テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

11/4放送の西郷どん第41回(新しき国へ)を観た感想*ネタバレあります

スポンサーリンク

スポンサーリンク

11月4日放送の西郷どん第41回を観ました。

www.nhk.or.jp

 

新政府と元の主君との間に挟まれる

廃藩置県を経て、福山、岡山など各地で暴動が起こるようになってきていて、民の不満が噴出し始めて来ていました。「徳川の時の方が平和だったのでは?」という空気が流れていました。

鹿児島も例外じゃなく、民がこれまで通り島津家に鹿児島を治めて欲しいと、久光(青木崇高さん)のもとに嘆願書が届いていました。久光は、それを現県令の大山綱良(北村有起哉さん)と桂久武(井戸田潤さん)が見せて、怒り狂いながら新政府への不満を口にしていました。

 

前回、大久保利通(瑛太さん)が久光に今は島津家ではなく、天皇に仕える身だと言って突き放してましたけど、大山さんと桂さんは、洋装で断髪もしてましたが、ちゃんと久光の言うことを聞いていました。

新政府の人間として鹿児島県令になったと言っても、東京にいてるわけではなくて、ずっと薩摩にいたわけですから、そんな大久保みたいに「天皇に仕える身」だと言って、元の主君に偉そうに出来ないですよね?

大久保の方が特別で、大山さんや桂さんみたいな方が普通の対応だったんだろうなと思いました。

 

個人的には、大山さんが最近あまり出て来なくて不満でした。今回は県令になって久光に文句を言われる時と、天皇が巡幸してきた時の挨拶の時に出て来られたので嬉しかったです。

幕末の着物もお似合いでしたけど、断髪の洋装も格好いいです!

もっと出て来て欲しいんですけどね~!郷中仲間が仲間割れしそうになった時には間に入って仲裁したり、剣術の腕が買われて、有馬さんたちを押さえに行ったりする役目を背負ったり、なかなか重要な役なのに、「西郷どん」ではそんなに出て来ないので残念です。

北村有起哉さんという俳優さんも大好きです。「わろてんか」にも出演されてましたよね?

 

大山さんは、西南戦争でも関わってくるので、北村さんの男気溢れる演技を期待してます!

 

留守政府を預かる西郷

大久保、木戸孝允(玉山鉄二さん)、岩倉具視(笑福亭鶴瓶さん)らが欧米視察に出ることになり、留守政府を預かることになった西郷隆盛(鈴木亮平さん)。

岩倉には「留守中、新しい事は何もしたらあかん。人事も動かすな。」と言われ、大久保には「いまだ税収は安定せず、新しか政に手を出す余裕はなかちいうのが本音。」とキツく釘を刺されました。

 

しかし、長州出身で陸軍大輔である山県有朋(村上新悟さん)が、陸軍出入りの山城屋という御用商人に軍費、65万円、今の貨幣価値で100億円を大きく超える大金を無断で貸し付け、その見返りを得ていたのです。

江藤新平(迫田孝也さん)後藤象二郎(瀬川亮さん)らは西郷に、留守政府に勝手は許されないというが、これはどうしたらいいのか?と迫りました。

陸軍少将となり、桐野利秋と名を変えていた中村半次郎(大野拓朗さん)は、問答無用で斬り殺そうとします。西郷は桐野を止め、新政府の他の人たちも集めて話し合う事になりました。

 

人事を動かすなという事でしたが、山県に変わらず陸軍を預けて置くままには出来ないという意見が多数でした。意見が出尽くした後、三条実美(野村万蔵さん)が西郷に決断を任せました。

西郷は、山県に陸軍大輔の役目を返上してもらう事にしたのでした。

 

岩倉と大久保との約束を守るには新政府は腐敗し過ぎていたのでしょうか?

もしかしたら、新しい世の中を作るのに必要なお金だったかもしれませんが、税収も安定しない状態で、その大事な政府のお金を横流しされていたとあっては、黙っていられないです。仕方がないですよね。

 

話は戻って、桐野はカーっと頭に血が上りやすいですけど、西郷の言う事だけは聞いてます。それだけ桐野にとって西郷先生は偉大だ!ってことなんでしょう。

 

久光に感動!!

