テレビ好きぴえーるの日記

テレビ好きの主婦によるドラマ、バラエティ、旅番組、入院生活などの雑記ブログ。

獣になれない私たち 第1、2話を観た感想*ネタバレあります

スポンサーリンク

スポンサーリンク

先週10月10日から始まった、水曜夜10時の日テレ系列のドラマ「獣になれない私たち」。新垣結衣さんと松田龍平さんがダブル主演するドラマということで、放送前から期待は高かったです。

もくじ

 それぞれが問題を抱えてる

先週からドラマは始まったわけですけど、第1話から登場人物の悩みがちょっとずつ紹介されていました。

主人公、新垣結衣さん演じる新海晶には、まだ登場してませんがマルチ商法ネットワークビジネスに手を出している母がいて、亡くなった父の事故の保険金も、晶が就職して貯めたお金も全部勝手に使われていました。親戚友人を頼るも売れなくて、今度は晶の職場にまで押しかけて、勧誘を始めたとのこと。

今、その母とは縁を切って、逃げるようにして今の住まいにいる。

 

彼氏の花井京谷(田中圭さん)は、自分で買ったマンションに、元カノ、朱里(黒木華さん)を住まわせている。実家では明るい母(田中美佐子さん)の傍らにいつも、寝たきりになっている男性が…。京谷の父でしょうか?

 

晶が通ってる行きつけのクラフトビール店の常連仲間である、根元恒星(松田龍平さん)は、付き合ってた彼女、橘呉羽(菊地凛子さん)にいきなり「結婚した。」と告げられ振られたばかり。自身の税理士と会計士の会社があるようですが、何だか裏がある感じでした。

 

皆、普通に仕事して生きているように傍から見えていても、裏側にはそれぞれの事情を抱えている。という妙にリアルな設定です。

 

登場人物それぞれの背景が分かっていると、観ている人も誰かの何かに引っかかっているものです。一見、何もないように皆生きてますけど、絶対何か問題を抱えてますからね~。

第1話からこの裏側がチラチラ見えて、親近感がわいてきて、グッと掴まれました。

 

晶の恋愛問題

第1話で、4年付き合っている京谷という彼氏がありながら、「恋がしたい。誰かに恋をして、すごくすご~く好きになって、なれたら…。新しい恋が出来たら、何か変わるのかな?」と恒星に漏らす晶。

何と不謹慎な!と思いましたが、あとで京谷のマンションに元カノが住んでる問題とか、晶の母の事とかが分かって来たので、簡単じゃないのが分かってきました。

第2話で、京谷と晶がどういう経緯で付き合い始めたのかをやっていました。

晶が前に派遣で勤めていた大手デベロッパーの会社で、正社員として働いていたのが京谷。二人は仕事を通じて、お互いの彼女、彼氏の話までするまでに親しくなります。

3年の派遣期間が過ぎて、その大手デベロッパーの人の紹介で今のECサイトに正社員として働く事になった晶。

その送別会終わりで話し込むうち、お互い相手がいながらはじまった恋だったようです。

なんで、元カノが家に今の住んでるのか?という疑問は、京谷が付き合っている時に元カノの朱里が仕事で悩んでいて、メンタルもやられていたから、当面のお金の心配をしなくて済むように、一緒に住みだしていた。

ところがいざ仕事を辞めて京谷のマンションに住み始めると、ずっと引きこもって次の仕事を探そうとしない。京谷は朱里との関係に思い悩んでいた。

晶もフリーターの彼氏に悩んでいて、送別会の夜、二人とも帰りたくないという思いが一致して一緒にいたら、いつの間にかキスしていた…。

まぁ、略奪で始まった恋だったわけです。だから「出ていけ。」と強く言えない、いつまでも一緒に住めない京谷と晶。

二人の行き詰まりの原因は付き合う以前から始まってた…。というのが第2話で分かりました。

 

これからもどんどんこじれていきそうです。元カノ朱里としては、来いと言うから引っ越したのに、彼氏まで取られて家まで取られるなんて、意地でも出て行かない気がします。

 

仕事環境が過酷

第1話の放送で話題になっていたのが、晶の仕事環境。営業アシスタントなのに営業のフォローを任され、長時間労働当たり前。松任谷(伊藤沙莉さん)、上野(犬飼貴丈さん)の尻拭いまでさせられています。

帰宅している途中の電車の中でもタブレットで仕事をし続け、自宅に近い駅でやっと一息つく。という日常です。取引先に向かう時は急いでいるので、電車で移動しつつメールを打ったりしてました。

 

第1話の最後で業務改善要求をしたものの、その時の格好がいつもと違う、ヒールの高いブーツにレザージャケット、サングラスと、ただグレただけだと九十九社長(山内圭哉さん)に捉えられ、落ち込みます。

しかし何とか九十九社長の3日間の出張の間は、有休がもらえることになり、社長が出張から帰って来たら答えを出す、ということになりました。

先週10日放送の時の、次々と振られる仕事を冷静にこなしていく晶の姿に圧倒されました。キャパオーバーで噴火してしまうことなく、ちゃんと完璧にこなしてしまうし、社長が頼り切ってしまうのも仕方ない気がしました。

しかし、駅に入って来る電車に飛び込もうとする危ないシーンはありました。これにはドキッとしました。

 

結局、社長が出した答えは、営業アシスタントではなく、晶を営業の「特別チーフクリエーター」に昇進させ、給料もボーナスも上げるというものでした。

業務改善というか、仕事を減らしてもらえたわけでなく、仕事に見合った地位を与えられたわけです。それはそれでいいと思うんですけど、晶本人は仕事を減らしてもらいたかっただけで、昇進は望んでいなかったみたいです。

f:id:lovetv:20181018163149j:plain



フリー写真素材ぱくたそ

 

晶と恒星

このドラマは、新垣結衣さんと松田龍平さんのダブル主演なんですよね?ドラマのHPをみても、二人が仲良くしている写真が出ています。

第2話まで観ていて、どうも二人がくっつくとかそんな感じがしないんですが、タイトルにある「獣になれない」のは一体誰?

呉羽は直感で生きる女だから「獣」と分類なんでしょうか?

晶と恒星が獣になりたいんですかね?

京谷は、本当にすごく晶の事が好きみたいですけど、晶は別れた方がいいのか迷ってますよね~?

京谷の「好き」も、第2話を観て、朱里から逃げたかったからのようにも見えなくもないし。「そんなに好きじゃなかった。」と言ってしまえるかもしれないですね。

 

田中圭さんに期待してるんですけど…

第3話は、京谷が朱里に暴れられて晶の家に逃げて来るようです。一方、恒星の事務所には怪しい人影が…?

さぁ、この先どうなっていくんでしょ?

個人的には松田龍平さんより、田中圭さんの方がいいと思ってるんで、あんま松田さんとの絡みを期待してないんですが…。

なんせダブル主演だから、これからもガッツリ出てきますよね?

田中圭さんは「牛に願いを」とかスキマスイッチの「飲みに来ないか」のPV、「軍師官兵衛」、「びったれ!!!」など、私はこれまでも結構出演作を観て来ていて、素直な好青年から、怖いお兄さんまで色んな顔を観ていて、とてもいい俳優さんだと思ってます。

おっさんずラブ」でブレイクだって言われてるのを聞いて、何をいまさら!と思いました。そう思ってる人、他にも多いと思います。

 

なんだか雲行きは怪しいですが、晶と京谷が別れて欲しくないです。なんとかして~!

 

 

以上、「獣になれない私たち」を観た感想でした。

 

 

www.lovetv.site