ぴえーるのテレビブログ

ドラマ・旅番組・漫画の感想ほか色々書いてる雑記ブログ

エルピス 5話ネタバレ感想 岸本の行動力が周りを変えていくーー!!?

スポンサーリンク

スポンサーリンク

11月21日月曜夜10時から、フジテレビ・関西テレビ系列でドラマ『エルピスー希望、あるいは災い-』5話が放送されました。

ネタバレ感想を書いていきます。

www.ktv.jp

前回、4話の感想はこちら。↓↓↓↓

 

www.lovetv.site

 

 

『エルピスー希望、あるいは災い-』物語の概要(公式HPより)

あるスキャンダルがもとで、落ち目となったアナウンサー・浅川恵那(長澤まさみ)

バラエティー番組の若手ディレクター・岸本拓朗(眞栄田郷敦)たちと共に、10代女性が連続して殺された事件の真相を追っていくストーリー。

すでに、死刑が確定している事件の冤罪疑惑を追っていくなかで、一度は失った"自分の価値"を取り戻そうとする姿を描くーー。

脚本は、朝ドラ『カーネーション』の脚本家で、民放連ドラ初の渡辺あや

監督は、映画『モテキ』の大根仁。社会派エンターテインメントです。

 

おもな登場人物

  • 浅川恵那(長澤まさみ)…好感度抜群だったところから、スキャンダルで転落したアナウンサー。女子中学生連続殺人事件ですでに死刑が確定している松本良夫の冤罪疑惑の真相を、ディレクター・岸本と追っていく。
  • 岸本拓朗(眞栄田郷敦)…バラエティー番組の若手ディレクター。裕福な家庭で育ちち、名門大卒。制作部に配属される。女性タレントを口説いたことをネタに、チェリーさんから冤罪疑惑の真相を追うよう依頼され、浅川に協力をお願いする。
  • 斎藤正一(鈴木亮平)…報道局のエース記者。官邸キャップ。新人だった拓朗の指導を担当。浅川のスキャンダルの相手。元彼氏。
  • 滝川雄大(三浦貴大)…恵那と同期の記者。常に忙しくしている。
  • 村井喬一(岡部たかし)…緩さで10年続く深夜情報番組『フライデーボンボン』のチーフプロデューサー。報道で邪魔者扱いされバラエティーに。ひと昔前の業界人で口が悪い。岸本と浅川が出してきた冤罪疑惑を追う企画に強く反対。
  • 名越公平(近藤公園)…『フライデーボンボン』のディレクター。不倫で飛ばされた元スポーツ局ディレクター。
  • 海老田天丼(梶原善)…『フライデーボンボン』の司会者。浅川のゲリラ放送で唯一相談されていた。
  • 大山さくら(三浦透子)…ヘヤメーク担当。通称:チェリー。情報通。死刑囚松本良夫の無実を信じ、岸本と浅川に調べるよう依頼。松本逮捕のきっかけとなってしまった松本宅にいた家出少女。
  • 岸本睦子(筒井真理子)…拓郎の母。年収1億円の弁護士。正義感が強く早く死んでしまった夫のようにならないよう、息子には楽に生きて欲しいと願ってる。
  • 松本良夫(片岡正二郎)…2006年に10代女性連続殺人事件の犯人として逮捕され、死刑判決を受けている。刑事に自白に追い込まれたと言い、裁判で無実を主張。
  • 木村卓(六角精児)…弁護士。松本の控訴審から弁護を担当。松本を無実と信じている。松本をロリコンと騒ぎ立てたマスコミを嫌う。
  • 笹岡まゆみ(池津祥子)…『首都新聞』の記者。松本氏の事件と最近起きた事件に関連があると見て、浅川に情報を提供してくれている。
  • 大門雄二(山路和弘)…副総理。元警察庁長官。斎藤をかわいがる。

 

チェリーさん助かっていた

前回・4話の終わりに、チェリーさん(三浦透子)がマンションから飛び降りてどうなる?となっていました。

が、5話のはじめに助かっていたことが分かりました。

部屋が3階で幸い植え込みの上に落ちて無事!

でも、全身打撲と骨折していたので入院。ということでした。

 

とにかくよかった!!

まず安心しました。

チェリーさんがいないと、このドラマの冤罪疑惑を追う!というのが始まらなかったですからね!!

