テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

獣になれない私たち 第5話を観たネタバレと感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週水曜夜10時からのドラマ「獣になれない私たち」。11月7日に第5話が放送されました。

www.ntv.co.jp

 

朱里と直接対決!

前回の終わりに晶(新垣結衣さん)が京谷(田中圭さん)のマンションに乗り込んで、直接、元カノ朱里(黒木華さん)と話し合う事になりました。

朱里は突然の訪問に驚きつつも、お客様用の食器と思われるカップとソーサーで紅茶を出していました。晶の綺麗な格好に比べて自分は穴の空いたスエットで、話し合う前から良く思ってない感じがありありでした。

 

晶もウサギの餌まで持って来て、なんとまぁ、イヤミな!と思いました。お互い全く合わないのは、はっきりしてました。

京谷に黙って来たこと、仕事が見つかるまではここに住んでもいいという約束を何度も聞いて4年経ったことを話す晶に、ウサギをあやしてなかなか目も合わせようとしない朱里。

しかし、京谷が探してきた物件を、朱里が飼いだしたウサギが原因で、探し直しになったと晶が言い出し「ここを出ていくつもり、本当にありますか?」と聞きました。

朱里がそれまでのビクついた態度を変えて、まっすぐ晶を見て「死ぬまで出て行かない。って言ったらどうするの?」と聞き返してきました。

「別れます。」と即答する晶でした。

 

同じ頃、5tapで京谷も恒星(松田龍平さん)と晶が寝たと勘違いして、恒星もそれを匂わせる嘘をつき、京谷が恒星を殴ってしまっていました。

その場に居合わせた三郎(一ノ瀬ワタルさん)と、店長の斎藤(松尾貴史さん)も含めて、店を閉めて話していました。恒星は呉羽(菊地凛子さん)と寝た京谷に責める資格がないと言い、京谷も認めて謝罪。

恒星は、京谷のことも晶と一緒で「偽善臭がスゴイ。」と言いました。

京谷は、堂々巡りで前に進めない自分を責めます。恒星と付き合って晶が幸せになれるなら…とか、これまた偽善ぽいことを言って、恒星をイラつかせました。

 

朱里と話していた晶も「もう疲れました。堂々巡りに。」と言っていました。

その言葉に、正座していた朱里が足を崩して態度を変えてきて「じゃあ、別れた方がいいね!そうだそうだ!そうしよう。疲れることする事ないじゃん。」と言います。

そして疲れたくないし、朝起きられないし、変なところで働きたくないからここにいる。とマンションを出ていかない理由を言いました。

晶は話を聞いて驚いて「待って、生活の為?京谷のこと好き…だからじゃないの?」と聞きます。

「何言ってんの?京ちゃんは、あなたと付き合うから、だから別れてくれって私に言ったの。どうして?なんで私の方だけ、京ちゃんのこと好きでい続けないといけないの?自分の彼氏はモテる人だって思いたいんだ。それでも私の方を選んでくれたって。幸せだね。幸せでキラキラしてる人は違うね~。ふ~ん、ウサギの餌まで買ってきて、自慢?お前とは違うんだって言いたいの?いつまでも無職の私とはそりゃ違うよね。」と嫌味ったらしく言います。

「私だって楽して働いてるわけじゃ…。」と言う晶を遮って「はぁ?何贅沢言ってんの?仕事があって、仕事が出来て、好きな人に好きって言ってもらえて、お母さんにも気に入られて。何でもあるじゃん。私なんて5年間ずっとここで、こんなスエット着て、派遣会社行ってもお前に紹介する仕事ないって言われて。京ちゃんにも、お前と晶は違うって言われて。話し相手はゲームとウサギだけ。」とまくしたてて、ウサギを飼ったことを正当化します。しまいには「あんたみたいな人、大嫌い。」とまで言いました。

晶は、せっかく直接対決したのに何の収穫も得られなかった事に絶望して、京谷のマンションをあとにしました。

 

う~ん、朱里の言い分も勝手ですね~。こんなに喋れるなら、仕事も出来そうですけど!変なとこって何ですかね?そっちこそ何贅沢言ってるんでしょう?

派遣会社から仕事紹介されないのも全部自分のせいじゃないか!!住所もしっかりしてるのに!!

京谷のことまだ好きって言われて図星だからって、晶に当たり散らすなんて最悪です。

 

仕事に邁進する晶

晶は、朱里に「贅沢だ、幸せだ。」と言われたことを真に受けて、仕事を淡々とこなしていきます。

幸せなら手をたたこう」を笑顔で鼻歌で歌いながら、これまで以上に楽しく装って、社長(山内圭哉さん)の要望も全部応えて、後輩の尻ぬぐいも全部こなしていきました。

楽しみにしていた5tapでお酒を飲む事もせず、社長に言われた仕事の為に、家に帰ってからも勉強です。5tap前で偶然会った恒星は、晶がまた気持ちの悪い笑顔になっていることに気付いていました。

 

気付いていたのは恒星だけじゃなく、松任谷(伊藤沙莉さん)も晶が気持ち悪く、危機感を感じていました。そのことをSEの佐久間(近藤公園さん)に話すと、聞き流されてしまいます。

松任谷は、そんな佐久間の態度が、辞めた営業部長の態度と同じだと言って怖がります。松任谷は今の職場を辞めて、新しい環境に行くのが嫌だと言います。

今の佐久間、社長、晶で回っている会社が、その一角を担う佐久間に辞められると困るってだけの理由で引き留めていました。

その理由を聞いて、ますます辞める決心が固まった佐久間でした。

 

