ぴえーるのテレビブログ

おもにテレビ感想の雑記ブログ

大河ドラマ いだてん~東京オリムピック噺~第1回(夜明け前)観たあらすじネタバレと感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

2019年の大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」。1月6日に初回が放送されました。

1964年オリンピック開催地を東京へ 

冒頭は昭和34年(1959)の東京。落語家の古今亭志ん生(ビートたけしさん)と娘の美津子(小泉今日子さん)は、芝から浅草へ行くために日本橋をタクシーで通りかかるところかから始まりました。

日本橋は1964年のオリンピックを東京へ招致する為、高速道路をつくる工事で大渋滞が起きていました。なかなか進めないタクシーの横をシャツに短パン、足袋姿の青年が渋滞をすり抜けて駆け抜けていきました。志ん生はそれを見て、今日のネタを「富久」にすると決めました。

 

一方東京都庁では、東龍太郎都知事(松重豊さん)と田畑政治(阿部サダヲさん)が、ミュンヘンで開かれる1964年のオリンピック開催地選考会に、テレビでオリンピックについて語っていた平沢和重(星野源さん)に最終スピーチを頼む事に決めました。

 

西ドイツミュンヘンスポーツ会館で開かれた開催地選考会。スピーチの為、壇上に立つ平沢。平沢は柔道の創始者にして日本スポーツの父と呼ばれる、嘉納治五郎(役所広司さん)の最期を看取った人物と東が紹介すると、会場にいた人たちは一斉に拍手を送りました。

 

平沢は、壇上で見事なスピーチを披露し、1964年のオリンピック開催地は東京に決まりました。田畑と岩田幸影(松坂桃李さん)は、東京と書かれた紙を高々と上げて記者たちに開催地が東京に決まったことを報告するのでした。

 

嘉納治五郎、オリンピック参加に奔走

嘉納治五郎

この人物はどんな人物か?

 

高座で落語を披露していた志ん生は、話題のオリンピックについて語り出した……。

 

 

話はさかのぼり、明治42年(1909)。

物語は古今亭志ん生の若い時の姿、美濃部孝蔵(森山未來さん)が現れ、語り始めました。このドラマのナレーターは後の古今亭志ん生美濃部孝蔵である森山未來さんです。

浅草にいた東京高等師範学校の校長、嘉納治五郎(役所広司さん)は、ハットにモーニングといういで立ち。遊女の小梅(橋本愛さん)に声をかけられるのをすり抜けて、清さん(峯田和伸さん)が引く人力車に乗り込み、フランス大使館まで乗せてもらいました。

孝蔵は道端に転がって寝ていたところを小梅に起こされ、「まっとうに働いたらどうだい?」と声をかけられる始末。着ているものはボロボロ。頭もボサボサ。道端で木で組んだだけの簡単な寄席で、立ち止まってくれる人に噺を披露していました。

 

一方、フランス大使館に着いた嘉納は、駐日フランス大使ジェラールに日本のオリンピック参加を要請されますが、オリンピックが何かも分かりませんでした。

ジェラールは嘉納に前年のロンドンオリンピック競技を映した写真、数十枚を見せ「スポーツ」と「世界中の若者が一堂に集まり、共通のルールで純粋に技を競い合う。白人だけのものじゃなく、アジアの代表として日本に参加して欲しい。」とオリンピックの説明と参加要請をしてきました。

その頃の日本は、日清、日露戦争に立て続けに勝ったアジアの雄。近代オリンピックの創始者クーベルタン男爵が、「オリンピック参加の為に日本を動かせる人物は誰か?極東の雄。日本で探して欲しい。ライトマン(適任者)。つまり嘉納がふさわしい。」と言うのです。嘉納が作った柔道に、日本の強さの秘密がある、と説得されました。

 

