テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

獣になれない私たち 第6話を観た感想とネタバレ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週夜水曜夜10時から放送中の「獣になれない私たち」。11月14日に第6話が放送されました。

www.ntv.co.jp

呉羽の偽装結婚疑惑

5tap前でキスしているのを、三郎(一ノ瀬ワタルさん)さんと呉羽(菊地凛子さん)に見られた晶(新垣結衣さん)と恒星(松田龍平さん)。そのまま5tapで4人で飲む事になりました。

呉羽から、夫の橘カイジの会社のパーティーに誘われるも、恒星は、晶と付き合ってると見せかける為「晶と約束あるから。」と晶を呼び捨てし、断りました。しかし三郎は喜んで出席しました。

晶も、呼び捨てに対しては黙ってあげていました。呉羽が出ていくと「恒星さんて、呉羽さんのことすっごい好きだよね。」と笑います。

しかし調子乗ってそのまま誘ってきた恒星の言葉はかわして、京谷(田中圭さん)に見せつける為にキスし、利用したことを謝りました。

 

後日、パーティーに出た三郎から、呉羽と夫の橘カイジが、偽装結婚だと噂されていたと聞かされた恒星。

顧問税理士の立場から、呉羽の会社に行って話を聞く事にしましたが、本人の姿はなく、会社の女性に聞く事に。

呉羽が秋冬物のポスターの件で、前のモデル事務所に訴えられて、そのモデル事務所が、橘カイジの会社と繋がっている。

訴えを取り下げさせるため、橘カイジと結婚したんじゃないか?と、噂されているということでした。

 

5tapで恒星が、斎藤(松尾貴史さん)に「旦那自体がうさんくさい。橘カイジってやつ。」と話していました。

二人が話しているのを、京谷の居所を探していた朱里(黒木華さん)が聞いていました。

朱里は、京谷の荷物を漁って晶の住所を割り出し、家に行ったものの不在だったので、以前京谷から聞いていた5tapに立ち寄っていたのです。

 

初めての店で緊張していた朱里でしたが、偶然自分がやっていたゲームのクリエーターである橘カイジの名を耳にして、話に入ってきました。そして橘カイジについて何も知らない二人に熱く語りました。

語ってる途中に晶が店に入って来て、朱里は慌ててトイレに逃げ込みました。

晶は、朱里が来ている事も知らず、直接対決して負けた事を恒星と斎藤に話し、同情されます。

一方、朱里はトイレから出ていく事が出来なくなってしまいました。

 

晶と呉羽の話をする恒星。事務所と揉めてることは、晶ですら知っていたという事を知り、悔しがりました。

 

呉羽が言ってた「鐘」は「金」だとか言ったりして、恒星は、噂通りであって欲しいと願っているみたいでした。

未練がましい!


晶も恒星の意見しか聞いてないので、信じたようです。まぁ、関係ない人からしたら、複雑な事情の方が面白いし。そりゃ信じます。

 

飲み逃げする朱里と気づく晶

なかなかトイレから出て来ない事を不審に思った斎藤が、朱里を心配します。晶がドアをたたいて安否確認しました。

追い詰められた朱里は、晶に顔を隠して逃げるように出ていきました。斎藤が「飲み逃げ。」と言ったので、ちょうど店に入ってきた三郎が追いかけました。が、逃げられました。

 

逃げた客が「ブライダルの仕事をしてる。」と言っていたことと、橘カイジのファンと言う事を聞いた晶は、「多分知り合いだろうから。」と言って飲み逃げの代金を代わりに支払いました。

後日、5tapに逃げた詫びの電話を入れた朱里が、そのことを聞いて「むかつく」と逆切れしてました。

そして留守の晶の家に届いていた京谷の母、千春(田中美佐子さん)からの荷物を、また家人のように装い、受け取っていたのでした。

 

一度ならず二度までも盗みを働くとは!!


京谷の家の場合はまだ、住んでいるから受け取るのもあり得る話でしたけど、晶の家に届けられた荷物まで持ち逃げするのは完全にアウトです!!

受け取ったところで今回の話が終わってるので、どうなるかは次回からですけど、本当の犯罪でもあり得そうな話ですよね??

…怖っ!

