ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

松たか子主演 大豆田とわ子と三人の元夫 第3話のネタバレ感想とあらすじ 器が小さい2番目の夫・鹿太郎の話ととわ子の社長業の話

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週火曜夜9時から関西テレビ系列・フジテレビ系列で放送中の松たか子さん主演ドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫』。

4月27日に第3話が放送されました。

www.ktv.jp

前回、第2話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

 

おもな登場人物

  • 大豆田とわ子:松たか子さん…住宅建設会社・しろくまハウジングの社長。バツ3。
  • 田中八作:松田龍平さん…とわ子の最初の夫。レストラン「オペレッタ」のギャルソン兼オーナー。
  • 佐藤鹿太郎:角田晃広さん(東京03)…とわ子の二番目の夫。ファッションカメラマン。
  • 中村慎森:岡田将生さん…とわ子の三番目の夫。とわ子の会社の顧問弁護士を務める。
  • 綿来かごめ:市川実日子さん…とわ子の親友。不器用で仕事が長続きしないが、自由に生きている。
  • 松林カレン:高橋メアリージュンさん…しろくまハウジングの営業部責任者。
  • 三上頼知:弓削智久さん…しろくまハウジングの設計部社員。有能な建築家。とわ子と同世代。松林と予算面でよく衝突する。
  • 城久間悠介:平埜生成さん…しろくまハウジングの施工部社員。先代社長の息子。現場の要望に振り回されてオロオロ。明るく天然で会社の潤滑油的な存在。
  • 大壺羽根子:穂志もえかさん…しろくまハウジングの経理部社員。1円の間違いも許さない細かい性格。
  • 黒部諒:楽駆さん…しろくまハウジングの新入社員。両親がしろくまハウジングで家を建てたことで憧れて会社に入社。一生懸命仕事を覚えようとしている。
  • 三ツ屋早良:石橋静河さん…とわ子の最初の夫・八作の親友の彼女。「オペレッタ」の客として現れる。
  • 古木美怜:瀧内公美さん…とわ子の二番目の夫・鹿太郎と撮影がきっかけで出会った女優。
  • 小谷翼:石橋菜津美さん…とわ子の三番目の夫・慎森と公園で偶然の出会いをする。
  • 六坊仁:近藤芳正さん…しろくまハウジングの重鎮。社長就任したばかりのとわ子を支える。
  • 大豆田唄:豊嶋花さん…とわ子の娘。最初の夫・八作との子供。常に冷静な中学3年生。
  • 大豆田大介:岩松了さん…とわ子の父。元参議院議員だが、落選して無職。癖あり。

第3話のあらすじ

3話は、とわ子の2番目の夫・鹿太郎の話を中心に描かれていました。

まず出てきたのは、鹿太郎の器の小ささ。

部下の人たちとの飲み会のお金を出してあげる時に「どう僕の金で開いた飲み会。みんな楽しんでる?」と聞いてしまうところがあったり。
残業で残ってる部下の人に「これで飯でも食って。」と300円しか渡さなかったり。

それで部下の人に裏でイジられて、外のロケで一緒にお弁当を食べてもらえなかったりして…。

元夫仲間の八作のレストランで、サービスで出してくれたオリーブ漬けを慎森と分けて食べるのに、美味しい方ばかり食べる慎森に怒ったり。

雨の日にビニール傘をわざと八作の店に置いてきて、傘を持っていないとわ子に隠樹さがましく言ってみたり。

冒頭で、出るわ出るわの鹿太郎の器小さい話。

 

そんな鹿太郎は、社交ダンススクールで出会った。

その頃スキャンダル専門のカメラマンだった鹿太郎は、潜入調査で入っていた。

とわ子と出会って一目惚れして、不審に思われたくなくてファッション系のカメラマンをやってると嘘をつき、馬しか愛せないと言ってとわ子を油断させた。

練習を一緒にやっているうちにどんどんとわ子を好きになって、嘘をついてるのが申し訳なくなり、一から勉強し直して本当にファッション系のカメラマンとなり、馬のことも勉強して嘘を本当にした。

ある日。ダンスが上達してとわ子とペアで大会に出場することになったが、台風で中止。

せっかく準備したドレスを着たとわ子の写真を撮ると申し出て、プロポーズ。

最初馬しか愛せないと言っていた鹿太郎の告白に戸惑ったとわ子だったが、1年後プロポーズを受け結婚した。

鹿太郎の妻となったあとは、お姑さんにとことん嫌われ、あなたから生まれてくる孫はいらない。と言われたり、とわ子が花を買ってきたら翌日には生ゴミで捨てられてたり。

とわ子はしゃっくりが止まらなくなり、鹿太郎もそのしゃっくりを止めてあげられなかったのが離婚の原因。

鹿太郎は、ドレスを着たとわ子の写真を眺めながら部下に語った。

 