嘉納は足の速い清さんの人力車に乗せられ、路面電車を追い越し、東京高等師範学校に着きました。

次の第5回オリンピックがスウェーデンストックホルムで開催されます。教授の永井道明(杉本哲太さん)が偶然にもスウェーデンから帰国してきた事を聞いた嘉納は、急いで永井に会い、スウェーデンでのスポーツを知る彼に話をしに出向きました。

永井は日本人がオリンピックなど論外だと言います。何故なら、永井は1908年第4回ロンドンのオリンピックで、日本人より体が成熟している西洋人ですら、マラソンの最後でふらふらになって、命の危険にさらされている光景を目撃していました。「勝ち負けにこだわる人間の醜さを講義スポーツの弊害を見た。」とまで言いました。

西洋人ですらそうなのに、未成熟で体が出来ていない日本人がマラソンをするなど危険で命がけ。死人が出るとまでいうのです。まずは日本人の体を作ることが急務だと言うのでした。

 

そこで嘉納は、文部省に掛け合うも小笠原文部大臣(春海四方さん)に「勝つ確証もないものに金は出さない!」とはねつけられました。日本体育会会長の加納久宜(辻萬長さん)は「スポーツなどくだらん。体育です。我が日本体育会は、優秀な体育指導者を育成する団体です。」とスポーツという言葉を拒否。

その頃の体育は軍事的な側面が強く、子供たちに健康な肉体を手に入れるために指導しているという面が強く、スポーツで技を競うという発想を全否定してきたのです。

明治時代は体育の授業のなかで、子供に銃の撃ち方の指導までしていた時代でした。

 

千駄ヶ谷三島弥太郎邸を訪れた嘉納。パーティーが開かれていました。早稲田大学総長大隈重信(平泉成さん)は、「戦勝国となった日本国民にとって、勝負とは命懸け。競技スポーツの意義を説くのは至難の業。」と言うのでした。戦争に勝った日本こそ、次はスポーツで世界に!と言う嘉納。

大隈は、このパーティー会場の家主、横浜正金銀行の副頭取三島弥太郎(小澤征悦さん)を嘉納に紹介しました。しかし嘉納は既に銀行に借金をしていたので、二人は知り合いでした。

嘉納は弥太郎にもオリンピックの話を持ちかけましたが、「スポーツというものが心底嫌い。」と拒否されました。

 

天狗倶楽部との出会い

そこへ「危ない!」という声と共に、猛ダッシュで駆けてくる一人の男(生田斗真さん)。慌てて避ける人々。男は空から飛んでくる白球をグローブで捕りました。弥太郎の弟、弥彦でした。

弥彦は「捕ったど~!」と高らかにボールを見せます。仲間の男たちはわらわらとパーティー会場に姿を現し騒ぎでます。

そしてビール瓶の栓を口で開け、「乾杯!」と口々に言い、飲み干すと、上半身裸になって、次は相撲を取ろうと構えました。

 

 

弥太郎が挨拶をせよと弥彦らに言うと、大隈にはちゃんと挨拶したものの、嘉納にはチャラい態度で挨拶する男たち。

男たちは作家の押川春狼(武井壮さん)を中心に、京浜電鉄の中沢臨川(近藤公園さん)、早稲田のヤジ将軍こと吉岡信敬(満島真之介さん)、そして三島弥太郎の弟、弥彦。他にも帝大、早稲田、慶應などのトップエリートが顔を連ねる天狗倶楽部の面々でした。

「我らはスポーツを愛し、スポーツに愛され、ただ純粋にスポーツを楽しむために活動する。元気の権化。TNG!天狗倶楽部!」と弥彦が掛け声を上げると、笛と太鼓のリズムに合わせて踊り出し、会場にいる人の前で自分たちをアピールしました。

大隈は天狗倶楽部にオリンピックについて話すと、天狗倶楽部は沸き「大和魂見せてやりましょう!」とまた騒ぎました。天狗倶楽部はオリンピックがスポーツの祭典である事を知っている上に、100m12秒で走ると言う弥彦に嘉納は驚きました。

