テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

10/14放送の西郷どん第38回(傷だらけの維新)観た感想*ネタバレあります

スポンサーリンク

スポンサーリンク

10月14日に放送された西郷どん、第38回「傷だらけの維新」を観ました。今回はとても悲しい回でした。

もくじ

 

西郷吉之助の弟

今まで、西郷家を守り続けて来てくれた次男、吉二郎(渡部豪太さん)が、「おいも薩摩隼人じゃ。西郷吉之助の弟じゃ。おいは一生に一度でよか、侍らしく生きてみたか。」と、長岡藩との戦に参加することを吉之助(鈴木亮平さん)に懇願しました。

信吾(錦戸亮さん)が反対しましたが、熱意に負け、吉之助は許しました。

 

吉之助より先に、吉二郎ら弟たちが向かった長岡藩には、ガトリング砲という新型の武器と精兵を操る河合継之助がいて、新政府軍は防戦一方でした。村田新八(堀井新太さん)は、下がってきた兵たちの士気を上げるために、急ぎ吉之助も来るよう要請しました。

長岡に着いた吉之助らが軍議中に、信吾が、吉二郎が撃たれたと知らせに来ました。が、信吾が撃たれた時と同じように、吉之助は現場へ向かいませんでした。

 

この場面を観て、どうしてすぐに行ってやらんのかな?信吾の時のようにエゲレスのお医者さんはいないし、助かる見込みもないのに。きつい話だと思いました。

 

長岡の戦いは、両軍に多くの犠牲者を出しながらも、新政府軍が勝利しました。勝った事でやっと吉之助は、吉二郎のもとへ駆け付けます。

苦しいながらも、声をしぼり出した吉二郎は「侍働きが出来て、嬉しかった。あいがとさげもした。」とお礼を言い、最後まで吉之助の事を気遣って亡くなりました。

吉之助、信吾と小兵衛(上川周作さん)も吉二郎の死に涙しました。

 

これは観ていて泣きました。剣術の腕も、弟の信吾にも負けていた吉二郎。戦場にはふさわしくない人でした。いつも兄弟たちや家の事を守り、気遣いの出来るとても優しい男でした。

本当に惜しい人を失くしました。本人が「侍働きがしたい。」と懇願したから仕方がなかったんですけど、たまらないですね。死ぬことで思いが遂げられるなんて。

そういう時代だから。戦争だからそういう価値観の世の中だったからこれが、当たり前だったんですかね?それにしても、故郷には妻の園(柏木由紀さん)だって子どもだって待っているのに。見てられなかったです。辛すぎます。

 

会津との戦いはナレーション

吉二郎が戦った長岡藩との戦いは、割と長く取り扱われましたが、その後の東北諸藩との戦いはナレーションで終わりました。

あっという間に明治元年10月。江戸城が東京城へと名前を変え、天皇の住まいになりました。

 

「八重の桜」を観ていた私としては、会津との戦いはどういう扱いになるのだろうと放送を楽しみにしていたのですが、まさかのナレーションで終わってしまいました。

「八重の桜」で綾瀬はるかさん演じる八重が、足を撃った大山巌が「西郷どん」では登場していないし、もしかしたら鶴ヶ城の戦いはやらないのでは?と不安に思っていました。予感は的中してしまいました。

(ちなみに八重の桜で、大山巌反町隆史さんが演じてました。)

 

吉二郎の偉大さが分かった

あまり、ここまで「西郷どん」のなかで描かれていなかった吉二郎が、今回クローズアップされたのは良かったです。今まで、信吾や小兵衛が幼いながらもお金を稼いで吉之助の状況のお金を貯める、というのはやっていました。

吉二郎は上京の時だけでなく、それ以降もずっとお金を貯めていてくれた事が、亡くなってはじめて、吉之助に知らされました。

いつも控えめで、活躍しているように描かれてこなかったのが惜しいと思いました。男兄弟のなかで一番年が近くて、鰻捕りも一緒にしていた仲なのに、他の郷中仲間の方が目立って注目されてこなかったのが、もったいないと思いました。

吉之助が無理を言っても全部聞き入れて、優しく包み込んでいました。私は、こんなに重要な人物を、死ぬ回になるまで注目してこなかった事を後悔しました。

弟なのに兄のよう。最後の最後になってはじめてこの人物を見直したなんて、もっとちゃんと観ておくべきでした。演じる渡部豪太さんにも申し訳ない気持ちになりました。

来週も吉二郎を観たいと思ったのに、もう死んでしまったなんて、今更ながらものすごい喪失感に見舞われました。

柏木由紀さん演じる妻、園が吉二郎の死を伝えられた時の演技もよかったです。言葉少なに涙する姿、誰の事も責めない姿に心打たれました。

龍馬(小栗旬さん)が殺された時の、お龍(水川あさみさん)と対照的でした。

 

新政府を去った吉之助

今回、吉二郎が亡くなった事もあり、「役目は終わった。」と新政府を去った吉之助。瑛太さん演じる大久保一蔵が「勝手なこと!」と言ってましたが、全くその通りだと思いました。

西郷どんって、弟の吉二郎の事もですけど、一蔵の事も思いっきり振り回してますよね。それでやるだけやってサッサと去るなんて、ホンマ勝手やなと思いました。

新しい世の構想なんてあったんでしょうか?こんな時に去るなんて、どこに目標があったのか、もはや分からなくなりました。

テレビを観ているこっちも振り回されたような気がします。

 

最終章へ

来週から最終章に入ります。愛加那(二階堂ふみさん)との息子、菊次郎を薩摩に引き取るようです。

またガラッと雰囲気が変わるんでしょうね~。

下級武士から、お庭方、島流しに、薩摩藩の軍賦役。と物凄いアップダウンの人生です。

最終章に向けてもまだまだ波乱があるようですけど、これからもちゃんと話についていけるでしょうか?

でもこれが本物の西郷隆盛の人生なんですよね?こんな人がいるなんて改めて驚いてしまいます。

来週は、菊次郎役でナレーターの西田敏行さんが出演されると予告で出ていました。またまた予想外の展開に驚きです。

このところ辛い回ばかりでしたので、穏やかな回だったらいいのになと期待します。