ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅<プレイバック>2014春を観た感想*福井県2日目敦賀市*両親が逢瀬を重ねた金崎宮

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKBSプレミアムで放送していた俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組『にっぽん縦断こころ旅』。

新型コロナ感染拡大の影響の為、4月17日放送分を終わりに放送が中断されました。

4月20日からは同じ時間帯で、これまでの名場面を振り返るプレイバック、再放送が始まりました。

BSプレミアムでは、2014年春の旅を朝版、とうちゃこ版と丸々再放送されています。

5月18日~5月22日までは2014年春の旅の福井県です。

いつ2020春の旅の放送が再開されるか分かりませんし、その再開を見逃さないようこれまでと同じ時間、こころ旅を見続けようと思っています。

 

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

2018年の秋の旅以降、このブログで『こころ旅』の感想を書かせていただいていますが、2014年の旅は正直あまり見ていなかった時期でした。

なので、今回のプレイバックで朝版、とうちゃこ版と丸々再放送が見れると知り、改めてていこう!感想を書いていきたい!と思います。

 

322日目、福井県2日目は敦賀市への旅(2014/5/7放送分)

2014年5月7日放送分の福井県2日目。

2020年5月20日・プレイバック放送は、若狭町の北川の川原でオープニングでした。

 

お手紙の内容

お手紙は、兵庫県川西市の60歳の方から。

こころの風景は、福井県敦賀市の金崎宮です。

春は桜が咲き、神宮から見る敦賀の海はとてもきれいです。また縁結びの神様として花換祭があるとのこと。

互いの思いを桜の小枝に託し、心とこころを結び和ませる美しい麗しい神事なのだそうです。

 

お父さんは消防士だったそうで、昔はこの神宮近くの消防署と市役所があり、お母さんは市役所勤務。

今のように望遠カメラはなく、消防署の屋上で火事がないか見張りに行く毎日だったといいます。

詳しい話は分からないそうですが、ご両親はいつしか愛し合うようになり、その時の逢瀬の場所が金崎宮です。

 

金崎宮の階段を上り、神社の横をすり抜けると海が見える小道がずっと続いている。そこで逢瀬を繰り返し、大恋愛の末結ばれたとのこと。

今から60年前。当時としては珍しく出来ちゃった婚。お母さんが二十歳の時だったそうです。

そのお父さんもお母さんも癌で亡くなり、しかも同じ1月の月。今は二人一緒に夫婦墓で眠っています。

金崎には、お父さんが亡くなったあとお母さんが連れて行ってくれて、お父さんとの思い出を聞いたんだそうです。

そういえば小さい頃にお父さんが、お手紙の方と妹さんを自転車に乗せてよく遊びに連れて行ってくれた場所だと振り返るお手紙の方です。

 

春が来て桜が満開になるとそこを訪れるといいます。

ご両親の思い出の地は、お手紙の方にとっても大切な地になりました。

火野さんにぜひ訪れて欲しい。

 

というお手紙でした。

 

初れんげ発見

まずは約1km先のJR上中駅へチャリオで移動。

その道中で、田んぼに下りて行った正平さん。

田んぼの中に花が咲いていて「初れんげ。」と言いカメラさんも映してくれていました。

結構たくさん咲いていて、キレイな色を見せてくれていました。

 

美人センサー作動した正平さん

JR小浜線で上中駅から粟野駅まで輪行。粟野駅で反対側の電車に乗っていた美人さんをいち早く発見して窓のそばに寄った正平さん。

電車が出発前だったのですぐに離れていました。

もうちょっと一緒にいたそうな正平さんでしたが、女性は戸惑っていました。

 

美人センサー作動した正平さん。すぐに手を振ってお別れでした。

残念!!

 

スタッフさんが「すごい能力のセンサーですね!」と笑ってました。

サッと通っただけで、数ある乗客の中から素早く美人を見分ける正平さんの感度の高いセンサーです!

いつもながらスゴイ!!

美人へ吸い寄せられる速さがあまりに速すぎました。

 

「かわいかったでしょ?」と喜んでました。

おそるべし!!正平センサー。

 

気比の松原を通る

粟野駅からはチャリオに乗り換え出発。田畑の間の道を走り抜けていきました。

民家の間の道に入り、橋を渡って今度は川沿いを走りました。

途中、濃いピンクの桜がまだ咲いていて、キレイでした。

 

大きな道路に出て、気比の松原に入りました。

「三大松原のひとつです。気比の松原。三保の松原。松原じゅんこ、あ、松原智恵子か。」と冗談を言っていました。

松原智恵子さんはわかるけど、まつばらじゅんこさんってどなた??