 

オリンピックへの道を歩む

後日、東京高師にいた嘉納に、三島弥太郎からオリンピック融資の件を断るとの連絡が入りました。

しかし弥彦がスポーツの覇王というのは本当で、助教授の可児(古館寛治さん)が新聞を見せながら教えました。

しかし天狗倶楽部のバカ騒ぎに巻き込まれた嘉納は、「スポーツを楽しむというのはああいうことではない。完全にはき違えてる。」と怒り、可児の話をまともに聞きませんでした。

 

そして先日永井が言った通り「時期尚早かもしれない。」と感じ、フランス大使館へ断りに出向いた嘉納でしたが、逆に大使にストックホルムのスタジアムの設計図を見せられ、2万人収容できると聞きます。

さらにその立派な建物の絵とオリンピックのポスターを立て続けに見せられた嘉納は、その絵に日の丸を見つけて心を打たれます。

大使に会う前、何度もフランス語で「辞退します。」という発音を練習していたのに、嘉納は「お受けします。」と言ってしまいました。

 

こうして嘉納治五郎は、アジア人初のIOC委員となり、日本のオリンピックの歴史がはじまるのでした。

 

志ん生へ弟子入り志願する青年

話は戻って昭和35年(1960)。東京日暮里の志ん生の自宅に、小松(神木隆之介さん)と知恵(川栄李奈さん)が訪ねてきて、弟子入りを志願してきました。小松は志ん生がマクラでオリンピックの話をした時に寄席に来ていて、「マラソン!」と横やりを入れてきた青年でした。

 

志ん生は断りますが、小松は先月亡くなった母が持っていた遺品の、満州の父から来た「志ん生の「富久」は絶品」と書かれたハガキを見せました。

小松は父の事を知らず、それしか残ってないと、志ん生に「富久」を見せて欲しいとお願いするのでした。

 

日本体育協会の設立

明治43年(1910)3月。オリンピックの招待状とエントリーシートが届き、校長室に「日本体育協会」と看板を立てた嘉納。怒りながらその看板を外した永井が「断固反対です。」と校長室に入ってきました。

さらに三島弥彦も校長室に入ってきました。嘉納は、以前可児から見せられた弥彦の活躍が書かれた新聞を手にしていました。

そして100m12秒と言っていた弥彦に、世界記録はスウェーデンの選手の、10秒5分の4だと教え「挑戦したいと思わないか?」と誘い、エントリーシートを渡しました。弥彦は「面白そうですね。」と笑います。

 

そんな二人のやり取りを聞いて「体育は教育。面白さのなど不要。」と言う体育会の加納。「面白くないから軍隊式は普及しない。」と反論する嘉納。永井は「勝ち負けにこだわるのは愚の骨頂。」と言います。

嘉納は、勝ち負けにこだわってるのは永井や加納の方で、「参加することに意義がある。」と言いますが、加納は「参加する意義はどこにあるんだ?それこそ、勝つ為であろう。」とまた強く反対してきました。

そんな二人にあくまで「平和の為の真剣勝負。相手を憎むんではなくて、認めた上で勝とうとする。相互理解だよ。」だと嘉納は説きます。

 

世界レベルの選手などいないと言う加納に、嘉納は「います。どっかに必ず韋駄天が!世界に通用する韋駄天が!足の速い神様だよ!」と言い返すのでした。

日本体育会の会長である加納は「類似団体は困る」というので、嘉納は「日本体育協会」の上に「大」をつけて「大日本体育協会」と団体名を変えました。

 

こうして、大日本体育協会は嘉納の校長室の中に作られ、嘉納は初代会長に就任しました。

 

 