ちゃんと生きて松本さんが無罪になるのを見届けないと。

 

岸本の遅れた反抗期

前回、村井(岡部たかし)さんに、「逃げんな!向き合えよ。自分が何に負けてきたのかちゃんと向き合え。」と言われた岸本(眞栄田郷敦)。

中学時代にいじめで自殺した友達を救えなかったことを悔やみ、助けを求めたのに、助けてくれなかった母・陸子(筒井真理子)と、食べ物が受け付けられなくなっていました。

食べ物が受け付けられない。ってのは、浅川(長澤まさみ)も初回から2話にかけてそういう症状になっていましたね。

このドラマでは、何か拒否したいことがあると、食べ物も拒否する傾向になるようです。

でも、お母さんを受け入れられないってのはどうなの?

遅れた反抗期?

ちゃんと中学生の時に喧嘩しとけよ!って感じですね。

でもま、中学から大学までエスカレーターの学校なら、それからもずっと同じ人間関係続くんですもんね。

22歳まで同じだなんてキッツ!

その人間関係しか知らずに育てば、外れるのって怖いんでしょうね。

私は、小学校から中学に上がる時に、よその小学校の子が一緒になるだけで人間関係ガラッと変わった気がしましたけどね~。

それをずっと大学まで一緒とか想像つかんなぁ…。

でも私は、中2・中3と学校が嫌で、塾に行ってた時だけ楽しかったです。

塾に行くことで、学校だけの人間関係じゃないっていうのが分かって、だいぶ救われてました。

だから、岸本がずーっと同じ人間関係でいないといけなかったのがかわいそうだな。と思います。

何度もこの母親が「明王に入れたった。」って言うのが、岸本にとっては逆に、そのせいで嫌な人間関係を続けないといけなくなった原因とか思ったのかも。

でも、受験して入るんでしょ?この学校。

自分自身だって選んでそこ行ったんじゃないの?って思うんですが。

公立中学なら、たまたま同い年でたまたま同じ時期に同じ地域に住んでるだけの関係だと割り切れますけど、私立は自分で選んで行ってる分、キツイな。

違う高校に行くって選択肢もあったのに、選ばなかったのは岸本自身では?

なーんか、遅れて来た反抗期って感じで、甘ったれるなーと思いました。

あと、母親!

子どものためだとか言って、子供をしんどい場所にずっといさせ続けたのもどうかと思うぞ!

なんでそんな東京がよかったのかな?

東京であんな立派な家帰るぐらい裕福なら、よその地域でもっといい暮らしできただろうに。

謎!

 

長々と本筋じゃないところで引っかかってすいません。

 

偉そうじゃない岸本が人を動かす

『フライデーボンボン』の松本さん(片岡正二郎)の冤罪疑惑の特集が、1回目2回目と高視聴率をとったにも関わらず、もうこれ以上はやらない。と決定しました。

上からの圧力です。

松本さんの再審請求が棄却されたショックで、斎藤(鈴木亮平)とより戻して現実逃避していた浅川は、全く反抗せず受け入れ、岸本だけが疑問を投げかけていました。

母親に不満をぶつけて家出していた岸本は、何かせずにはおれず、松本さんの逮捕の決め手となった目撃証言をしたという、西澤正(世志男)の周辺をひとりでさぐることに。

西澤が現在住むところの近所の人によると、10年ぐらいに今のところに引っ越してきて、前は八頭尾山のふもとの方に住んでいたとか。

働いている様子はないのに、高級車に乗って毎日パチンコしているのがあやしい。

一緒にいる女性は奥さんではないらしい。どこかの飲み屋の女性だろうとのことだった。

さらに西澤の周辺を探るために、飲み屋街で聞き込み。

西澤には妻子がいて、DVで逃げたことも分かった。

岸本は、西澤の息子の小学校の同窓会に潜入。しつこく西澤について聞きまわっていたら、健太の友達に拉致され襲われる。

西澤の指示で、健太をさがしに来たと思われたのだ。

健太の居所は教えられないと言う健太の親友。

健太を親父のDVから守りたいというその親友に、西澤のことで、お母さんに12年前の事件のことを聞きたい。と健太に伝えてもらえないか?と頼む岸本。

親友の携帯で、健太と直接話すことが出来た。

 

…という流れだったんですが、空気読まない岸本だからこそここまで堂々と人の懐に入れるんだな。と思いました。

どうしても知りたい。西澤について知りたい。となったら、暴力振るわれようが脅されようが、全然ビビらない岸本。

健太の親友たちに拉致られて殴られて、血まで流してるのに、しっかり頼むことは頼む。

改めて岸本スゴイな~と思いました。

暴力振るわれてるのに、ちゃんと親友君が健太君につないでくれるってなぜか信じてるし、岸本の堂々とした態度で親友くんも動かされてるし。

岸本には、空気を読まないだけじゃなくて。人の気持ちを動かすことができる力もある!!

