛けてる脚本家の方なんですけど、森下さんの脚本がとにかく素晴らしくて、大した難しい言葉を使ってないんだけど、泣かせるせりふっていうのをすごい…。最終話に超名ぜりふがあるですよ、「世間ではそういうのを愛って言うんだよ。」ていう言葉で号泣。」とおっしゃってました。

 

私もこの言葉には感動しました。以前ブログにも書きました。

 

綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」最終回の感想*ネタバレあります - テレビ好きぴえーるの日記

 

この言葉とは別に、私は麻生祐未さん演じる下山さんが、竹野内豊さん演じる良一さんのお葬式で毅然とセレモニーをこなそうとする亜希子に「あんたの役目はそんなことじゃないだろう。悲しむ事だろ?みゆきちゃんと一緒に。」という言葉に救われました。

お葬式をこなすことは他の人にも代わることが出来るけど、お父さんを亡くしたみゆきには亜希子だけだということ。お葬式に泣いてもいいんだという言葉に救われました。

ドラマではその言葉で亜希子が、良一さんの上司の人が良一さんに話しかけているところで号泣してしまう…というのが一番泣けました。悲しむ時には思い切り悲しまないといけないんだと思いました。

途中から観ましたが、いいドラマでした。

 

5位 アンナチュラルについて

司会の杉浦アナが石原さとみさんを絶賛!髪型を美容師さんに「アンナチュラルの石原さとみさんみたいにしてください。」と頼むほどだったとのこと。

YOUさんは「全部がうまくいったよね。主題歌と役者さんたちとドラマが。すごい!」と評していました。

ヒャダインさんは市川実日子さんのナチュラルな演技に注目。それに他の演者さんも引っ張られる感じがしたといいます。

これを受けて佐久間さんが「アンナチュラル」の演出、塚原あゆ子さんについて調べた事を披露。「塚原監督っていうのが自然に…。エキストラもしゃべらせるんですって。そういう演出をするって。」そして塚原監督は「夜行観覧車」とかも撮られてる監督だということもおっしゃっていました。

 

これを聞いて驚きました。

私は前に、地方のアナウンサーの人がエキストラでドラマ出演し、大きなリアクションをして注意されているのを観た事があります。なのでエキストラさんは目立ってはいけないものなんだと思ってました。けど、確かにそれって自然じゃないですよね?

塚原さんが演出をした作品は他に「Nのために」「リバース」など湊かなえ作品のドラマ演出を数多く担当されている方だそうです。

そう聞くと、他のも観たくなりました。

 

私自身は「アンナチュラル」が放送されている時期に体調が悪く、精神的に余裕のない時期で、ドラマを観る元気がなく1回も観た事がありませんでした。体調が悪い時に法医学物はキツイですし。

でもこの「新春TV放談2019」が放送されたまさにその日の朝、「アンナチュラル」の9話と最終話だけを集中放送していて、その2話だけを観てたんです。

2話しか観ませんでしたが、面白かったです。

私は、井浦新さんの演技と北村有起哉さんの演技の方が迫力があって、そっちの方が印象が強いです。観たばっかりですが…。

井浦新さんは以前、菅野美穂さん主演の「蜜の味」、大河ドラマの「平清盛」の崇徳上皇役で観た事がありました。この2作品でも苦しみを抱えた役をしていました。

「アンナチュラル」でも苦しみを抱えている役で、北村有起哉さんとの攻防シーンはとても迫力があって、ちょっと怖いとさえ思いました。最後の2話しか観てない私でもハマる面白さでした。

でも、法医学だったんで、観る方が安定した精神状態じゃないと観るのは辛いドラマだったと思います。

 

おっさんずラブについて

おっさんずラブ」を手掛けられたプロデューサーの貴島さんが出演だったので、「おっさんずラブ」のことについての話になりました。

視聴率はずっとそう高くはなかったそうで、初回は2.9%。

現場が落ち込む中、田中圭さんが明るく現場を盛り上げてくれて「2話で数字上がらなかったらオレは俳優辞める。」って言ってたそうです。2話で少し視聴率が上がり、貴島さんは安堵したんだそうです。

 

話題は、視聴率は最終回まではずっと上がらなかったのに、「おっさんずラブ」が話題になったことについての話に移りました。

前田さんによると、ネットでは観ていない人のあいだでも話題になり、ドラマ視聴者がTwitterで絵を描くなどによる二次創作をして拡散されたといいます。

番組では、「おっさんずラブ」と「アンナチュラル」を題材にしてネットにあげられていた絵を紹介していました。

 

前田さんはそういった二次創作をする心理について、「単なるいち視聴者である状態と、もう半分運営側に回ってる気持ちの視聴者では、そのドラマに関して話す分量とか、起こすアクションとか違うと思ってて、半分制作者の気分。好きすぎて。」と語っていました。

