ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

柴咲コウ主演 35歳の少女 第1話の感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

柴崎コウさん主演ドラマ『35歳の少女』が、10月10日土曜10時から日本テレビ系列で放送が始まりました。

www.ntv.co.jp

おもな登場人物

時岡望美:柴咲コウさん…1995年。10歳当時の夢はアナウンサー。自転車の事故で意識不明となり25年後35歳で目覚めた。心は10歳のままで、35歳の自分を悪夢だと思う。初恋の相手・結人がすっかりやさぐれたおじさんになってるのを目の当たりにしショックで大泣きする。

時岡多恵:鈴木保奈美さん…望美の母。望美が目覚めると信じ、手足のリハビリを欠かさずやってきた。望美が意識不明となった5年後に夫・今村信次と離婚。30歳となった望美の妹の愛美と別に暮らしている。

時岡愛美:橋本愛さん…望美の妹。意識不明となった姉のにつきっきりで看病をする母に相手にされず寂しく育った。同じ職場の同僚・相沢を部下の林田に取られ失恋。

今村信次:田中哲司さん…望美の父。離婚して今は昔からの知り合いだった加奈と再婚。引きこもってる加奈の息子・達也との関係に悩んでる。

今村加奈:富田靖子さん…信次の現在の妻。嫉妬深い。引きこもりの息子・達也にビクビクする毎日。

今村達也:竜星涼さん信次の義理の息子。引きこもり。

広瀬結人:坂口健太郎さん…望美の初恋の相手。望美に『モモ』を貸していた。望美に勉強を教え「教え方が上手。先生になったら?」と言われ、一度は教師になるものの今は辞め、代行業をやっている。再会した望美が10歳の少女のままで戸惑う。

相沢秀男:細田善彦さん…愛美の同僚。部下の林田と二股をかけていた。

林田藤子:大友花恋さん…愛美の部下。

 

母・多恵がコワイ

柴咲コウさん演じる主人公・望美が25年の眠りから目覚めて初めて目にしたのが、鈴木保奈美さん演じる母・多恵さん。

これが10歳の頃の風貌とは体格は同じであるものの、白髪を染めずにすっかり老け込んだおばあさんになっていました。

喋り方も嫌味で、離婚した夫であり望美の父・信次(田中哲司さん)にもかなりの上から目線で自分だけが信じてきたことを勝ち誇ったように報告してました。

望美が意識不明の間、病気のことをたくさん勉強して、自分なりのやり方でいつか目覚めるはずと、ありとあらゆることをやって来たと思われる多恵。

それを信次は一緒にやるでもなく、おそらく呆れたり距離を置いたのであろうと推測されました。

けど、自分だけは信じてた。正しかったと勝ち誇ったように言い放つ多恵は、とても迫力があって人を寄せ付けず、協力してやっていこうとは思えない人にも映りました。

多恵からしたら、自分と一緒にやって欲しかっただろうし、信次はもっと自分にも分かるように協力できるようにしてほしかっただろうし。

ほんのちょっとのシーンでしたが、電話連絡のやりとりでそんなことが想像出来ました。

 

ふてくされた妹・愛美

信次と同じように連絡を受けた、橋本愛さん演じる望美の妹・愛美。

上から目線のお母さんのことを毛嫌いしてる感じで、素直に望美の目覚めを喜べない様子でした。

なんでかな?と思ってたら、退院後のお祝いのシーンで、お母さんが望美につきっきりで、自分を全然かまってくれなかったことが分かりました。

 

これ、手のかかるきょうだいがいる子あるあるです!

親の愛情が全部もう一人のきょうだいに偏ってて、自分はほったらかしだと感じてしまう。

特に二人きょうだいだと、逃げ場がなくて自分一人だけ取り残されたと思ってしまう。

まだ他にきょうだいがいたら、そのきょうだいと親の悪口とか言い合って、発散できたと思うんですが…。

2人きょうだいだとしんどいですよね。

 

っていうか、親もう一人いるんだから、もう片方の親がこの妹のフォローできひんかったんかい!!