この人にだったら話してもいいなって思える素直さがあるっていうか、信じられる人って思ってもらえる。

ドラマだからってのもあるけど、こういうどこに行っても愛されると言うか、世話してもらえるお得な人っているんですよね。

きっと偉そうな態度とかしないんですよね。こういう人って。

 

斎藤が色仕掛け

岸本が一人で頑張っているなか、あきらめモードになっていた浅川は、斎藤と会ってました。

4話でも、何か聞きたがっていた浅川を黙らせるために抱いてうやむやにした斎藤。

今回なんか、堂々とレストランに浅川を連れ出し「好きな女とうまいもん食いたい。」なーんて言っておりました!

はぁ⤴?

齋藤にラブ♡な浅川はまんまとその手に乗っかり、よりを戻したと勘違いしてました。

あー。いつまで斎藤を引きずるのかな?浅川は。

恋する女の目になってて、だめだこりゃ。と思いました。

 

斎藤が岸本に探り

斎藤は、浅川にだけじゃなく岸本とも接触。

岸本は斎藤を信じてるから、なんで『フライデーボンボン』の特集が潰されたのか、理由を斎藤に聞いていました。

斎藤によると、冤罪疑惑を潰したい警察か検察からプレッシャーが報道局かかって、報道局長からバラエティーの局長に圧をかけた。

という流れだそうです。

斎藤は、そんな会社のパワーバランスを示しつつ、岸本に「ここまでやっただけでも上等だよ。」ともうやめるようにと忠告。

岸本は、もし自分が一発逆転のすごいネタをつかんだら、『ボンボン』でやらせてもらえないからと言って、報道に持ち込んだとしても握りつぶされるか?と質問。

斎藤は「もしそういうのを掴んだ場合は、先に俺に相談して欲しい。」と寄り添うようなことを言い、自分が上に行った方がいいと信用させるようなことを言ってました。

 

信用できるかーい!!

人を信じる岸本。

もう、何か言うんじゃないかとヒヤヒヤしましたよ。

斎藤のこと慕ってるみたいだし。

でも何もそれ以上言わなかったの、ナイス!!と思いました。

直感などない、とか岸本自身は言ってましたけど、岸本って、言っていい人悪い人を直感で選んでる気がする。

 

西澤の元妻の証言を得る岸本

猪突猛進の岸本。

とうとう西澤の元妻にまでつながります!!

元妻と息子・娘は、DVをされていて逃亡。名古屋にいるのを西澤に隠していた。

その逃亡先に、岸本が呼ばれたのです。

 

西澤の元妻・吉村由美子(小林麻子)は、声を震わせながらも西澤正が松本さんを見たと証言したことは嘘だと言う。

その時刻は、家で酔っぱらって寝ていた。八頭尾山で松本さんを見ていたはずがない。というのだ。

西澤はお金をもらったんだと思う。と言い、事件以来、『アサベ商事』という会社名から毎月30万円振り込みがあると言って、通帳を見せてくれた。

本人は給料だと言うが、働いていない。

『アサベ商事』を調べても出てこない。架空の会社ではないか?と言う。

西澤が家にいたと証言できるのは、吉村以外に息子と娘の二人。

子どもが小さいうちは、西澤の仕返しが怖くて証言できなかった。

が、子供達も成人し、息子の健太は「今度こそ本当のことを言った方がいい。」「自分たちはもう大丈夫だから。」と言ったという。

吉村は「申し訳なかったです。」と言って号泣した。



ーーーこんな、調べたらすぐわかるようなこと、なんで裁判の時に誰も気づかなかったんでしょう??

ああ、木村弁護士(六角精児)はちゃんと弁護側と検察側の証言の矛盾点をついていたのかもしれない。

でも。握りつぶされたってことですよね。

 

何でそんな前のことを、吉村さんは、はっきり覚えていたのか?

