ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

にっぽん縦断こころ旅2020秋を観た感想*香川県3日目坂出市とうちゃこ*櫃石島から歩渡島までの橋で360度の景色を見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで放送中の『にっぽん縦断こころ旅』2020秋の旅!

『にっぽん縦断こころ旅』は、俳優の火野正平さんが視聴者の方のこころの風景を自転車でめぐる旅番組です。

12月7日~12月11日は香川県です。

 

www4.nhk.or.jp

 

放送時間は、朝版」が月~金7時45分~7時59分朝版」再放送が11時45分~59分の15分番組。とうちゃこ版」が火~金夜7時~7時29分の30分番組。「とうちゃこ版」再放送が土・日朝11時~11時58分に2日分ずつ放送しています。

 

前日・香川県2日目丸亀市への旅の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

 

966日目、香川県3日目は坂出市への旅

12月10日放送分・香川県3日目は、坂出市の瀬戸大橋記念公園でオープニングでした。

 

朝版を見ていないので、とうちゃこ版だけの感想です。

すみません。

 

お手紙の内容

今回のお手紙は、高松市の53歳女性から。

こころの風景は、香川県坂出市の沖の櫃石島です。

香川県や岡山県の人たちには、鷲羽山からのお天気カメラに映る、見慣れた島かもしれませんが。

橋が架かる以前は、坂出港から定期船に揺られ1時間もかけて帰省していたお手紙の方。

昭和63年4月。夢の懸け橋と言われ続けた瀬戸大橋が開通し、交通の便では随分と便利になったといいます。

お母さんが他界し1年半、現在独り島で暮らすお父さんを、3姉妹が交代で訪れているそうですが、台風などで橋が通行止めにならない限り、いつでもマイカーで駆け付けることが出来、安堵と感謝の気持ちでいっぱいだというお手紙の方。

その反面、どこか淋しさを感じてしまうそうです。

漁から帰ってくるお父さんの船を迎えに行った港。お母さんやおばあさんとみかんをちぎりにいった山。とうもろこし、お手紙の方子どもの好きなものをたくさん作ってくれていた畑。

通っていた中学校のすぐ下に広がる砂浜では。あさりを掘ったり、お風呂を焚きつけるための流木を拾ったりと、思い出されるのは幼い頃の風景ばかり。

今ではバスが通る県道が出来、山や畑には巨大な橋脚が立ち並んでいるそう。

学校は鉄筋の立派な校舎となり、思い出がたくさん詰まった砂浜は埋め立てられ、新しく設備の整った大きな港になったとのこと。

その新しい港を通って、島の南橋にある歩渡島(ぶとじま)を目指してください。

小さな無人島ですが、その島に渡る橋から360度どうぞ見渡してみてください。

変わってしまった島の風景と何も変わらない歩渡島、雄大な瀬戸大橋、幼い頃

竜宮城と信じて疑わなかったという、鷲羽山下の海岸に立つホテル。

視界に入ってくるものすべてがお手紙の方の心に残る風景です。

亡くなったお母さんは時代劇と2時間サスペンスが大好きだったそう。

もし正平さんが訪れてくださるのなら、大変喜ぶと同時に、あちらで悔しがることでしょう…。

 

…というお手紙でした。

 

船着き場に着く

船で島に渡ることを選択した正平さん。

まずは坂出港の船着き場を目指して出発しました。大きな橋脚を見ながらのサイクリングでした。

昔は定期船が出ていたという港が船着き場です。

坂出市営船客待合所という建物へ入り、時刻表を見ようとしましたが、中にいらした男性に「今は出よらんよ。」と言われました。

瀬戸大橋が出来て少しして定期船はなくなったそうです。

まだ時刻表が残っていて、櫃石の名前もありました。

 

船が到着し、チャリオごと乗船しました。

船にはエリザベスカーラーをした小さなワンちゃんが乗っており、正平さんは「ちなみにあれは船長ですか?」と質問。

「そうです。」と答えてもらってました。

ワンちゃん船長、かわいかったです!!

 

船で瀬戸大橋をくぐって櫃石島へ。

正平さんはサッと降りて「ありがとう!」とお礼を言うと、ワンちゃん船長も立ち上がって見送ってくれました。

 

こころの風景

船を降りてからはチャリオに乗り換え、島の中を走ります。

右側に中学校が見えてきました。

この新しい学校も、2018年3月に閉校したそうです。

今では中学校の前には家が並んでいましたが、お手紙よると学校の前であさり掘りをした砂浜だった場所です。

堤防の名残の横をチャリオで通る正平さん。

お手紙の方の思い出の堤防のはず!!

ゆっくりと走り、新しく造ったという港にも立ち寄りました。

 

次に海辺を通って、左側に見える歩渡島へ!

堤防のような細い橋が、島と港とつないでました。

ここからは歩いて渡ります。

波が打ちつける音が心地よかったです。

 

竜宮城のような建物のホテルも見えました。

お手紙の方が書いてあった通り、ゆっくりと回って360度景色を確かめる正平さん。

次にカメラマンのジュンさんが回りました。

まず瀬戸内海。瀬戸大橋。櫃石島に竜宮城のようなホテルが見えました。

正平さんは「乙姫様がいっぱいいます。あん中に。行きたい!」と言ってスタッフさんを笑わせていました。

いるのかな?

 

正平さんは道の途中に座り、お手紙を読みました。

お手紙の内容をなぞるように走っていました!

思い出いっぱいなんでしょう…。

 

お手紙の方の解説付きで景色を楽しませてもらいました。

波の音が穏やかで癒されました。

また素敵な景色を『こころ旅』で教えてもらいました!

 

明日は、三豊市への旅です。

 

 

www.lovetv.site

 

『にっぽん縦断こころ旅』の見逃し配信をお探しの方はこちらをどうぞ。↓