ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

グランメゾン東京 第2話「ナスのプレッセ」を観た感想とあらすじ カッコ悪い木村拓哉もいい!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

毎週日曜夜9時からTBS系列で放送中のドラマ『グランメゾン東京』。10月27日に第2話「ナスのプレッセ」が放送されました。

 

www.tbs.co.jp

前回の第1話。

一緒に「グランメゾン東京」という店をやることになった早見倫子と尾花夏樹。

尾花の以前の同僚を誘うものの、尾花が起こしたアレルギー食材混入事故後の対応に怒りを覚えていた元同僚みんなに断られる。

断った中の一人である京野が、今いる「レストランgaku」に、事故後に負った借金があり、やめられない状況であると知った早見は、大金を持って「レストランgaku」を訪れ、借金を肩代わりし、京野を引き抜いた。

尾花、早見に新たに加わった京野、そしてアルバイトの求人募集で応募してきた芹田公一は、「グランメゾン東京」開店を目指して動き出すことになった。

…というお話でした。

第1話の感想はこちら。↓

 

www.lovetv.site

 

 

おもな登場人物

尾花夏樹:木村拓哉さんパリのレストランエスコフィユ」の元二つ星シェフ。3年前、日仏首脳会談でアレルギー食材混入事故を起こし、以来落ちぶれる。人の話を聞かない性格で元同僚から嫌われてる。早見家のガレージで寝泊まりしている。

 

<<グランメゾン東京>>

早見倫子:鈴木京香さん…星を目指す料理人。食べただけでレシピが分かる舌の持ち主。真面目な性格。パリで尾花と出会い、一緒に東京でレストランを開くことになる。尾花が信頼する京野を「gaku」から引き抜く為、京野の借金を肩代わりする。

京野陸太郎:沢村一樹さんかつて料理人で尾花のパリ修業時代の元同僚。エスコフィユを一緒にやっていた尾花に対して事故の件で怒りを抱えていたが、早見の行動に心動かされ、「gaku」から「グランメゾン東京」に移ることになった。

芹田公一:寛一郎さん…元居酒屋店員。グランメゾン東京の求人を知り応募。実直で明るい。

 

<<尾花の元同僚の現在>>

相沢瓶人及川光博さん…人気WEB料理研究家。コミュケーション力が高い。妻が失踪し、男手一つで娘のアメリーを育てる。尾花からの「グランメゾン東京」の誘いを断る。尾花に対してコンプレックスを抱いている。

 

<<ホテル>>

平古祥平:玉森裕太さん…「エスコフィユ」にいた後輩。かつて尾花に憧れていた。現在は一流ホテル最年少料理長。蛯名美優と交際中。

蛯名美優:朝倉あきさん都議会議員・蛯名西堂の一人娘。一流ホテルのコンシェルジュ

松井萌絵:吉谷彩子さん…ホテルブッフェのパティシエ。

 

<<レストランgaku>>

丹後学:尾上菊之助さん…レストラン「gaku」のシェフ。尾花のパリ修業時代の元同僚。東京No.1のレストランを目指してる。尾花が「グランメゾン東京」を開くと知り、京野も引き抜かれ、怒りの気持ちを抑えている。

江藤不三男:手塚とおるさん…レストラン「gaku」のオーナー。「グランメゾン東京」のことを目障りに感じ、妨害行為に出る。

 

 

 

<<グルメ雑誌「マリー・クレールダイニング」>>

久住栞奈:中村アンさん…フリーのフードライター。リンダから尾花を調べるよう依頼を受け、倫子と接触する。(第2話では登場なし)

リンダ・真知子・リシャール:冨永愛さん…グルメ雑誌「マリー・クレールダイニング」の編集長。尾花の事件を久住に調べさせる。(第2話では登場なし)

 

第2話のあらすじ

「グランメゾン東京」を開くには、5000万円の資金が必要だった。

京野が融資をお願いしに銀行を回るものの、有名な料理人ではない早見が料理長では説得力がなく、貸してくれる相手が見つけられなかった。

そこで京野は、名のある料理人の名前を求めて、Web料理研究家をしている相沢のことを思い付く。

そして、相沢がレシピ本を出してサイン会をやってる現場に、早見と尾花を連れて乗り込む。

サイン会のあと、娘のアメリーを保育園に迎えに行く相沢についていく3人。

尾花は、アメリーに好物のゼリーを作ると言い、相沢の自宅に上がり込む3人。

相沢の自宅のキッチンは、動画撮影が出来るよう大きくカメラを設置できるようリフォームされており、とても使いやすく出来ていた。

尾花のゼリー以外に、早見がアメリーのリクエストに応えてハンバーグを作り、喜んでもらった。

 

食後。相沢に、銀行からお金を借りるために、名前を貸して欲しいと話をする京野と早見。

相沢は父子家庭で、毎日娘の送り迎えがあるので、今の定時で帰れる職場を変えられないと断ってきた。

名義を借りることは諦めたが、尾花は、相沢に仕事の助手として働かせてくれと頼む。

早速、相沢のお料理教室に入り込んだ尾花。

そこで、相沢と5分で作れる即興料理対決を申し込み、生徒の女性たちに審査をお願いする。

すると高級食材トリュフを使った尾花の料理よりも、抹茶や昆布茶など和の食材を取り入れた相沢の料理の方が好評を得る。

自分の料理が日本でウケないことを知った尾花は、しょうゆやみそ、だしなど日本の調味料を使ったソースを生み出そうと考え始めた。

そこで、日本人に合う味を調べるため、元同僚・平古が料理長を務めるホテルのレストランに食べに行ったが、平古に味の改善点を指摘したり、パティシエに指導したりして嫌がられ、一緒に行った京野と早見に引っ張り出されたのだった。