事件があった2006年11月18日。

その日は獅子座流星群があった日だったから、細かいことまで思い出していたという。

その日。いつものように西澤に暴力を振るわれて泣いていた吉村さんが、健太に獅子座流星群を見ようと言われ、娘も一緒に夜空を見上げ、その美しさに慰められたから。

獅子座流星群が見られる日だったということは、被害者の姉・純夏(木竜麻生)も妹と一緒に見るはずだった。と話していた。

吉村さんは、子供たちと夜空を眺めながら「この子たちがいてくれるから自分はまだ生きていけるんだ。」と思ったという。

そんな印象的な夜だったから覚えていた。

 

ーーーこんな日のこと。確かに忘れませんよね。

チェリーさんは、人生で初めて誕生日を祝われた夜だった。

被害者の姉は、被害者と一緒に流星群を見る予定だった。

それぞれが大事な夜だったから覚えている。

もしかしたら、被害者と真犯人もそんな理由で会ったのかもしれない。

神聖な感じがする日に殺されるなんて・・・。

 

吉村さんの証言。かなり感情移入して見ました。

もらい泣きしました。

大事な日だったのに、何を嘘の証言しとんじゃ。西澤正。

 

副総理の思惑

斎藤は前から、副総理の大門(山路和弘)から目をかけられていました。

もしかして斎藤って、政治家志望??

今回、その大門が元警察庁長官だということを、報道の滝川(三浦雄大)から浅川に伝えられていました。

この副総理、何やら斎藤に言ってることはこれまでも度々匂わされていました。

ただ、元警察庁長官だったとは!!

だから斎藤を通じて、大洋テレビに圧力がかけられたってわけです。

 

斎藤が、浅川に復縁をチラつかせながら近づいたのも、全て探りをいれるためだった?

浅川は、ホイホイ喜んで食事も一緒に行ってたのに。

でも!!

滝川にその情報を教えてもらって、斎藤の狙いに気付けたようです。

でも、未練あるからバチっと切るのは出来ないんだろうな~~~。

 

岸本ゲリラ放送狙う

岸本は、浅川と同じやり方で吉村さんの証言をゲリラ放送しようと仕掛けます。

何かやろうと知っていたのは、浅川の時は司会の海老田天丼(梶原善)。

岸本がVTRフリをお願いしたのは、自分をハメようとしたボンボンガールのあさみちゃん(華村あすか)でした。

全く同じ手口だったので、村井さんが危険を察知。

放送は阻止されました。

うーん、残念!!!

村井さんは浅川を呼び出し激怒!!

何も知らなかった浅川は、吉村さんの証言映像を見て完全に目が覚めます。

岸本を呼び出し、まず自分が情けなかったこと。戦いもせず負けに甘んじたこと。を謝ってました。

 

やーっと目が覚めたか!浅川さん。

4話の最後から5話の途中までほーんと見てられなかったです。

やっと浅川さんが帰って来てくれた!!!

何を謝られてるのか、分かってない岸本もよかったな~。

自分の行動力のすごさを分かってないんだから!!岸本。

負け続けてないよ、岸本!!!

 

君は本当にスゴイことしたね。」と岸本を褒めている浅川もよかった。

岸本に、自分がどれだけスゴイのか、ちゃんと分からせてあげてくださいよ!!

「真実は闇に葬られて終わりました。」とか、ブツブツ卑屈なのが笑えました。

本当はスゴイのに!!岸本くん。

 

斎藤にネタを先に持っていかなかったのが「何かちょっと悔しいっていうか。」っていう理由もよかった。

それでいいんだよ!!岸本!!!

よかった!本当に潰されないで。

斎藤なんかに持って行ってたら潰されてたよ。

 

長澤まさみさん演技うますぎる!

この時の浅川の表情よかったな。

長澤まさみさん演じる浅川の5話の表情、斎藤に甘い言葉言われて喜んでる表情もかわいかったし、岸本が斎藤にネタをもっていかなかったことにホッとした表情もよかった。

こんなに長澤まさみさんって演技上手だったんですね。

初回から、アナウンサー役吹き替えじゃないか?って思うほど上手だとは思ってたけど、こんな微妙な、細かい表情の動き、目の動き、演技上手すぎる!

気持ちが伝わってくるもんね!

本当によかった。

岸本も、それに触発された浅川も。

 

浅川は「何もかも全部吹き飛ばせるぐらい決定的で、最強の真実を君は掴んだの。松本さんを釈放できるかもしれない。」と教えてあげてました。

やったー!!!!

岸本もみるみる表情が変わって、空腹気づいて雑炊を食べていました。

もう涙が出ましたよ!!!

 

これをすればよかったんだよ。

浅川も。

チェリーさんも。

 

岸本がどれだけスゴイか!!!

 

村井さんも変わってくれたらいいのに!

5話、いい話だったな。

村井さんも変わってくれたらいいのにな。

あ、すでに4話の途中から変わって来てたか。

 

次回が楽しみ!!!

 

以上、『エルピスー希望、あるいは災いー』5話を見たネタバレ感想でした。

 

www.lovetv.site