ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

ルパンの娘(第2シリーズ) 第7話の感想とネタバレあらすじ Lの一族は美雲の追い込みに屈するのか?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週木曜夜10時からフジテレビ系列で放送中のドラマ『ルパンの娘』。

11月26日に第7話が放送されました。

www.fujitv.co.jp

前回の第6話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

 

おもな登場人物

  • 三雲華:深田恭子さん…Lの一族の娘。Lの一族が指名手配の上、全員死亡したと思われている。代々警察官の家柄である和馬と恋に落ち、数々の苦難の末結ばれた。和馬にもう泥棒はしないと約束したが、捕らえれた和馬を救うため、再びLの一族として動いた。和馬と一緒にいると和馬を不幸にすると、別れを決断。妊娠した子供をひとりで育てると決めた。しかし悪を凝らしてる途中で破水。古い小屋の中で家族と助産師の佐知、そして和馬に見守られながら出産した。母となり、泥棒はしないと誓ったものの、杏の危機に泥棒をやってしまっている。いつ杏にLの一族だと知られないかビクビクしている。
  • 桜庭和馬:瀬戸康史さん…代々警察間の家庭で育つ警察官。華が泥棒の”Lの一族”と知っても愛を貫く。”Lの一族”の娘と知らずに交際していた。華と暮らすため、警察をやめることを決意したのを黙ってた。突然の華の失踪に戸惑う。尊から華の気持ちを聞き、警察を辞めないと決める。しかし警察を続けると決め、杏の出産を機に仕事に邁進する。
  • 三雲杏:小畑乃々さん…華と和馬の娘。自分がLの一族と知らない。
  • 三雲尊:渡部篤郎さん…華の父。”Lの一族”である誇りが高く、能力も高い。「盗んだ。」と言わず「いただいてきた。」という。
  • 三雲悦子:小沢真珠さん…華の母。夫・尊が盗んでくるありとあらゆるアンチエイジングの品で若い。秘宝好き。
  • 三雲渉:栗原類さん…華の兄。引きこもり。メカに強く、さまざまな小道具を作ってLの一族の活動を後方で支える。Lの一族が盗む物は、渉が情報収集してきた物がほとんど。
  • 三雲マツ:どんぐりさん…華の祖母。若い頃、和馬の祖父・和一と恋に落ち、結ばれなかった因縁の過去がある。
  • 三雲巌:麿赤兒さん…華の祖父。Ⅼの一族の娘だったマツへの愛を貫き、マツと一緒になるために泥棒になった。北条宗真が亡くなった時、京都にいた。

 

  • 桜庭和一:藤岡弘、さん…和馬の祖父。華の祖母と恋愛した過去がある。元警察官で、隠居した今も武道の稽古を欠かさない。
  • 桜庭典和:信太昌之さん…和馬の父。警察官。華に和馬と別れてくれと頼んだが、杏が生まれ受け入れた。
  • 桜庭美佐子:マルシアさん…和馬の母。警察で鑑識をしている。夫と共に華に和馬と別れてくれと頼んだが、杏が生まれ受け入れた。

 

  • 円城寺輝:大貫勇輔さん…華に片思いしてプロポーズをしたこともある。海外で活躍する泥棒。ミュージカルで愛を表現。華とは歌で会話する。
  • 蒲谷隆太:松尾諭さん…和馬の上司。
  • 北条美雲:橋本環奈さん…探偵である祖父の跡を継いで探偵になろうとしてる。祖父の死にLの一族が関わっていると見ている。Lの一族と婚約していた和馬をさぐるために、大学卒業後警察官となる。和馬が自分に気があると勘違いし、Lの一族の秘密をさぐるため、和馬と付き合おうとしている。
  • 山本猿彦:我修院達也さん…北条家の執事。
  • 北条宗真:伊吹吾郎さん…三雲の祖父。探偵。Lの一族について調べた資料を美雲に託して亡くなる。

