ぴえーるのテレビブログ

テレビ好きによる番組感想とドラマ展開予想の雑記ブログ

2019年7月スタートドラマで第1話で観るのをやめてしまった2作品+やめようとして続きを観てる1作品

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2019年7月スタートのドラマの中で、第1話を観て、続きを観るのをやめたドラマが2つと、やめようとして続きを観ているドラマが1つあります。

こんなの書いてどうすんだ?とは思いましたが、これから途中からでも、どれかドラマ観たいな~。という方の参考になればと思います。

 

 

監察医 朝顔

まず最初は、月曜夜9時からの『監察医 朝顔』です。

このドラマは、上野樹里さんが久々の月9主演という事で、期待して第1話を観ました。

前の『ラジエーションハウス』で、月曜にドラマ観る習慣も出来てましたし。

けど、監察医のお話なので、人が死ぬという前提の話で、観る前から分かってるのは観るのがしんどかったです。

 

第1話は、自宅とは違う倉庫の中で、女性が亡くなっていた死因を特定するという話だったんですけど、女性にはお子さんがいて、お子さんがご遺体となかなか対面できないところからはじまりました。

死因を特定するのと、お子さんの気持ちをほぐすのと同時に話が進行していきました。

お子さんの気持ちの移り変わりを丁寧に描いているのが切なくて、女性の夫とお子さんがこれから二人だけになってどうしていくんだろう、とか、変に入り込みすぎちゃってだんだん観るのがしんどくなっていきました。

 

一番は、死ぬ場面を観るのが怖いという理由で観るのをやめました。

 

私は元々2時間サスペンスが好きで、山村美紗サスペンスとか、名取裕子さんの『法医学教室の事件ファイル』とか、火野正平さんも出演されていた木の実ナナさん、古谷一行さんの『混浴露天風呂連続殺人』も観てたんですが…。

何でか見れなくなってしまいました。

単発の一回で終わるからサスペンスは見れてたのかな?

 

とにかく、現実で怖いことがたくさん怒ってるのに、ドラマでまで怖い思いしたくない。

年々そう思うようになりました。

エグい場面があっても、最後助かるって分かってれば観れるんですけど。

 

あぁ、そうか。

サスペンスは主人公は事件を追って、犯人を追い詰めて返り討ちされかけても、必ず助かるって分かるから、観れてたのだと思います。

 

とまぁ、いいドラマかどうかの判断の前で、ただ怖いという気持ちで『監察医 朝顔』は、第1話で観るのをやめてしまいました。

 

Heaven?〜ご苦楽レストラン〜

次は、火曜夜10時からの『Heaven?~ご苦楽レストラン~』です。

出演者の方々が岸部一徳さん、段田安則さん、勝村政信さん、志尊淳さんなど、好きな俳優さんを集めたかのようなドラマだったんで、とても楽しみにして第1話を観ました。

 

石原さとみさん演じるレストランのオーナー・黒須仮名子に、スカウトされたスタッフの男たちがめちゃくちゃ振り回されてました。

なのに、最後はさすがオーナー!みたいな感じになって、急にいい話に持って行ってました。

ん~??なんだこの話は?

 

ちょっと第1話では、また観たいと思えなかったです。

振り回す感じのキャラクターは、昨年の『高嶺の花』の月島もものイメージを引きずってるのかな?と思いました。

まぁ、別にコメディーだから深く考えて観るもんじゃないか。

単純に私がそんな好きな感じのコメディーじゃないという理由で、第1話で観るのをやめました。

 

f:id:lovetv:20190724020207j:plain

 

あとで、観ときゃよかったって思うんでしょうか??

あとから面白くなってくるドラマってありますしね~。昨年の『高嶺の花』は途中から観て面白かったですから。

『高嶺の花』は、峯田和伸さんと芳根京子さんがよかったです。

 

途中から観て最終回を観た感想を過去に書いてます。↓

 

www.lovetv.site

 

 

ボイス 110緊急指令室

最後は、7月13日から始まった、土曜夜10時からの『ボイス 110緊急指令室』です。

上の2作品と違って、第1話で観るのやめようと思って思いとどまったドラマです。

 ーーー

第1話は、3年前の事件にさかのぼる。

刑事・樋口彰吾(唐沢寿明さん)の妻・未希(菊池桃子さん)が殺人鬼に追われ、助けを呼ぶ110番通報を受けた橘ひかり(真木よう子さん)が、一度電話を切られてコールバックをした着信音のせいで犯人に居場所が知られてしまい、殺害されてしまった。

その犯人の裁判で「声が違う。」と証言したひかりを彰吾は恨んでいた。

 

ひかりは、未希を助けられなかった後悔からボイスプロファイラーとなり、未希の事件から3年後、室長として緊急室に戻ってきていた。

そんななか、拉致されたと若い女性の通報が入る。

ひかりは樋口に、通報してきた女性・萩原夏美(吉川愛さん)を救う為、拉致されている現場を探すよう要請する。

ひかりに恨みがある樋口ははじめ反発するが、萩原夏美と妻を重ね合わせた樋口は、ひかりが指示する通りに、萩原夏美を救いに行った…。

 

という話だったんですが、これがもう暴力シーンが怖くて怖くて、観ていてゾッとしました。

助けを呼びに通報してきた人を救う、という話だと聞いて、ずっとこんな怖いシーンが続くドラマなのかと思って、怖くて第1話で観るのをやめようかと思いました。

しかし、初回だけでは事件が解決しなかったので、ちゃんと女性を救えたのかがとても気になって第2話を観ました。

 

第2話でも、暴力シーンは直視できなかったので、リアルタイムでは観ずに録画して飛ばして観ました。

 

『ボイス 110緊急指令室』は、第2話も観ました。。

 

ただ、ちょっとやっぱ映像が怖いので、おすすめは出来ないな~。

唐沢さんのアクションは迫力があって、犯人との格闘のシーンは見ごたえがあります。

ありすぎてハラハラドキドキ。私には刺激が強めです。

アクションが好きな方には面白いんじゃないでしょうか?

話も面白いです。引き付けられます。

私は続きを観ていきますが、これからも暴力のシーンが必ず出てくると思うんで、そういうのに弱い人は観ない方がいいかな。

 

以上、非常に簡単ですが、現時点での7月スタートドラマの個人的な感想を書きました。