西郷どん」ではずっと、島津久光があまりいいように描かれてきませんでした。兄、斉彬(渡辺謙さん)、父斉興(鹿賀丈史さん)がいる頃は、あまり目立たず、兄に比べて家臣たちからも侮られる役どころでした。

プライドばかり高くて、気性が激しく、余裕がない感じの人と描かれていて、西郷を島流しにした張本人でもありました。

気性の激しさで言うと、今回も廃藩置県に抗議する意味を込めて打ち上げ花火を上げていました。

が、明治に入ってくらいから、「これが新しい世なのか?」とか西郷によく聞くようになってきていました。

 

今回は、新政府のやり方に不満を持っていたのに、天皇が鹿児島に巡幸に来た時、和装ではなく、洋装で現れた事に久光が涙する場面がありました。

西郷が「方今、宇内列国開化の時に際し、我国の旧制を更革して、列国と竝馳せんと欲す。汝等能く斯意を体し、朕が期望する所に副えよ。」という天皇の言葉を代わりに伝えました。

この場面が流れた事で、天皇中心の世の中でやっていくという新しい世を目指してやってきた久光の思いが、涙と一緒に流れていったような気がして、切なかったです。

世の中が変わってしまったんだと実感するしかない、前の時代の人間なんだということを思い知ったというか…。

 

天皇の巡幸後に、久光と西郷が二人きりで話す場面がありました。

「こいが、お前が我が兄斉彬と共に作りたかった新しか国か?兄上が今の日本をご覧になったらどげん思わるっか。」と久光が西郷に聞きます。その後ろには桜島がありました。

「国父様。我らには思い描いた新しか国があいもした。そいを実現せんが為、時に国父様を欺き、お心に沿わぬこつも致しもした。じゃっどん、今は、亡き殿と目指したところとはかけ離れちょいもす。政府の腐敗一つ、留めるこつも出来ん。おいは蹴り飛ばされるに違いなか。こんままでは国父様にも、命を散らしていった者たちにも徳川の方々にも顔向けが出来もはん。」と涙ながらに西郷は答えました。

「こんやっせんぼ!やり抜け!最後までやり抜くんじゃ!」と久光が一喝しました。

この「やっせんぼ!」が斉彬みたいでした。久光はいつの間にか斉彬に近づいてきていたのか、と思いました。感動しました。

そして続けて「やって、やって…そいでも倒れた時には、こん薩摩に帰って来い!あとは若い者に任せればよか。西郷、新しか国っちゅうとは、こいからの若い者の為にあっとじゃ。」と優しく言ってあげていました。

西郷も心に沁みたんじゃないですか???

 

斉彬が亡くなって以降、なにかと反りが合わなかった、西郷と国父の久光でしたが、この二人きりの話し合いで心から打ち解けあったような気がします。二人とも意見が合わないところもありましたが、斉彬という憧れの存在だけは共通してました。

2人はそれぞれのやり方で斉彬の遺志を継いできたんだと思いました。

いいシーンでした。

 

菊次郎が留学を決断

菊次郎(城桧吏さん)は、西郷が薩摩に帰って来る前から、異国への留学を手紙で西郷から進められていました。糸(黒木華さん)に相談するも「自分で決めなさい。」と突き放されていたのです。

しかし、天皇の姿を拝見して「天子様のお姿は、きらっきらしく、心が震えもした。」と言う菊次郎は、留学を決断したと言います。

西郷はその決断を喜び、「行ってけ。きばれよ。」と声をかけていました。

 

久光には抵抗感があった天皇の洋装は、若い菊次郎にとってはきらっきらしく映ったのです。幼い頃に西郷が、斉彬を初めてみた時と一緒ですね!

 

こうして若い人へと時代が移り変わっていく…。そんな事を感じた回でした。