 

仕事でつながる晶と京谷

京谷の会社の橋爪部長(山口馬木也さん)と、晶の会社の九十九社長(山内圭哉さん)が大学の先輩後輩の仲で、一緒に仕事をすることになり、京谷の後輩、筧(吉村界人さん)が晶の会社まで挨拶に来ました。

京谷、筧、橋爪部長と、晶、上野(犬飼貴丈さん)、松任谷(伊藤沙莉さん)の営業チームと社長とで、懇親会を開くことになりました。

 

懇親会当日。

橋爪部長と九十九社長は、少し遅れて来るとのことで、先に飲んでいることになりました。筧が、晶と京谷が付き合っていることを暴露すると、松任谷が、筧にも彼女がいるかどうか、話を振りました。

それを「デベロッパーって言ったら、寄って来るんすよね~。」と自分が狙われたと勘違いした筧。上野が「松任谷さん彼氏いますよ。」と携帯の待ち受けにまでしていることを話して、松任谷が画面を見せました。

すると今度は「待ち受けにしちゃったか~。」と言ってまた松任谷を怒らせます。今度は上野が、晶を待ち受けにしていることを披露。今度は京谷が驚きます。

同僚に告白されたことを晶が以前、話していたので「彼が例の?」と京谷が聞きます。その話を聞いて松任谷が「信者上野、彼氏公認なの?」と驚きます。

なんとか話をおさめようとする晶と京谷でしたが、また筧が「花井さんも言ってましたよね?待ち受けに彼氏彼女にする奴は寒いって。」とまだ続けます。

「みんなそれぞれ好みがあるし。」と言い繕う京谷。筧は「じゃああれは?人目のつくとこで堂々とキスするカップルの気持ちだけは分からんって、最悪だって。俺も同感!」と言って、隠れてやれよと言い放ちます。

今度は晶が落ち込みました。

すると松任谷が女だけが悪者にされることに激怒。「大体さ、どうして女の浮気はだらしないとか言われて、男の浮気は甲斐性みたいに言われてんの?」と言います。激しく同意する晶。

晶の彼氏を目の当たりにしてショックを受けている上野。懇親会は大混乱になりました。


そこへ社長が入って来て「何をワーワー言うとんねん!深海がついとって何しとんねん!」と怒鳴り込んできました。

「九十九!!深海さんに何て言い方すんだ!人はね、大切にしなさい!!遅くなってすみません、部長の橋爪です。九十九とは大学が同じで。」と部長が怒鳴り返してくれました。部長は九十九のヒゲも無理やり剃らせていました。


部長はあの強い社長より強い人でした。松任谷が「部長さん、かっこいい!」と言います。「力に勝つには力しかないんだろうか。」と上野も言いました。

 

これはスッキリしましたね!

松任谷さんからは京谷に、橋爪部長からは九十九社長に、それぞれ晶が強く出れない人たちにガツンと言ってもらえました!!!

もともと九十九の会社に就職したのもこの部長の紹介でした!これからなんかあったらこの部長さんに言ってもらったらいいのに!!

 

懇親会後、お見送りの時に京谷と二人で話した晶。社長のキャラを見て同情されました。

「人目につくとこでキスをする最悪な女って私のことだよね?」と聞く晶。京谷は、自分への仕返しにキスをしたと知り、しかも相手は晶をバカにしてる恒星だったので、怒りだしました。

晶は、京谷も恒星も自分を傷付けてるのに変わりはないとバッサリ切りました。すると「今の晶、かわいくない。」と切り返した京谷です。

そのあと、京谷は部長に連れていかれて、晶は先に帰りました。

 

「かわいくない」ってなんでしょ?そんな話でしたっけ?

正論ぶつけられて「かわいくない」って、はぁ?

それに、付き合い出した時に京谷、人前で晶にキスしてませんでしたっけ?自分がやったことやられたら「かわいくない」んですか??はぁ?

 

田中圭さん、情けない男が似合い過ぎて、上手過ぎて、この人自身がこんな人だと思ってしまいますよ!!!