とわ子は、会社の部下が持ってきた大学図書館のデザインを、素晴らしいとは思いつつ、予算オーバーで実現してやることができなかった。

そのことに納得出来ない後輩が会社を辞めてしまった。

とわ子は、大好きな建築デザインに打ち込めず、嫌われ役を一手に引き受けなければならない社長業の重圧にため息をつく。

そんな時、会社に花を持って訪ねて来てくれた鹿太郎。

「器をさ、小さくすればいいんだよ。まぁ誰だって苦しい時はあるよ。」「そういう時に我慢することないよ。一人で乗り越える事なんてないんだよ。」と言って和ませてくれた。

二人は会社のデスクとデスクの合間の狭い空間で思いっきりダンスを踊り、気を晴らした。

f:id:lovetv:20210428134143j:plain

自分の仕事を持って社長にまでなったとわ子が苦しんでる様子を見て、これまで医者になると言って勉強していた娘の唄が突然勉強をやめ、20歳までにお金持ちと結婚すると言い出した。

突然の方向転換に、驚くとわ子と、とわ子の親友・かごめだった。

 

鹿太郎は、今でもとわ子がドレスを着た写真を職場に飾って、未練がましくしていることを情けなく思っていた。

同じとわ子の元夫の慎森は、小谷翼の履歴書を見ていて次の恋に行ってるようだし、八作は客として来ていた早良といい感じ。

新しい恋しか未練を断ち切れないと、かねてから誘惑されていた女優・古木美怜の誘いに乗って、美怜の自宅に行く。

そして家事をして食事を作り、幼い頃の悲しい生い立ち話も聞いた。

すっかり美怜の虜になった鹿太郎は、美怜が出演した作品のDVDを自宅に帰って見てみた。

すると、そのドラマのセリフが、先日美怜の生い立ち話として聞いた話と一字一句同じ。騙されたと気づいた。

美怜は、妻子持ちの男性と付き合いがあり、その男性とのツーショット写真を撮られ脅されていた。

世間にバレれば仕事が全部飛ぶ。でも愛しているのはその男性だけ。

男性と鹿太郎の外見がよく似ているので、鹿太郎と付き合ってることにして乗り切りたい。「私たちを守って。」とお願いされたのだった。

 

一方で慎森も、公園で会った無職の女性・小谷翼のパワハラされて退職に追い込まれた話を親身になって聞いていたが、次第に小谷の話に矛盾が生じ始めた。

小谷は自分に嘘をついていたと気づいた途端、逃げられた。

 

八作は親友の彼女・早良と、親友に内緒で会っていたが、ある日親友が家を訪ねてきて、ピンチを迎えてしまう…。

 

元夫がそれぞれ新しい恋に向かっていると思いきや、それぞれの事情でうまくはいっていない様子だった。

 

 

…という話でした。

 

器が小さい男が救いになる?

普段は、おごったことをいつまでもしつこく言ってきて、うっとうしい男の鹿太郎。

でも今回ばかりは、嫌われ役となって会社で孤立してしまったとわ子の心を救いましたね!!

「器をさ、小さくすればいいんだよ。まぁ誰だって苦しい時はあるよ。」ってとわ子に言う鹿太郎は、平常時に聞いていれば「あんたじゃあるまいし。」って言い返しそうな言葉ですけど、いいガス抜きになってましたね。

我慢しなくてもいい。一人で乗り越えなくてもいい。ってなんか心が軽くなりますよね。

愚痴を言ってぶちまけろって、代わりに言われてしまうと、笑ってしまうというか。

それだけでもういいやってなるのかもしれない。

 

器は小さいけど、結婚した時にお姑さんが守ってくれなかったけど、根はいい人なんですね。鹿太郎。

でもパートナーとしては嫌かな~~。

たまに会う親戚の人ぐらいの距離がいいな!

たまに会っていいことだけ言ってどっか行って!って位の人ですね!

 

こういう人って頻繁に会うようになったらしんどい人だろうな。いい加減さが耐えられないの。

一緒にいるのは嫌だけど、遠くにはいて欲しい。

そんな人だと思いました。

 

騙されていた!

新しい恋の兆しが見えていたと思われていた鹿太郎と慎森。

どっちも騙されていましたね!!

鹿太郎はまだ愚痴言って終われるでしょうけど、慎森は後に引きそうでかわいそう!!

プライド高いですからね!

せっかく心開いて相談に乗ってあげたのに、嘘つかれちゃーね。

協力してあげてたのに!

 

八作も、親友の彼女から誘惑されてる?

奪ってしまうのかな?

親友失っちゃうよ!それでいいのかな?

元夫の恋は前途多難

元夫それぞれ、新しい恋が順調に進んでません!

八作はモテるみたいだから別として、慎森と鹿太郎はますますとわ子に言い寄ってきそうで怖い!!

変な展開になってきました。

 

かごめってどんな人?

次回はとわ子の親友のかごめの話が出てくるみたいです。

そもそも、かごめはどんな人?

なんでフラッととわ子の家に遊びに来れる?

詳しく知りたいです!

 

以上、『大豆田とわ子と三人の元夫』第3話を見た感想でした。

 

 

www.lovetv.site

 

動画をお探しの方はこちらからどうぞ。↓

 

 

本ページの情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXT、Amazon各サイトにてご確認ください。