ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

柴咲コウ主演 35歳の少女 第10話(最終回)のネタバレあり感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週土曜夜10時から放送中の柴崎コウさん主演ドラマ『35歳の少女』。

12月12日に第10話(最終回)が放送されました。

www.ntv.co.jp

 

第9話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

おもな登場人物

時岡望美:柴咲コウさん…1995年。10歳当時の夢はアナウンサー。自転車の事故で意識不明となり25年後35歳で目覚めた。心は10歳のままで、35歳の自分を悪夢だと思う。初恋の相手・結人がすっかりやさぐれたおじさんになってるのを目の当たりにしショックで大泣きする。

時岡多恵:鈴木保奈美さん…望美の母。望美が目覚めると信じ、手足のリハビリを欠かさずやってきた。望美が意識不明となった5年後に夫・今村信次と離婚。30歳となった望美の妹の愛美と別に暮らしている。

時岡愛美:橋本愛さん…望美の妹。意識不明となった姉のにつきっきりで看病をする母に相手にされず寂しく育った。同じ職場の同僚・相沢を部下の林田に取られ失恋。

今村信次:田中哲司さん…望美の父。離婚して今は昔からの知り合いだった加奈と再婚。引きこもってる加奈の息子・達也との関係に悩んでる。

今村加奈:富田靖子さん…信次の現在の妻。嫉妬深い。引きこもりの息子・達也にビクビクする毎日。

今村達也:竜星涼さん信次の義理の息子。引きこもり。

広瀬結人:坂口健太郎さん…望美の初恋の相手。望美に『モモ』を貸していた。望美に勉強を教え「教え方が上手。先生になったら?」と言われ、一度は教師になるものの今は辞め、代行業をやっている。再会した望美が10歳の少女のままで戸惑う。

相沢秀男:細田善彦さん…愛美の同僚。元彼。

林田藤子:大友花恋さん…愛美の部下。

 

お父さんの家族は?

お父さんの家族は、前回から引きこもりの達也くんが一緒に食事をしてくれるようになって、いい感じでした。

最終回では、その達也くんが加奈さんからもらった100万円のうち、3万だけ抜いてあとは返しました。

3万はスーツ代。就職活動を始めたのです。

そして活動するうち、お父さんと同じハウスメーカーに勤めたいと感じ始め、無事就職してました!!

ちょっとうまく行き過ぎ!とは思いましたが、よかったと思いました。

お父さんはまず、断酒を宣言。

達也くんに触発されて、子供の頃からの夢だった一級建築士になりたい!と決意。

若い子達に混じって試験勉強するところが映ってました。

こっちはどうなるか分かりませんが、人のせいばかりで情けなかったお父さんにしては、かなりの進歩です!

もうこの家族は大丈夫だと思いました!

よかった。

 

マナちゃんはコンクール応募

マナちゃんは、元彼に一緒に仕事しないか?と誘われ揺れていました。

が、望美がデザインのコンクール募集のチラシを見て、強引に挑戦させます。

テーマは『家族』で、望美の顔を描いて見事入選!

デザイン事務所に転職を果たしてました。

これもまたうまく行き過ぎですが、望美の言うことを聞いた時点でもう変わっていたので、もし違う結果でも、マナちゃんは変わっていたと思います。

このマナちゃんの変化が一番嬉しかったです。

元彼の誘いもきっぱり断ってたし、前みたいな未練がましい行動も終止符が打てたみたいでよかったです。

お姉ちゃんが全面的に信じてくれるから、自信に繋がったんじゃないかな?

前回、お母さんの本音も聞けましたし。

マナちゃんは、お母さんに愛してもらいたくて求めてばかりいたけど、自分から愛することをしようと思ったから、素直に望美の言うことも聞けるようになったんですね!

マナちゃんは、ずっと子供でしたから、どうなるかと思ってました。

優しい人になって、本当よかったです。

 

そうそう、元彼と若い彼女は結婚式当日に逃げられ破局。

彼女は別の男と寿退職後、父が横領で解雇。大黒柱となって働くことに。

行き着いたところはなんと!マナちゃんと同じ会社。

馬が合うかも?と感じたマナちゃんが飲みに誘ってました。

な最終回で一番面白いエピソードでした。

 

結人くんはいじめと向き合う

前から担任するクラスでいじめがあることを勘づいていた結人くん。

いじめられていた生徒が退学すると聞いて、思いきった行動に出ます。

生徒の家に強引に入り、「今のままではどこにいても同じ。辛いと言えば、助けてくれる人はそばにいるのに!」と扉越しに訴えます。

そして他の生徒には、いじめをするやつは最悪だけど、見て見ぬふりをするやつはもっと最悪。

人がどう思ってるかばかり、気にして生きるようになってしまう。と訴えます。

カッコつけない結人くんの心からの訴えに、生徒たちは次々と立ち上がり、見て見ぬふりをしないと誓いました。

生徒も、大人が本気を出してぶつかってきたことを真剣に受け止めてくれたんだなと思いました。

こんなうまく行くとは思えないけど、本気の言葉は人を動かすと思います。

あと、生徒たちもなんとかしたいと思ってたんだな。結人くんは背中を押しただけだとも思いました。

結人くん。一度教師を辞めた時と同じ問題を、今度は乗り越えることが出来ました。

望美が好きになった結人くんに戻れましたね!

よかったです。

 

二つの家族問題

前に会った同級生の由紀ちゃんが、望美に会って保育園の先生になりたいという夢を思い出し、保育士の試験に合格。

そこで知り合った人と結婚することになったからと、結婚式に出席して欲しいといわれた望美。

快諾して出席したのはいいけれど、当日司会者がドタキャン。

急遽望美が司会をつとめます。

式が始まった途端。

由紀ちゃんのは母親が、結婚式をやめさせようと由紀ちゃんと喧嘩を始めます。

急なことに、望美は慌てるかと思いきや、羨ましいと笑顔。

母への思いを語って、場をおさめていました。

f:id:lovetv:20190418114915j:plain

このときに、喧嘩しても仲直りできるのが家族って望美が言ってたんですが、それは違うと思うなー!

身内だからこそ許せないんだ!

喧嘩するならとことんした方がいい!憎んだ方がいいと思うけどな。

そして後悔するのも家族だ!

と私は思います。

結人くんのお父さんだって、喧嘩別れしたまま、死んでしまったし。

喧嘩したまま別れるなんて、結構あるある話だと思う。

理想と現実化入り混じる、両極端な家族の問題の解決方法でした。

 

望美は?

結婚式の出席者が、望美の冷静で穏やかな対処を見て、北海道のローカルテレビ局のアナウンサーにスカウト。

結人くんの離れてしまうと難色を示していた望美でしたが、その結人くんに説得され受けることに。

さよならを言うために出会ったんじゃない。俺たちは死ぬまで一緒にいるために出会った。

結人くん。いいこと言う!

アナウンサーを選択する自信も、結人くんとのことも自信をつけた望美は北海道へ。

街頭インタビューをする場面が映ってました。

こんな夢の叶え方があるとは!

なれないよって思ってたけど、こういうなり方なら無理ない展開だなと思いました。

まぁ多少出来すぎな話たけど、25年眠ってて目覚めるという設定自体、難しかったんだから、アナウンサーにだってなれるよ!驚かない。

 

途中苦しい展開で見るのをやめようと何度か思いましたが、見続けてよかったです。

結果、面白かったです。

 

『35歳の少女』最終回は、今までの伏線を全部回収するいい終わり方でした!!

 

以上、『35歳の少女』第10話(最終回)の感想でした。

 

『35歳少女』の動画をお探しの方はこちらをどうぞ。↓