妻からも、もう一人の娘からもお父さんは逃げてしまったんでしょう…。

でもお母さんが強烈過ぎて、愛美の恨みはお母さんにだけ向けられてます。

お父さんにも向かっていってもいい恨みだと思うんですが…。母からしか愛情が与えられないわけじゃないし…。

お母さんから愛情をもらわないと、親から愛情をもらった気になれないのかな?

だとしたら、お母さんの負担重すぎ!

 

一方で愛美は、職場では仕事ができる感じで、頼られてる立場。

でも同僚の彼氏は部下に取られ、失恋していました。

現在の生活は、仕事以外はあまりうまくいってない感じ。

 

離婚した父・信次

意識不明になった娘をつきっきりで看病する妻から逃げた夫。田中てう治さん演じる望美の父・信次。

子持ちの女性と再婚して新しい家族と幸せに暮らしてるのかと思いきや、その息子が引きこもりで、家にいるのにもビクビクしながら生活しなくてはいけない日々。

幸せそうには見えませんでした。

 

初恋の相手・結人で大泣きする望美

10歳の望美に『モモ』という本を貸してくれていた、坂口健太郎さん演じる初恋の相手・結人くん。

望美が思った通り、学校の先生になったと思っていたら、一旦教師になったものの今はやめ、代行業をして食いつなぐ毎日。

家族の現在を知っても感情を表さなかった望美が、結人と話を聞いて初めて感情を爆発させて大泣きしました。

結人にとって過去の初恋でも、10歳から目覚めたばかりの望美にとっては現在進行形の恋。

初回の一番のみどころだったと思います。

この大泣きするシーン。本当に子どもが泣いてるみたいに全身で泣いていました。

大人の泣き方ではありませんでした。

柴咲コウさんの中に、本当に子どもがいるようでした。

見てるこっちがショックを受けるほどの大泣き。

このシーンで初めて、10歳の子が35歳の体に宿ってると感じさせられました。

 

かわいそ過ぎる望美

望美は、結人の変貌が一番ショックだったようで「長いこと眠っていた。もう誰もいない。全ては過ぎ去った。」と結人から『モモ』に出ていた言葉を話します。

やだ。こんなの。この顔も体も。この声も。望美じゃない。やだやだやだ。目なんか、覚めなきゃよかった。

と大泣きします。

 

ただ大泣きするのではなく、こうやって言葉で気持ちを表されたことで、より10歳の子が急に25年後に飛ばされて、現実を突きつけられているのだと実感させられました。

 

10歳から35歳って、一番色々経験する時期ですもんね。

一番悩んで迷って大変な時期をすっ飛ばしていきなり35歳だと言われても、目覚めなきゃよかったって思うかもしれない。

10歳の望美は「早く大人になりたい。」と言ってましたけど、こういうことじゃないんだよ!

ちゃんと心も成長しての大人になりたいなんだよ!って思いました。

 

まあ、10歳の時の望美は実際の10歳に比べても幼い感じがしました。

女の子の10歳はこんな夢ばっかり言ってないで、大人なことも言い出す年頃だと思うんですけど、ドラマの中の10歳の望美は、必要以上に純粋な気がしました。

こんな子供らしい子供が、いきなり35歳になる。

そのギャップが大きい方が面白いだろうってこと?残酷な話…。

f:id:lovetv:20190314102755j:plain

第1話は、もうなんていうか望美がかわいそ過ぎました。

お父さんや妹に前のように振舞えって指示していたお母さんが一番、様子が変わってたし。

目覚めて一発目に見る人がまさかこんなコワイ人だったなんて。

何とも言えない気持ちで見てしまいました。

 

次回は?

次回も初恋の相手の結人くんが登場するようです。

いきなり25年後の世界に来てしまった少女・望美は、現在の自分を受け入れることが出来るのか??

 

続きが気になるドラマです。

 

以上、『35歳の少女』第1話の感想でした。

 

 

www.lovetv.site