ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

この恋あたためますか 第10話(最終回)の感想とネタバレあらすじ 樹木がクリスマスに一緒に過ごすのは?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

TBS系列で毎週火曜夜10時から放送中のドラマ『この恋あたためますか』。

12月22日に第10話が放送されました。

www.tbs.co.jp

前回、第9話の感想はこちら。↓  

 

www.lovetv.site

 

 

おもな登場人物

  • 井上樹木:森七菜さん…コンビニ「ココエブリィ」上目黒店のアルバイト店員。元地下アイドルの21歳。夢を追いかけられない現状に悩む。偶然「ココエブリィ」の浅羽社長と出会ったことで、コンビニスイーツ開発を手掛けることになる。
  • 浅羽拓実:中村倫也さん…ネット通販会社「エクサゾン」から出向でコンビニチェーン「ココエブリィ」社長となる。有能であるがゆえ敵を作りやすい。偶然出会った樹木の能力を買い、コンビニスイーツ開発に誘う。早く結果を出して元の会社に戻りたいと思っいたが、都築部長の真意を知って対等の関係になるため、エクサゾンに退職願を提出。ココエブリィに身を捧げると宣言した。
  • 新谷誠:仲野太賀さん…「ココエブリィ」のスイーツ専門会社「DolceKitchen」所属。スイーツのレシピを作るパティシエ。拓実とは中学高校で同じ部だった仲。
  • 北川里保:石橋静河さん…「ココエブリィ」商品部スイーツ課所属。一岡に認められてスイーツ開発をしたいと思っている。樹木のシュークリームで火がつき、自らのアイデアを提出。商品化をめぐって樹木・新谷と争うことになった。浅羽と昔付き合っていた?
  • 上杉和也:飯塚悟志(東京03)…「ココエブリィ」上目黒店店長。本部と現場の間に挟まれ、文句言いながらもやる頼れる店長。
  • 李思涵(リ・スーハン):古川琴音さん…「ココエブリィ」上目黒店店員。樹木のルームシェアしている。中国出身。日本の漫画に感化され、日本語を学んでから来日して5年。漫画家になるため投稿を続けている。
  • 碓井陸斗:一ノ瀬颯さん…「ココエブリィ」上目黒店アルバイト。
  • 神子亮:山本耕史さん…「ココエブリィ」専務。外部から社長になった拓実を敵視。現場からのたたき上げで、コンビニ愛にあふれている。店員からの信頼も厚い。商品部一岡智子の元恋人。社長室に異動になった一岡に、浅羽の裏をさぐらせようとする。
  • 一岡智子:市川実日子さん…「ココエブリィ」商品部スイーツ課課長。シュークリームの開発を押し付ける拓実の命令を無視し解任され、社長室に異動となる。
  • 藤野恵:中田クルミさん…「ココエブリィ」商品部スイーツ課社員。カフェスイーツ担当。
  • 土屋弘志:長村航希さん…「ココエブリィ」商品部スイーツ課社員。催事スイーツ担当。
  • 三田村敦史:佐藤貴史さん…「ココエブリィ」商品部スイーツ課社員。一岡の横にいて中間管理職的な存在。一岡の異動後、課長となる。
  • 都築誠一郎:利重剛さん…「ココエブリィ」が戦略的業務提携を結ぶ、ネット通販会社「エクサゾン」部長。浅羽の上司。浅羽の能力を買っており、仕事をする上でのアドバイスも送るが実は…??

 

第10話(最終回)のあらすじ

新谷に返事しようとした時に突然現れた浅羽に「趣味も好みも価値観も全くかみ合わない。だけど楽しい。君のがそばにいると。俺には君が必要だ。」と言われた樹木。
新谷への返事は保留にし、家に戻ってから「何回も何回も何回も諦めて、やっと次に進もうとしてたのに!」と怒りを爆発させる。
話を聞いたスーは、新谷にも浅羽にも答えを出さなかった樹木に「早く気持ち整理しないとね。」と言うのだった。
 
翌日。顔を合わせづらい樹木と新谷。
帰宅してからも迷っていた樹木のところへ、本部へ復帰する浅羽のお別れパーティーをするためにスーが上杉店長、陸斗、そして浅羽を連れて帰ってきた。
パーティーが終わり、気まずいまま台所で片づけをする樹木と浅羽。
まともに話も出来ない樹木だったが「会社戻って来てくれてありがとう。」とだけ伝えることが出来た。
 
