ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

金曜ドラマ MIU404 第3話<分岐点>の感想とあらすじ

スポンサーリンク

毎週金曜夜10時からTBS系列で放送中のドラマ『MIU404』。7月10日に第3話が放送されました。

www.tbs.co.jp

 

前回第2話の感想はこちら。↓

www.lovetv.site

  

おもな登場人物

  • 伊吹藍:綾野剛さん…警視庁刑事部・第4機動捜査隊隊員。階級は巡査部長。志摩とバディを組む。404号車。8年間奥多摩で交番勤務。第4機動捜査隊として警視庁に呼ばれる。奥多摩の前に勤務していた部署はどこの短期間で、当時の同僚からは「足が速い。」としかいいところがないと言われる。
  • 志摩一未:星野源さん…警視庁刑事部・第4機動捜査隊隊員。階級は巡査部長。伊吹とバディを組む。404号車。以前捜査一課にいたことがあり、所轄から桔梗の運転手を経て、第4機動捜査隊に異動となる。優秀な捜査官だったのに、どうして捜査一課を異動したかは謎。自分も他人も信用しない。
  • 陣馬耕平:橋本じゅんさん…第4機動捜査隊班長。階級は警部補。九重とバディを組む。401号車。第1機動捜査隊にいたが、桔梗と一緒に第4機動捜査隊に異動してきた。上から目線な九重を怒る事もなく、余裕ある態度で仕事を教える。ガサツだが熱い人。
  • 九重世人:岡田健史さん…警視庁刑事部・第4機動捜査隊隊員。階級は警部補。警察庁九重刑事局長の息子。キャリアで上から目線。陣馬とバディを組む。401号車。陣馬のやり方を冷めた目で見ていたが、知識はあるが経験が浅く、事件現場に行くと慌ててしまうところがある。
  • 桔梗ゆづる:麻生久美子さん…警視庁刑事部・第1機動捜査隊と第4機動捜査隊の隊長を兼任。階級は警視。機動捜査隊を四部制を立案し、刑事部長の我孫子豆治に訴えていたのが通った。志摩と捜査一課で一緒に働いたことがあり、信頼している。MIUのことを発表する記者会見を映した動画がネットで流れ「美人過ぎる隊長」と騒がれても、顔で隊長になっていないと一蹴。
  • 我孫子豆治:生瀬勝久さん…警視庁刑事部・刑事部長。階級は警視監。桔梗にガンガン要求されるのを、気弱な態度で受け入れていると見せかけてしっかり条件をつけている。

 

第3話のあらすじ

西武蔵野署管内で、強制わいせつ犯に襲われているという内容のいたずら通報が頻発していた。

陣馬と九重が所轄に話を聞きに行ったところ、実際この1年の間に10件ほどのわいせつ事件は起きていて、帰宅女性をスタンガンで脅し、ネチネチ体を撫でまわして逃げるという。

パトロールを増やして警戒していても、忘れた頃にひょっこりと現れるという。

いたずら通報の方は、今月に入って3回。

若い女の声で「助けて」の通報の後、警官が駆けつけると犯人らしき男がダッシュで逃げるという手口。

こちらは「110番通報をしてスタート。パトカーが来たら逃げる。逃げ切ったら勝ち。」というネットゲームを模倣した遊びを本物の警官相手に実際にやっているのだ。

通報してくるのは公衆電話だといい、これまで対応した警官は全員逃げ切られている。

話を聞いた伊吹は、犯人らが足が速いことに興味を持ち「そこいらのチンピラに足で負ける気がしない。」と自信たっぷりに捕まえると言うのだった。

 

3機捜の応援で西武蔵野管内をパトロール中の伊吹と志摩に、待ち構えていたいたずら通報がかかってきた。

急いで通報された公園の公衆電話に駆けつけると、誰もいない。

犯人の風貌と同じ黒い帽子をかぶった男が現れた。

が、警察かどうかを疑ってるのか、逃げようとしない。そこで伊吹と志摩が「待て!警察だ。」と言った途端男が逃げ出した。

伊吹は全力で追ったが、捕まらなかった。

 

