ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

シャーロック 特別編(誉獅子雄という男)を観た感想とあらすじ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週月曜夜9時からフジテレビ系列で放送されていたドラマ『シャーロック』。12月23日に特別編(誉獅子雄という男)が放送されました。

ディーン・フジオカさん主演。岩田剛典さんとの顔面最強コンビがミステリーを解決する『シャーロックホームズ』を原作としたストーリーです。

 

www.fujitv.co.jp

前回の最終回の感想はこちら

 

 

おもな登場人物

誉獅子雄:ディーン・フジオカさん…犯罪捜査コンサルタント。原作では、名探偵・シャーロックホームズにあたる。犯罪と悪に興味があり、江藤から依頼され、事件の捜査をしている。自宅が雨漏りで住めなくなり、無職となった若宮のマンションに押しかけ同居を始める。最終回でずっと追っていた守谷と一緒に海の中に消え、行方不明。

若宮潤一:岩田剛典さん…元精神科医。原作ではホームズの相棒・ワトソンにあたる。ある事件で獅子雄と出会い、退職。宿無しとなった獅子雄に家に上がり込まれ、<>u嫌々ながら獅子雄の助手をしていたが、突然消えた獅子雄の生死が分からず苛立っている。

江藤礼二:佐々木蔵之介さん…警視庁捜査一課の警部だった。原作ではレストレード警部にあたる。獅子雄に捜査を依頼し、解決させていいところを持って行く。獅子雄の捜査のおかげで捜査一課長に昇進できることが決まった。

小暮クミコ:山田真歩さん…江藤の部下。原作ではグレグスン警部にあたる。いい加減な江藤の態度に惑わされず、事件解決に向けて動く人。獅子雄の捜査のおかげで江藤と同じく昇進する事が出来た。

レオ:ゆうたろうさん…謎の情報屋。原作ではベイカー街遊撃隊にあたる。獅子雄が行方をくらまし、呆然とした日々を送っている。

 

特別編のゲスト

門司かれん:木南晴夏さん…フリージャーナリスト。誉獅子雄の功績を後世に遺したいと言って、突然取材に現れる。

市川利枝子:伊藤歩さん…第3、11話で登場。地面師詐欺事件の犯人だった男を守谷の指示で殺し、逮捕される。東京拘置所から守谷を含む4人で脱走。獅子雄の兄の万亀雄を人質に獅子雄を呼び出し、守谷の仲間になるよう誘うが拒否され、再び逮捕される。

波藤園美:かたせ梨乃さん…若宮が住むマンションの大家。家賃の取り立てにやって来る。獅子雄のバイオリンを狙ってる。

赤羽汀子:松本まりかさん…第1話で登場した転落死した医師・赤羽(中尾明慶さん)の妻。赤羽の秘密を知る男を殺すよう夫に指示していたことと、その夫が自殺するよう仕向けたことを獅子雄に暴かれ逮捕された。

河本美沙:岸井ゆきのさん…第2話で登場した青木藍子弁護士(菅野美穂さん)の事務所のアシスタント。買い物依存症で自己破産をしている。家族にも見放されたが世話をしてくれた藍子を慕っていたが、獅子雄によって藍子の殺人を暴かれ、ショックを受けていた。

梶山雄太:矢野聖人さん…第4話で登場した元二階級制覇のチャンピオン。世界タイトル戦直前に消え、遺体で発見された男を殺害したと疑われた。事件後、別のジムに移り、タイトル奪還を目指していると潤が話していた。

石橋卓也:金子ノブアキさん…第4話で登場した梶山が所属するボクシングジムの会長。思い人である優子(小島藤子さん)と結ばれ、世界チャンピオンにもなった梶山に嫉妬。遺体で発見された男への、殺人容疑が梶山に向くよう仕向けた真犯人。獅子雄の挑発に乗せられ自ら罪を告白。逮捕された。

細谷潤:小林喜日さん…第4話で登場した優子と梶山の息子。村川が起こした事件当時6歳で、現在は中学生。梶山が所属するボクシングジムに通っている。梶山が父と知りつつも、あくまで「梶山さん」と呼んでいる。事件後もボクシングを続けている。

乾貴之:葉山奨之さん…第5話で登場した松門建設の設計部社員。上司の町田(永井大さん)から会社でパワハラを受けていた。突然行方不明になり、血液だけが町田の自宅で大量に残されていた。

