テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

11/18放送の西郷どん第43回(さらば、東京)を観た感想*ネタバレあります

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週日曜夜8時からの大河ドラマ西郷どん」11月18日は、第43回(さらば、東京)が放送されました。

www.nhk.or.jp

朝鮮派遣が否決される

条約改正も出来ず、欧米から帰ってきた大久保(瑛太さん)に政府での居場所はなく、岩倉具視(笑福亭鶴瓶さん)を後ろ盾にして政府に戻ってきました。

早速閣議では、留守政府で決めた西郷(鈴木亮平さん)を朝鮮へ使節として派遣する話を岩倉に持ち掛けますが、大久保が反対します。閣議の場で二人が激しく議論し合います。

江藤(迫田孝也さん)は、太政大臣三条実美(野村万蔵さん)に派遣を反対する岩倉と大久保の二人を罷免するよう要求。追い詰められた岩倉は、西郷を派遣する事に賛成しました。あとは、天皇に三条が上奏するのみになりました。

しかし閣議後、三条が胸の痛みを訴え倒れ、太政大臣代理となった岩倉が代わりに天皇へ上奏。しかも「朝鮮に行くと西郷の命が危ない。」と天皇に伝えるよう大久保が裏で手を回していて、天皇は西郷の朝鮮派遣を否決。

明治6年10月24日。西郷は政府に辞職を願い出て、江藤、後藤(瀬川亮さん)、板垣(渋川清彦さん)も西郷に続いて辞めてしまいました。

 

前半の大きな流れがありました。大久保役の瑛太さんが岩倉に悪い顔で迫ってました!カメラアングルのせいかもしれないですが、大久保の目の位置も口も歪んで見えて、ホラーでした!

もう何が何でも西郷に勝ちたい!って感じで、邪魔者を追い出したい一心で何でもやってやる!という気合がすごくて、憎らしかったです。

西郷の様にカリスマ性のない人だからこそ、思いつく卑怯なやり方です。どうやっても真正面から向かったら負けるって分かってるから、ああするしかなかったとは思いますが、嫌いです。こういうやり方。

 

木戸が西郷を惜しむ

まんまと西郷だけじゃなく、邪魔になる江藤、後藤、板垣を追い出した大久保は、早速新しい人事案を岩倉に見せます。そこには、一度西郷から追い出された山県(村上新悟さん)、井上(忍成修吾さん)、欧米使節団にいた伊藤博文(浜野謙太さん)、木戸孝允(玉山鉄二さん)の名前もありました。

山県、井上、伊藤は単純に政府に入れて岩倉にお礼を言ってましたが、木戸だけは喜んでいませんでした。西郷がもし薩摩に帰って政府に戦をしかけたら、倒させようとしてるのではないか?と岩倉に質問する木戸。

木戸は「西郷君はそんな男じゃない!」と涙ながらに訴えていました。西郷が辞めて、汚職をした二人と一緒に政府に残る自分を許せなかったのです。

 

政府を辞めて自宅にいた西郷に会いに行った木戸。一緒に辞めると言います。が、西郷は「人は過ちをおかすもの。その過ちを認めて、どう明日へ向かうか。それで人間の器量が分かる。」と言い、政府に残るよう頼みました。

木戸は涙を流して西郷の言葉を受け止め、残ることにしました。そして、かつて薩長同盟の時にしたように、がっちりと握手しました。

握手した二人は、懐かしがって笑いました。西郷は木戸の笑った顔を初めてみたと茶化します。

 

ずっと西郷に対して怒ってばっかりだった木戸が、にか~っと笑ってるのは確かに初めてでした。約束を破ったのがずっと引っかかっていましたからね。事あるごとに木戸は西郷に突っかかっていました。

分かり合ってないような感じがずっとしていました。新政府で一緒になっても仲良く話している事もなかったし、どうなんだろうとずっと思ってました。

最後の最後で木戸の笑顔!よかったなと思いました。

 

大久保との別れ

西郷とは会わない、取り次がないでくれと頼んでいた大久保。留守の時に自宅に訪ねて来た西郷が、ゆう(内田有紀さん)に無理に取り次いでもらって薩摩に帰る前に話す事になりました。

西郷が聞きたかったのは、朝鮮派遣否決は、大久保が裏で手を回していたのか、ということでした。大久保はあっさりと認めます。

西郷は「おいと一蔵どんの喧嘩なら周りを巻き込むこつはなかった。腹を割って話せば済むこっじゃ。ずっとそげんしてきたどが!」と汚いやり方を批判しました。

 

西郷は、自分が政府から追われる立場になってまでも、他に一緒に辞めることになってしまった人たちに申し訳なく思ってたんでしょうね…。

2人だけの喧嘩なら、人を巻き込む事なかったのに!って言うのが一番言いたかった事だったんだな…と思いました。

でもま、前から大久保は邪魔者は排除するって言ってましたから、二人だけの喧嘩ではないですよね?辞めて欲しいなら辞めて欲しいではっきり言って欲しかったと西郷は言ってましたけど、辞めて欲しかったのは、西郷だけじゃなかったわけですよ!

自分だけ辞めれば一蔵の気が済んだのかも?と思うあたり、優しすぎますよ!

大久保の思いは、西郷が計り知れないほど大きかったんじゃないですか?近所で一緒に育った年下の男の子っていつまでも思い過ぎた。

男の人って小さい時のイメージと大人になってからは全然ほんと、全然変わりますよね?小さい時のイメージで話しかけると思いっきり嫌がられます。

いつまでも小さいままじゃ失礼だってことに気付かないとダメでした!

朝鮮派遣反対の意見の時言ってた「人を信じる政は甘い!」という言葉。これは朝鮮の事を言っているようで、実は自分に対しても信じるなんて甘いって言いたかったんでは?

俺のこと信じてるけど、政府から追い出してやるからね!って予言してたのかも?

しかし!やり方が汚い!これが最後の別れになるんでしょう?

このままでいいんですかね?

西郷どん」では、愛加那(二階堂ふみさん)と薩摩に帰ってから1回会ってますし、もしかしたら大久保西郷の再会もあり得るかも?

ま、ないか…。

ナレーションでこれが最後になるとは知る由もありませんでした。って言ってたし…。

 

最低な別れ方しましたね。残念過ぎます。

 

熊吉がいい!

鹿児島から東京に来る時も、西郷と一緒に来た熊吉(塚地武雅さん)。すぐに長屋暮らし、東京暮らしにも慣れて、隣近所の付き合いまでしっかりこなしていました。

しかし、西郷が東京から去ることが決まると、当然のように一緒に帰りました。西郷にはいつも笑顔で、薩摩に戻ることになっても残念そうにもせず振舞っていました。

 

いよいよ鹿児島に帰る朝、従道(錦戸亮さん)が見送りに来て「おいは兄さぁの分まで食らいつく。西郷の名に恥じぬように。」と言いました。

先に西郷に歩かせて、熊吉だけ振り返って従道に頭を下げたんですが、その顔がもう、くしゃくしゃに声を出さずに泣いていて、本当は残念がっていたんだ、というのが分かりました。

でも、西郷の行くところにどこでもついていく!と決めていて、今回も迷いなくついて帰ったのです。

ただ従道にだけ、本当の気持ちを最後、顔に出して見せてしまってました。

 

これは感動しました。

熊吉はずっとぶれずに西郷が好きで、いつでも味方でいるところがたまりません。

大久保が西郷にばれないように泣くのもつられて泣きましたけど、熊吉さんの一途さに一番グッときました。

 

次回の予告は第44回、サブタイトル「士族たちの動乱」です。

穏やかな日々は長く続かないようです。