翌日。
移動販売事業部部長として本部に復帰した浅羽は、一番に新谷と顔を合わせ、まともに話も出来ずにいた。
そしてスイーツ課に復帰したと挨拶をしに行き、コンビニカーの売り上げの一番はスイーツなので、移動販売に特化したスイーツを開発したいと話した。
 
樹木は外に新谷を連れ出したが、なかなか話を切り出せない。新谷の方から「拓兄とクリスマス過ごしたい。そう言おうとしたんだよね?」と先に切り出す。
樹木は涙をこらえながら「ごめん。私、社長が好きです。」と言い、新谷は「拓兄のところに行きな。」と樹木を送り出した。
 
浅羽は、樹木のデスクに置いてあった来年のクリスマスケーキの案を目にし、"クリスマスが嫌いな人もハッピーになれるケーキ"というコンセプトを知る。
樹木の自分への思いを知った浅羽は樹木をさがして駆けだし、樹木に今どこにいるか?と電話。同じ頃樹木も、新谷に送り出されて浅羽をさがして駆けだしていた。
二人は川越しにお互いを見つけ、橋を渡ろうとするも違う方向へ駆け出し噛み合わない。
「君とはいつもうまくいかないな。相性最悪だ。」と言いながらも、浅羽が樹木に合わせてやっと橋の上で会い、抱きしめ合った。
「朝起きるといつもこう思う。今日君はどんな顔してるかな?今日は何を話そうって。いつの間にか君が俺の日常の一部になってた。好きだ。」
「悪いけど社長。私の方が100万倍社長のこと好きだよ。」と思いを伝えあい、キスをしたのだった。
 
一方で新谷は、上杉店長と陸斗とカラオケに行き、「これ以上の恋は、出来ないと思います。樹木ちゃんのことが大好きでした。」と言って泣いた。
最初は失恋話を楽しんでいた店長だったが「いいよね。そこまで言えるほど好きになれたんだから。その胸の痛み、誇りに思いな。今はまだこの人しかいないと思ってるけどね、人はまた出会っちゃうんもんだから。」と慰めた。

f:id:lovetv:20201223114001j:plain

浅羽は、コンビニカーでの販売を創業者一族の清水(笹本玲奈さん)と一緒に視察していた。清水はエクサゾンの都築部長も呼んでいた。
店舗とは需要が違うとして、コンビニカーでは肉や魚、野菜といった生鮮食品も扱っていた。
買い物難民と呼ばれる人が日本国内だけに限らず海外にもいる。と清水が言うと、浅羽はゆくゆくは海外にも展開していきたいと語る。
エクサゾンの取引先企業も移動販売に興味を示していると話を持って来てくれたのだった。
 
新谷と北川は、二人そろってアップリンの開発について取材を受けていた。
北川は、今後のスイーツ開発について質問され「移動販売に特化したスイーツを作りたい。」と語る。
そして新谷は、スイーツ改革を通して新しい世界が広がり、やりがいを感じ、素敵な出会いもあったと、浅羽への感謝の気持ちを述べた。
浅羽への気持ちを整理できた新谷は、本部へ復帰してきた浅羽に「おかえり。」と言い、仲直りすることが出来たのだった。
 
次の日から、職場で来年のクリスマスケーキの開発と称して今年のクリスマスまで完成させたいと意気込む樹木。新谷も樹木の気持ちを汲んで開発することになった。
仕事が終わってからは、浅羽の部屋でクリスマスツリーの飾りつけ。樹木はツリーに願い事を書いた短冊を付けて、浅羽をイラつかせる。
話はクリスマスディナーの話へ。
樹木は24日の夜だと思っていたが、浅羽は25日だと主張。実際、25日の夕方まで出張だった。
職場でもクリスマスの話になり、浅羽とケンカになったことを話す樹木。
北川はホームパーティーに参加。新谷はイブも当日も実家の手伝いで予定が決まっていた。
イブの予定が決まっているのを羨ましがる樹木を逆に、「のろけやがって。」と怒る新谷と北川だった。
 
12月24日。
上目黒店では、店の外に特設ブースを置いてケーキとチキンの販売を行っていた。
ドルチェキッチンでは、樹木と新谷がクリスマスケーキを完成させ、スイーツ課の皆さんに試食してもらい、大好評だった。
業務終了し、スイーツ課のみんなも家族や恋人、友達との予定を控え帰っていった。
バイト仲間が働くなか、樹木は一人完成したケーキを持って上目黒店のイートインコーナーに一人座る。
 
クリスマスイブ。樹木が一緒に過ごすのはーーーー???
 