乾千沙子:若村麻由美さん…第5話で登場した乾の母。町田のパワハラをマスコミに訴える。息子の死を受け止めきれず、以前オペナースをしていた知識から、自殺した息子の体内から血を抜き、町田宅にまいたことを獅子雄に暴かれ逮捕される。

乾貴久…小市慢太郎さん…第5話で登場した乾の父。事件後、本宅に戻らず別宅で暮らし、密かに町田の悪行を調査していた。妻のしたことを受け止めようと決めている。

高遠綾香:吉川愛さん…第6話で登場した高校生。17歳の誕生日の夜、前世の記憶だと言って突然殺人を告白する。が、偽りだったと獅子雄に見抜かれる。若宮にも偽ったのは寂しさと表れだと分析された。新たに留学を志し、アルバイトに励んでいる。

宇井宗司:和田正人さん…第6話で登場した東端医科大学の准教授。平田の退任に伴い、患者の引継ぎを受け、綾香に他人の殺人の記憶を植え付けようと企てたことを獅子雄に見抜かれる。持病の発作が出た平田教授を見殺しにした罪と、医師として法を犯したことで逮捕された。

羽佐間虎夫:山城琉飛さん…第7話で登場した少年。デイサービスの帰りに行方不明になった祖父の寅二郎をさがすよう、獅子雄に依頼をする。

羽佐間寅二郎:伊武雅刀さん…第7話で登場したデイサービスの帰りに行方不明になった老人。時々認知症の症状が出ているために、徘徊だろうと警察に捜索を頼んでも取り合ってもらえなかった。

羽佐間道枝:今藤洋子さん…第7話で登場した寅二郎の娘で虎夫の母。虎夫が黙って学校に行かず祖父さがしをしたことを叱る。

長嶺加奈子黒沢あすかさん…第7話で登場した寅二郎が通うデイサービス施設での、寅二郎の担当者。寅二郎を誘拐、監禁したことを獅子雄に見抜かれ、施設長と共に逮捕された。

古賀智志:大友康平さん…第9話で登場したイタリアンレストラン「Elena」の料理長。

加藤茂:田邊和也さん…第9話で登場した「Elena」のソムリエ。獅子雄についだワインに芝生のようなにおいを残す。

守谷壬三:大西信満さん…獅子雄が追いかける悪事を働き続ける男。10月に逮捕され、市川らと一緒に東京拘置所から脱走。市川のヒントによって居場所を突き止めた獅子雄と共に海の中に落ちていった。生死不明。

 

特別編のあらすじ

獅子雄と守谷が海に転落して一週間。まだ二人は見つからない。

捜索が徐々に縮小されているなか、フリージャーナリストだと名乗る、門司かれんという女性が獅子雄をさがす若宮の前に現れる。

取材を断ったものの、自宅にまでおしかけられ大家が仲介して入ってこられたこともあり、渋々取材を受けることになった。

門司は「誉獅子雄の功績を後世に遺したい。」と言うのだ。

門司は獅子雄によって裁かれた者たちを、若宮は獅子雄によって救われた者たちにそれぞれ話を聞くことで獅子雄の行方もさがそう。ということになった。

門司は拘置所や刑務所を訪れ、獅子雄に罪を暴かれた者たちにインタビューをする。

夫に殺人を犯させ自殺するよう仕向けた赤羽汀子。

息子への愛が強すぎるゆえに息子の死を認められず、遺体を隠した母・乾千沙子。

かつて好きだった女性に忘れ去られて、その娘に嘘の記憶を植え付けようとした医師・宇井宗司。

お金欲しさに老人を誘拐監禁した介護士長嶺加奈子

これらは逮捕されてもなお、自らの罪を反省することなく自分勝手な主張を続ける者たちだった。

慕っていたシェフを侮辱され罪を犯してしまった加藤茂。

彼は自ら犯した罪でまた恩人に迷惑が掛かってしまったと、落ち込んでいた。

自ら育てたチャンピオンが、自分の思い人の愛まで受けていたと知り嫉妬。殺人容疑をなすりつけたボクシングジム会長の石橋卓也。

彼は自らの罪を認める一方で、それを暴いた獅子雄への恨みを漏らしていた。また、恨んでいたはずの教え子への複雑な愛をのぞかせていた。

 

f:id:lovetv:20191224141016j:plain

 