後日嘉納は、弥彦と共に天狗倶楽部とビールを飲みかわしながら、マラソン選手について話しました。しかし、これぞという人物が見当たりません。

嘉納は「予選会をやってはどうかねえ?オリンピックに出る選手を選考するための予選会を開いて、そこで記録を計るんだよ。」と提案すると、「日本全国に呼び掛ければ有望な選手が集まるかも。」と天狗倶楽部の皆も賛成しました。

弥彦は「どうせなら東京のオリンピックを目指しましょうよ。」と言うと、皆が沸きました。

 

予選会の会場は、京浜電鉄が所有する羽田の広大な敷地があるので、中沢が話を通す事で決定。中沢は「羽田を海水浴場に開発する予定なので、鉄道を利用して客も大勢くるはず。一大レジャーランドになる。」と言うのでした。

 

ラソン選考会を開くことを発表

後日、嘉納は記者会見を開いて全国に選考会の参加を呼びかけました。

競技は陸上。短距離走は100m、200m、400m。およびマラソンと発表しました。

 

ラソンは「日本人の忍耐力は長距離にこそ生かされる。」と嘉納が全力で推していました。ラソンをすることに永井は反対していました。

しかしマラソンのコースは、羽田運動場を出て西に電車の駅沿いを予定しているので、各駅に救護所を用意。何かあったらすぐに伝令を飛ばすという用意周到さで、永井を黙らせていました。

しかも、世界レコードに迫るほどの選手が現れない場合、今回は潔く辞退する。ということも付け加えて会見で発表しました。

 

嘉納は、羽田運動場予定地へ出向きました。ただの広大な原っぱで、全くまだ何もできていませんでした。

しかし米国体育学士大森兵蔵(竹野内豊さん)が、「整備すればいけるでしょう。日本初の400mトラックを擁するスタジアムです。このぐらい広くて、フラットな土地でないと。」と言います。

嘉納は費用を気にしていましたが、弥彦が「俺が何とかしますよ。」と兄の弥太郎に直談判すると約束しました。天狗倶楽部は自ら広大な敷地の整備を始めました。

 

東京の街中では、選考会を知らせた新聞を車夫の清さんが読んでいました。嘉納を人力車に乗せた時に「オリンピックに出ないか?」と言われていた清さんは大喜び。

しかし応募資格として中学校以上の諸学生、卒業生だったので、小学校卒業の清さんは資格がありませんでした。

しかし、海外派遣に関する旅費、滞在費は全て大日本体育協会が支弁するとのことで、清さんはますますやる気になっていました。

 

優勝カップを用意する可児

決起集会が開かれる前、嘉納は糖尿病なのに天狗倶楽部の集まりで酒を飲んでしまい、入院していました。夢で韋駄天が優勝カップを手にしているという場面を見た嘉納。

けれど、病気になって弱気になった嘉納は「韋駄天などいない。」と見舞いに来た可児に漏らしました。そんな嘉納に、可児は相談せずに作った優勝カップを見せます。

ピカピカに光ったキレイな優勝カップです。「偶然とはいえ、その夢、吉兆では?」と言う可児。諦めモードの嘉納に、泣き顔で「韋駄天はいます。必ずいますよ!先生!」と重ねて励ますのでした。

 

韋駄天現る!

明治44年(1911)11月19日。未曽有の大運動会当日。完成した競技場は見事な出来栄えでした。マラソンには北海道の佐々木、慶應の井手などいずれ劣らぬ健脚が19名。名門早稲田からも有望な選手が出場しました。

清さんも「早稲田」のゼッケンをつけて参加していました。もちろん早稲田は嘘でしたが…。

 

ラソンが始まり、雨が降ってきました。やみそうになく、雷まで鳴っていました。伝令が来て、落伍者5名と報告がありました。

しばらくするとまた伝令が来て、先頭の佐々木が折り返し地点を間もなく通過を知らせました。しかし落伍者は8名。次の伝令で落伍者が13名になったと連絡が来ました。

 