…というお話でした。

 

新谷くんがカッコつけすぎ!!

前回は、浅羽に「樹木ちゃんは渡さない。」とかなんとか言って戦う姿勢を見せていた新谷くん。

樹木から返事をもらう時に浅羽に乱入されて、告白されてもっと怒るのかと思いきや、樹木にその場で答えを迫ることなく、そのまま樹木を家に帰したって…何ちゅう平和な展開。

北川さんも先週、前から樹木が浅羽のことを好きだなんてとっくに知ってたみたいなことを言ってたし、答えが分かるからその場での返事を聞くのに躊躇した?

押しが弱い人だな~~~。

 

断る時に他の人の名前出すって…

あと、樹木が新谷に断る時の言葉が最悪でした。

ごめんなさい。っていうのはまぁ当たり前ですが「社長が好きです。」って、誰に告白しとんねん!!

「拓兄とクリスマス過ごしたい。そう言おうとしたんだよね?」って先に言われていたとはいえ「社長が好きです。」なんて、なんとストレートな断り方!!

断る時に他の人の名前出すって、やられたら一番傷つくと思う。

何よりキツい!!

一度は新谷の気持ちに応えようとしたけど…とか色々言い訳するのかと思いましたが、ストレート!!

まぁ、樹木の性格を考えたらこういう言い方になるか。

 

あと、新谷くんと樹木が話してる時の後ろの落ち葉の音もうるさかったですねー。

落ち葉が落ちるのは映像としてはキレイでしたが、二人の言葉に集中出来ないくらいうるさかった。

雪の方が音もなくて見た目もキレイでよかったと思うんですが、雪が降ってくるのは最後に取っておこうとしたんでしょうなー。

 

あーあ、新谷くん残念でした!!

 

シングルベル

樹木が、イブの夜の予定がある新谷と北川を羨ましがるシーン。

まず、新谷と北川さんがそれぞれフラれた相手の話をされてるのに爽やかすぎるのにびっくり!

北川さんは前から爽やかな人でしたが、新谷もよく切り替えられましたよね!

そしてさらに新谷が彼女いない自分を「シングルベル」と言っているのに驚き!!

いつの時代の言葉?

未だにそんな言葉が生き残っていたことにびっくりしました。

中年の私が若い時でさえ使っていなかったような古い言葉を、今の若い人が使ってることにびっくり。

そもそも、クリスマスのディナーだとか恋人と過ごすのにまだこだわってるこのドラマに違和感がありました。

私が知らないだけで、またそういう風潮に戻ってるんですか?

そういうことに遠ざかってる中年のひがみかな?

 

古臭さで見てるのが恥ずかしくなって、途中で何回かまたチャンネルを変えました。

 

コンビニでキス

一人でいた樹木の前に、窓越しに浅羽が現れる。これも読めていた展開で白けてしまった。

しかも、そのあとキスって…。外から丸見えのイートインスペースで、ですよ!!

迷惑な客ですよ。

しかもコンビニの本部の人間ですよ、二人とも。

会うのは分かってましたけど、キスまでするとは思わなかった。店先で。

こんな店入らないよな。

営業妨害もいいところだ!!

見ててときめくどころかハラハラしたよ!!!!

 

とまぁ、ツッコミどころ満載の最終回でした。

樹木と浅羽がくっついた後の後日談が長すぎたなぁ。.急に浅羽と樹木がイチャつかれても引くだけでした。

 

あと、ずっと話にだけ出てきた新谷くんのお父さん。

中野英雄さんが出てくるのかと思って期待したけど出てきませんでしたね。

まぁ、中野英雄さんはこのドラマには合わなかったか。

 

最後の最後で文句ばっかりの感想になってしまいました。

 

以上、『この恋あたためますか』第10話(最終回)の感想でした。

 

見逃し配信はParaviで!