その二人の会話を、社長が聞いて愕然としていました。いい方向に行くんですかね~?この社長も一度に社員が辞めるまで気付かんのでしょう。

 

f:id:lovetv:20181109134538j:plain



フリー写真素材ぱくたそ

 

上野(犬飼貴丈さん)の手伝いで、取引先に行っていた晶は、帰りに、上野から「平和になった。」と言われます。晶の、社長への反発が終わってよかったと言います。

それを聞いて晶は、ますます落ち込みます。「そうだよね。私が贅沢なんだよね~。こうしてるのが皆の平和!」と一切感情を表に出さず笑顔で言っていました。

 

 

どうしてそういう方向に行くんですかね?最初は恒星が「キモイ。」って言ってるのが酷い言い方するなぁって思ってましたけど、確かに気持ち悪い。

元カノが負け惜しみで言っただけなのに!

根暗すぎて怖いです。このキャラ。見ていてイライラします。

 

京谷の両親の出会いの話

晶は仕事だけでも精一杯なのに、京谷の母、千春(田中美佐子さん)から京谷に連絡を取って欲しいと頼まれていたことを果たせなかったと、詫びの電話を入れます。

その時に、父を自宅介護していて大変じゃないのか?と質問する晶。千春は父との出会いの話をして、その時の恋心がずっと続いているのだと言います。

大変な介護も、愛があるから乗り切ってるのだと解釈する晶。自分の事と置き換えて、涙を流す、という場面がありました。

 

う~ん。人の話を自分の話のように受け止めるのは、辛くないですか?

他の人が出来てるから自分もやらないといけないって、そんなこと無理ですよ!人には人の器がそれぞれ違うんですから!!

 

でもまぁ、乗り越えられない晶は、このドラマの初回でも呉羽が言ってましたけど、「それほど好きじゃなかった」ってことになりますね~。

前に晶と京谷がくっつく過程をやってましたけど、晶が4年も犠牲にしてまで付き合うほどの熱さが感じられなかったですしね!二人の前に障害があるからこそ燃え上がったってやつ?

朱里がいたからこそ京谷がよく見えてただけかもしれないし。

朱里も、モテる京谷が、それでも私を選んでくれたと思ってるんじゃないかって晶に言ってました。

ただの負け惜しみで出た言葉だとは思いますけど、晶のなかで、私の方が朱里よりいいはず!って思う気持ちはあるんじゃないですか?

 

   

京谷の決断

朱里をマンションから追い出す事を諦めた京谷。

マンションの名義は自分のまま、ローンも自分が払っていくことにして、朱里を置いて自分がマンションを出ることにしました。

京谷は出ていく前、朱里が以前、薬の飲み過ぎで死にかけた時の話をしました。

救急車を待っている間、「どうして気付かなかったんだろう。こうなるまで何も出来なかったんだろう。このまま朱里が死んだら俺のせいだ。朱里が助かるなら、この先何でもするから朱里を助けて下さい。」と神様にお願いしたと言います。

京谷は、ずっと朱里が死ぬのが怖いと思ってきたのです。しかしそれは愛ではなかったと言います。

「愛せなくてごめん。」京谷はそう言い残して出ていきました。ゲームを手を止めて、裸足のまま追いかける朱里。「荷物は?」と聞きます。

「俺の部屋にまとめてある。明日引っ越し業者が取りに来る。対応だけしといて。」と事務的に伝える京谷。

京谷は、晶に振られるかもしれないけれど、マンションには戻らない。ウィークリーマンションに行くと言って出ていきました。

 

マンションに一人残された朱里。

何年もやってきたオンラインゲームが、運営側の方針で急に終わることになり、最後のイベントの途中で京谷が話しかけてきたため、ゲームをやりながら京谷の話を聞いていました。

が、京谷が急に出ていって、さすがにゲームの手を止めて茫然となっていました。

 

「はあ、終わっちゃった。」とつぶやく朱里。

ゲームの画面には「Kaiji Tachibana」の文字が。橘カイジ。呉羽の夫の名前です。ずっと謎だった呉羽の夫は、ゲームを作る仕事をしてる人みたいです。

 

京谷に出ていかれた後の朱里を見てると、やっぱ京谷のことを好きだったと解釈していいもんでしょうか?

朱里も晶も、お互いを指摘し合った言葉は結構的を射ていたってことでしょう。お互いがダメージ与えられてます。

 

晶が恒星にキス

5tapの前で、恒星とばったり会って話していた晶。その時、京谷から晶の家に来るとスマホに連絡がありました。

恒星の背中越しに京谷来るのが見えた晶は、「京谷が来るとまた許して関係を続けてしまう。」と思い、とっさに恒星にキスをしました。京谷を一発で諦めさせて帰らせる為です。

晶の作戦は的中。京谷は帰っていきました。

 

「ごめん、そんなに深く考えないで。」と恒星に謝る晶。

遠くから「ああああああ!何してんすか??当然わいせつ罪ですよ!!」と三郎が駆け寄ってきました。

「公然な。」と静かにツッコむ恒星。三郎の隣には呉羽もいました。

まずいところを見られた二人です。呉羽は黙っていました…。

 

なんか、この晶って人の性格がよう分かりません。京谷と呉羽を非難しておいて自分も結構やるっていうか…。

まぁ、まだキスの方がマシなんですか??ダメだと思いますけど。

私が頭固いんですかね?

どいつもこいつも十分獣だと思いますけど!!

 

さて、次回は呉羽と橘カイジ偽装結婚だという噂が出て来るみたいですよ!

どうなるんでしょうか?