一方、獅子雄によって救われた人間に話を聞いていた若宮。

恩人である弁護士が、殺人を犯していたことを獅子雄によって明らかにされ、落ち込んでいた河本美沙。

彼女は前向きになって彼氏まで出来ており、密かに恋をしていた若宮を落ち込ませた。

前世の記憶を持っている振りをしていたことを獅子雄に見抜かれた高遠綾香は、親よりも自分を見てくれた獅子雄と若宮に感謝しており、すっかり明るくなっていた。

新たに留学する目標を見つけ、アルバイトに励んでいた。

祖父の誘拐事件を獅子雄に解決してもらった少年・羽佐間虎夫。

現在祖父は本当に認知症にかかってしまい施設へ行ってしまうが、虎夫本人は獅子雄に憧れてバイオリンを始めていた。また獅子雄の助手がしたいとも言っており、前向きに生きていた。

 

など、獅子雄に救われた人たちは明るく前向きに生きるようになっていた。

 

獅子雄の行方を捜していた若宮に、江藤から連絡が入る。

悪いニュースといいニュースがあるという。

呼び出された場所は、以前獅子雄と共によく呼び出された遺留品などが置かれていた場所。若宮は門司と一緒にその場所に行った。

 

ーーーそんな場所で江藤が若宮らに伝えたこととは??

ーーー門司はなぜ獅子雄を調べるのか?

ーーー獅子雄はどうしたのか?

 

…というお話でした。

 

これまでのダイジェストあり

シャーロック特別編として、1時間45分くらいの放送時間で放送された今回の特別編。

予想していた通り、これまでの総集編といった場面が多くあり、この話は面白かったとか、怖かったとか、色々思い出すことが出来ました。

私にとっては、第7話の少年シャーロックの話が一番面白かったので、また少年とおじいちゃんの回想シーンがあったのはよかったです。

犯人に芝居をして騙したり、若宮を出し抜く少年も面白かったですよね!!

虎夫少年が「また呼んでほしい。」と言ってたので、続編があるのでは?と思ってます。

それから、あの時に獅子雄に「龍馬さん!」ってよびかけていた施設利用者のおりょうさんも再登場!

獅子雄の写真を見てまた「龍馬さん」と言ったのが面白かったです。

本当にまたやってくれないかな~??

あういうテイストは一回ぐらいしかなかったですよね?

本当にまたあんな感じの話をやって欲しいです。

 

気になっていた人のその後

第2話の菅野美穂さんが犯人だった回で、その後が気になっていたアシスタントの美沙さん。

若宮がかわいいなと思っていた相手で、どうなったのか?と思っていました。

久しぶりに会って、デートが楽しかったとか名前で呼んでとか、色々思わせぶりなことを言われてウキウキしていた若宮。最後に彼氏を紹介されて撃沈……。

かわいそうでした。

でも、美沙さんは、信じてた人に裏切られて恐らく仕事も失くして、これからどうするんだろうと思ってたので、ちゃんと前向きに生きていると知り安心しました。

 

あと、前世の記憶を装っていた高校生の綾香さん。

親に執着せず、新たに留学という希望を持って前向きに動き出し、明るくなっていたのがよかったです。

ドラマの後日談って、ダラダラ続けてるみたいであんまり好きじゃないですが、この二人の話はよかったです!

 

綾香さんにとって若宮は恩人なのに、美沙さんの場合は若宮がフラれるっていうオマケまであって面白かったです。

カッコいいところばっかりあるドラマって面白くないですもんね!

こういう落としどころもないと…!!

 

獅子雄の行方

無事を信じながら若宮が獅子雄をさがすんですけど、何段階かで答えが出てます。

これ最後まで観てなかったら、どっちか分からない展開だったのが面白かったです。

といっても説明がなかったので、どうしてそういうことになったのかは、特別編を全部観た私にもよく分かりません。

 

特別編も含めてのドラマ『シャーロック』だったと思います。

完結したっぽくないので、続編があると思います。願いです。

ドラマの最後に2022年になってましたから、続編は2022年にあるのかも?

今年は13年前のドラマ『結婚できない男』の続編があったばっかりですし、3年後に続編があるなら、早い方だと思います。

3年後なら少年シャーロックも大きくなってるだろうし、いい相棒とか助手になってると思います!!

期待大です!!

 

特別編まで観て、第1作が完結したと思いました。観てよかったと思いました。

あ、そういえば1つだけ、総集編で嫌だった話がありました。

市川利枝子の話は要らなかったです。もうお腹いっぱいでした。

 

以上、『シャーロック』特別編を観た感想でした。