ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2019秋を観た感想*沖縄県1日目国頭村*安田ヶ島の浜辺へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで放送中の『にっぽん縦断こころ旅』。

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

12月23日~12月27日は沖縄県です。

www4.nhk.or.jp

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

先週は鹿児島県の旅でした。

鹿児島県の旅の感想はこちら

 

900日目、沖縄県1日目は国頭村の旅

12月24日放送分、沖縄県1日目は、国頭村ヤンバルクイナ展望台でオープニングでした。

大きなヤンバルクイナの像の足の部分でお手紙を読みました。

 

お手紙の内容

今回のお手紙は、東京都江東区の69歳女性から。

お手紙の方の故郷沖縄。思い出の場所は山原(やんばる)の安田(あだ)の浜辺。その中でもこころに残る風景は、その浜辺から見る安田ヶ島(あだかじま)です。

実家から浜に向かって、ジャングルのような細い道を2~3分歩いていくと、その浜に出るとのこと。

左上には白い灯台。右側には安田港。まんなかに浮かんでいるのが思い出の安田ヶ島です。

30代の頃。妹さん、弟さん、お子さんたちと海人(うみんちゅ)だったお父さんの船に乗り、安田ヶ島でバーべキューをしたそうです。

青い空、青い海、白い砂浜。お子さんたちは貝殻を拾い、長男さんは魚を捕り、次男さんはサーフィンを楽しみ、妹さんはバーベキューを焼き、お手紙の方はオリオンビールをひたすら飲んでいたといいます。

とても楽しい思い出で忘れられないといいます。

今度いつか妹さん弟さんと4人で行きたいと思っていたそうです。

海人だったお父さんが亡くなり、昨年は末の弟さんが天国へ。頼りがいのある皆から愛される自慢の弟さんだったそうです。

末の弟さんを亡くしてから寂しい毎日を送ってるというお手紙の方。

でもその浜辺に行くと、当時の事を思い出しホッとして温かい気持ちになれるといいます。

お手紙の方も12月に安田に帰ります。

その前に正平さんに先に行っていただいて、おいしい海の空気を吸って安田ヶ島を見つけていただきたい。

というお手紙でした。

追伸には、もう一人の弟さんのお嫁さんが安田の売店で働いている。ということが書かれてありました。

 

お手紙には、ごきょうだいみんなで写ってる写真と海の写真が添えられていました。

 

いきなりお弁当

出発は、国頭(くにがみ)村の村営の予約制バスに乗せてもらい、スタートする事になりました。

運転手さんはヤンバルクイナを見たことがあるとのことで、朝に現れるそうです!

 

バスで県道2号の峠近くまで輪行。運転手さんの優しさで、本来お弁当を食べる予定の場所まで運んでもらえました。Bカメポイントは一個飛ばしてしまいました。

 

バスから降りて、さっそくお弁当。

正平さんはひとつ天ぷらをつまんで「このお魚は何だろ?これハブかな?」と冗談を言ってました。

シイラじゃない?」って言うスタッフさんに対し、まだハブだと言ってました。

 

ツッコむスタッフさんの時と、流すスタッフさんの時と両方いらっしゃいます。

今回はあまりツッコまない方のスタッフさんでした。

 

いきなりの上り坂に苦戦

バスが長く走ってくれたおかげで4kmほど得をして、残り約5kmのルートで安田ヶ島の浜辺を目指し、スタートしました。

順調に行ったかと思いきやいきなりの上り坂!

「運転手さん嘘ついた!運転手さんあるやん、まだ。走り出しの上りはキツイ!」とぼやいていました。

Bカメさんが目の前に見えていても、なかなか進めず、息切れしてすぐにストップしていました。

 

確かに勢いがついてない時って体も慣れてないし、しんどいですよね~。

正平さん、辛そうでした!!

 

下り坂を下っていたら、安田(あだ)と書かれた案内板が見えてきました。

 

…と、ここまでが「朝版」でした。

 

 「とうちゃこ版」で、案内通り右折。

なかなか景色が変わらず、下り坂をどんどん下りてました。何度か道を曲がり、安田の集落に入りました。

 

弟さんのお嫁さんがいる店でコーヒーブレイク

住宅がある間の道を走っていると左側に売店を発見。チャリオから降りて中に入りました。

そして売店にいた女性に名前で呼びかけると「はい!」と驚いたように返事をしてくれました。

お手紙の方は明後日帰ってくる予定なんだそうです。

手紙に同封されていた写真は、お嫁さんと結婚する前に撮られたものという事でした。

弟さんご夫婦が現在住んでいる家が、お手紙の方の実家だそうで、売店からの道を航空写真を見せてもらいながら説明を受けていました。

そして、実家から浜へ向かう道も教えてもらいました。

 

売店でコーヒーを一服。「これで100円?」と驚く正平さんでした。

とてもおいしかったようです。

 

正平さんがお店の前でコーヒーを飲んでると、売店の店主の方が来られて、忌野清志郎さんが雑誌の企画で自転車で沖縄一周をしようとして、断念した場所だと教えてくれました。

観光客の方に自転車で来て欲しいらしいのですが、坂がきつくて、なかなか自転車で来てくれないとおっしゃっていました。

自転車で来た用に“自転車ラック”を用意してるらしいのですが、今まで数回しか使われてないそうです。

 

正平さんたちもバスで坂を上ってましたからね~。

自転車で一周は難しいのかもしれないです。

 

こころの風景

コーヒーブレイクのあと、ご実家へ。

そしてすぐ近くにあった、ジャングルっぽい草が生えている道をチャリオを降りて、歩きました。

そして白い砂浜にとうちゃこ

青い空と青い海がきれい過ぎてびっくりしました。

 

正平さんは砂浜に座り、「初めて出会った場所にもう一度戻ってみよう」と、長渕剛さんの『しあわせになろうよ』を口ずさみました。

長渕さんの力強い歌声とはまた違った感じの歌になっていて、渋かったです。

 

そしてお手紙を読みました。

 

お手紙の方が、温かい気持ちになるというのが分かるような気がしました。

いやいい浜だな。灯台真ん中にあって。さぁ、沖縄今日から。北の方だったからな。どこへ行くのか。楽しみ!

と言って、ちょっと急ぎ気味に番組を締めていました。

カメラさんは浜に残り、じっくりゆっくり海の風景を見せてくれました。

 

 

明日は南風原町です。

 

 

www.lovetv.site

 

 

www.lovetv.site

www.lovetv.site