ぴえーるのテレビブログ

おもにテレビ感想の雑記ブログ

平成から令和になる時に思い出した昭和から平成になった時。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2019年5月1日。平成から令和になりました。
さかのぼって4月1日。
元号が令和だと発表された後、街頭インタビューで若い人たちが、カッコ悪いとか言ってるのを見ました。
私も昭和から平成になるときに、新元号が平成と聞いて変だと思ったもんです。
なんせ、はじめての改元でしたから。

小学生でしたけど、友達と新元号が何になるか?と帰り道で話したりしてました。

子どもの目線で見た改元前の雰囲気

改元の前年・昭和63年は、昭和天皇がご病気だったので、テレビ番組がしょっちゅう変更されていました。
私は当時「ついでにとんちんかん」というアニメが好きで、毎週放送を楽しみにしてました。
けれど子供番組で、しかも内容がちょっと品のないものだったんで、何回も放送がなくなり、別の番組に変わりました。
別の日に振替放送もありませんでした。
何回か変更を繰り返し、番組自体急に終了しました。
子供ながらめちゃくちゃ悔しかったです。友達と散々文句言ってました。

ついでにとんちんかん 第1巻 /集英社/えんどコイチ
by カエレバ

平成元年、初めて体験した改元

平成元年は、昭和天皇大喪の礼に、平成天皇即位の礼。次々と平日が休日になって、学校が休みになったのを不思議な気持ちで見てました。
カレンダーが赤くないのに休みになりました。
小学生の私にはとても不思議でした。

今年。令和元年のこのゴールデンウィークもそうでしたね!

ノストラダムスの大予言って知ってる?

まさか2回も改元が見れるなんて、子供のときは思いもしませんでした。
あの頃は、ノストラダムスの大予言で1999年に地球が滅びるって信じてましたし。
みんな生きてないと思ってました。

2000年が越えられるなんて、2000年代が来るなんて。

こうなると、おそらくもう1回は見ることになりますかね?
その頃は何してるんかな?

とりあえず、健康でいたいなぁ!