分駐所に戻り、犯人が途中で変わったと言う伊吹。最初に走り出した男と、最後に公園を出て逃げ切った男は雰囲気が違うと言う。

志摩は、伊吹が追いかけている間に車を公園の裏手に回して、自販機で4人の若い男が飲み物を買うのを確認していた。

そしてその4人がリレーして走り、伊吹の追跡から逃げ切ったと推測した。

4人が飲み物を買った自販機はカメラ付きの見守り自販機。4人の顔が写っていた。

4人は少年で高校生で、伊吹の証言から陸上部だと推測された。

西武蔵野署の毛利(大倉孝二さん)、向島(吉田ウーロン太さん)は、4機捜の捜査を引き継ぎ、バシリカ高校へ顔写真を持ち込み、陸上をやってる生徒で心当たりはないか?聞いた。

が、バシリカ高校の藤下校長は「うちの生徒ではない。」「陸上部はない。」と話をかわされた。

他の高校にも該当する生徒はいなかった。

 

f:id:lovetv:20200712003039j:plain

 

その後正式に4機捜に西武蔵野署から、いたずら通報の捜査協力依頼がきた。

バシリカ高校は去年まで陸上部があり、入賞した生徒もいたことが分かった。

他の高校へ聞き込みを行うと、バシリカ高校陸上部は去年の12月頃に廃部。

その廃部の原因は、今は卒業した陸上部の部員が、ドーナツEPというドラッグを学校内で売り、他校の生徒にまで売ろうとしていたからだった。

桔梗は廃部前の名簿を校長に強制に出させようとしたが、藤下校長は名簿を全て処分。元部員の成川(鈴鹿央士さん)、勝俣(前田旺志郎さん)を呼び出し、警察が来ても何も話すなとキツく言い含めた。

 

成川たちはクスリなどやっておらず、陸上部復活を願い、最後の年である今年の大会に出たがっていた。

先輩たちだけがやっていたと言っても校長は「連帯責任」と言って認めず、成川と勝俣は絶望していた。

そしてこれが最後だからと、今年の大会でリレーで出場するはずだった後輩の竹中(石内呂依さんさん)、佐野(川口友雅さん)も含めた4人と、通報役の真木(山田杏奈さん)の5人でまたいたずら通報をするのだった。

 

これで最後と臨んだゲームで、少年たちは思わぬ人生の分岐点を迎える。

4機捜の捜査員たちは、少年たちを正しい道に戻すことが出来るのか?

 

というお話でした。

 

九重と桔梗がぶつかる

第3話は、いたずら通報の事件を中心に展開されていたのですが、通報の犯人が高校生だと分かった時に、4機捜と西武蔵野署の人たちで、少年の罪について議論がされていました。

その中でも、九重と隊長の桔梗との考えが、全く違うのが興味を引きました。

九重は「大人が馬鹿なんですよ。若い人が何も考えないと思ってる。そういう意味では相手が未成年でも厳しく対処するべきだと思います。減刑も必要ない。等しく罪の責任を取らせるべきです。」と言っていて。

桔梗は「彼らが教育を受ける機会を損失した結果だと考えている。社会全体でどれだけすくい上げられるか。5年後、10年後の治安はそこにかかってる。」と言っていました。

今回犯罪を犯したのが高校生で、年の近い九重だからこそ、言えることだなと思いました。

私ももし自分がまだ10代で、善悪の判断ぐらいできると思ってるのに、年がちょっと下で未成年というだけで、罪が軽くなって優遇されてるように見えるのかもしれない。

ちょっと前に通過した年代だからこそ許せない気持ちが強いのかも…と思いました。

だからこそ、厳罰にして欲しいと考える気持ちは分かると思いました。

でも、桔梗の言う通り、悪いことをしたと教えて正しい方向に導くことが出来れば、将来の治安がよくなるはず。という考えもきっとそうなんだろうなぁとも思いました。

どちらの考えもよく分かる!!