 

冗談はさておいて、キレイな松原の道を通り抜ける正平さんたち。

チームこころ旅の隊列が、絵になっていました。

 

ランチは懐かしの店でそば

町中に入り、丸仁というお店の前で「なんかロケーションで来て、飯の時に食べた。」と言う正平さん。

前に俳優さんの仕事で訪れたことがあるお店だったようです。

 

正平さんがお店に入ると「あら…。」と声を漏らすお店の方。

「俺来たことあるよね、ここ。」と、正平さんが声をかけるとお店の方が「はい。写真ありますよ。ここにありますよ。」と言うと、正平さんと応対してくださった店員さんと二人で写った写真が額縁に入れられて飾られていました。

写真を見て「あ、俺だ。」と言う正平さん。極妻の撮影の合間に来られた時の写真だそうです。

正平さんの頭にはまだ髪の毛があって、1996年4月8日と写真に日付が入っていました。

 

最近デジタルの文字で日付が入ってるのをあまり見かけないですけど、こういう時に、昔ながらの日付入りの写真っていいですよね~。

90年代って感じです。懐かしいな!

って、今もあるか…。失礼しました。

 

正平さんはあなごのおろしそばを注文。

美味しそうでした!!!

 

正平さんは色んな所にゆかりの場所がありますね!!

長年役者さんをされていると、全国に懐かしのお店があって、どこにでも知り合いがいる感じ!!

今は『こころ旅』でまた色んな場所に行ってるし、日本国中火野正平写真館になりそうです!

 

金ヶ崎に入る

食後走っていると、金ヶ崎城跡という案内標識が出てきました。

ーーーこれはかの有名な"金ヶ崎の退き口"の金ヶ崎ですか??『麒麟がくる』でもきっとこれから出てくる地名です!しばらく放送休止になりますけど

町名も金ヶ崎町という名前でした。

 

そして金崎宮へと向かいました。

駐車場の横を通り、どんどん奥へ入っていきました。

 

…とここまでが『朝版』です。

 

握手して妊娠??

『とうちゃこ版』では、上中駅にいる時に駅前の駐車場にいらっしゃった女性3人組が正平さんに気付いて、握手を求めてこられたのに応えている場面が放送されていました。

しきりに映されているのを気にされていた女性たちでしたが、正平さんが手を差し伸べると、順番に握手していました。

その時に正平さんが冗談で「はい妊娠!」と1人1人に声をかけていました。

これ、よく言ってましたね~。昨年の旅でも言ってたような…。昨年はハグした時に「妊娠するぞ。」って言ってましたね確か。

 

三重の旅でした。その時の感想はこちら。↓

www.lovetv.site

 

いつもの正平さんのギャグです。

今はセクハラになるんかなぁ…?引く人もいるんでしょうね。

三重の人の時は「嬉しい。」とか言ってて、冗談言った正平さんの方が引いてました。

 

こころの風景

『朝版』で金崎宮の階段前の駐車場にとうちゃこして、そこからはチャリオを降りて歩いて階段を上りました。

150段ほどあったようで、「エラい。」と言いながら上っていました。

上ったところにお宮があり、その先にお手紙に書かれていた道が見えました。

 

歩いていくとそこには「花換の小道」という看板がありました。お手紙の方のご両親が逢瀬を重ねた道です。

正平さんたちは小道を歩きました。左側にはお手紙に書かれてあった通り、敦賀の町と海が見えました。

さらに先に進むと上に展望台があるとのことで、展望台に向かいました。

展望台に着いて下を覗けばそこは断崖絶壁!高所恐怖症の正平さんは「怖!考えたら。」と我に返り、ザザッと後ろに下がり、崖から距離を取りました。

下の方には海と、工場の中に黒いのが見えて、「石炭か?」という正平さん。

機械の音が鳴り響いていました。

 

海の向こうにはうっすらと山も見えて絶景でしたが、端の方で工場の方が近かったので景色が見渡せる小道へ戻りました。

 

小道からは海も山もきれいに見渡せて、正平さんは手すりのところに座りお手紙を読みました。

 

お手紙の内容を聞きながら小道を見ると、とても素敵な道に見えました。

若い時のご両親がいるようで、こちらも照れてしまいました。

 

またまた『こころ旅』のおかげで素敵な風景を見ることが出来ました。

見てよかったです。

 

明日は鯖江市への旅のプレイバックです。

 

 

www.lovetv.site