永井は嘉納に「責任問題ですよ。これは羽田の悲劇ですよ!」と迫ります。永井はロンドンオリンピックで悲劇を見て来たので、こんな光景を一番恐れていたのです。

 

そんな時、嘉納は双眼鏡で誰か帰って来たのを見つけて「韋駄天だ!」と叫びます。51番のゼッケンでした。東京高師の生徒(中村勘九郎さん)でした。

嘉納は慌てて名簿で51番の生徒の名前を確認。金栗四三(しそう)」でした。金栗四三は足袋を履き、頭から赤い水を垂らしながら走ってきました。

血だと思った永井はすぐに医者を呼ぶように言いますが、平田(前原滉さん)が「雨で帽子の色が顔に垂れてきただけです。」と言います。

世界記録は「2時間59分45秒」。

嘉納が時計を見ると2時間32分。嘉納は「世界記録更新だ!」と喜びました。

雨の中トラックに入ってきた金栗。皆が声援を送ります。そしてゴールテープを切ると、金栗はそのまま前に倒れ込みます。そんな金栗を嘉納が抱きかかえました。

 

金栗四三。彼こそがこの「オリムピック噺」の主人公なのであります…。」

 

という森山未來さんのナレーターで「いだてん」の初回は終わりました。

 

感想

初回と言う事で、まず東京オリンピック招致の成功から話がはじまるのは分かるんですが、まだ誰が誰か分からないうちから、色々話が飛ぶのは分かりにくかったです。

まず、志ん生役のビートたけしさんの若い時が森山未來さん??いや、違うでしょ!!

 

それから、小泉今日子さんはやっぱ出てきましたね。最近女優は休むって聞いてましたが、宮藤官九郎さんの脚本なので、やっぱ出てきましたね。たけしさんの娘って…。

でも、優しく父の高座を見つめる姿はよかったですけどね~。

タクシー運転手に東京03の角田さんが登場したり、志ん生のところに弟子入り志願の青年の登場も次回で良かったのでは??

なぜ初回にこんな一気に登場人物が出たのでしょう??初回の情報はたくさん盛り込まれ過ぎて頭いっぱいです。

 

音楽は「あまちゃん」と同じ大友良英さんで、軽快なリズムで耳馴染みのよい曲でした。脚本家が宮藤官九郎さんで同じ組み合わせですね!

途中でパーカッションだけのところがあって、「あまちゃん」の曲とちょっとだけ似てました。

 

 

嘉納治五郎の帽子にモーニングにヒゲ、という格好が「西郷どん」を引きずる私としては「あれ??大久保?」と思ってしまいました。

 

大隈重信という同じ人物が出てきたのにはさらに混乱。

しかも後ろ姿からの登場で、余計に混乱。

しかし平泉成さんだったので一気に違う時代だと理解することが出来ました。

 

 

 

それにしても、このドラマ観る前に番宣で綾瀬はるかさん、中村勘九郎さんを観てたのに全然出て来ないってどういうこと??

…と思ってたら最後の最後に主人公登場!!

 

待ちくたびれましたよ!!遅いっちゅうねん!

綾瀬はるか観たかったな~!

 

次回予告では出てました。騙された感じがしました。

よく知らない人が主人公なんだから、時系列ぐらいちゃんとした流れでやってくれてないと掴むのに大変ですよ!!

 

来週から面白くなりますか?綾瀬さん早く出して下さい!!

 

 

 

 

 

初回は嘉納治五郎が主役でした!!

 

とまぁ、初回ではまだ面白いのかどうかは分かりません。なんだか引っ張られた感じです。評価は次回かな?

 

ちょっと初回はドタバタで面白くなかったなぁ…。次回に期待したいと思います。逆に来週からは全く昭和の話が出なくなるんでしょうかねぇ~??

とにかく!次回までのお楽しみ!

 

次回、第2回は「坊っちゃん」です。

 

 

 

 

www.lovetv.site