テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

にっぽん縦断こころ旅2018秋~青森県2日目、火野正平さんの自転車旅!*ネタバレあります

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

www4.nhk.or.jp

 

 BSプレミアムで放送中の「にっぽん縦断こころ旅2018秋」。今日は、昨日の目的地である「象岩」が見下ろせる、青森県深浦町にあるアオーネ白神十二湖展望所でオープニングでした。「象岩」は遠くから見ても象に見えました。

もくじ

 769日目、青森県2日目は深浦町広戸の旅

お手紙の内容

お手紙は、青森市の65歳の女性から。森山良子さんの「この広い野原いっぱい」を聴くと思い出す風景があるというお手紙の方。それは高校3年生の夏休みに、クラスメートとキャンプをした行合崎という岬です。

行合崎は、一面芝生で100mほど海に突き出した小さな岬で、お手紙の方のふるさとは、日本海沿岸の青森県深浦町で、鉄道ファンには名前の知られたJR五能線が、風光明媚な海岸線と並行して走っているそうです。

深浦駅と隣の広戸駅の中間あたり、国道101号線に案内板があり、海側に下りて線路を横切り、50m位で防風林。その先に日本海の水平線と、一面草緑の行合崎が現れるとのこと。

岬の先端まで行って振り返り、海岸段丘の奥の方には、世界自然遺産白神山地が連なり、海岸線に沿ってノロノロ走る五能線の列車。この風景は、時間を忘れて眺めていたい風景だそうです。

その行合崎に47年前にキャンプをして夜、満天の星の下で皆で歌ったのが「この広い野原いっぱい」。未だにこの曲が流れると、18歳の少女に戻り、夏色の草一面の行合崎が目の前に現れて、日本海の爽やかな潮風が吹くような気持ちになるのだそうです。

日本海に沈む夕日も素晴らしく、ジュっという音がするようだとか…。

火野さんとチャリオ君に時間が許したなら、ゆっくりと潮風に吹かれてみて欲しい。というお手紙でした。

JR五能線輪行、役者で電車の運転士志望の青年に会う

今日は、五能線十二湖駅から横磯駅まで輪行。十二湖駅には先に団体客がいて、戸惑う正平さん。ホームの隅の方に移動していくと、一人の青年と出会いました

青年は、プロダクションに所属している役者で、名古屋から来て一人旅をしていると言っていました。思わぬところで役者の後輩に出会って、「お~頑張れよ。」と嬉しそうな正平さん。

正平さんは、気さくに話してくれるその青年が着ていた「働いたら負け」と書かれたTシャツをイジリました。

しかし、JRに就職して運転士が夢だと言う青年。「どっちやねんお前、役者か。」と、正平さんは笑いながらツッコみます。

「運転士の免許取れて、少ししたら役者の方に…」と青年が言うと、正平さんは「電車も運転できる役者か…。」と言って笑います。青年も嬉しそうに「連結も出来る役者。」と言って笑います。

「運転手の顔見て、お前だったら絶対乗らへんからな。あかんあかん、こいつ。危ない危ない。こいつ働いたら負けって…。」と笑いながらツッコみ、二人は電車が来るまでの時間を楽しみました。

正平さんもその青年も、二人ともリラックスして話してて、とても楽しそうでした。

JR五能線で十二湖駅から横磯駅まで輪行。電車の走行シーンを外から撮るカメラに、正平さんは、青年と仲良く手を振っていました。

 

木の根に作られたミツバチの巣に興奮

「とうちゃこ版」では、横磯駅で降りてチャリオの準備をする間、国道101号線沿いの赤い鳥居がある場所の、近くの林で何かを発見した正平さん。スタッフさんが呼ばれて見てみると、木の根の所にミツバチの巣が出来ていました。正平さんは「ミツバチが巣箱じゃないところで、巣をつくってるの、初めて見た。人間が作った巣箱じゃなくて、自然だよ!」と大喜びで、自ら小型カメラを持って巣の中を撮影してました。

怖くないんですかね?私やったら怖くて近づかれへんなぁ…。

ランチはビーフシチューとマグロ丼?

横磯駅から、約9km先の行合崎を目指してチャリオで出発。途中、十三湖へ向かう案内板の下を通過しました。そして深浦の町へ入りました。昨日と違って風がキツくありません。

深浦駅の近くでごはん屋さんを発見。正平さんはビーフシチューを注文しました。「歯に優しい。完全に俺用の料理だな。」と正平さんが言うくらい、ビーフシチューはトロトロで、とても美味しそう…。

しかし、お店ののぼりには「深浦マグロ」とあり、まぐろ丼も撮りたいという正平さんのリクエストで、シチューを預けて、まぐろ丼も頬張っていました。

どっちも美味しそうでした!

スタッフさんも含め、どっちを撮るのか悩んでいました。どっちも放送されてましたけど!

 リードに繋がれた猫

途中、リードに繋がれた動物を散歩させているおばあさんに遭遇。よく見ると猫でした。正平さんはすかさず「ありゃ猫、散歩してる。猫の散歩、珍しいね!」と話しかけます。おばあさんもすぐに正平さんに気付いて「いつも観てます。」とおっしゃってました。

猫ちゃんは人見知りで、姿勢を低くして逃げてました。

正平さんが話しかけた人ほとんど、この番組を知ってるみたいでした。青森の視聴率、高いですね!!

こころの風景

ようやく「行合崎」の案内板が!走っていくと、防風林。五能線を越えて少しして、チャリオ君を降りてとうちゃこ。

ここからは歩きです。「随分違うんだろうな47年前キャンプした頃と。」そうつぶやきながら進みます。岬の先が見渡せました。

岬の先へは、草がたくさん生えている中に、小さい花がところどころ咲いていました。正平さんは「この広い野原いっぱい…」とお手紙に書かれていた曲を歌い始めました。

緑色の草は途中で終わり、岬の先の方はススキがいっぱいありました。歩く道だけ草が無くて、両側には背丈の高い木や、草に囲まれた場所を歩きます。秋の虫も鳴いていました。

岬の先に近づいてくると、背の高い木はなくなり、ススキだけになってきました。海が見えて高さが分かります。風も強かったです。

こころの風景の岬は、今は芝生ではなく、一面ススキでした。キャンプをしたという事なので、前はもっと草も少なかったのかもしれません。

撮影日の前日は中秋の名月だったそうです。

お手紙の通り、海岸線を五能線の列車が走っていました。正平さんが思い描いていた列車だったようです。

 

青森県2日目。曇っていたので夕日は見られませんでしたが、海と、白神山地五能線の列車。遠くに望む風景はお手紙の通りでした。

 

 

www.lovetv.site