 

呉羽の告白

京谷に逆切れされて納得できない晶は、呉羽の会社に行きました。

そして「呉羽さんだから!呉羽さんと京谷がそうなっちゃたから、私もバカな事して。でも結局してないし!いや、キスはしたけど…。」と言って呉羽を責め立てます。

京谷に、自分が悪いみたいに言われたが、もともと呉羽と京谷が発端だと言います。

しかしそれも晶自身が京谷を拒否したから…とも言い、呉羽を責めたいのに、結局自分を責める晶。

泣きながら訴える晶を「疲れちゃうね。疲れちゃうよ。」と呉羽は抱きしめます。

「私許してませんよ、呉羽さんのこと。」と晶は言いますが「抱きしめたくなったから抱きしめてるだけ。」と言う呉羽でした。

 

晶は呉羽に、偽装結婚噂の真相を尋ねます。呉羽は「そんなんで、結婚する?」と言いました。

そして会社の中で話す事になりました。

f:id:lovetv:20181116164452j:plain



フリー写真素材ぱくたそ

「そんなつまんない理由でつまんない結婚するくらいなら、日本捨てて海外行くって。」とはっきりと否定した呉羽。

呉羽は、子宮筋腫が大きくなって温存できなくなり、少し前に子宮を全摘する手術を受けたと告白しました。予後は良好。生活には支障はないといいます。

「自分次第で何でも手に入ると思ってたけど…。この先どんなに願っても手に入らないものが出来た。恒星には話せなかったんだよね。恒星はきっと、その話を聞いたらこう言うんだよ。「子どもが作れないから何なの?そんなの大したことじゃないだろ。」って。でも私にとっては大したことだったの。」と告白する呉羽。

お互い都合のいい関係で楽しい時間だけを共有してて、何もなければ今も続いていただろう。

でも呉羽にとって大したことを、大事なことを話せない関係は、寂しいと感じたとのこと。カイジには話したといいます。

 

この二人の話を、恒星が試着室で全部聞いていました。

話の途中で女の子が入って来て「根元先生がいらしてます。」と存在をバラされた恒星は、何も言わず出ていきました…。

 

思いがけない呉羽の告白でした。

自分が大事にしてることを共有できない人といるのは辛いですよね。一緒にいるだけで傷つきます。一緒に生きていくのは難しいと思います。

別れる決断したのも分かります。今までの自分の付き合い方を知らない人と結婚した方が楽だと思います。

今更弱音を吐きたくないし、最後までかっこつけたままいたいと思うでしょう、おそらく。


でも、別れた後も友達でい続けるのは分かりません!!京谷を誘うのも分かりません!!!

 

恒星の恋、完全に破れる

店を出た恒星を、呉羽からフォローを頼まれた晶が追いかけ、「何も話してなくてごめん。でも好きだったよ。」と呉羽が言ってたと伝えます。

恒星は腹を立てていました。呉羽のことを分かっていないどころか、知らないことだらけだと言います。しかし、もし打ち明けられていたら、恒星が言ったであろう言葉は、呉羽の予想通りでした。


「二人で一緒になって悲しむ?優しく話聞いて慰める?そんな男俺に求められてもないものはないし。」と言う恒星に「残念だったね。」と言う晶。

晶は、恒星に仕事を引き受けて、橘カイジと会ったら?と言い「大した男じゃなかったら、呉羽さんを奪う。」と他人事なので簡単に言ってのけます。


そして「呉羽さんにも1つ分かってなかったことがある。呉羽さんが思うよりずっと、恒星さんは呉羽さんが好き。」と言いました。

その通り!!

言ってやりましたね!笑えました。ずっと晶は恒星にバカにされてましたから!

スッキリしましたよ。

 

今回は全体を通して恒星が呉羽への片思いをやっと終わらせた、終わらせる事が出来た回でしたね。

 

可哀想なくらい自分がそうあって欲しい展開に持って行こうとしていた恒星が、見ていて辛かったです。

好きな人が一番の被害者だと思いたいですから。そして自分の方が好きな人を幸せに出来る!!てね。

もう自分は蚊帳の外なのに、まだ彼女の心の中にいると思ってるんですよね!片思いって。私に申し訳ないって思ってるはず!とか。

新しい相手がいるのに、そんないつまでも自分をみてくれてるわけないんですよね。その現実を受け止められない。

執着を捨てるまではもう少し時間がかかりそうです。

 

 

次回は?

ドラマの最後に、京谷のお父さんの具合が悪くなってきたのと、恒星が札束を持っているのを晶が見たところが映っていました。

さて、どうなるのか?気になります。