第7話のあらすじ

尊を救うために侵入した美雲の家で顔を合わせた華と美雲。

対決の末に華が勝ち、美雲に忘却スプレーをかけて逃走したものの、Lの一族を美雲のが追ってるのことは変わらず、不安をぬぐうことが出来ないでいた。

しかし尊と悦子は、美雲の家から逃走する際に尊が写り込んだ防犯カメラは回収しているし、美雲に目をつけられた和馬さえ気を付ければ自分たちにたどり着くことはないとのんきな様子。

和馬は職場で美雲に昨夜のことを覚えていないか?確認を取ったところ、覚えてないと答えたため、一応安心していた。

 

そんな時杏の小学校の学芸会の演劇の演目が、『Lの一族』だと決まり、杏はマツの役に決まったのだが、泥棒は悪だと思っている杏は嫌だと泣き、落ち込んでいた。

そんな杏に尊と悦子は「悪い奴らからしか盗まず、必ず最後には悪い者たちを懲らしめるんだぞ。」「超カッコいいダークヒーローなんだから。」だと言って喜ばせ、マツは伝家の宝刀「定吉」を伝授した。

 

そんな時、和馬と美雲がいる警察では、Lの一族を名乗る人物が起こした強盗殺人事件を追っていた。

殺されたのは龍極組で若頭をしていた男。

以前から金塊の受け渡し場所としてマークされていた場所で殺されており「宝はいただいた」と書かれたLの一族のメッセージカードが残されていた。

美雲は「Lは証拠を残さない。」とLの一族の犯行ではないとし、和馬もLの一族はもう死んでいて、Lの一族の犯行に見せかけて模倣犯だと断定。

組の交流関係から捜査する事になった。

強盗殺人事件はテレビで報道され、杏は人殺しまでするLの一族は悪い人。演じたくないと言い出すのだった。

 

一方、美雲は本当は華と遭遇した記憶を残しており、和馬にGPSを仕掛けてLの一族のアジトを掴もうと帰宅する和馬の後を追っていた。

しかしその前に立ちふさがったのが円城寺。歌で美雲を追い返す。

円城寺は和馬についていたGPSを取り外し、逃がしてくれた上に逆に美雲にてんとう虫3号を取り付け、行動を監視。

和馬と一緒に三雲家に来て美雲の行動を追っていると、美雲が華との記憶を残していることが発覚。

しかも円城寺が和馬から取り外したGPSを捨てずに持っているというミスを犯し、アジトが美雲に知られてしまった。美雲はその晩から張り込みを始めた。

絶体絶命のLの一族。

尊はアジトを大至急、他に移すと決断した。

f:id:lovetv:20200117172813j:plain



華は、自分と一緒にいては杏と和馬を不幸にすると考え、杏を桜庭の両親に預けた。泣いて嫌がる杏と涙の別れをした。

尊はそんな親子が引き裂かれて涙する現場を目の当たりにし「子供には温かい親の手が必要。たとえどんな親であろうと。」と言い、逃げることはせず偽物を使ってLの一族を守ると方針を転換。

渉に大至急、偽物の居場所を探らせた。

一方で和馬は、美雲に強盗殺人事件が終わったら全て話すと約束し、Lの一族の監視をやめさせ、事件の捜査に当たらせていた。

警察に調べでは、殺された漆原が刑務所に服役中に受刑者たちに声をかけて龍極組に勧誘。運び屋をやらせていたことが分かる。

事件当日。刑務所で仲良くなった元刑事にも声をかけていたことも分かる。

その元刑事こそが、和馬が以前警視庁にいた時の元上司・巻(加藤諒さん)だった。

巻は、龍極組に入る約束をし、出所した日に漆原が殺害された取引場所に居合わせていた。

漆原を刺したのはナターシャという女(太田莉菜さん)。巻は存在に気付かれて刺されそうになったところを逃げて、逆にナターシャたちを追い、アジトを掴んだという。

巻と一緒にアジトへ向かう和馬と美雲。

 