若い時なら同じ若い人の犯罪が許せないし、年を取った今なら、若い人の犯罪を許してあげてもいいんじゃないか?と思えます。

ドラマの中の話ですが、九重と桔梗の意見のぶつかり合いは強く印象に残りました。

第3話の話は考えさせられました。

 

伊吹の走る姿が見れた!

初回で伊吹の走る姿が見れて、前回の2話では見れなくて。

3話でまた高校生相手に走る姿が見れました!!

元陸上部の高校生役の4人も速かったですけど、綾野剛さんも速かったです!!

第1話みたいなド派手なカーアクションも面白かったですけど、必死に走って追いかけるアクションも面白かったです。

 

あと、高校生たちはリレーして走ってものすごく息が切れたのに、伊吹がそんなに息が切れてないのが、そんなことあんの?って思いました。

現役の高校生より、何年も働いてる現役の警察官の方が体力があるんでしょうか?

鍛え方が違うとか?

まぁ、ドラマだし細かいことは気にしない方がいいのかな?

 

岡崎体育の演技が怖かった

いたずら通報とは別に、スタンガンを使って若い女性にわいせつ行為を繰り返す事件の犯人役を、アーティストの岡崎体育さんが演じておられました。

もうこれが怖いのなんのって。

女の子を追い詰める姿はゾ~ッとしてテレビの前で固まってしまいました。

リアル過ぎてこんな犯罪者が本当にいるのかと思うくらい。

 

これから岡崎体育さん俳優の仕事増えるんじゃないですか?

ヤバさが本物に見えました。

 

桔梗に子供がいた

前から桔梗と志摩と陣馬の3人が捜査一課にいたことだけが分かってたんですが、今回桔梗に子供がいるのが分かりました。

彼氏はいないということですが、子供がいるということは夫がいるってことでしょうか?

もしかして志摩の亡くなった元相棒?

子供がいるということだけで、他に説明がなかったです。

桔梗のプライベートの秘密が明かされたようで、また新たな謎が出来ました。

 

あと、志摩が桔梗のことを好きなんじゃないか?と伊吹が思い込んでいました。

桔梗に子供がいると分かって、それが勘違いだったと思い直してましたが…。

でも、軽く伊吹が桔梗の事好きと言ったり、飲みに誘ったりするのを、志摩が阻止しようと動いてたんで、伊吹の勘は当たってるようです。

 

3話に来て急に恋愛の話が入ってきました。

伊吹と志摩とで桔梗を取り合ったりする展開になるのかな?

まず子供の父が誰かが分かる話が先に来そうですーー。

 

最後の最後に菅田将暉

最後に突然、今回のいたずら通報の犯人グループの男の子の前に、ドラッグを持った謎の男が現れていました。

しかも演じてるのが菅田将暉さん!!

 

第3話にきて、急に菅田将暉さんが出てきて面くらいました。

これからの敵みたいな感じで出てくるのでしょうか?

岡崎体育さんも怖かったですけど、菅田さんの笑顔も怖かった~。

こんな高校生の間にもドラッグが出回ってる話って本当にあるんでしょうか?

3話は急に身近な話に思えて全体に怖かったです。

アクションは面白かったんですが…。

 

ーー志摩の元相棒、桔梗の子供に菅田将暉さん演じる謎の男。

色々分からないことが増えてきました。

 

次回は1億円を持った女が逃げるという事件を取り扱うようです。

今回出てきた桔梗の子供に寄り添っていた、黒川智花さん演じる女性も次回の話に絡んでくるようです。

 

登場人物が増えてきて話が複雑になっていく予感…。

目が離せなくなってきました。

  

以上、『MIU404』第3話を見た感想でした。

 

 

www.lovetv.site

 

全話の感想

全話の感想はこちら。↓

https://www.lovetv.site/entry/miu404-kansou1#全話の感想