ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅<プレイバック>2014春を観た感想*岐阜県3日目多治見市*別世界にいる気分になる永保寺

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NHKBSプレミアムで放送していた俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組『にっぽん縦断こころ旅』。

新型コロナ感染拡大の影響の為、4月17日放送分を終わりに放送が中断されました。

4月20日からは同じ時間帯で、これまでの名場面を振り返るプレイバック、再放送が始まりました。

BSプレミアムでは、2014年春の旅を朝版、とうちゃこ版と丸々再放送されています。

4月27日~5月1日までは2014年春の旅の岐阜県です。

いつ2020春の旅の放送が再開されるか分かりませんし、その再開を見逃さないようこれまでと同じ時間、こころ旅を見続けようと思っています。

 

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

2018年の秋の旅以降、このブログで『こころ旅』の感想を書かせていただいていますが、2014年の旅は正直あまり見ていなかった時期でした。

なので、今回のプレイバックで朝版、とうちゃこ版と丸々再放送が見れると知り、改めてていこう!感想を書いていきたい!と思います。

 

311日目、岐阜県3日目は多治見市への旅(2014/4/10放送分)

2014年4月10日放送分の岐阜県3日目。

2020年4月30日・プレイバック放送は、前日の目的地である岐阜県瑞浪市の土岐川の川原でオープニングでした。

 

お手紙の内容

お手紙は、市原市の40歳女性から。

こころの風景は、多治見駅から自転車で20~30分のところにある永保寺の池のある庭とその脇を流れる土岐川の流れです。

永保寺の池の水面は穏やか。反対に土岐川の流れは勢いがあり、水の流れる音が耳に響くとのこと。

大学を卒業して初めての職場が多治見だったというお手紙の方。

永保寺のある虎渓山は、お手紙の方が住んでいたアパートから30分くらいと自転車でちょうどいい距離にあったそうです。

最後が少し坂で辛いそうですが、公園に着いて、お寺への静かな階段を下りて、太鼓橋のある庭が目の前に広がった時の素晴らしいこと。

街の音が嘘のように静かな場所。

途中、建物の脇から土岐川の方に抜けてじゃばじゃばザーザーと川の流れを見に行ったといいます。

日によって水量が違い、行くたびに異なった表情を見せてくれ、帰りは静かな境内に戻り、ゆらゆら揺れる水面を見たそうです。

木曽三川の河口近くで育ったお手紙の方にとって、水の流れを感じることが心のやすらぎだったと振り返るお手紙の方。

ぜひ2種類の水の流れを感じることができ、現実なのに別世界にいる気分になる永保寺を訪れてください。

 

というお手紙でした。

 

恐る恐る川沿いを走る

JR中央本線で、釜戸駅から土岐市駅まで輪行。前日のお手紙みたいに電車の中から川原にいるBカメさんに手を振る正平さんが映っていました。

土岐市駅からチャリオに乗り換えて、 まずは多治見駅をめざしてスタートしました。

JR中央本線と土岐川に沿っての道です。

最初の川沿いの道幅は狭く、正平さんが川側を走っていたのですがガードレールにぶつかるためそう端っこに寄れず、対向車が斜面ギリギリを走ってくれていました。

同じ方向を走る車が抜かしていくときもスピードが出てるので怖そうでした。

途中正平さんが嫌がる橋があり真ん中を走っていたのですが、これから橋に入ってこようとする対向車が、橋の手前で正平さんたちが来るのを待ってくれいて「待ってくれてる。よかった。おっかねえぞ。ええ人や。」と無事橋を通り抜けることが出来ていました。

結構高い位置に橋が架かっていたので、正平さんが怖がる橋でした。

待ってくれていてよかったですね!

ロケの日は雨も降っていたし、タイヤが滑って走りにくい上に道が狭かったので、こりゃ怖かったと思います。

 

橋を渡り切った時に待ってくれていた車の方にお辞儀をしてから走り去っていました。

ありがたいですね!!

 

橋を渡ってからは道が広くなって、中央線も引かれた道になっていました。

 

コメダで小倉トースト

そのまま進み、多治見駅に着きました。

そして案内板に"虎渓山永保寺1.7km"の名前が出てきて、そのまま直進。

住吉町5の交差点で信号待ちをする前に、先を見て「信号を抜けるとそこは坂であった。だった。」とつぶやく正平さん。

後ろを振り返ってスタッフさんたちに「坂の前に気持ちを整える意味でコーヒー行きます。」と提案。

坂の手前にあった喫茶店"コメダ珈琲"に入店。

名物だと言って、コーヒーと一緒に小倉トーストを注文していました。

トーストに、大きなあんこのかたまりを塗る正平さん。スタッフさんは「初めてだ。」「ずっしり乗っかってますね。」と初小倉トーストを見て驚いていました。

コメダの名物ですね!!

