ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2021秋を観た感想*長野県2日目上田市*試練と憧れの場所だった丸子総合グラウンド

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで放送が始まりました『にっぽん縦断こころ旅』。

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

9月13日~9月17日は長野県です。

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

前回、長野県1日目白馬村の旅の感想はこちら↓

 

www.lovetv.site

 

1021日目、長野県2日目は上田市への旅

9月15日放送分は、長野県上田市にある稲倉の棚田でオープニングでした。

 

お手紙の内容

今回のお手紙は、東京都練馬区の54歳女性から。

こころの風景は、長野県上田市にある丸子総合グラウンドです。

野球好きだったお手紙の方は、小学校6年生になった時、少年野球チームで野球をやりたいと思い切ってお母さんに相談。

お母さんは世話役の方にお願いに行ってくれたそうですが、女の子がチームに入るなど前例がないとのことで断られたそう。

それでもお母さんは何度もお願いに行ってくれて、ついにお手紙の方の入部が許可され初めての練習の日。憧れのユニフォームを着てワクワクして丸子総合グラウンドに向かったお手紙の方。

ところが現実は甘くなく、ランニングは遅れないようついて行くのが精いっぱい。女の子とキャッチボールしたがる子もおらず。

アウェー感をひしひしと感じ、みんなの足を引っ張らないようにいつも必死だったそうですが、バッティングや守備練習など念願の野球の練習はとても楽しかったとのこと。

しかしもともと運動神経の良くないお手紙の方が試合に出られるはずもなく、試合の時は万年ベンチ。でも練習も試合も一度も休むことなく丸子総合グラウンドに通ったそうです。

練習のない日はお父さんにキャッチボールの相手をしてもらったそう。

やると決めたからには最後までしっかりとやりたい。何度もお願いに行ってくれたお母さんをがっかりさせたくない。という気持ちだったそうです。

シーズン最後の試合の日。

結局一度も試合に出られなかったなぁと思っていたら、突然監督から代打の指示。

ドキドキしてバッターボックスに立ったけれど、あっけなく空振り三振。次の回はそのままセンターの守備に入ったそうですが、幸いにもボールが飛んでくることがなかったといいます。何とも情けないですがそれがお手紙の方の最後の試合出場。

打ち上げの時に世話役のおじさんが「最後までよく頑張ったね。」と皆の前で褒めてくださったそう。

無我夢中だった少年野球。最後までやり抜くことが出来たことが自信になったというお手紙の方。

お手紙の方にとっての試練と憧れの場所だった丸子総合グラウンドに行って欲しい。

 

…というお手紙でした。

 

37年前映画村で正平さんのイベント見学

お手紙を読み終わった正平さんは「かわいいな、このお手紙。」と笑顔。

続いてお手紙の追伸を読んでいました。

37年前に高校の修学旅行で京都の映画村を訪れた時、偶然『火野正平フォークコンサート』が開催されていて、開演までだいぶ待ち、移動時間の都合で15分しか聞けず。映画村での見学時間は全部正平さんのコンサートに使った。

ーーと書かれてあったそうです。

 

いや~~。根っからの正平さんファンの方なんですね!!

貴重な修学旅行の思い出作りの時間を正平さんに全部使うなんて!!

 

正平さんは「東映でお仕事してる時やったッスよ。映画村で。みんな色々催し物させられたんですけど。映画村のな。へー、37年前。だから随分前の少年野球だな。」と時間の経過を感じていました。

高校で37年前だから、小学生の時はもっと少年野球に女の子はいなかっただろうと推測していました。

 

そうですよね…。

今なら男女一緒に野球したりしてるんでしょうけど、40年前はまだまだ少なかったでしょうね。

お手紙の内容を聞くと、女の子はチームで一人だったみたいだし、よく頑張ってチームの食らいついて行ってたんだろうな…と想像し感動しました。

正平さんが「かわいい。」って言ってましたけど、いいお手紙ですね!!

お手紙の内容聞いてジーンとしました。

その試練と憧れのグラウンドが目的地!!

楽しみです。

 

映画村のイベントの話でちょっとズレて私の話ですが。

私は小学生の時に家族で映画村に行って、当時は昼ドラで『~の嵐』シリーズが全盛の頃。その嵐シリーズに出演していた渡辺裕之さんが来るっていうんで見に行ったのを覚えてます。

色んな人が催し物やってたんですねー。

 

話戻って。

正平さんは「最後までやったって偉いわね。空振り三振はいい。見逃し三振よりも。ねえ!やる気になったんだから。振ったってことは。よくやった。」とかなりお手紙の方に感情移入してる感じでした。

 

ハナモモの実に戸惑う正平さん

出発前に青い実が成っていた木が気になった正平さん。

クルミかウメかと疑問を持っていましたが、近くにいた方に『ハナモモ』と聞いて推測していたことが全く違ったことが分かり、びっくりしていました。

 