同じ頃。三雲家は華の誕生日にお祝いムード。

尊は、家族がまた平穏に暮らせるようにすることが誕生日プレゼントだと宣言。

しかし悦子が、ふとしたことをきっかけに忘却スプレーをかけられた以前の記憶が蘇りる。

そしてこれまでスプレーをかけてきた人たちの記憶も取り戻され、続々と証言が出始めた。Lが生きていると世間が騒ぎ出した。

そんな時、美雲に取り付けていたてんとう虫からアラームが鳴る。巻に騙されて、和馬と美雲が捕まったのだ。

尊は、和馬を捕まえているのは金塊強盗犯だと推測。

てんとう虫で和馬の様子を監視し、和馬たちの救出と共に金塊を盗もうと動き出した。

家族との平穏な暮らしを取り戻せると信じ、華も準備を始める。

この日は華の誕生日。

目の前に現れた人物に固まってしまうのだったーーー。

 

 …というお話でした。

 

盛り上がってきました!

いや~~!

前回の美雲と華の直接対決から、今回の巻の再登場!

見せてくれますねーーー!!

巻は悪人になり切れない人で、前シリーズでおじいさんから、Lの一族を殺せと言われても出来なかった人物。

捕まって、悪の道へ進もうとしてたとは!

でも、今回も和馬に悪いと思いながらも悪の手先となってしまう弱さが出てました。

また捕まってしまうんでしょうか?巻さんは。

個人的にはまた巻役の加藤諒さんが今回出演していないのが寂しかったので、再登場が嬉しかったんですが、また悪いことに手を貸してるなんて、今度は味方でいてよ!ってテレビに向かってツッコみました。

ナターシャに簡単に追い込まれるんだもんなー。

まだ4話で悪の道に手を染めてしまった和馬の上司・ガマさん(松尾諭さん)の方が強かったです!

ガマさんなら、こんな簡単にナターシャに脅されることはなかったですよ!

巻さん、しっかりしてよ!って思いました。

 

恋心を断ち切る美雲

もうすっかり和馬への恋心はなくしたかに思えていた美雲。

でも今回、円城寺とのミュージカルで、北条家の娘として恋心を断ち切ってLの一族への恨みを晴らすために立ち上がった複雑な心を知れました。

まだ未練はあるのかも?

和馬と捕まってしまって、和馬が捕まれば必ずLが助けに来ると見た美雲が、和馬に手錠をかける姿は、なんだか切なかったです!

どうなるんだろうか?

失恋は確定なんだけど、美雲がキレイに和馬を忘れられるような終わり方にして欲しいな!と思います。

 

平穏な日々戻る?

第1シリーズは、Lが乗った飛行船が爆発したことで死んだと思わせて、警察に捕まらずに済んでました。

もし杏も含めて平穏に暮らしていきたいなら、一回捕まって出所してくるしか道はないでしょ?

どう終わらせるのでしょうか?

前回杏がLの血を覚醒させて、ひったくり犯からカバンを取り返すという技を出していましたけど、杏が泥棒にならず、正義の道に進めば生き残っていけるのでは?

元々悪い奴からしか盗まないLだし、悪者を懲らしめることもやっていたL。

盗みさえしなければ、生き残っていけるかもしれない!!

でもそれじゃあ、稼いではいけないか…。

 

杏が家族がLの一族だと知って、どう出るかですよねぇ…。

徹底的に嫌って家を出て桜庭家に行くか、そのまま残ってLの技を磨くか。

警察か泥棒しか道がないわけじゃないんだから、何か別の方法で家族が仲良く出来ればいいですが、思いつきません!!

 

さぁ!次回、和馬の危機をどう乗り切るか?

杏はどうするのか?

早く次回が見たいです!!

 

以上、『ルパンの娘』第7話を見た感想でした。

 

 

www.lovetv.site

 

 

フジテレビの動画をお探しの方はこちらへ。↓