前田さんは運営側に回りたい心理の視聴者のことを、長年やっているスナックとお客さんに例えて話していました。

「例えばママが酔いつぶれたら、カウンターの中に入ってお酒出す側に回ると、ずっとそのスナックってそういうお客さんって、ずっと愛してくれるじゃないですか。…と、すごい行動が似てて。単なるいち視聴者で終えちゃうと一回そのドラマが終わるともうスーッと去っていっちゃうんですけど、運営側に一回連れてきてしまうと、かなり長い期間愛してくれるっていう構造なんだろうなと思います。」

YOUさんはこの例えが分かりやすいと絶賛していました。

 

私も、なるほどな~っと思いました。

確かに好きな番組なんて、別に自分だけで楽しんでおけばいいんですけど、より多くの人に知ってもらいたいって思います。「おんな城主 直虎」も「真田丸」も、もうとっくに終わってますけど、まだ政次とか昌幸とか人気のあった人物が、キャラとして一人歩きしてるところがあります。

 

ヒャダインさんは、「おっさんずラブ」とSNSとの連動について注目。

貴島さんによると、公式のものとは別に部長の吉田鋼太郎さんがあげるインスタがあると面白いという軽い気持ちで、田中圭さん演じるはるたんを載せたら、告知したわけではないのに口コミで広がったんだそうです。

前田さんは「ドラマを観る時間以外にもドラマのことを考える…仕掛けとしてはすごい。」と感心していました。

 

ヒロイン役の吉田鋼太郎さんは、貴島さんが思っていた以上にチャーミングで、現場で驚いたことを明かしていました。

貴島さんによると、「おっさんずラブ」は、純粋にピュアな恋愛ドラマとして、一生懸命頑張る人たちのドラマとして突き進めて行こうとキャストもスタッフに話していたそうです。

 

私は、ネットで話題になってからドラマを観始めました。吉田鋼太郎さんが変だとも思えなかったですし、ちゃんと周りに理解してもらおうと働きかけたり、理解できない人にどう打ち明けようか悩んだり、恋敵に嫉妬したりの恋愛ドラマでした。真面目なドラマでした。

 

2018年最も好きなドラマランキング

次に、今度は最も好きなドラマを一人につき、ひとつだけ選んでもらったランキングです。

 1位 下町ロケット ーTBS系

 2位 相棒 ーテレビ朝日

 3位 西郷どんNHK

 4位 義母と娘のブルースTBS系

 5位 孤独のグルメテレビ東京

 5位 今日から俺は!!日本テレビ

 5位 科捜研の女テレビ朝日

 8位 まんぷくNHK

 9位 99.9-刑事専門弁護士- ーTBS系

10位 大恋愛~僕を忘れる君と -TBS系

10位 おっさんずラブテレビ朝日

 

一つだけとなると「西郷どん」、「今日から俺は!!」、「大恋愛」、「おっさんずラブ」がランクインしてきました。

 

佐久間さんは「今日から俺は!!」について、「福田雄一さんの色が出てるドラマで、ファンがちゃんといるドラマが入ってきた。」と言い、「役者が楽しんでやっている。SNSでも役者が「見てくれ」って言うんですよ。」とその特徴を話されていました。

みんなの熱がSNSを通じてドラマを押し上げていると分析されていました。

 

ドラマとSNSとの関わり方についてヒャダインさんは、「半分、青い。」で脚本家の北川悦吏子さんがSNSを通じて視聴者に意見を求めて、ネガティブな意見ばかり来てしまったことを例に出し、「おっさんずラブ」の様に気軽にやって成功した例と比較。

SNSを利用しようとすると諸刃の刃にもなると指摘していました。

 

ヒャダインさんの話を受けて、竹山さんは「SNSを使っていかないと、今のドラマの広がりとか、視聴者も楽しめなくなってるじゃないですか。そこをうまくどれだけ使えるか。それだけが武器じゃないとは思うんだけど、うまくどれだけ使えるか考えていかないといけないのかなと思うんですね。」とおっしゃっていました。

f:id:lovetv:20190513151440j:plain


 

前田さんはこのランキングをみて、ドラマを語る上で二つの目を持たなきゃいけないと言っていました。「幅の目と深さの目」です。

「深さの観点で言うと、全然ランキングが変わる。例えばグッズを作るとか映画もそうですし。お客さんが直接お金を使えるようなビジネスをくっつけたら、多分なにかすごい広がるんだろうなと思いました。逆に言うと幅だけ、視聴率だけ見るとビジネスをくっつけようとしても、広がらないんだろうなと思いました。」

前田さんの意見に一同は納得。佐久間さんは最も好きなドラマランキングの方がDVDが売れそうだと言っていました。

 

現に私は、「鹿男あをによし」の原作もサントラも買いましたし、「僕らは奇跡でできている」の本も買いました。まさにグッズです。

昭和元禄落語心中」なんて、助六の扇子が売られてましたよ。びっくりしました。前田さんがおっしゃってることは既にもうやってることですね!

 

 

番組は次にバラエティーについての話になりました。

 

長くなるので分けて書いていきたいと思います。

予定としては

②2018年のバラエティーについてとテレビへの不満

③出演者おすすめ番組の紹介と平成とテレビについて

 

を分けて書いていきたいと思っています。もう少々お待ちください。

 

www.lovetv.site