 

一方、京野は相沢に名前を借りることを諦め、以前いた「gaku」の取引銀行の担当者・汐瀬(春風亭昇太さん)に話を聞いてもらうため、先に「gaku」を訪れ丹後とオーナーの江藤に、汐瀬と話をしてもいいかと許しを請うた。

京野と早見は、汐瀬に開店予定の倉庫に来てもらい、事業計画を提出する。汐瀬は原価率を下げるよう提案してきた。

 

5000万円を融資してもらうために「グランメゾン東京」の味を汐瀬に試食してもらうことになり、新メニューを考える尾花と早見と京野。

日本産のナスを使うことにしたものの、合わせる味に迷う尾花たち。

そんな3人の姿に相沢は…??

汐瀬に納得してもらい、5000万円の融資は受けられるのか?

 

…というお話でした。

 

早見の度胸の良さに感服

最初全然お金を貸してくれる銀行が見つからず、困っていた早見たち。

尾花が、亡くなった早見のお母さんの保険金とか、自宅を簡単にあてにする場面がありました。

保険金は京野の借金の肩代わりする時にもうすでに使っていて、自宅は絶対に手放さないと言ってました。

パリから帰国した時に尾花に30万円をポンと出したり、京野の借金の肩代わりに1000万円までポンと出したから、早見はお金があると思い込んでいました。

しかし、まさかお母さんの大事な保険金だったとは…!と驚きました。

第2話でお金に余裕があったわけじゃないと分かり、しかもかなり度胸があることに感服しました。

そんなにまでして信じられる尾花の味ってどんな味なんでしょうか?

テレビ越しに料理を見せられるなので分かりませんが、相当おいしいんだろうなぁと想像します。

どっちかっていうと私は尾花の料理より、早見が作る家庭料理の方がおいしそうに見えます。

すいません。方向の違う話をしてしまいました。

 

f:id:lovetv:20191028165637j:plain

 

話を戻すと、この度胸のある早見の店だからこそ、京野も来てくれたし、もしかしたらあとで相沢も来てくれるんでしょうか?

こんな肝が据わった人と一緒にいられたら安心するだろうな。と思います。

でもちょっと怒りっぽいかな?

尾花が勝手すぎる発言が多いから仕方ないか…。

 

尾花はパワハラ上司?

第2話では、チラチラと「エスコフィユ」での尾花と相沢の場面が出ててレシピのアイデアを出した尾花のリクエストに応えてくれなかった相沢に「死ぬ気でやれ!」ってキレてました。

尾花って人は、自分と同じ熱量で仕事してくれない相手にキレる人なんですね!

 

あと、日本人の好みを知るために平古が働くホテルにも行って、楽に仕事してるパティシエ・松井にも「本気出して。」ともっと上にいく努力をするように言ってました。

こうやって「本気出して。」とか「死ぬ気でやれ!」って強い言葉は、ついていけない人間にとってはプレッシャーになると思います。

松井さんは別の店の人だし、被害はないでしょうが、相沢は苦しそうでした。

娘さんとのこともあるけど、なかなかもう一度相沢が尾花とやってくれるとは思えません。

京野のように借金肩代わりとか大きなことは相沢にはなさそうだし、仲間になるには時間がかかると思います。

 

早見と尾花、どっちの上司がいいか?

尾花はついていこうと必死になるので自分も腕が上がるかもしれないけど、ずっと一緒にいるのは無理そうなタイプだと思います。

早見の方が長く一緒に働けそう…。

自分の精神状態でどっちかいいか分かれそうな2人の上司です。

 

丹後役の尾上菊之助さんがいい!

「gaku」のシェフ・丹後が感情を押し殺していて、いいですね~。

尾花を目の敵にしてるのに、感情を表に見せないようにしてます。

丹後役の尾上菊之助さんがポツポツと語り出すと、何やらグッと引き寄せられるものがあります。

回が進むにつれ、どんな風に変わっていくのか見守りたいです。

 

次回からは?

第1話は店をやっていこう!と決めた回で、第2話はその資金と前菜のメニュー作りを考える話。

第3話ではメインディッシュのメニューを考えるみたいです。

初回で三つ星を狙う!と言ってましたが、どこまでの話を描く予定なんでしょうか?

あと、アレルギー食材混入事故の件についての真相の追及は、第2話ではありませんでした。

 

ちょっとずつ話が進んでいて、一人一人のエピソードを交えた感情が丁寧に描かれていて、とても見やすいです。

もっとミステリアスなハラハラ展開のドラマと思っていましたが、自らをおじさんとかおばさんとか言ってツッコミを入れていて、クスッと笑えるのは意外でした。

尾花の強気な発言も、そんなカッコよくないです。

今までみたいに木村拓哉さんをヒーローに仕立てるドラマじゃないと思いました。

こういうカッコ悪いところも見せてるのが、今までになくていいと思います!

 

さてさて、お店は無事に開店して、三つ星も取れるようになるんでしょうか?

今のところ全然そんな感じじゃありません!

本当にどうなっていくんでしょう?

 

以上、『グランメゾン東京』第2話を観た感想でした。

 

 

 

www.lovetv.site