地面に落ちていた種っぽいのが梅干しっぽく見えたし、木に成ってる実は梅のように見えたんですけど…。

分からないもんです。

 

約13kmのルートで丸子総合グラウンドを目指して出発しました。

 

雨の中、下り坂を滑らないように慎重に下りて行ってました。

途中、住宅がある所まで下りていくとスピードアップ。住宅街を抜けると今度は田んぼの間の道、ぶどうの畑の横、リンゴ畑の横も通っていました。

 

そして千曲川沿いの道路に出て、川沿いの道を走って行っていました。

途中正平さんに気付いた宅配便業者の女性が「あー!」と黄色い歓声を上げてらっしゃる様子が放送されていました。

仕事中に正平さんに会えてビックリされたんでしょうね!!

 

…とここまでが『朝版』です。

 

フカヒレギョーザをランチで

『とうちゃこ版』では、大石橋を渡り丸子の町に入り予約していた東天紅という中華料理のお店でランチしている様子が放送されていました。

体温測定と消毒をして入店。

正平さんはメニューを見て「フカヒレギョーザがある。」と嬉しそうにしていて、水ギョーザとフカヒレギョーザを注文。

先に水ギョーザが運ばれてきて、ここの水ギョーザはスープに入っていないものでした。

正平さんは一口で食べて「うまい!うんうんうん。おいしいもんだ。」と味に納得していました。

 

そして次にせいろに入ったフカヒレギョーザが登場!

正平さんがふたを開けるとブワーっと湯気が立ちました。熱そう!!

これギョーザだって。シューマイみたいだ。味ついてるんだろうな。」と言いながらも水ギョーザについていたタレをつけて食べていました。

しかしとても熱かったみたいで、顔が歪んでいました。

口を手で隠して辛そうにしてました。

スタッフさんが心配そうにしていると「でもおいしい!」と言ってました。

 

もう!一口で食べるからーーー!!正平さん!

いや~~、でもとっても美味しそうでした。

水ギョーザもフカヒレギョーザも。

どんな味だったのかな?

 

信州に真っ平はなかなかない?

食後。住宅街を走っていました正平さん。

じわじわと上がっていたみたいで、途中で車に乗っていた方から声をかけてもらって「頑張るよ!」と返す声がしんどそうになっていました。

信州だもんな。真っ平はなかなかないでしょう…。川多いしな。」と道が登り坂になっていても余裕な正平さん。

依田川沿いの道を上がっていました。

 

川沿いの道が細くなってきて、雨が降ってるせいか水の流れる量が多く、流れる音も大きく、正平さんは「コワイほどです。」とつぶやいていました。

 

確かに水の流れが勢いがよくて見てて怖かったです。

しかし道を進むと水の流れが穏やかになって来て、右側前方にグラウンドのライトが見えてきました。

そしてグラウンドの手前にある赤茶色の橋を渡りました。

 

こころの風景

グラウンドの駐車場に着き、正平さんがグラウンドにいた方に「ここが丸子総合グラウンドで間違いないですか?」と質問。

間違いないとのことで、掲示板にも名前が書いてあったのでとうちゃこです。

 

 

次にお手紙を読む場所の選定。

ベンチにあったバットをお借りして持って少し振ってから構える正平さん。

スタッフさんたちが「オオタニサン!」と呼び掛けると、「オオタニサンこうだよ。」と言って正平さんはメジャーリーグで活躍中の大谷選手の構えの真似をしてバットを上に高く上げて見せてました。

すると「翔平さんだ!」「日本の正平さんお願いします。」と次々茶化すようなことを言うスタッフさんたち。

正平さんはバッターボックスに立って、何度かバットを振っていました。

バットを振る正平さんが楽しそうで、見ててこっちも嬉しくなりました。

 

お手紙の方が憧れて最後の試合で立ったバッターボックス!

正平さんが代わりに行って立ってくれています。

 

しばらく球場を眺めたのち、お手紙の方も座ったであろうベンチの後ろに座ってお手紙を読みました。

お手紙の内容を聞きながらグラウンドを見ると、お手紙の方が頑張った様子が見えてくるような気がして涙が出ました。

 

お手紙を読み終わった正平さんは「40年ぐらい前はここでヒーヒー言ってたか。」と当時のお手紙の方を思いやっておられました。

全国に雨が降るなか、なんとか2日目が終了。

明日はどうかな?明日長野県3日目です。どこ行くかな?頑張ってー!黄色い声で応援したんだ。失礼します!」と言って番組を締めていました。

 

お手紙の方が男の子の中で一人頑張った丸子総合グラウンド。

素敵なお手紙と素敵な思い出の場所を見せていただきありがとうございました。

いいもの見たな~~。

 

明日は、佐久市です。

 

www.lovetv.site