「うまいんですもの。ただね、思いっきり胸焼けますよ。」と言って笑ってました。

 

2014年はまだ全国的にコメダ珈琲が有名になっていない頃でしたでしょうか?

小倉トーストは全国に知られなった時期だったでしょうか?

スタッフさんは知らないようでした。

2014年なら、もう既にコメダが全国にお店を広げてて東京にもありましたけどね…。

シロノワールの方が有名なのかな?

 

とにかく、小倉トーストをほおばっている時の正平さんがとても嬉しそうでした。

 

休憩後、女性にサインを求められた正平さん。色紙がなかったらしく、女性のシャツに書いていました。

芸能人の人って大変だな~と思いました。

 

お店を出て上り坂を上ってましたが、なんだかしんどそう。Bカメさんが構えていた場所で立ち止まって辛そうにしていました。

ああ!腹いっぱいでキツイ!」と言ってました。

 

あーあ。

 

…とここまでが『朝版』です。

 

ランチはオムライス 

『とうちゃこ版』では、多治見駅に着く前にうえ野というお店でランチしているところが放送されていました。

正平さんは、店先の食品サンプルで置かれていたオムライスを注文。

見本通りのオムライスが運ばれてきました。「これがあると落ち着く。」と言って食べていました。

正平さん、オムライスが好きですよね~。あとナポリタンとカレーうどんも。

今回はオムライスでした。

 

「ふしぎなおみせ」の実態?

食後、雨が強くなってきて、雨宿りがてら近くのお店を探索する事に。

"ふしぎなおみせ"と書かれたお店に興味を持った正平さん。お店から出てきた4.5人の若い人に近づいて行って「ふしぎなおみせって何?」と質問。

「ふしぎなお店なんですよ。ミセスのお店。ふしぎなの。不思議なのを売ってんの。若い娘とか??」と冗談を言う女性。

正平さんも「売ってんの??売ってんのか?本当に?3つ4つ買ってくぞ。俺。」と冗談に乗ってお店に向かいました。

が、特段不思議なことはなく、少々難ありの婦人服をお得に格安で売ってるお店でした…。

そして「若い娘売ってなかった。」とさきほどの女の子たちに報告して、再出発してました。

 

冗談を冗談で返した正平さん。

なかなかドキッとする冗談でした…。ただただ普通の婦人服のお店でした。

 

こころの風景

多治見駅の近くを通過し、お手紙に会った虎渓公園を目指しました。

虎渓山永保寺1.7kmという看板が出てきて、『朝版』でコメダに行く前の交差点に着いていました。

コメダのところは『とうちゃこ版』では省略して先へ。お手紙の書かれていた最後の上り坂を上り、息を切らしながら虎渓公園の前にとうちゃこ

 

通過した道を少し戻り、永保寺へ続く道へ入りました。

雨が降っていて正平さんが「こうなると雨もいいね。しっとりして。」と言って歩いていました。道の先が煙っていて幻想的な雰囲気になっていました。

そしてさらに先に進んでいくと奥にお手紙で書かれていた池と、太鼓橋が見えてきました。

「しっとりして雨もいいもんじゃ。」と感想を漏らす正平さん。

ーーーーホントに、めちゃくちゃ素敵なところです。

「誰もいないのがまたすごいな。これだけのお寺で。」と正平さんが言っていた通り、大きくて広いお寺なのに、他に誰もいませんでした。

お寺の奥へ行くと、お手紙で書かれていた土岐川が流れていました。

手前の細い部分は流れが速くザーザーと言っていて、奥の川幅が広がったところはゆったりと流れていました。

 

正平さんは川の近くの石の長椅子に座り、お手紙を読みました。

お手紙を読み終わり「お手紙ありがとうございます。来ました。あの、今日はですね。是非2種類の水の流れを、あの緩やかなゆったりした太鼓橋のある静かな池と、確かに土岐川の今雪解けの水があるのかな?結構流れてる。その2つと、この冷たい雨の音!3つの水の音を感じさせていただきました!今日は距離はそんなに長くなかったです。最後、確かにお手紙の通り最後はヒーヒー言いましたけど、しっとりとして本当にいいところだ。多治見の街からちょっと走っただけなのにな。ありがと。」と言って番組を締めていました。

 

お手紙の方が癒されたのが分かります!!とても素敵な場所でした。

こんなところが近くにあったら何時間でも眺めていられそうです。

『こころ旅』のおかげで、また素敵なところを教えてもらって見ることが出来ました。

ありがとうございました!!

 

明日は高山市への旅のプレイバックです。

 

 

www.lovetv.site