テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

にっぽん縦断こころ旅2018秋~宮城県3日目、火野正平さんの自転車旅!*ネタバレあります

スポンサーリンク

スポンサーリンク

BSプレミアムで放送中の「にっぽん縦断こころ旅」2018秋。11月1日放送分は、宮城県大衡村の昭和万葉の森からオープニング。

f:id:lovetv:20181102104204j:plain

昭和万葉の森。こころ旅のHPよりお借りしました。

もくじ

 


www4.nhk.or.jp

 

778日目、宮城県3日目は大和町の旅


お手紙の内容

今回のお手紙は、大和町の46歳の男性から。思い出の場所は、お父さんとよく散歩した、黒川郡大和町吉田字魚板に架かる「魚板橋(まないたばし)」です。

当時、隣村の小学校で教員をしていたお手紙の方のお父さんは、毎晩のようにお酒を飲んで遅く帰り、日曜には指導しているスポーツ少年団のバレーボール等で家にいることが少なかったそうです。

子どもながらに自分の子どもと他人の子ども、どっちが大切なんだ?と正直少々不満に思っていたとのこと。

そんな中、お父さんに、小さい時は乳母車に乗せられ、少し大きくなったら手を引かれ、小学生になると自転車で、この魚板橋によく連れて来られたそうです。

夏休みには朝早起きして橋を渡った先を、右に曲がったところのブロック塀に、オニヤンマの孵化を見に行き、夜には外灯に集まるカブトムシやクワガタを捕まえに。

雨が降ると橋を渡ったところの左側の田んぼの水路で、どじょう捕り。冬にはお父さんが引く、そりに乗せられて橋までの散歩。

みそかには紅白が終わったら家族で歩いて橋を渡って、対岸の石神山精神社(いわがみやまずみじんじゃ)(大きな岩がご神体)へ元朝詣りにも行ったそうです。

そんなお父さんが亡くなって、10月で6年になるとのこと。この時期になるとお父さんのこと、そしてお父さんとの思い出が深い魚板橋が思い出される…とのことでした。

道は大和町の中心部吉岡から平坦だといいます。

正平さんに、初秋の「船形連峰」・「七ツ森」の美しい風景を見ながら魚板橋を訪れて欲しい。というお手紙でした。

 

即興の授業コント

「とうちゃこ版」で、出発前に地図で場所を確認する正平さん。地面が濡れているので地図を数人で木に手で押さえて見ました。

正平さんは、お手紙の方のお父さんが教員だったという事で、先生に扮して指さして「ここ、君たちが行くんだ!先生を置いて。」とスタッフに場所を教えます。「いや、先生も一緒に行きましょう!」と芝居に乗るスタッフさんたち。ノリがいいです。「先生は留守番するから。」と言って笑わせていました。

七ツ森の場所が分かりにくかったんで、本の地図をスタッフさんが出してきて、「教科書です。」と差し出します。

本の地図で、七ツ森、吉田小学校、吉田川と確認。目的地である、魚板橋の位置も確認出来ました。

魚板橋は吉田川に架かってるのが分かりました。近くに石上山精神社もありました。

 

スタッフさんたちとの息もピッタリで、即興コントも戸惑う事もなくやっていました。仲いいですね~!

 

ランチは四川料理

約10kmのルートで魚板橋を目指します。途中、橋にさしかかり名前をチェックすると、「海老沢橋」。川は「善川」だったので、吉田ではなかったです。

道の右斜め前にポコポコと小さい山が7つあるのが見えました。七ツ森です。正平さんは「かわいい。」と言っていました。

確かに森のかたちが丸くてかわいかったです。

 

大きな道路に出ると、直進147号線、大和町内という案内板がありました。国道4号線という大きな道路を横切りました。4号線は「青森から東京まで行ってる。」と正平さんが説明してくれました。

147号線を、「昔の宿場町。」と言いながら走る正平さん。九品寺の前を通り過ぎました。吉岡宿本陣というところです。

このあたりで昼食になりました。

四川中国料理のお店に入りました。海鮮炒飯、バンバン豆腐を注文。バンバン豆腐が先に運ばれてきて、正平さんお気に入りでした。

海鮮チャーハンの海老も気に入ってました。人気店のようで、たくさんのお客さんがいました。

 

七ツ森

ランチ後、お手紙にあった通り平坦な道を進む正平さんたち。今度は左側に7つの山、七ツ森が見えてきました。

たくさんあるので、どれが7つなのか道の途中にある会社の人に聞く正平さん。

七つの森の総称が「七ツ森」だそうです。

 

こころの風景

道を進んでいくと、山がはっきりと近くに見えてきました。左側にあったバス停に、魚板と書いてあるのを正平さんが確認しました。左側の下に川があることも確認。

さらに進んでいくと左側に橋が架かってるのを発見!吉田川に架かる魚板橋でした。

とうちゃこです。

 

橋から川をのぞき込むと、小さな橋げたが二つ並んであるのが見つかりました。正平さんは「昔の橋はあっちにあった感じだね、あれも風情あるな。」と言ってました。

そこでお手紙で確認しながらブロック塀を見つけました。オニヤンマはいなかったです。次にどじょう捕りをしたいう田んぼの水路、お正月に行ったという神社。

…とお手紙通りに「現場検証。」と言って、回りました。

 

石神山精神社に着いた正平さん。

「まあ、お手紙朝読む時しっとりしてたけどゴールはもっとしっとりしちゃってるぞ。これ。コケむしちゃってるぞ。ええ感じしてるわ。」と言います。確かに石畳は苔むしていました。

鳥居をくぐって中に入ると、「ちょっと、昨日に続いてまた階段あるんやけど!」と正平さんが言う通り、階段が待ってました。

階段を上る正平さん。お社に到着しました。

お社のお国大きな岩が見えました。この岩が御神体のようです。

 

ドジョウ捕りをする

カメラは魚板橋から神社にかけての道を撮っていました。

正平さんは水路に戻り、上から見てドジョウを見つけました。スタッフさんに網を要求して、2つ網を持って、1つで押さえて、1つで捕まえる作戦です。

泥ごと網ですくい上げました。網には小さなドジョウ、おたまじゃくしが引っかかっていました。

「おたまどうすんの?今から冬になるのに冬眠する間もない。」と言う正平さん。水路に、さらに大きなドジョウがいるのも発見しました。大きいのは捕りませんでした。

 

お手紙は、橋が見えるところでを読みました。

 

今回はあいにくの雨でしたが、お手紙の内容通りに正平さんは、ドジョウ捕りをして見せてくれました。

 

風景を見ながらお手紙を読んでもらうと、まるで景色が目に見えるようでした。

船形連峰はお天気の関係で見れませんでしたが、七ツ森、ドジョウ捕りとこころの風景が堪能出来たんじゃないでしょうか?

とてもいい風景を見せてもらいました!ありがとうございました!

 

 

www.lovetv.site